最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとう、ビリー

前回の記事の終わりで予告めいたことを書いてみたのですが、「そういうことすると、次の記事は違う内容にしちゃうんだろうな」と漠然と思ってました。マイクロフトのことを書こうと第一話を見返したら案の定!!取りこぼしてた原作ネタが見つかるわ見つかるわ!(日本語版見たらどうなっちゃうんだろう…)

というわけで、しばらく「A study in pink小ネタ祭り」を開催致します。
放映から約2ヵ月後という、世間の空気を一切読まない絶妙なタイミングをお楽しみください。

まず、マイクロフト関係ないですが、アンジェロの店の場面。
(そろそろ皆さんの記憶も薄れかけてることと思いますが、ジョンが『デートじゃありません』って言ったあそこです)
入り口で振り向いて「どうぞ」という仕草をした青年に、シャーロックが"Thank you, Billy"って言ってますね。

これは221Bのpage(給仕。食事の世話をしたり、名刺を取り次いだりします)・ビリーが元ネタだと思います。
ビリーが出てくるのは「恐怖の谷」「ソア橋」「マザリンの宝石」の三編です。
ただし、この3つの事件は結構間隔があいています。「恐怖の谷」は「1880年代の終わり頃」で、モリアーティとホームズの対決以前の設定です。「マザリンの宝石」では、ホームズの人形を見て「以前にもこんなものを使ったことがある」とワトスンが言い、ビリーが「私が来る前ですね」と応じているので、彼が来たのは同じような人形を使った「空き家の冒険(1894年)」以降です。よって、「恐怖の谷」のビリーと、「マザリンの宝石」ののビリーは別人と考えられます。

ビリーの描写がたくさんあるのは、「マザリンの宝石」です。

(前略)それからその眼を最後にビリー少年の元気な笑顔に落ち着けた。この利口で気転のきく給仕は、あのむっつりと陰気な大探偵の孤独と寂しさを慰めるのにいくらか役だってきたのである。(延原謙訳)

なぜホームズがそんなに孤独で寂しいかというと、この頃ワトスンは再び221Bを出ちゃってるんですね。訪ねてくるのも久しぶりのようで、ホームズに「よく道を忘れずに来てくれた」なんて言われてます。
そのせいもあってか、ホームズはずいぶんビリーを可愛がっているようで、元気で怖れを知らない彼を
「あの子は問題だよ、ワトスン君。どこまで危険にさらしてもよいものかねえ(延原謙訳)」などと父親のように心配しています。
一人前にホームズやワトスンの役に立とうと背伸びしているビリーは、確かにとても可愛らしいです。

現代の221Bには、家庭内使用人としての給仕はいません。だからビリーは、アンジェロの店のウェイターに設定されたのでしょうね。シャーロックとはどんな関係かわかりませんが、少なくとも険悪ではないようです。

【追記2013.5.16】第2シリーズに「もう1人のビリー」が登場しています。→「ビリーは二人いる
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

たて続けですみません - らいかみんぐ - 2011年10月16日 20:08:36

こっちの検証も楽しみにしています!! (なるほどー。やっぱり元があったんですね。あの"Thank you, Billy."は妙に印象に残って???だったんですが)

Re: たて続けですみません - ナツミ - 2011年10月16日 23:58:20

妙にはっきりと名前を呼んでますものね。
アンジェロの店も気になってます。アンジェロってイタリア系の名前っぽいので、「ブルース・パティントン計画書」に出てくる「ゴルディニ・レストラン」かなあ、と思っているのですが…そちらは「けばけばしいイタリア料理店」と書かれているので、ちょっと違いますかねぇ。

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

ご閲覧やRSS登録ありがとうございます!まだ廃墟じゃありませんよ~!亀の歩みですが、過去の振り返りも含めてのんびり元ネタ探し続けていきたいと思います。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。