最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イエローページ

電話帳にヴァン・クーンという名はそう多くない(拙訳)」と言って、ヴァン・クーンの住所を探り当てるシャーロック。この手法をジョンがちゃんと覚えていて、第3話で応用してみせるのが心憎いです。

「めずらしい名前」「電話帳」とくれば、思い出されるのは「三人ガリデブ」。
「『ガリデブ』姓の男を3人集めたら遺産を相続させる」という奇妙な話をホームズから聞いたワトスンは、とりあえず手近にあった電話帳をめくっていました。

2話では、スー・リンのフラットを見つけるときも、ドアの外に放置された「イエローページ(職業別電話帳)」がヒントになります。


本は魔法の庭のようなもの しかもポケットに入れて運べる(拙訳)」というシャンの言葉に象徴されるように、2話のキーワードは「本」と言えそうです。

そして、1話のイメージカラーを「ピンク」とするなら、2話はスプレーの黄色、イエローページの黄色と「黄色」がやたら目につく回、というのはこじつけかな?2話のタイトルにも「色」を入れようとして、原作の「黄いろい顔」とかぶるのでやめたんじゃないかなぁ、というのは邪推が過ぎるでしょうか。

ついでに原作で「色」が入ってる題名を探してみました。

・緋色の研究 ・赤髪連盟 ・青いガーネット ・白銀号事件 ・黄いろい顔 ・黒ピーター 
・金縁の鼻眼鏡 ・赤い輪

「白面の兵士」「オレンジの種五つ」「緑柱石の宝冠」は原題を見てなんとなくアウトな気がしたんですがどうでしょう。(どうでしょうって、このリスト自体べつに役には立ちませんが…)
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

ご閲覧やRSS登録ありがとうございます!まだ廃墟じゃありませんよ~!亀の歩みですが、過去の振り返りも含めてのんびり元ネタ探し続けていきたいと思います。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。