最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

車に残された血

当ブログを紹介してくださっている方を見つけたよ~、と友人に聞いてさっそくうかがってみたのですが、ご紹介を見つける前に、ブログ主様(望 岳人様)のSHERLOCKへのご考察を読みふけってしまいました。
めったに読めない(と思ってた)ドイルの書いたパスティーシュ、"The Field Bazaar"と"How Watson Learned The Trick"の日本語訳もされていますよ!

目からウロコだったのは、第3話のレンタカー屋さんの場面で、車についた血を「唇の捩れた男」からだ、とおっしゃっていることです。私は全く気づきませんでした…!

「唇の捩れた男」事件のあらましを簡単に説明しますと、慣れない下町を訪れた一人の女性が、ある窓にロンドンで仕事中のはずの夫の姿を見つけます。たまたま巡回で現れた警官たちを伴ってその建物に入っていくと、そこには、おそろしい人相の男とインド人の水夫がいるだけ。しかし、彼女は夫が子どものために買って帰ると約束していた積み木を見つけます。あやしいと見た警官たちが調査を進めると、夫の衣類や時計が発見され、そして窓枠や床には点々と血が。それきり夫は帰ってこない…
レンタカー屋さんの事件も「夫の失踪事件」であることを考えると、このエピソードが「唇の捩れた男」にヒントを得ていることは間違いないでしょう。お見事です!!

原作に「何度読んでも新しい発見がある」ように、"SHERLOCK"にも何度観ても新しい発見がありますね。
(ひょっとして、そういう視点で何度も何度も観てるのにわからない私が鈍いのか…?)
望 岳人様も記事中でご指摘なさっているのですが、一作一作を現代版化するのではなくて、"based on works of Sir Arthur Conan Doyle" としてさまざまな「原作ネタ」をちりばめる趣向にしたのは大成功だったのだなあ、と思います。

望 岳人様、勉強になりました。ご紹介も含め、ありがとうございました。




関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバックありがとうございます - 望 岳人 - 2011年09月26日 22:23:08

ナツミさん、初めまして。望 岳人と申します。

「唇の捩じれた男」は少年時代によく読んだホームズ選集に収録されていて、なんとなく思いついたのですが、ネット上ではどこにも指摘が無かったので、勘違いかなと思っておりました。それをこちらで取り上げていただき、とてもうれしく思いました。

また、こちらからトラックバックを差し上げるべきところ、先にトラックバックありがとうございました。

「ディープな」記事、これからも楽しみにしております(^^)

こちらこそありがとうございます - ナツミ - 2011年09月26日 23:53:03

望様、コメントありがとうございます!
第3話へのご考察、わくわくしながら読ませていただきました。私もコメントさせていただこうと思っていたのですが、クラシック音楽のご感想が中心のブログだということで(音楽に明るくない私も、さまざまな話題の知的な連鎖を楽しみながら、興味深く拝見しました!)あまり「ディープな」コメントもどうか…と思い、よたよたと人生初のトラックバックをさせていただきました。
でも読み進めさせていただいた後、「競技場のバザー」の全訳があるなんて、望様のホームズカテゴリの方がディープでは!?と思い直しました!(私は頑張って英語で読んでしまったので、もっと早く拝見できていれば…と後悔しきりです。友人に連絡したところ、小躍りして喜んでおりました。)
今後もSHERLOCKに関してお気づきのことがありましたら、ご紹介いただけたらとても嬉しいです。

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

『高名の依頼人』のこと書きましたが、6月24日までグラナダ版がGYAOで無料で観られるそうです。
こちら

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura