最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

推理の科学~シャーロックのサイトから

シャーロックのサイト”The Science of Deduction" 。
彼に連絡をとる窓口であると同時に、解決済みの事件のアーカイヴでもあります。(ジョンがブログに事件の記録を発表するようになってからは、そちらにリンクを貼っているようですが)

サイト名を日本語にすると、「推理の科学」「推理学」といったところでしょうか。
これは、「緋色の研究」の第2章の題と同じです。この章では、同居を始めたワトスンによりホームズの人となりが描写され、ホームズ自身によっても推理法についての考えが語られています。
ホームページには
1,私はあらゆるものを観察する。
2,それを基に推理を行う。
3,不可能なものを消去していけば、どんなに奇妙であろうと残ったものが真実である。
というシャーロックの推理法が掲げられています。

これについては、「四つの署名」の冒頭で詳しく説明されています。

観察と推理はある程度同じものではないか、と聞くワトスンにホームズはこう答えます。

「たとえば観察は僕に、君がけさウィグモア街郵便局へ行ったことを教えてくれるが、そこで君が電報を一本うったことを教えてくれるのは推理のほうだ(延原謙訳)」


ワトスンの靴にウィグモア街でしか見られない赤土がついているのを「観察」によって見抜き、
彼がウィグモア街の郵便局に行ったと仮定する。
ここから先は「推理」で、いくつかの仮説を立てます。

1、ワトスンは手紙を出しに行った。
2、ワトスンは切手やはがきを買いに行った。
3、ワトスンは電報を出しに行った。

「けさはずっと君と向いあっていたけれど、手紙を書いた様子はなかったし、それにあけはなしになっていた君の引出しには、切手もはがきもたくさん見えていたからさ。それでも局に行くというのは、電報よりほかないじゃないか。すべてのありえないことをとり捨ててゆけば、あとに残ったのが必ず真相でなければならない(延原謙訳)」

「すべてのありえないことをとり捨ててゆけば~」という「消去法」はホームズが特によく口にする手法で、「緑柱石の宝冠」「ブルース・パーティントン計画書」「白面の兵士」などでも言及されています。


ちなみに、シャーロックがジョンと初めて会った時、携帯を借りるきっかけになった「緑のはしご事件」だけは全貌が語られていますが、ほとんどの事件にはリンクが貼られていなくて内容がわかりません。
それでも、どこかで見たことのあるような題が散見されます。

The Confusion of Isadora Persano「イサドラ・ペルサーノの発狂」(ソア橋)
The Abernetty Family「アバネティ一家の恐るべき事件」(六つのナポレオン)
The Crooked House「まがった家」
The Man With Four Legs「四つ足の男」
The Killer Cats of Greenwich「グリニッチの殺人猫たち」
The Kirkcudbright Killer「カークカドブライトの殺人」
The Ghost of St Bartholomew's 「聖バーソロミュー病院の幽霊」
The Purple Woman「紫衣の女」
The Laughing Pilot「笑うパイロット」
The Missing Jars「失われた瓶」
The Invisible Porter「見えないポーター」
The Subdivided Crooner「切り刻まれた歌手」
The Pale Man「蒼ざめた男」
The Iron Football「鉄のフットボール」

「  」内は拙訳、(  )内はその事件が原作で言及されている場合の作品名(新潮文庫版)です。
「まがった家」は「まがった男」、「四つ足の男」は「這う男」を連想させますが、ホームズもの以外の作品を髣髴とさせるものもあります。(訳が適切でなかったら申し訳ありません、コメント欄でご指摘いただけるとありがたいです!)

ジョンと出会う以前のシャーロックの話も、いつか観てみたいですよね。
個人的には「バーツの幽霊」のお話が観たいです。
スタンフォード君やモリーを「ワトスン役」にしても楽しそうだし、案外モリーがシャーロックを好きになったきっかけだったりして…などという妄想もひろがります。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。