最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョンとサラは結婚するか?

原作のワトスンは、少なくとも一度は結婚しています。
そのお相手は、「四つの署名」のヒロイン、メアリ・モースタン嬢
この長編は、彼女の父にまつわる謎をホームズが解く冒険活劇ですが、ワトスンとメアリの恋物語にもなっています。
その後はいくつかの短編に、ワトスンの妻としてちょこちょこと登場しますが(リンク先にまとめがあります)、ホームズがモリアーティと対決後行方不明となった3年の間に、亡くなったと考えられています。

この「ちょこちょこ」が、ワトスンがホームズの冒険に同行するために断りを入れたり、ホームズに「奥さんはお宅かい」と気遣われたりと、「冒険前に乗り越えるべきハードル」みたいな描かれ方が多いので、パロディなんかでは夫を連れ出すホームズを嫌ってる設定にされがちなのですが(いしいひさいち氏の「コミカル・ミステリー・ツアー」での敵対っぷりなんかいっそ爽快なくらい…)原作にそういう言動があるわけではなく、むしろ気持ちよく送り出してくれる奥さんだったようです。
ロバート・ダウニー・Jr.がホームズを演じた2009年公開の映画では、親友の結婚を歓迎しないホームズと渡り合いつつも、ちゃんと男同士の友情を理解しているという、強い女性として描かれていました。

現代版でジョンに好意を寄せているのは、診療所に彼を採用した医師のサラ。
第2話でひどい目に遭ったのにも関わらず、その後もジョンとの絆を深めているあたり(ジョンのブログによると2話と3話の間、シャーロックがミンスクに出張している間に、何度か食事したり飲みに行ったみたいですね)、本当にしっかりした人だなあと思います。

では、サラは現代版メアリ・モースタンなのか?

まず、「名前が違う」というツッコミがあります。

これについては、メアリもサラも「多い名前」なんじゃないかなあ、と思います。
Baby Centerという、赤ちゃんの情報サイト(アメリカ)があるのですが、ここではかなり昔からの詳細な「人気のある赤ちゃんの名前ランキング」が見られます。ここのUK版、Baby Centreを覗いたところ、ざっくりとですが1900年代からのイギリス人に人気のある名前ランキングがありました。

これによると、ジョン(John)は1904年からず~っとトップ5に入ってますね。
1974年の調査では、初めてトップ5から外れていますが、ポピュラーな名前であることは間違いないです。
この年、女子のトップはサラ(Sarah)です。サラは大体この辺の生まれなんじゃないでしょうか。
一方、メアリ(Mary)も大変人気のある名前です。1904年と1914年の調査ではトップ。
ホームズシリーズの中には「メアリ」という名の女性が多く登場する(メアリ・サザランド、メアリ・ジェーンなど)のも、その裏付けになると思います。
ジョンと同じように緩やかに順位を落としてゆき、1954年に姿を消しています。
メアリとサラはそれぞれの時代でもっともポピュラーな名前を授けられている、と言っていいのではないでしょうか。飛躍しすぎを承知でいえば、「サラ」という名は現代版世代における「メアリ」にあたる、といえなくもない…かな?
(『メアリ』が現代のイギリスでどれくらい多い名前なのか実感としてわからないので、何とも言えないのですが…もし多いのなら、何でメアリにしなかったの?って話になりますよね)

メアリとサラには、仕事を持った女性であるという共通点もあります。
ワトスンと結婚する以前のメアリはガヴァネス(家庭教師)として働いていました。当時、中流階級の女性が就ける職業は限られていて、その代表的なものが、上流の家庭の子女に語学や音楽などを教える家庭教師だったそうです。また、軍人の娘であったメアリは、ワトスンの考え方や生活スタイルもよく心得ていたんじゃないかな、と思います。
サラも、同じ医師としてジョンと理解し合えるところが多いでしょう。前の記事で書いた「女性を同じ人間と見ている」という理由からも、ジョンは自分とかけ離れた世界に住む人よりも、人生観が似ていたり、話が弾むような女性を好きになるんじゃないかなあ、と思います。(まあ大抵の人がそうといえばそうですが、ほら、手の届かない女に魅かれる誰かさんみたいな人もいるわけですから…)

いずれにしてもあまりデータがないのですが、サラが現代版メアリとしてジョンと結婚する可能性はゼロとはいえない、と私は思います。

ただ、グラナダ版では「四つの署名」が製作されたにも関わらず、ワトスンは結婚せずにずっとホームズと暮らしている様子ですし、前述した「名前ネタ」を突き詰めるなら、原作ではSarahは「ボール箱」で妹(奇しくもメアリという名前)の夫(ついでに言えば名前はジム)を奪おうとする女性の名だということにも触れておかなくてはフェアではないかもしれません。
皆様はどう思われるでしょうか。

ところで、イギリス人の名前のことを調べていたら、こんなものを発見しました!

The Very British name Generator

性別を選択・名前を入力してGod save the Queenキーを押すと、あなたの「英国名」を命名してくれます。
ちなみにわたしはEmilyでした。




関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

ご閲覧やRSS登録ありがとうございます!まだ廃墟じゃありませんよ~!亀の歩みですが、過去の振り返りも含めてのんびり元ネタ探し続けていきたいと思います。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。