FC2ブログ
最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探しをしております。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
ブリキの文書箱

晴れた日はアイスクリーム

私の勤め先では複数の国籍の人が働いているのですが、出身地も年齢もバラバラな人たちが揃って「食べたい~~~!!」と嘆くもののひとつが、Magnumのアイスクリームバー。チョコレートがけされた高級感あふれるアイスクリームです。
英国生まれで、いろいろな国で親しまれているのですが、なぜか日本では見かけません。

Magnumを出してるアイスクリームのブランドがWall's。1786年創業ですが、もともとはロンドンの肉屋さんだったそうです。
夏場に社員を解雇しなければいけない状況を回避するためにアイスクリームを作って売ることを考えつきましたが、第一次世界大戦が起こり、そのアイデアが実行されるのは1922年、他社に買収された後になります。現在はユニリーバがオーナーとなっています。

"What would you do, Vivian?"
"Pardon?"
"Well, it's a lovely day. Go for a stroll? Make a paper aeroplane? Have an ice lolly?"
"Ice lolly, I suppose."
"Ice lolly it is! What's your favourite?"
"Well, really, I shouldn't..."
" Go on."
"Do they still do Mivvies?"

「何をするの、ヴィヴィアンは?」
「はい?」
「すごくいい天気だよ。散歩する?紙飛行機つくる?アイスたべる?」
「アイスかしら」
「アイスね!何のアイスが好き?」
「ええとね、でも今は…」
「続けて」
「Mivviってまだあるのかしら?」



Mivvi Ice Creamsは、商品名を出せないNHKの放送では「フルーツアイス」と訳されていました。おそらくミルク系のアイスクリームを、フルーツ味のアイスでコーティングしたもの。こちらのサイトに愛らしいパッケージの画像がありました。
Do you remember? Food and Drink Mivvi Ice Creams 

Mivviを売り出していたのはLyons Madeというブランド。素朴で可愛らしい看板を掲げたアイスクリームトラックに、子供時代のヴィヴィアンもわくわくしながら駆け寄っていたんじゃないでしょうか。
Twitterで検索すると、Mivviをを意匠化したポップな壺が出てきます。上記のサイトの内容から言っても、Mivviに代表されるLyons Madeのアイスクリーム は、70年代のアイコン的な存在なのかもしれないですね。当時に詳しい方がいらっしゃったら、教えていただけたらありがたいです。

Lyons Madeは、1992年に Nestléに売却されています。アイスクリーム自体は現存しているけど(検索するとWaitroseとかでも、似たようなアイスが売ってますね)、あの日あの時のアイスクリームとはどこか違う。そんなふうに想像して、あらためて彼女の孤独を感じます。そういう寂しさを、いつか私も味わうことになるのかなあ……

ちなみに私の「懐かしアイス」は トムとジェリーの絵がついた箱に入った、バニラ味とチョコ味がうずまき模様になってるやつ!
高級感溢れるアイスも大好きですが、乳脂肪分低めの、ちょっと安っぽい味がするアイスに郷愁を掻き立てられます。

さて、原作のホームズたちは、アイスクリームを食べたのかしら。
アイスクリームの歴史について調べてみたのですが、この大阪のアイスクリーム屋さんのサイトがべらぼうに面白かったです!

手づくり アイスの店 マルコポーロ

原作(正典)中には、一度もアイスクリームは出ていません(……よね?みっちょん様……)。
しかしマルコポーロ様のサイトによると、1898から1926年にかけてペニーリックというガラス製の容器に入れたアイスクリームが売られ、子どもたちがよく食べていたそうです。この回収制容器が不衛生で食中毒を引き起こしたので、代わりにコーンが普及したとのこと。
マルコポーロ様のサイトより「英国のペニーリック グラス事件」
ホームズに仕事の報酬をもらったイレギュラーズの面々は食べていたかもしれませんね。

そして1942年、第二次世界大戦により、英国ではアイスクリームの製造が禁止になります。
これに対して米国では、「兵士の士気をあげるために」アイスクリーム製造が国策として奨励されたそうです。
戦艦にはアイスクリーム製造機が装備されていて、従軍すればアイスクリーム食べ放題というのが宣伝文句だったとか。

マルコポーロ様のサイトより「米軍とアイス 第二次世界大戦中」

当時の英国と米国では食糧事情が大きく異なったわけですが、ひょっとしたら英国では「大の男がアイスクリームを食べるものではない」という意識もあったのでしょうか。アメリカ兵が行列するほど大好きなアイスクリーム、イギリス兵がきらいなはずがないのですが……。
タイタニック号(1912年)でアイスクリームが供されていたともあるので、やはり戦時下では贅沢品という理由で禁止されたのかな。ホームズとワトスンはフランスはもちろん、ジェラートの国・イタリアにも行っていた可能性がありますから、本編に出ていないところでアイスクリームを楽しんでいたかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

アイス食べ過ぎないように - カミーノ - 2018年10月08日 15:26:05

ご無沙汰しております。
いつも本題と関係ないことで恐縮です。
私はグリコ・パナップのオレンジマーマレードが好きだったのですが、いつの間にか無くなっていました。大分前の事ですが。
内臓を冷やすと体に良くないので、アイスの食べ過ぎには気をつけましょう。

Re: アイス食べ過ぎないように - ナツミ - 2018年10月08日 16:40:44

カミーノ様

こちらこそご無沙汰しております!

実は、「皆さんの思い出アイスも教えてください」と書きたかったのですが、だいぶブログを放置してたので、コメントを強いるよな書き方はどうかな?と思ってやめたのです。カミーノ様の思い出アイスを教えていただけて嬉しいです。

パナップ、オレンジマーマレード味があったんですね。つい最近いただく機会があったのですが、ソースがにっこり笑った顔になったり、ハートの形だったり、小さな工夫があって楽しかったです。ついつい食べすぎてしまいます。

思い出アイス - ゆい - 2018年10月14日 12:32:32

ジャイアントコーンが好きでした。
上の表面のカリカリを楽しみ、純粋なバニラアイスのミルキーな甘さを堪能した後、チョコ味のコーンで再びカリカリ食感……!といろいろ味わえるのにハマってました。
赤色と青色どちらにするか、よく悩んでた気がする。
思い出したら食べたくなってきました……

Re: 思い出アイス - ナツミ - 2018年10月14日 15:33:45

ゆいさま

ジャイアントコーン!王者の風格がありますね!
私、コーンがあんまり好きじゃなくて、棒付きとかカップ入りとか、「可食部が100%アイス」のものばかり選んでる子どもだったんですよ。
でも、ジャイアントコーンのコーンはソフトクリームとかが乗ってるようなふにゃっとしたコーンと違って、ちゃんとした(?)お菓子の味がするということに、大人になってから気づきました。完成度が高い……!

思い出のアベックアイス - 篠田真由美 - 2018年11月25日 07:09:43

アイスクリームを思い浮かべるのもブルブルな気温になってきてしまいましたが・・・

私の思い出のアイスクリームは、東京根津、甘味処芋甚のアベックアイスです。銀色の舟形容器に山がふたつ。白いのはミルク味、もうひとつは小豆味。どちらも乳脂肪分少なめでさっぱり系。これはお店で食べるので、持ち帰りはもなかの皮の中にどちらかを入れます。急いで食べないと皮がしとっちゃう。

なにより素晴らしいのは、この店が未だに健在だということです。谷中見物のお客で行列になることまであるのは、昔を知るものには有り難いとはいえませんが。それにしても「アベックアイス」というネーミング自体、昭和だなあ。アベックって、フランス語ですよね? 「カップル」より前に同じ意味で使われていた記憶はあるけど、死語か。死語だな。

甘味処のアイス美味しそう…… - ナツミ - 2018年11月25日 16:57:29

篠田真由美様


> アイスクリームを思い浮かべるのもブルブルな気温になってきてしまいましたが・・・

いやあ、この時期に暖かい部屋でリッチ系のアイスクリームを食べるのは最高です!(痩せられない人間の発言)

> 私の思い出のアイスクリームは、東京根津、甘味処芋甚のアベックアイスです。銀色の舟形容器に山がふたつ。白いのはミルク味、もうひとつは小豆味。どちらも乳脂肪分少なめでさっぱり系。これはお店で食べるので、持ち帰りはもなかの皮の中にどちらかを入れます。急いで食べないと皮がしとっちゃう。

最初に「トムとジェリーのアイス」なんて言ってしまったが悔やまれるくらい「作家の口福」的なお話になってきた……!
銀色のお皿、冷たそうでいいですね。あっさり味も上品。もなかでお持ち帰りというのもいいなあ。
そう、今でこそ子どもに「アイスクリーム」を描かせるとコーンの上に水色やピンクのやつになりますが、昔は銀色の容器に白いアイスだった……!時々ウエハースもついてた!

> それにしても「アベックアイス」というネーミング自体、昭和だなあ。アベックって、フランス語ですよね? 「カップル」より前に同じ意味で使われていた記憶はあるけど、死語か。死語だな。

調べたら仏語のavecは「~とともに」という意味の前置詞なんだそうです。
今は「警視庁24時」みたいな番組で聞く気がします。「アベックを狙った犯行」とか。

トラックバック

URL :

プロフィール

ナツミ

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

私の口ずさむ"Searching For The Ghost"がどれくらいひどいかと言うと
「♪君の名はミステリー(←唯一聞き取れてる?部分) にゃにゃにゃにゃにゃにゃにゃ ぼいん!ぼいん!ぼいん!」という感じです。恐ろしくてツイッターには書けません。

メールはこちらへ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
Twitter
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura