最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

あと5日

"SHERLOCK"が2011年のBAFTA(英国映画テレビ芸術アカデミー)・ドラマシリーズ賞を獲得したのはご記憶に新しいと思いますが、グラナダテレビ制作の「シャーロック・ホームズ」シリーズでホームズを演じ、SHERLOCKの製作スタッフにも影響を与えたジェレミー・ブレット氏(シャーロック役のベネディクト・カンバーバッチ氏のお母さんともお友達だったそうです)は、ホームズの演技に対して何の賞も贈られていなかった(!)とのことです。

2010年の春から、彼に賞を贈ることをBAFTAに請願する活動が始まり、署名運動が行われていました。
その署名運動が、この9月いっぱいで終了するそうです。

上記の情報のすべては、このブログの育ての親ともいえるRM様のサイトの記事の受け売りです。
ここに来てくださる方ででジェレミーが好きな方は、当然すでにRM様のサイトをごらんになっているでしょうから、このご案内を書くことには何の意味もないかもしれません。

また、私自身が長年のジェレミーファンだからといって、SHERLOCKのファンサイトに記事として載せることを疑問視される方もいらっしゃるかもしれません。
(『ブログと言っても個人のメモ帳に近い規模なんだから好きなこと書けば?』とうっとおしがられてしまいそうですが、私自身にそういう頑迷なところがあり、お知らせは控えてきたのです。)

でも、彼がいなければSHERLOCKはなかった。(と、言い切ってしまいます!)
そういう視点からの署名をしてくださる方がいてもいいのではないか、と割り切って、ご案内をさせていただきます。

ジェレミーにBAFTA賞を!

↑はRM様の記事へのリンクです。RM様が詳細な説明をしてくださっていますので、お名前(表示上は匿名にできます)とメールアドレス、国籍を書き込むだけで問題なく署名ができると思います。(私も友人数名と挑戦しましたが、特にコメントを書かなくてもよかったので簡単でした。)

ご賛同いただける方は金曜日までに、ぜひ。

最後に、SHERLOCKチームがBAFTA賞を受賞したときの動画です。
こんな嬉しい場面を生み出すための最後の一押しになれたら、素敵だと思います。

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

ありがとうございました。 - RM - 2011年09月25日 23:23:32

署名をしてくださったこと、そしてナツミさんのブログで紹介してくださったこと、本当にうれしいです。ありがとうございました。そして私への過分のお言葉、照れます。(「育ての親」!考えてもいませんでした!)

リンク先の動画も素敵ですね。マーティンの助演男優賞の動画はみましたが、こちらははじめてでした。ベネディクトとマーティンが肩を組んでいましたね。制作チームの仲の良さが感じられる映像でした。

皆様、こちらにいらっしゃる"SHERLOCK"のファンのかたで、グラナダ版もお好きなかたでしたら、ホームズを演じたジェレミー・ブレットの演技が素晴らしいことをご存知でしょう。生前はあのホームズで何の賞もうけなかった彼が、アカデミーによって正式に評価され、賞をおくられるようにと署名活動をしています。署名方法は、ナツミさんがリンクしてくださった私の記事をお読み下さいませ。

Re: ありがとうございました。 - ナツミ - 2011年09月26日 23:09:26

あんまり育っていない子どもですみません…

> リンク先の動画も素敵ですね。マーティンの助演男優賞の動画はみましたが、こちらははじめてでした。ベネディクトとマーティンが肩を組んでいましたね。制作チームの仲の良さが感じられる映像でした。

28秒目くらい、打ち合わせたのか無意識なのか、ベネディクトとマーティンは口元が全く同じですね(笑)
こういうところが「お笑いコンビ」を彷彿とさせるのでしょうかね~。
マーティンの助演男優賞の動画は、以前RM様のブログで紹介してくださっていましたね!
「Martin FreemanとEdward Hardwicke」 
 http://upwardjb.blog112.fc2.com/blog-entry-147.html
この記事からも、"SHERLOCK"とグラナダシリーズのつながりが見えますね。

読んでくださっている方へのお言葉も、ありがとうございます。
イギリスTV史という縦の(時間の)つながりと、さまざまな国のファンという横の(場所の)つながりが、今は私たちとすこし違う世界にいるジェレミーへ向けてプレゼントを贈るという新たなつながりを作ろうとしているって、ちょっとすごいことではないか、と思っています。
どうか実現しますように!

わはは - RM - 2011年09月27日 21:51:13

>28秒目くらい、打ち合わせたのか無意識なのか、ベネディクトとマーティンは口元が全く同じですね(笑)
>こういうところが「お笑いコンビ」を彷彿とさせるのでしょうかね~。

気づかず行き過ぎてしまって、28秒にもどしたとたんに、思わず声を出して笑いました!

>イギリスTV史という縦の(時間の)つながりと、さまざまな国のファンという横の(場所の)つながりが、今は私たちとすこし違う世界にいるジェレミーへ向けてプレゼントを贈るという新たなつながりを作ろうとしているって、ちょっとすごいことではないか、と思っています。

わあ、とてもこころにしみる表現で言っていただいて、じーんときました。

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

ご閲覧やRSS登録ありがとうございます!まだ廃墟じゃありませんよ~!亀の歩みですが、過去の振り返りも含めてのんびり元ネタ探し続けていきたいと思います。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura