最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探しをしております。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
ブリキの文書箱

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

推理の科学(2)~ピンクのスーツケース

ホームズのセリフで「かっこいい!」と思っているものがいくつかありまして、その中の一つに「白銀号事件」のこれがあります。

「あの晩の、犬の不思議な行動に、ご注意なさるといいでしょう」
「犬は全然なにもしなかったはずですよ」
「そこが不思議な行動だと申すのです」(延原謙訳)

きっとホームズファンに「好きなセリフ」アンケートをとったらかなり上位になるはず!と信じているのですが、まあそれは置いておいて、ホームズは「そこにある事実」だけでなく「あるべきなのに、そこにない」ものも証拠として活用します。

現代版・シャーロックもそうです。
"A study in pink"での、「被害者のスーツケース」がそれにあたります。

「観察」によって被害者が旅行者であることを割り出し、
「推理」でスーツケースがあるはずだということを知る。
現場にスーツケースがない、という事実に対して仮説を立て、
(『もうホテルにチェックインしたのかも』というジョンの意見もひとつの仮説ですね)
ありえないものを消去すると、ひとつの真実にたどり着く。
シャーロックの頭の中では、この過程が非常に速く行われているわけですね。

ジョンのブログでも、シャーロックが「ないもの」に目をつけたということが強調されています。

またもシャーロックは、一見しただけでその女の全てを知った。彼女の身なりや、脚についた泥はねなどの「そこにあるもの」と、もっと重要な、「そこにないもの」。彼女のスーツケースだ。
そして、それこそがシャーロックに火をつけた。
なくなったピンクのスーツケース。(拙訳)

※この記事を書くに当たってWikipediaの「シャーロック・ホームズ」のページの「推理法」の項目をみつけ、参考にさせていただきました。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

エイプリルフール+イースター企画をお片付けしました。もう見つけるだけで肩がこる、悪い意味でおとなのイースターでしたが、眼精疲労にめげず遊んでくださった皆様、ありがとうございました。そしてお疲れ様でした!
本物のイースター同様、隠すのは楽しいけど片付けは面倒だった!!!どこかに片付け忘れた卵が残っていたら、お手数ですがコメント・リプライ・メールなどで教えていただけますでしょうか。


メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。