最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

推理の科学(2)~ピンクのスーツケース

ホームズのセリフで「かっこいい!」と思っているものがいくつかありまして、その中の一つに「白銀号事件」のこれがあります。

「あの晩の、犬の不思議な行動に、ご注意なさるといいでしょう」
「犬は全然なにもしなかったはずですよ」
「そこが不思議な行動だと申すのです」(延原謙訳)

きっとホームズファンに「好きなセリフ」アンケートをとったらかなり上位になるはず!と信じているのですが、まあそれは置いておいて、ホームズは「そこにある事実」だけでなく「あるべきなのに、そこにない」ものも証拠として活用します。

現代版・シャーロックもそうです。
"A study in pink"での、「被害者のスーツケース」がそれにあたります。

「観察」によって被害者が旅行者であることを割り出し、
「推理」でスーツケースがあるはずだということを知る。
現場にスーツケースがない、という事実に対して仮説を立て、
(『もうホテルにチェックインしたのかも』というジョンの意見もひとつの仮説ですね)
ありえないものを消去すると、ひとつの真実にたどり着く。
シャーロックの頭の中では、この過程が非常に速く行われているわけですね。

ジョンのブログでも、シャーロックが「ないもの」に目をつけたということが強調されています。

またもシャーロックは、一見しただけでその女の全てを知った。彼女の身なりや、脚についた泥はねなどの「そこにあるもの」と、もっと重要な、「そこにないもの」。彼女のスーツケースだ。
そして、それこそがシャーロックに火をつけた。
なくなったピンクのスーツケース。(拙訳)

※この記事を書くに当たってWikipediaの「シャーロック・ホームズ」のページの「推理法」の項目をみつけ、参考にさせていただきました。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

ご閲覧やRSS登録ありがとうございます!まだ廃墟じゃありませんよ~!亀の歩みですが、過去の振り返りも含めてのんびり元ネタ探し続けていきたいと思います。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。