最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

Break up

お久しぶりです。ま、まだ生き物はここにいるんだろうか……
サボり過ぎてFC2の管理画面にすら拒否られ、パスワード思い出すのにだいぶ苦労したナツミです。最低。
記事も更新できてなければ年賀状もできていない体たらくですが、誰にも望まれていないことはきっちりやるという主義だけは守っていきたい。それが筋を通すということではないでしょうか。それが漢の生き様。

偉そうに言ったそばから弱音を吐くのもアレなんですけど、今年は笑えない感じに多忙だったんですよ!年末は体調崩しっぱなしだったし!まあ休みぜんぶ使ってイギリス行ったり、ゴリゴリ遊んでたことも否めないですけど!

そんな一年で得た教訓は、「困ったときは人に頼る」
本当に、周りの人に色々頼ってなんとかしてもらった一年でした。
家族に、友達にありがとう!
上司に、先輩に、同僚に、後輩に、みんなにありがとう!
迷惑ついでにもう一つお願いします!
IMG_2430.jpg

「……なに、この封筒」
「何も言わずに一枚取ってください」
saigen2.jpg

「それ、塗っといてください。できれば12月23日までに」
「だから何、これ」
「まあ、大人の塗り絵だと思っていただければ」

再現
「何なのこれ、仕事?」
「ある意味今年最後の大仕事です」

このブログに来てくださるほどの物……SHERLOCK好きな方はお気づきかと思いますが、元はコレです、コレ。
コメント欄でカミーノさんに教えていただいて、新宿紀伊國屋書店にて購入致しました。
book.jpg

今回使ったページ以外も面白かったですよ。マイパレ法廷で無数の女性に取り囲まれるシャーロック塗り絵(見開き)とか。
「塗り甲斐」という未知の価値観でシーンを選んでる感じが最高です。
IMG_2422.jpg
台紙に貼って……
IMG_2423.jpg

並べ直せるように番号をふっておきます。今気づいたけどAの19って何だよ。いい加減だな、我ながら。
線に沿って切り取ったピースをたまたま近くにいた皆さんに配布します。ほんとすみません。

gazou2.jpg
さて、着々とピースが帰ってきました。
忙しい時期に無理やりやらせといて評価するのも傲慢かとは思いますが、塗り方に個性が出て面白い。

gazou1.jpg
この人はたぶん北斎的な何かだと思ってる。
正解:おっさんの髪 です

gazou3.jpg
虹がかかってる!ソシオパスの中に虹を見出す……美しいですね

gazou4.jpg
お前だけはこの絵が人間だとわかったはずなのに、なぜあえて緑を選ぶ。

gazou5.jpg
この人は細かいとこまで丁寧に塗ってくれてますね。季節感もある!

gazou6.jpg
子どもに塗らせたな


なんだかんだで、全部並べた結果がこちらになります





kansei.jpg

おお、アート!!



………なのか??

毎年ビミョーな出来のクリスマス工作ですが、人に頼ってもやっぱりビミョーでした。(一ピースずつはかなり凝ってるので、プロデューサーが悪いんですけど)
とりあえず、華やかではあるかもしれない……

あと、よく見ると左下あたりに塗ってない部分があるんですけど、そこらへんが私の管理能力の限界ということです。(もはや、配り忘れたのか忘れられたのかすらわからない)
……来年は、もう少し何とかしたいです、色々と。
リアル友人・同僚の皆様、本当にお世話になりました。巻き込んでごめん……
それからもちろん、こんなザマだというのに見に来てくださって、最後まで読んでくださったあなた様にジャンピング土下座でございます……

【過去のクリスマス工作】
お菓子の家
スノードーム
痛チョコ

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

Merry Christmas! - れすとら - 2016年12月24日 11:57:56

Oh,it's wonderful!
ジョジョ的な何かに見えますね。

良いお年を! - 篠田真由美 - 2016年12月24日 14:00:54

すばらしいっ。
塗り絵をばらしてピースごとに他人に塗らせるという、アイディアに脱帽です。

私、今年は年賀状日和りました。
親が死んだときも出したちゅーのに、届いた分だけ返すことにした。減らせるし、しかも値上がりするらしいし。

というわけで、どうぞ良いお年を(まだ一週間あるっちゅーに)。

- midori - 2016年12月24日 15:08:47

皆さんお疲れ様。
メリークリスマス・:*+.\(( °ω° ))/.:+
↑ ベルクワイアーのつもり

とある日のシャーロック - ゆい - 2016年12月24日 17:00:40

パソコンの前で、爆笑してのたうちまわりました。
ナツミさんの発想とつっこみが素晴らしすぎます。
そして完成品の、どこか哀愁漂うシャーロックの顔がたまりません。

20人がかり - ナツミ - 2016年12月25日 05:14:56

れすとら様

ジョジョっぽい!?荒木飛呂彦先生に畏れ多い気もしますが、肌色のせいか……!?
そのセンスに約20人がかりでやっと近づけるのかと思うと、荒木先生やっぱ凄え、と思います。

むしろ普通の作品を鑑賞したい - ナツミ - 2016年12月25日 05:33:03

篠田真由美様

「他力本願」を具現化したものがこちらになります!!
それにしてもあの塗り絵、私は全然塗れる気がしません。221Bの壁紙だけでも無理無理無理ィィィィ!!
"sherlock mind palace colouring (もしくはアメリカ風にcoloring)book"で画像検索しても、世界の華麗なる挫折っぷりが見られるだけです
(上の塗り絵の『完成版』はいくつか出てくるんですが)。

> 私、今年は年賀状日和りました。
> 親が死んだときも出したちゅーのに、届いた分だけ返すことにした。減らせるし、しかも値上がりするらしいし。

もうこの制度、どうにかして止められないかな……弱輩者のサラリーマンは本当辛いです。
クリスマスプレゼント文化はもっと大変そうなので、手間的にも金銭的にもミニマムなのかもしれないけど……

今年もお世話になりました。先生もよいお年を!!

ありがとうベルクワイア - ナツミ - 2016年12月25日 05:38:04

midori様

労いのお言葉ありがとうございます……!
もっともリアル同僚はこのブログの存在を知らないので、midoriさんに労われることもなく、完成形も見てません。
純粋なる「塗らされ損」です。連休明けに菓子でも買っていこうかと思います。

よろしく哀愁 - ナツミ - 2016年12月25日 05:53:56

ゆいさま

> そして完成品の、どこか哀愁漂うシャーロックの顔がたまりません。

言われてみると、画像検索でみつかった作品に比べて、このシャーロックはなんとなく居心地悪そうな……
台紙を貼ったとはいえ、30枚の紙切れを隙間なく並べるのは結構難しくて、微妙なズレがあるのかもしれません。人の表情って、一ミリのズレですごく変わるものなんですね。
あと、寒色系が多いですよね。心の寒さを表してるのなら、私じゃなくて福利厚生課マターですよ。ストレスチェックもう一回やったほうがいいですよ(塗った人がここ見てたら『お前がストレスだ』って言われそう)。

マチスかピカソかはたまたムンクの叫びか… - あろまる - 2016年12月25日 10:10:32

先日 丁度、本屋さんで ‘Xmasプレゼントに最適!’な 大人の塗り絵コーナーを見て、
21世紀さん過去記事の、※欄を思い出していたところです〜。(^m^)
シャーロックのはそこにはなかったですが、どの元絵も、線画になると細かくて、
「わたしには無理だ…」と、降参。onz
ウィリアムモリスが大好きなのですが、塗り絵は絶対にやりたくないと、猛烈な拒絶反応が…。
だってすごく細かいしミニマムな繰り返し…やはり自分に無いものが好きなんだな と、
思い至った次第です。
いや、このシャーロックの221Bの壁紙に、同様の寒気を覚えたもので、つい…。(^^;)
というか、ナツミさんの発想、斜め上を行ってました。
( ̄ο ̄;)…アングリ
パズルにして塗り絵する…、いや ホント、脱帽であります〜。
そして、みなさま 個性的…。
(;・∀・)ア、アハハ

癒やしか拷問か - ナツミ - 2016年12月25日 10:39:24

あろまる様

モリスの塗り絵、実在するんですね!こりゃまた細かそうだ!
(モリス塗り絵をamazonで見たら、お高そうな色鉛筆セットが一緒にお勧めされていて、100均で買った色鉛筆セットをぞんざいに置いといたことにちょっと反省もしました……)

シャーロック塗り絵も壁紙が面倒なんですけど、人物や部屋、街の描写もあるので、おなじパターンの繰り返しはまだ少ないかな。いや、けして「面倒じゃない」とは言いませんけど……

そうですね、個性的もそうですが、私も含めて流行り物に飛びつきやすい人が多いですね。実は職場で一瞬だけ「曼荼羅の塗り絵」が流行ったことがありまして、「それで癒やされるんならこっち手伝ってくれよ!と思ったという背景もございます。

参加したかったです - みっちょん - 2016年12月25日 10:52:42

「リレー小説」に参加した友達の苦労を聞いたことがありますが、「パズル塗り絵」は同時に、でも別々に塗るので塗り手の個性がそのまま出て良いですね。

私も参加したかったです。
コピーを送って頂けたら素晴らしい作品↓をお送りできたと思います。

(絵はものすごく下手、それ以上に塗るのも下手なので、個性的な仕上がりになる自信はあります)

「SHERLOCK知っている人バージョン」も楽しそう - ナツミ - 2016年12月25日 11:13:06

みっちょん様

そうなんです、今回は元の絵を一切知らせずに塗ってもらったのですが(だからよく見ると、シャーロックの髪の先をお花だと思ったり、草だと思ったり、個々人の『解釈』が見受けられます)、元の世界観を知っている人が「これは壁だな」「スカーフかな」と予想しながら塗っても面白かったんじゃないか、と思いました。
塗り方も、筆圧や几帳面さ、好みの違いが出ていて「誰が塗ったか」を知っているとより楽しいので、知った人同士で「ここは〇〇さんだね」と答え合わせしながら楽しむのもよいのではないでしょうか。
塗り絵はまだまだ膨大なページ数がありますので、「SHERLOCK知ってる人バージョン」もいつかやってみたいです。その時はよろしくお願い致します♪

- わにげーな - 2016年12月25日 11:36:47

いつも楽しく拝見してます
今年のクリスマスはまた、凝ってますね!
謎の任務にこれだけの人が協力してくれるナツミさんがすごい
人徳ですね
「塗らされ損」の方々に、これを見たときの私の幸福感をフィードバックできたらいいのに!!
ありがとうみなさん、この世界の片隅で勝手に幸せをいただきましたよ
顔パーツ担当のみなさんがなぜかそろってこの配色なのが笑えます


『この世界の片隅で』観に行きたい…… - ナツミ - 2016年12月25日 12:01:16

わにげーな様

こちらこそ、いつもお世話になっております!

協力してくれたというか、無理やりさせられたというか……とにかく皆、この件は早めに忘れて各自幸せなクリスマスを過ごしてもらえればと思います!わにげーなさんに笑っていただけたら何よりです。

> 顔パーツ担当のみなさんがなぜかそろってこの配色なのが笑えます

位置が既に決まっているので、配色はこちらでいじれないのが難で。
上の方に「背景黄色」が集まったのも出来過ぎですよね。並べてて「おおっ」と思いました。
真ん中の人(鼻の辺り担当)は「砂漠と空」という設定で塗ったようです。広いスペースがあると「空かな」と思ってしまう傾向があるのか、顔周りに寒色系が集まって、結果小暮総理みたいになってしまいました……

参加希望♪ - YOKO - 2016年12月27日 12:57:38

めちゃくちゃ楽しい企画ですね!
思いつくナツミさん素晴らしい~。お忙しくても心の余裕はなくしていないのが素敵です。第二弾があったら塗りに行きたいです^^

第二弾への展望 - ナツミ - 2016年12月27日 21:55:53

YOKO様

見ようによっては著しく心のバランスを欠いた一団に見える気もするんですが、余裕ありと言っていただけてよかったです……!
参加者役20人に対してピースは30枚あるので、私も多少塗りました(さてどれでしょう♪)。
「もう二度とやりたくない」と思いましたが、コメントでの「塗ってもいいよ!」というお声を真に受けて、ちょっとやりたくなって来ました。マイパレ法廷の彼女たちを記憶だけで塗ってみるとか……イヤ、無理か……

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスンがより好きです。

2017年エイプリル・フールお片付けしました。お付き合いありがとうございました!片付けきれてないところがあったらお知らせいただければありがたいです。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura