最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

(?)ボール箱

遅い夏休みをいただき、しばらく留守にしていました。
日本語吹替版シャーロック、すごく良かったらしいですね~!
ついでにこのブログもたくさんの方に見ていただいたようで、いくつかご感想やご質問のメールをいただいてうれしかったです。

シャーロックのようにすらすら答えられなくて申し訳ありません。宿題にさせていただいたものは、がんばって「聖典」を調べてみます!
「シャーロッキアン!」にあった台詞ですが、ホームズには「何度読んでも新しい発見がある」ので、心躍る作業です。
「シャーロック」も、録画なさった方はぜひ2度、3度とごらんになってください。新しい発見があったらぜひ教えてくださいね!

これだけでは何なので、私の発見もひとつだけ。
221Bの、居間とキッチンの間の壁の前に棚があるのですが(ジョンの椅子が映るときよく見えます)、
小さなボール箱が置いてありますよね。原作にもずばり「ボール箱」という題の短編があります。

ある女性のもとに届けられた「ボール箱」。
その中には恐ろしいものが入っていました。
といっても、シャーロックのフラットにならあっても不思議ではない、というかありそうなものです。
これ以上書いてしまうと面白くないので、未読の方はぜひ読んでみてくださいね。
ちなみに原作に出てくる箱は「どこにでもあるハネデュウ・タバコの半ポンド入りの箱(延原謙訳)」。ロンドンの「シャーロック・ホームズ博物館」に再現・展示されているものを見てもわかりますが、この箱は黄色で形も正方形に近く、そっくり同じではありません。
しかし、現代で「どこにでもある箱」といえばやはりこのタイプですし、大きさも「アレ」を入れるのには手頃そう。
もしかして…!?と妄想が膨らんでしまいます。

まあ普通に考えれば、シャーロックが実験に使う薬品やら何やらが入っているんでしょうが、こんな風にドラマを楽しむのも面白いのではないかと思います。
今、ちょっと録画を見直してみようかな、と思われた方は、もう毒されましたね!
ご一緒にシャーロッキアンへの道を歩めれば、この上ない光栄です。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスンがより好きです。

2017年エイプリル・フールお片付けしました。お付き合いありがとうございました!片付けきれてないところがあったらお知らせいただければありがたいです。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura