最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャーロックとジョンの関係

前記事のコメント欄で、だい様に「シャーロックに似てるかジョンに似てるか」「シャーロック派かジョン派か」とさんざん「2択」を迫っておいてから言うのもアレなんですが、「ワトスン派」を自称する私も、はじめからホームズのいない状態でワトスン一人を見ていたとして、そんなに「胸がキュン」とかしたかどうかはわかりません。

ホームズがいないワトスンを想像すると、おそらく、経験豊富で腕がよく、メアリではないけれど奥様思いで、温厚なお医者様として歳をとっていったのではないでしょうか。
もしかしたら、やはり文才を発揮する機会に恵まれたかもしれません。でもそれは、ホームズとの冒険譚ではありません。
何かの拍子に私が慕ったとしても多分かかりつけの小児科の山岸先生くらいの「慕いっぷり」で、何言ってるんだかわからなくなってきましたが、とにかくブログを作るような類の慕い方ではないと思います。

ホームズが好きな人は、ひょっとしたら「ワトスンは別にいらない」という人もいるかもしれません。ワトスンなしで解決した事件もたくさんあるわけですし。
ただ、私たちの知るホームズのほとんどが、ワトスンの目を通して描かれたということも忘れてはいけないと思います。「ワトスンはいなくてもいい」という人はたくさん見てきましたが、「俺はいいよ、『白面の兵士』と『ライオンのたてがみ』だけで」と言うホームズ好きには一度も会ったことがありません。

私たちはワトスンによって描かれたホームズが好きだったり、ホームズと冒険するワトスンが好きだったりするわけで、もっと突き詰めて言えばこの二人の「関係」を愛しているのかもしれません。
これをはっきり言葉にしてくれたのは、「SHERLOCK」の「共同クリエーター」(←よくわからんが、NHKによるとそういう肩書らしい)のスティーブン・モファット氏とマーク・ゲイティス氏でした。
以下は、昨年11月、アメリカPBSでの放映を記念して行われたファンとスタッフのチャットでの、ファンの「(他のホームズ物に比べて)"SHERLOCK"では、二人の友情がとてもうまく捉えられていると思いますが…」という質問に対する両氏の回答です。

Gatiss/Moffat: The friendship from the beginning was central to us. People fall in love not with one or other of them but the relationship between these two unlikely friends. Of course the stories, the deductions and the thrill of it all are integral to the love of Sherlock Holmes but what we wanted to capture was that wonderful relationship.

初めから二人の友情をメインにしようと思っていました。「シャーロック・ホームズ」のファンは、二人のうちのどちらかではなく、このおかしな二人組に結ばれた関係をこそ愛するのです。もちろん物語自体の面白さや、ミステリ性やスリルだって欠かせませんが、何よりも私たちが捉えたかったのは、この素晴らしい関係なのです。(拙訳)

シャーロックとジョンの関係は、二人がお互いの「強さ」と「弱さ」を認め合ったことから始まっていると思います。「強さ」「弱さ」を二人のことばに置き換えるなら、"fantastic"だったり"nerves of steel"だったり"idiot"なところです。

ジョンは、シャーロックのアイデンティティである「探偵術」に素直に感嘆し、心から褒めます。
シャーロックは「認められた」ことからジョンに心を許しはじめます。

ここまでは原作に書かれていることと同じなのですが、現代版は「ワトスンが書かなかったかもしれない、あったかもしれない出来事」にもう一歩踏み込みます。
シャーロックがジョンに「足」を、ジョンがシャーロックに「命」をという形で、お互いに「新しい人生」を贈り合ったということを、より明確に表してみせます。

まあ、私が力説しなくてもホームズとワトスンの「関係」については若干お腹いっぱいなくらい語り尽くされてるわけですが、他の映像化作品にも、さまざまな形でそれを感じることはできます。「SHERLOCK」でユニークなのはむしろ、マイクロフトやレストレードとの「関係」ではないでしょうか。

第1話のラストシーンでは、名コンビ誕生の瞬間を、マイクロフトであり、なんだかよくわからないですが「共同クリエイター」であるゲイティス氏がアナウンスして見せる、という形でより印象的に見せています。
マイクロフト(時にはレストレードやハドスン夫人)が二人を「二人組」として扱うことで、ワトスン視点の原作よりも、二人の絆を客観視しやすくなっています。

そして、ジョンの過去もシャーロックの過去も(たぶん)知り尽くしている現代版マイクロフトは、シャーロックとジョンの「関係」をはじめから、一段上から観ている、というのも大きな変更です。

まだまだ、レンガを作れるほど粘土がない状態ではありますが、第二シーズンが始まる前に、マイクロフトやレストレードのキャラクターや、彼らのシャーロックやジョンとの「関係」を原作と比べてみたいと思います。










関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

いつも楽しく読んでいます - らいかみんぐ - 2011年10月16日 19:51:41

楽しく深く鋭い記事、毎回じっくりと読ませていただいています。ありがとうございます!! 
互いに「新しい人生」を贈り合った関係、素敵です!
ナツミさんの豊富な知識と観察力、新参者のファンとしてはもう、口をあけて感心してしまうばかりなのですが、お礼がてら、とっくにご覧になっているだろうとは思いつつも、本文に便乗しまして、あの二人の関係についての製作者コメントを引用させていただきます。コメント欄なのに長くてすみません。なんだか膝を打ちっぱなしで、手と膝が腫れ上がってしまった今日この頃です。

The story of Sherlock Holmes, on the surface, it's about detection, but in reality, it's about the best of two men who save each other - a lost, washed-up war hero and a man who could end up comitting murders instead of solving them. They come together. They become this perfect unit. They become the best friendship ever, and they become heroes.
- Steven Moffat

We join the story at just the right point, when Watson joins Holmes - Without him, Holmes is a rather unbearable man. He's going out there as well. He's getting further and further away, like a distant star. And this man arrives, who essentially makes him more human and together they make a perfect unit.
- Mark Gatiss

追記 - らいかみんぐ - 2011年10月16日 20:01:50

....すみません。一番言いたかったことを書きもらしました。マイクロフト視点、レストレード視点での原作比較関係論。ものすごく楽しみにしています。
主役二人は両方とも、自分自身のことに関してはかなり無自覚だと思うので、超越者から見た二人と、一般人(でもプロ)から見た二人の関係、ぜひナツミさんのコメントを拝見したいと思っています。

山岸先生って?いえ、それもあるけど - RM - 2011年10月16日 20:10:09

今回の記事も、読みながらもうナツミさんとお話したくて。行きつけの小児科の山岸先生って、どんなかたですか?

いえいえ、その質問は脇においても、

>私たちはワトスンによって描かれたホームズが好きだったり、ホームズと冒険するワトスンが好きだったりするわけで、もっと突き詰めて言えばこの二人の「関係」を愛しているのかもしれません。

ああ、本当ですね!ナツミさんが書いていらっしゃるのを読んでまず最初に、「私たちは、ワトスンが大好きなホームズが好きなのだ」という言葉を思い出しました。(どこで読んだかは忘れました。)えっと、日本語だと「ワトスンが」の部分が、「ワトスンが大好きな」の中で主語と目的語のどちらか、はっきりしませんね。主語の方です。「私たちは、ワトスンが好いているホームズが好きなのだ」と言い換えましょうか。ホームズは、前の記事のコメントでナツミさんが書いていらっしゃいましたが、「ほんの少しの印象の違いで『嫌なやつ』に見えてしまう」人物ですよね。だけどワトスンはあれほど、時に訳の分からないホームズを理解し、ホームズのことを好いている。そしてそのワトスンが書いたホームズだから、私たちはホームズが好き。

と書きながら、目的語でもいいと思いました。「私たちは、ワトスンのことを大好きなホームズが好きなのだ」。

うわあ、このチャットのこと知りませんでした。おもしろいですね!PBSの「マスターピース」のウェブサイトには何度も行っていたのに。ジェレミーの奥様で「マスターピース」のプロデューサーだったジョーンの紹介ページや、ジョーンがプロデューサーだったころの番組について調べられるアーカイブのページなど。

「初めから二人の友情をメインにしようと思っていました」と言っているのですね!すごくうれしいです。観ている人の中には友情を第一にみる人がいても、制作者は違うのかもしれない、と何となく思っていました。それはそれでよい、とも。でも、「何よりも私たちが捉えたかったのは、この素晴らしい関係なのです」と言っているのですね。

>シャーロックがジョンに「足」を、ジョンがシャーロックに「命」をという形で、お互いに「新しい人生」を贈り合ったということを、より明確に表してみせます。

ああ、こういうことなのですね!

>そして、ジョンの過去もシャーロックの過去も(たぶん)知り尽くしている現代版マイクロフトは、シャーロックとジョンの「関係」をはじめから、一段上から観ている、というのも大きな変更です。

そうなのですか。これは考えていませんでした。私、現代版マイクロフトのこと、まだよくわかっていないみたいです。これからが楽しみです。
(追記)
らいかみんぐさん、こんにちは、はじめまして。ちょうど私がこれを書いている時に書き込まれていたのですね。

>主役二人は両方とも、自分自身のことに関してはかなり無自覚だと思うので、

これを読んで膝を打ちました!

ありがとうございます - ナツミ - 2011年10月16日 22:44:23

らいかみんぐ様、いらっしゃいませ!
こんなへろへろしたブログには過ぎたお言葉をいただいて、恐縮しております。
私の書いた記事よりむしろコメント欄がこのブログの肝と思っておりますので(←どんだけ依存心が強いんだ)、たくさん書き込んでいただけたら嬉しいです。

私は子供の頃からホームズ好きなので、時間をかけて自然に蓄積されたホームズネタはあるものの、情報収集能力は低いので、ドラマの製作者さんや俳優さん周りのニュースには特に疎いのです。
MoffatさんとGatissさんのコメントを書き込んでいただいて、とても嬉しいです!
このお二人、本当に、シャーロックとジョンの「関係」には思い入れがあるようですね~。
それにしてもモファットさん、「解決するかわりに殺人を犯しかねない男」ってひどいよ(笑)
「ヒーローになんかなりたくない」と言ってたシャーロックですが、ジョンとの出会いによってこの世界に引き止められ、二人でヒーローになるという展開が明言されていますね。
私の膝も腫れてしまいそうです。

マイクロフトの話は、ジョンとマイクロフトの関係、シャーロックとマイクロフトの関係、と二つの記事に分けてアップしようと思っていたのですが、マイクロフトから見たシャーロックとジョンの関係ってすごく面白そうです。
二人を監視する立場の人間として、そしてシャーロックの兄として、それぞれどう考えてるんでしょうね。

1話の時点では、監視者としては「この先どう転ぶか見守ろう」という感じでしたが、
兄としては、「昨日出会い今日は新居に引越し、そして一緒に事件を解決しているわけか。週末にはおめでたい知らせが聞けそうだな」なんてからかってたセリフから、弟と親しくなれそうな人間が現れたことを喜んでる(面白がってる?)ような印象を、私は受けました。
逆に、友人の少ないはずの弟とどういう経緯で同居することになったのか、警戒していると受け取った友人もいます。
そして、3話に再登場した時には、また違った考えを持っているのかもしれません。
らいかみんぐ様のご印象も、コメント欄などでお聞かせ願えればうれしいです!(レストレードに関しても!)

>主役二人は両方とも、自分自身のことに関してはかなり無自覚だと思う

RM様もおっしゃっていましたが、鋭いご指摘…!本当にそうですね。
そしてお互いに、相手が自覚していない、本当に弱い部分には気を遣っているような気がします。
ジョンがホープを撃った後、シャーロックがすごく複雑な、ほんの少し哀れむような表情でジョンを見つめていたのが強く印象に残っています。

まさか・・・ - ナツミ - 2011年10月16日 23:40:10

そこを突っ込まれるとは!> 山岸先生
すでに故人ですが、とても優しいお医者様でしたよ!

「私たちは、ワトスンが大好きなホームズが好きなのだ」っていい表現ですね。私の思いを一文で表してくれています。(あえて、ワトスンを主語とも目的語ともとれるようにしておきたいですね~!)

らいかみんぐ様が書き込んでくださったモファット氏・ゲイティス氏の言葉を読んで思ったのですが、おそらく二人は、お互いの影響で少し変わってもいるのですよね。お互いに似てきた、というだけでなく、お互いの存在があることによって、命の重さを実感したり、自分の生き方が定まったり。
そういう意味でも、私たちが好きなホームズとワトスンは、不可分の存在なのかもしれません。

あっ、ジョーンはここのプロデューサーだったんですね!
たぶん、知識として聞いてはいたのでしょうが、具体的に「ここ」と意識する前に頭を離れてしまっていました。
こんなところにも小さなつながりがあると思うと、なんだか嬉しいですね。

モファット氏とゲイティス氏は、二人の関係について、すごく思い入れがあるようですね。
グラナダ版でも、ガイ・リッチー版でも、二人の友情は重視されていたと思います。
やはり、ホームズの魅力は冷徹な推理機械の部分ではなく、人間の部分にあると考える人が多いということでしょう。

現代版マイクロフトが二人の関係を俯瞰しているというのは、第一話のラストや、ジョンと初めて会ったときの会話を見てなんとなく感じただけなのですが、やはり現代版は、原作や今までの「ホームズもの」に比べて
マイクロフトの存在感が際立っていると思います。別記事にまとめてみようと思いますので、RM様のお考えもお聞かせいただけたら嬉しいです!

私も膝をうちました! - だい - 2011年10月17日 10:44:02

主役2人は、自分自身に無自覚。
本当にうまい表現です。

らいかみんぐさん はじめまして。
ここに、こられるみなさんは、文章が上手で、言葉もよく知っていらっしゃるので、落ちこぼれの私を温かい目で(依存心が強すぎです・・)育ててくださいね。

>「昨日出会い今日は新居に引越し、そして一緒に事件を解決しているわけか。週末にはおめでたい知らせが聞けそうだな」

マイクロフトのこの言葉、今やっと意味が掴めました。「めでたい知らせって」なんだ?と思っていました。また、膝うちですね(笑)って、鈍いだけですね。
マイクロフト。私もまだ謎の人物です。弟を溺愛しているのか?こんなに監視までつけて守っているのか?それとも他に意図があるのか、気になっています。(もちろん、指輪も目に入りました、私、左とばかり思い込んでいました。だから、えっ、結婚???どんな展開なんだろう?って思ってました)

ナツミさんのマイクロフト目線のシャーロックとジョンの関係を是非お願いします。

もう「膝痛会」を名乗りましょうか… - ナツミ - 2011年10月18日 03:45:07

だいさん、いらっしゃいませ~♪

本当に(もちろんだいさんも含めて)名文だらけのコメント欄で、開設して良かったという気持ちを噛み締めております。閉鎖までに一度くらいは、自分の記事で噛み締めてみたいものです。

> >「昨日出会い今日は新居に引越し、そして一緒に事件を解決しているわけか。週末にはおめでたい知らせが聞けそうだな」
>
> マイクロフトのこの言葉、今やっと意味が掴めました。「めでたい知らせって」なんだ?と思っていました。また、膝うちですね(笑)って、鈍いだけですね。


実は私、まだNHK版を観ていないのです(家でBSプレミアムが観られなくて…)だからこの意味でいいかどうか本当はわからないのですが、新婚夫婦になぞらえてからかっているんじゃないかと思います。ちなみに英語では、
"Mmm, and since yesterday you've moved in with him and now you're solving crimes together.Might we expect a happy announcement by the end of the week?"って言ってますね。
「そして初めての共同作業というわけか」とか訳したら、ふざけすぎですかねえ。

弟溺愛説も捨てがたいですね。そのために英国民の税金を遣っていたら、むしろ惚れてしまいそうです!
原作のマイクロフトも「完全に独断だろ」という雰囲気で弟への授賞を口にしたりしているので、まんざらありえない話でもないと思います。

指輪、私も左手と思ってたんですよ!DVDをよ~~く見返したら、ジョンの左手を取るほうの手だったので右でした!

> ナツミさんのマイクロフト目線のシャーロックとジョンの関係を是非お願いします。

これ、難しいですよねえ。マイクロフトの考えてることは本当に読めない!
だいさんのお考えもぜひお聞かせくださいね~!

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

ご閲覧やRSS登録ありがとうございます!まだ廃墟じゃありませんよ~!亀の歩みですが、過去の振り返りも含めてのんびり元ネタ探し続けていきたいと思います。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。