最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

人違いの話

いつもにも増して相当どうでもいいこと書いてる自覚がなくもないんですが、1話、3話に比べてあまりに2話の記事が少ないので「ああ何かひねりだそうと必死なんだな」とぬる~く見逃していただければ幸いです。

あろうことか、犯人一味にシャーロックと間違えられるジョン。
借りたカードとか、独り言(に見せかけたイヤミ)とか、色々なことが伏線になっているのですが、ジョンのブログもちょうどこの時※、顔写真がシャーロックと二人で写っている物に変わっていました。(公式トップの写真の別アングルだったと思います。)シャーロックの方が大きく写っていたので、そちらが書き手のジョンだと思われちゃったわけですね。

確かに、視聴者には「どっちがホームズか」は一目瞭然ですが、作中の登場人物にはステレオタイプな「ホームズとワトスン」のイメージはないわけで…

「まだらの紐」で、怒って221bに飛び込んできたロイロット博士の第一声が
どっちがホームズだ?」でした。
「ボヘミアの醜聞」にも、訪ねてきたボヘミア王が「どっちへ話しかけてよいか迷うらしく、私たち二人を見くらべた」という記述があります。(いずれも延原謙訳)「スリー・クォーターの失踪」「三破風館」もそうですね。いずれの場合も、質問した人は体力自慢や権力自慢で、あまり知的ではない感じに描写されているようです。

原作にはホームズとワトスンが取り違えられて騒ぎに、という話はありませんが、かなり面白い展開なので、もっとこの勘違いを見ていたかったなあと思いました。「あの彼」も2話の時点では、シャンの報告で山のように送られてくるジョンの写真を「これがホームズか」と思って見ていたのかと思うと、○○くらいくくり付けたくなる気持ちもわかります。

名探偵ホームズの存在自体が、書き手であるワトスンの創作であった、という説もあるようですね。
「迷探偵シャーロック・ホームズ 最後の冒険」はそういうお話ですね。wikiは英語しかなかったんですがこちらに。

※BBC ONEで初めて放映された時点。ジョンのブログは、ドラマの放映内容に合わせて更新されます。


関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

ご閲覧やRSS登録ありがとうございます!まだ廃墟じゃありませんよ~!亀の歩みですが、過去の振り返りも含めてのんびり元ネタ探し続けていきたいと思います。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura