最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「シャーロッキアン!」

シャーロッキアン!(1) (アクションコミックス)シャーロッキアン!(1) (アクションコミックス)
(2011/02/28)
池田 邦彦

商品詳細を見る
私がこのブログで「ドイルのホームズ」を「正典」「聖典」と呼ばず「原作」としているのは、自分はいわゆる「シャーロッキアン」ではないと思っているからです。
私には、いい意味での「オタク気質」がありません。終始ぼーっと生きているので、知識、こだわり、情報収集能力、どれをとっても中途半端です。だから、好きな物に対して情熱や労力を惜しまない人を見ると尊敬してしまいます。「シャーロッキアン」とは正にそんな、ホームズに真摯に取り組んで何かを成し遂げた、または遂げようとしている人のための称号だと思っていました。

でも、この漫画に出会って、すこし考えが変わりました。

ホームズが大好きな女子大生、原田 愛里(はらだ・あいり)と彼女の大学の教授、車 路久(くるま・みちひさ)氏(この先生、まさに私の思い描いていたシャーロッキアン!)が、さまざまな「シャーロッキアン」たちに出会い、その人たちが抱えている問題を解決するという物語です。といっても、シャーロッキアーナ史を覆すような大発見や、警察が出動するような大事件があるというわけではありません(今のところは)。
ほのぼのと可愛らしい絵柄のイメージ通り、日常的でささやかな、しかし当人達にとっては重大な嘘や秘密、心の傷が「謎」という姿をとって描かれます。

そして、全編を通して流れるテーマは「愛情」です。
親友への、パートナーへの、家族への、人生でただ一度きりでも、忘れられない関わりを持ってしまった誰かへの。

小学生の時にホームズに片想いをした愛里は考えます。
「人は愛されるためではなく、ただ愛するために生きるのではないか」と。

フィクションへの愛とは無償の愛です。その作品がその人を愛し返してくれるということはありません。だからこそ、人間を愛するように虚構を愛してしまう人には、どこか純粋で愛おしい面があるように思います。

この作品で描かれる「シャーロッキアン」たちは、そんな人々です。作品への知識があってもなくても、絵空事としてではない、自分の人生に大きく関わる何かとしてホームズ物語を捉えているのです。
ホームズやワトスンのことで、本気で泣き、怒り、笑うのです。

もし、「シャーロッキアン」の定義がこの作品に表れているようなものならば。
知識やコレクションの数と関係なく、虚構の名探偵と家族や友人のようにつながれる感受性を持つ人を「シャーロッキアン」と呼ぶのなら。
私も、胸をはって「私はシャーロッキアンです!」と言える人になりたいです。

それにしても、この作品は泣けます。もともと涙腺のゆるい私なんてどの話でも泣きましたが、中でも第四話「ワトスン夫妻の秘密」116ページは何度見ても涙があふれてしまいます。
漫画という表現形態の利点をフルに生かして泣かせにきますよ。これからこの本を読む方がいらっしゃったら、「シャーロッキアンネタ」を知っている、知らないに関わらず、心して挑んでくださいね!
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

ご閲覧やRSS登録ありがとうございます!まだ廃墟じゃありませんよ~!亀の歩みですが、過去の振り返りも含めてのんびり元ネタ探し続けていきたいと思います。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。