最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

シャーロックと頭蓋骨

シャーロックのお友達で、ジョンが来る前はいろいろお話も聞いてくれていたらしい(←あんまり想像したくない)頭蓋骨。
原作でも持っていたのですか?というご質問をいただいていたのですが、…どうなのでしょう。
2話でも、シャーロックは博物館の頭蓋骨たちが発砲で傷つくのを気にしてましたよね。よっぽど頭蓋骨が好きなんでしょうか。
「頭蓋骨」と聞いてまず思い出すのは、「バスカヴィル家の犬」に出てくるジェームズ・モーティマー氏です。
お医者さんなのですが、もうホームズものに限らなくても「頭蓋骨」と言ったら彼しかいない!と思えるほどの頭蓋骨フェチです。以下、彼の台詞を引用します。

「(前略)ところでホームズさん、あなたのお頭は立派なものですねえ。あなたほどの長径頭顱を見たことがありません。これほど上眼窩の発達の著しい例を知りません。失礼ですがちょっと、あなたの顱頂部縫合にさわらせてくださいませんか。あなたの頭蓋骨は、現物が手に入るまでしばらくは模型でもいいですから、人類学博物館に出せばじつに立派な陳列品です。いえ、まったくお世辞ではありません。正直なところ私はあなたの頭蓋骨がほしくてなりません(延原謙訳)」

…どうですか、いい感じの変人でしょう!
この「長径頭顱」というのは、頭の前後の奥行きが長いということです。正確には、幅を奥行きで割った数字に100をかけた数字「頭長幅指数」で表します。後頭部が後ろに飛び出た人がいますが(P.G.ウッドハウスの作品に登場するすばらしく聡明な従僕・ジーヴスとか)、あれが典型的な長頭らしいです。逆に奥行きが薄く幅が広いと「短頭」になります。

どうして彼がこんなに頭の形にこだわるかというと、当時流行していた「骨相学」に傾倒していたからです。
詳しくはリンク先(weblio辞書)をお読みいただければと思いますが、簡単に言うと、頭蓋骨の形や大きさででその人の性格や頭のよしあしがわかる、という考え方です。

ホームズも推理に骨相学を用いたことがあります。
「青いガーネット」で、落ちていた帽子を見て持ち主について推理する場面。
ホームズに言われてワトスンも手にとって調べてみるのですが(第3話でジョンがスニーカーを観察させられる場面によく似てますね)、何もわかりません。ホームズは、観察からいくつかの推理をしますが、その中に持ち主の知能が優れている、というのがあります。

「容積の問題だよ。これだけ大きな頭を持つ男だったら、なかみも相当あろうじゃないか(延原謙訳)」

頭が大きい→ 脳が大きい→ 知能が高い、というわけですね。
こういった考え方は現代では廃れましたが、当時は骨相学研究に熱中するあまり、有名人の頭蓋骨をお墓から盗んだりする人もいたようです。

頭の形で全てを断じるような単純な見方こそなくなったものの、骨相学の考え方の一部は現代の科学に受け継がれています。
シャーロックが大事にしている頭蓋骨は、ホームズの時代の科学の信奉者たちの雰囲気を現代に伝えるうえで重要な小道具なのかもしれません。

それにしても、どんな人の骨なのか、そもそもレプリカ(という設定)なのかどうか。
モーティマー医師に解説して欲しいですね。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

ガイコツ君 - YOKO - 2012年10月22日 16:04:37

頭蓋骨と言えばモーティマー博士ですよね!
なぜシャーロックは骸骨を持ってて、また壁にも骸骨の絵を飾ってるんだろう・・・
と不思議に思いましたが、やはりモーティマー先生の変人振りが強烈で、ホームズものを作るにあたって、骸骨がどこかになければいけないという気分にさせられたんではないでしょうか?

モーティマー先生の
「、現物が手に入るまでしばらくは模型でもいいですから・・」って言う台詞が、ツボでツボで。
モーティマー先生は、バスカヴィルの事件解決後も、虎視眈々とホームズの骸骨が手に入るのを待ってるんでしょうね。

この第一シリーズの当時は、まだバスカヴィルの構想は定まってなかったもしれないですね。でもその際にはぜひ活躍させようと思ってしこんどいたんじゃないでしょうかねー?結局使われませんでしたが。

ところで、S1E1でハドズンさんに持ってかれちゃったガイコツ君がいつの間にかもどってましたね。
あれ、ずーっとハドスンさんに返してもらったんだと思ってたんですが、実はそうじゃないかもって話をどこかで読みました。
ハドスンさんが返してくれないので、新たなお友達を調達した・・・て。
レプリカじゃなかったらどうしましょう!!!

新しいお友達…… - ナツミ - 2012年10月24日 06:38:32

YOKO様

> なぜシャーロックは骸骨を持ってて、また壁にも骸骨の絵を飾ってるんだろう・・・
> と不思議に思いましたが、やはりモーティマー先生の変人振りが強烈で、ホームズものを作るにあたって、骸骨がどこかになければいけないという気分にさせられたんではないでしょうか?

そうですよね。私も不思議でした。
ちょっと前にご紹介したガイ・ヘンリー主演のドラマでも、17歳のシャーロック・ホームズが骸骨を大事に持ってるんです。(しかも全身…)なぜなのか、まだ全編通して観ていないのでよくわからないんですが、やはり「ホームズといえば骸骨」という共通イメージがあるんでしょうか。

> モーティマー先生の
> 「、現物が手に入るまでしばらくは模型でもいいですから・・」って言う台詞が、ツボでツボで。

確かにすごい台詞だ……!
事件後もヘンリー卿やモーティマー先生との友情が続いていたらいいですね。(でもモーティマー先生はひそかに頭蓋骨を狙ってるんですね……いや、それくらいの人物でないとホームズとの付き合いは長続きしないかも。)ルイーズも実は頭蓋骨マニアの設定だったら面白いのに…!

> ハドスンさんが返してくれないので、新たなお友達を調達した・・・て。

爆笑しました。どれだけ頭蓋骨が好きなんですか!!

- ソラマメ - 2014年07月03日 10:33:35

シャーロックの最高の男の「ビリー」・キンケイドの頭蓋骨…だったり…して?!

「ビリーは2人いる」「ありがとう、ビリー」の記事も読みましたが、「ビリー」という名前は当時?今でも?メジャーなんですかね〜?^o^

ビリーが多すぎる - ナツミ - 2014年07月05日 10:42:19

> シャーロックの最高の男の「ビリー」・キンケイドの頭蓋骨…だったり…して?!

そう、第3話にたどり着けたら、「ビリーは結局何人いるんだよ!」という記事を書きたいと思ってたんですが、ビリー・キンケイドもビリーでしたね……

> 「ビリー」という名前は当時?今でも?メジャーなんですかね〜?^o^

ビリーは「ウィリアム」の愛称だと思うんです。
シャーロックの本名はベアリング・グールド説をとって「ウィリアム・シャーロック・スコット・ホームズ」だとS3E3でわかったので、「ビリー」はシャーロック自身の愛称にもなり得るんですよね。
だから、シャーロックは頭蓋骨くんの名前を自分からとった可能性も出てきたということになりますね。

ウィリアムは王子様の名前でもありますし、メジャーな名前なのではないでしょうか。ウィルとかウィリーとか呼ばれてる人もいますよね。アメリカ人ですが、ビル・ゲイツもそうですよね。
直接の知り合いはいないので、実感としてはわからないのですが……

ウッドハウス,好きなんです - さき - 2016年01月14日 09:07:55

あけましておめでとうございます。
急に寒くなりましたが,お元気ですか?

先日P・G・ウッドハウスの「エムズワース卿の受難録」を読んでいて,巻末付録の「ウッドハウスと探偵小説」で,ウッドハウスはシャーロキアンの草分け的存在だということを知りました。

で,ウッドハウスとホームズを検索していてたどり着いたのがナツミさんのこの記事だったのでした。
ジーヴズとホームズは頭の形が同じだったんですねえ!
ジーヴズの頭については,どこかで読んだ気もするんですが,思い出せません。
ジーヴズ関係は三冊しか持っていないんですけど,楽しみながら読み返して探してみようと思います。

最新記事の痛チョコ,すばらしいですね!
さすがのわたしも「おいしそう!」とは思いません。
もったいなくて。
寒くなって,痛チョコ作りにはいいのかもしれませんが?とてもそんな根気はありませんから,ナツミさんの作品を眺めて楽しませてくださいね。

再読は楽しい! - ナツミ - 2016年01月17日 04:40:01

さきさま

あけましておめでとうございます。
東京は初雪も降ったようです。私は寒がりなのに今年はちっとも寒くなかったので「体質改善した!?」と思っていたんですが、今まで一日も寒くなかっただけとは……


> で,ウッドハウスとホームズを検索していてたどり着いたのがナツミさんのこの記事だったのでした。

意外な形でお目にかかることができてうれしいです!
私は原作と勝田文さんのコミカライズ版しか持っていないのですが(勝田さんのジーヴスすごくかっこいい『長頭』です!ウッドハウスご本人にちょっと似てるかも)ウッドハウスのファンの皆様もホームジアンに負けず劣らず楽しそうで……
http://www.wodehouse.org/

> ジーヴズ関係は三冊しか持っていないんですけど,楽しみながら読み返して探してみようと思います。

そう!一度読み終わった本でも、何かにこだわって読み返すと楽しいんですよね。
ウッドハウスが困っていた時に助けてくれたお友達のジョージ・オーウェルの名前は、SHERLOCK・S3E1に出てきますね。
歴史の勉強は面倒で苦手だった私ですが、こういう小さな発見を通して「ちゃんと全部どこかでつながっていること」の面白さにはっとさせられます。


> 最新記事の痛チョコ,すばらしいですね!
> さすがのわたしも「おいしそう!」とは思いません。
> もったいなくて。
> 寒くなって,痛チョコ作りにはいいのかもしれませんが?とてもそんな根気はありませんから,ナツミさんの作品を眺めて楽しませてくださいね。

わあ、初心者の作品にお褒めの言葉をいただいてしまってもったいないやらお恥ずかしいやら!
溶かして固めただけなので当たり前ですが、味もおいしかったですよ~。(板チョコをあんなに使ったからさぞ食べでもあるだろう、と思いきや、食べるのは一瞬でした……意外と薄くて口当たりが儚いんです)
こうしてご覧いただけて、一瞬で食べられてしまった痛チョコも幸せだと思います!

おいしそう! - さき - 2016年01月22日 11:12:11

ジョンとシャーロックは,ナツミさんのお口の中へ,甘く儚く消えていったんですね。
いいなあ,やはりおいしそう!

The Wodehouse Societyのホームページを教えてくださってありがとうございます。
なぜか,探すことも思いつかなかったのでした。

残念ながら,私の英語力ではウッドハウスを楽しむことはできませんので,翻訳してくださった方々に感謝しつつ,日本語で読んでいます。
で,手持ちのウッドハウスを読み出したら止まらなくなってしまいました。最初に手にした「Right HO , Jeeves(よしきた,ジーヴス)」でさっそく,ジーヴスの頭の形の描写が見つかって喜んでいたら,「火事の警報を聞いたら,もっとも大切な物を救い出す」とか「まるきり些細な細部がどれほど重要かわからない」とか,いろいろ出てくるんですね。
ジーブス物をもう少し買おうか,検討中です。

それから,ジョージ・オーウェルがウッドハウスを弁護しているのも,ナツミさんのおかげで思い出しました。
久しぶりに読み返して,ウッドハウスの物語の舞台は第一次大戦前と考えればいいことがわかったのが何よりでした。
 
歴史音痴なので,第一次世界大戦の前後でヨーロッパ世界が変わってしまったことがなかなかぴんと来ないんですが,ウッドハウスなどを読むと少しはわかるような気持ちになれます。
昔はのどかだったんだな,と。
とはいえ,ちゃんと事件は起きるからホームズも活躍できるわけですね。

なんてことをごそごそやっているので,まだ「シャーロック」にたどり着かないんですよ!
困ったものですね?


ちょっとだけお邪魔しまーす - RM - 2016年01月23日 23:25:53

ナツミさん、こんにちは。さきさん、こちらでもこんにちは。

>ウッドハウスはシャーロキアンの草分け的存在だということを知りました。

>「火事の警報を聞いたら,もっとも大切な物を救い出す」とか「まるきり些細な細部がどれほど重要かわからない」とか,いろいろ出てくるんですね。

おお、それはジーヴスがそう言っているっていうことですね?それとも気楽なのらくらもの、おばかさんみたいだけど本当は頭がいい(と私は思う)バーティのほうでしょうか。ジーヴスもの、好きだけど私はそんなにたくさんは読んでいないんです。

>ウッドハウスが困っていた時に助けてくれたお友達のジョージ・オーウェルの名前は、SHERLOCK・S3E1に出てきますね。

わあ、知らないことばかりです。「ウッドハウスが困っていた時」があったというのは、そういえば以前読んだことがありました。

ところでこのシリーズを読んでいると自然と浮かんでくるのは、スティーブン・フライのジーヴスとヒュー・ローリーのバーティ。グラナダ・テレビがドラマ化した時に演じていた二人です。日本語版DVDも出ましたね。
http://www.kokusho.co.jp/np/isbn/9784336056528/
(よそのアドレスを書くのは差し支えがあるようでしたら、どうぞ削除してくださいね。)

そしてスティーブン・フライは後のマイクロフト兄さんですから、ここにもつながりが。あ、これはすごいこじつけですが。


そしてナツミさん、プロフィール欄での『The Musketeers』NHK放映のお知らせ、ありがとうございました!全然知りませんでした。デイビッド・バークがゲスト出演した回(S1E6)も多分放映されますね。

お待ちしております - ナツミ - 2016年01月24日 20:47:30

さき様

> ジョンとシャーロックは,ナツミさんのお口の中へ,甘く儚く消えていったんですね。

「お前、糖質摂り過ぎだぞ」ではなくこんな美しい表現をしていただけるとは!
ありがとうございます!そういうことにしておきます!ついでに私じゃなく萩尾望都先生あたりの絵柄でイメージしておきます!

> で,手持ちのウッドハウスを読み出したら止まらなくなってしまいました。最初に手にした「Right HO , Jeeves(よしきた,ジーヴス)」でさっそく,ジーヴスの頭の形の描写が見つかって喜んでいたら,「火事の警報を聞いたら,もっとも大切な物を救い出す」とか「まるきり些細な細部がどれほど重要かわからない」とか,いろいろ出てくるんですね。

そうなのですね!ホームズとの関連を探しながら再読するのも楽しそうです。
私はすぐに本を手放してしまうので(ホームズも揃えるのがこれで3度めなので、いい加減学習したいものです……)「比類なき…」しか手元にないのですが、また読みたくなってしまいました。

> それから,ジョージ・オーウェルがウッドハウスを弁護しているのも,ナツミさんのおかげで思い出しました。
> 久しぶりに読み返して,ウッドハウスの物語の舞台は第一次大戦前と考えればいいことがわかったのが何よりでした。

出てくる女優さんの名前とかでも「ああ、この頃なんだな」って思いますよね!
それでその女優さんが出てくる映画を観たりして連鎖が止まらなくなる……

「ぴんと来ない」というお気持ち、わかるような気がします。
私は世の中の大きな動きよりもひとつの家族の歴史や一個人の心の動きに興味を持ちやすいようで、大きな動きと小さな動きが噛みあった時に初めて「ぴんと来る」みたいです。
比重は違えどどの人にも「生活」と「事件」があって、その積み重ねが「時代」や「歴史」なのかもしれません。「ぴんと来た」時には、ちょっとした感動がありますよね。

いつかさきさんと「シャーロック」の世界でお会いできるかもしれません。その前にグラナダ版や、ひょっとしたら「マスケティアーズ」のお話もできるかも!楽しみにしております。

春が楽しみです - ナツミ - 2016年01月24日 22:10:25

RM様

いらっしゃいませ~!寒いので庭先で麦茶ではなく、あったかいお茶淹れますね。

> おお、それはジーヴスがそう言っているっていうことですね?それとも気楽なのらくらもの、おばかさんみたいだけど本当は頭がいい(と私は思う)バーティのほうでしょうか。ジーヴスもの、好きだけど私はそんなにたくさんは読んでいないんです。

私もバーティはおばかさんじゃないと思います!(ワトスン同様、スペックが高いのですがそういうことだけでもなく)

> ところでこのシリーズを読んでいると自然と浮かんでくるのは、スティーブン・フライのジーヴスとヒュー・ローリーのバーティ。グラナダ・テレビがドラマ化した時に演じていた二人です。日本語版DVDも出ましたね。
> http://www.kokusho.co.jp/np/isbn/9784336056528/
> (よそのアドレスを書くのは差し支えがあるようでしたら、どうぞ削除してくださいね。)

日本語版字幕は小説と同じく森村たまきさんなんですよね!英国版は持っているのですが、欲しくなってしまいます。

> そしてスティーブン・フライは後のマイクロフト兄さんですから、ここにもつながりが。あ、これはすごいこじつけですが。

フライさんの気品とユーモアは、何だかこの時代に似合う気がします!マイクロフト兄さんも色々と難儀な方でしたが、素敵でした……

> そしてナツミさん、プロフィール欄での『The Musketeers』NHK放映のお知らせ、ありがとうございました!全然知りませんでした。デイビッド・バークがゲスト出演した回(S1E6)も多分放映されますね。

『The Musketeers』はRMさんに教えていただいたのですよね!デイビッド・バーク出演回が今から楽しみです。
『ダウントン・アビー』が終わった後の寂しさが軽減されるのもありがたい……

ホームズとバーティ - さき - 2016年01月27日 16:05:40

「お前,糖質摂りすぎたぞ」
「はいっ!」

と,思わずお返事しそうでした。思い当たることがたくさんあって。
どうして,甘い物に年々弱くなっていくんでしょうか?

ナツミさんもRMさんもご存じでしょうけれども,河出文庫のホームズシリーズ⑧最後の挨拶には,ウッドハウスの書いたホームズ関連の文章が三つ載っているんですね。
そのうちの一つはホームズの復活を喜ぶ詩ですね。
「故郷ストランドへの帰郷」 エア(16〜17世紀英国の世俗歌曲)「闘牛士」の「アーチー」
と書いてありますが,「闘牛士」の「アーチー」という曲をもとに,ホームズ復活を喜ぶ詩を作った,ということでしょうか?
このあたりについてはRMさんがご存じかな?

ホームズの復活を知った男の子が,そこら中を飛び跳ねて喜んでいるみたいな詩ですね。100年前のファンはこんなに大喜びだったんですね。

それからお二人とも,バーティはおばかさんではない,というご意見でうれしいです。
わたしも底抜けに気が良くって,ときどきノーテンキだけど騎士道精神の持ち合わせはたっぷりなのがバーティ君だと思っているので。
ですからジーヴスのDVD,この間から悩んでるんですよー
買おうかどうしようか。ジーヴスの本も買いたいし,物を置く場所はなくなってきたし・・・

ついでですが「火事の警報を聞いたら・・・」はジーヴスで,「まるきり些細な・・・」はバーティの台詞です。

「The Musketeers」の放映のお知らせ,うれしいです!
特にデイビッド・バークは見逃さないようにしなくては!
出演シーンがたくさんあるといいなあ!

ご自宅にフライ&ローリーを! - ナツミ - 2016年01月29日 07:02:20

さき様

> どうして,甘い物に年々弱くなっていくんでしょうか?

が、頑張っている証拠……かな?
私はついつい気軽に口に入れてしまうので、今はすこし控えているのですが、甘い物とお茶の時間は心の支えです!

> 「故郷ストランドへの帰郷」 エア(16〜17世紀英国の世俗歌曲)「闘牛士」の「アーチー」
> と書いてありますが,「闘牛士」の「アーチー」という曲をもとに,ホームズ復活を喜ぶ詩を作った,ということでしょうか?
> このあたりについてはRMさんがご存じかな?

おお!S3E2で出てきた「アーチー」くんはそこからなのかな?

> わたしも底抜けに気が良くって,ときどきノーテンキだけど騎士道精神の持ち合わせはたっぷりなのがバーティ君だと思っているので。

「金のハートの持ち主」ですものね!
セリフの解説もありがとうございます。バーティが言うと急に受け売り感が出るのはなぜなんだ(さっき褒めたのに)

> ですからジーヴスのDVD,この間から悩んでるんですよー
> 買おうかどうしようか。ジーヴスの本も買いたいし,物を置く場所はなくなってきたし・・・

フライ&ローリーは手元に置いて損はないですよ~!一生の財産ですよ~!(悪魔のささやき)

> 「The Musketeers」の放映のお知らせ,うれしいです!
> 特にデイビッド・バークは見逃さないようにしなくては!
> 出演シーンがたくさんあるといいなあ!

私も楽しみです!テレビで、再放映じゃないバークさんを観るの何年ぶりだろう…
放映日近くなったらここでもまた騒いでいると思いますので、ご一緒にわくわくしながら待たせてください!

- RM - 2016年02月03日 20:47:34

ナツミさん
あったかいお茶ありがとうございます!

「忌まわしき花嫁」に関する記事がはじまりましたね。私まだ本編みていないんですが、予告編の一つでホームズの後ろ姿にどきっとしました。一瞬ジェレミーに見えて。切なくもうれしい「どきっ」でした。

さきさん
教えてくださってありがとうございます!

>「火事の警報を聞いたら・・・」はジーヴスで,「まるきり些細な・・・」はバーティの台詞です。

おお、ホームズを思わせるのはジーブスだけじゃないんですね。やっぱりバーティ、おばかさんではないですね!

ナツミさん>バーティが言うと急に受け売り感が出るのはなぜなんだ

シーッ!それを言っちゃだめですよ!

>河出文庫のホームズシリーズ⑧最後の挨拶には,ウッドハウスの書いたホームズ関連の文章が三つ載っているんですね。

これ、知らなかったです。今度読んでみます。

私のDVDにもジェレミーが出演してます - ナツミ - 2016年02月07日 11:02:07

RM様

立春は過ぎましたがまだまだ寒いですね。喉がちょっと痛いので今日は蜂蜜入り紅茶で……

>予告編の一つでホームズの後ろ姿にどきっとしました。一瞬ジェレミーに見えて。切なくもうれしい「どきっ」でした。

RMさんもですか!私も画面のどこかにジェレミーがいる気がして何度もドキッとしましたよ~!
一回普通に楽しんだあとで、グラナダ版キャストで脳内リプレイしますよね!(※RMさんはそこまで言ってない)
何ならその後リッチー版とロシア版で、もう2回再生するのもやぶさかではありません!

バーティに失礼なことを言ってしまいましたが、ジーヴスも引用したのかもしれませんね。
さきさん、私も河出文庫読んでみます!

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

『高名の依頼人』のこと書きましたが、6月24日までグラナダ版がGYAOで無料で観られるそうです。
こちら

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura