最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

ジョンの推理

シャーロックにやってみるように言われて、ジョンがスニーカーについて観察・推理を述べてみせる場面。

これ、原作にもあったよなあ、とず~っと思っていたのですが、「バスカヴィル家の犬」の冒頭で依頼人の置き忘れたステッキについて観察・推理する場面だったか、「花婿失踪事件」でメアリー・サザーランド嬢について観察する場面だったか、はたまた他にもそういう場面があったのか、結論を出しかねていたのです。パスティーシュの記憶とごっちゃになっている可能性もあるし。
でも、シャーロック(ホームズ)のコメントが似ているので、今回は「花婿失踪事件」を取り上げようと思います。

・現代版
Well, John. Really well. I mean, you missed almost everything of importance, but, you know...
いいね、ジョン。本当にいいよ。重要な点は全て見落としているけど、まあ、ね…(拙訳)

・原作(『花婿失踪事件』)
“‘Pon my word, Watson, you are coming along wonderfully. You have really done very well indeed. It is true that you have missed everything of importance, but you have hit upon the method, and you have a quick eye for colour.”
これは驚いた。君は大いに進歩してきたね。まったく上出来だよ。重要なことをすべて見おとしているのは事実だが、方法だけは会得したのだから偉い。それに色の感覚が鋭敏だよ。(後略・延原謙訳)

現代版でのこのやりとりは、モリーがボーイフレンドとしてジムを紹介しに来た直後なのですが、「花婿失踪事件」では、メアリー・サザーランド嬢が結婚式直前に婚約者が失踪したという事件を持ち込んできます。

「花婿失踪事件」の原題は、"A Case of Identity"。
アイデンティティ、はよく日本でも聞く言葉ですが、ちょっと訳しにくいからこそカタカナ言葉で根付いたのでしょうね。IDという略称を使う機会の方が多いでしょうか。その人が何者であるか、ということを示すもの、とでも言いますか…

ここからはネタバレです。


この題名に象徴されるように、実は婚約者ははじめから存在しない人物だったのです。
メアリー・サザーランド嬢はある人物の陰謀に利用されたのですが、これってまさにモリーと同じ立場ですよね。「ITのジム」は本当は存在しない人物なのですから。
この類似点も、「花婿失踪事件」を連想させました。

以前の記事でも触れたように、モリーとメアリーはちょっと印象が似ているんです。
「キャラクター」カテゴリでいつか触れてみたいと思います。

二人とも、その後幸せになっていて欲しいものです。

余談ですが、英国で発売されたDVDにはスタッフのコメンタリーがついていて、第3話はマーク・ゲイティス、ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマンの三氏が話しています。この3人の話が本当に面白くて、たとえばジョンが件のスニーカーについて「大人は自分の持ち物に名前を書かない。だから子どものだ」と断定する場面で、ベネディクトが「自分のタオルや靴下には名前が書いてあるものがある」という衝撃の事実を明かします。学生寮で洗濯をしてもらっていたからということですが、マークが「学生の時のパンツをまだ履いているのか?」と茶化すと「パンツなんて言ってない!」「だって靴下とか、そんなに買い換えない…」すかさずマーティンが「僕は買うよ!」
パイロット版やメイキングに加えて、ベネディクトのパンツ情報まで満載のDVD、日本でも発売して欲しいですね。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスンがより好きです。

2017年エイプリル・フールお片付けしました。お付き合いありがとうございました!片付けきれてないところがあったらお知らせいただければありがたいです。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura