最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

「花嫁」に続く事件

馬車の中で「もういくつか考えがあるんだろ?」と尋ねるワトスン、「もっと深く潜らなければ」と独りごちるホームズ。
初見の際は、これは『緋色の研究』の馬車での会話から、と思い込んでいました。

「データがない。証拠材料がすっかり集まらないうちから、推理を始めるのはたいへんな間違いだよ。判断がかたよるからね」(『緋色の研究』)



この「データが足りない」という言い回しは原作に複数回出てきますが(過去記事『データ、データ、データ!』)、今回はシャーロック自身の呟きでもあったんですね。2度めの鑑賞からは、違う意味に感じられるのが面白い。

エミリア・リコレッティ事件後の数ヶ月間に、この事件を模倣したというか、エミリアの仕業にみせかけた犯罪が起こったようです。ホームズの顔の上に、いくつかの新聞記事が浮かび上がります。

STATEMENT FROM CAB DRIVER “IT WAS MRS RICOLETTI”「御者が証言『犯人はリコレッティ夫人』」
GHASTLY MURDER IN THE WEST END DREADFUL END OF PEER. 「怪奇殺人 ウェスト・エンドで」
ALARMING DISCOVERY IN ISLINGTON 「船長 変死体で発見」
MANCHESTER SHIP CANAL AT EASTHAM ’GHOST’ IDENTIFIED? 「亡霊の身元判明?」
WHO WILL BE NEXT? In the notorious ‘Bride’Murders.「次は誰だ?」
SCOTLAND YARD BAFFLED MYSTERIOUS DEATH OF VISCOUNT HUMMERSKNOT「スコットランド・ヤードお手上げ 子爵謎の死」 (訳はNHK版から)



新聞の切り抜きは、ホームズお手製の犯罪記録帳からでしょうか。シャーロックはスマホで何でも検索しちゃいますけど、原作では新聞記事を地道にアーカイヴしてましたものね。

シャーロック・ホームズは暖炉の片側に陣どって、むっつりと、例の犯罪記録に索引をつけているし、(後略・『オレンジの種五つ』)



科学捜査にしても、犯罪記録作成にしても、ホームズはほぼ「創始者」で、現代に生きるシャーロックは「先人の作ったものを活用する人」なんですよね。だからシャーロックはただホームズを現代に連れてきたというキャラクターではなく、すこし性格が違う。
ベネディクト・カンバーバッチの演じ方も(この場合同一人物であるにも関わらず)、ちゃんと変わってると思います。19世紀ホームズの方が落ち着いていて、ワトスンとのパワーバランスもまた違いますよね。物語の上では、シャーロックの自己像があんな感じだということなんでしょうが……

さて、レストレードによると、少なくとも5人の男が自宅で殺され、米を撒かれ、壁には『YOU』の血文字があったとか。

後に切り抜きがアップになる場面を参照しながら、記事をチェックしていきましょう。
まずイズリントンの事件から。ある月曜日、イズリントンのユニオン・チャペルで、清掃作業員のエリザ・バートンが、頭部を撃ちぬかれた海軍大佐レオ・マスターソンの死体を発見しました。(階級はwikiを参考にしたのですが、違ったらすみません。ご教示いただければありがたいです)
死体の上には「まるで結婚式のように」大量の米が撒かれていたようです。

元ネタとしては、『海軍条約文書事件』に出てくる、『疲労せる船長の事件(“The Adventure of the Tired Captain”)』しか思いつかないかなあ……Captainの一言しかつながりがないので、信憑性はないですが……

また、肉屋のフレデリック・ヴァ…ヴァニスタート?(よく見えない)さんが自宅の庭で喉を切られて殺され、やはり米が撒かれてたケースも。
「米を撒く」ってオリジナルではやってないのに、しっかり受け継がれてるのがちょっと可笑しいですね。結婚式っぽい演出なのね。

もう一つは、ハマーズノット(この読み方でいいんだろうか)子爵の事件。
SCOTLAND YARD BAFFLEDという見出しは、内容的にはそんな珍しい事じゃないですが(レストレードごめん)、今作は過去のホームズ映画へのオマージュが特に多いですから、ここで世界初のホームズ映画、"Sherlock Holmes Baffled"を挙げておくべきかもしれません。
1900年に作られたショートフィルムなのですが(私は日暮雅通先生のトークイベントで教えていただきました)、まさに「カツオホームズ大慌て」って感じです……



新聞記事に戻ると、この事件では高名な子爵が硫酸を浴びせられたらしいです。
まんま『高名の依頼人』じゃないですか!あの事件のグルーナー男爵、いつThe League of Furiesにやられてもおかしくない男ですからね!SHERLOCK世界のキティ・ウィンターはうまくやったね!!

「関係ない殺人をエミリアの仕業に見せかけようとする」人もいたでしょうが、、エミリアに共感したり、触発されて行動を起こした人たちもいたんじゃないかしら。
これらの新聞記事はきっと、シャーロックがマイパレにデータ保管してた「現実の」事件なんですよね。メアリのように参政権を求めて運動する女性たちもいた一方で、エミリアたちのように抑圧されたエネルギーを復讐に向けるひとも、少なくなかったと思うんです。

ところでホームズ、紺色ガウンを着てますね。このガウン、原作では『唇の捩れた男』に出てきます。
このガウン、友人は紫って言ってました。紺色に見えるのが私のモニターのせいで、紫色だとしたら『青いガーネット』ですかね……

過去記事:『シャーロックのガウン』

う~ん、どっちとも取れる色かな。
やたらファッション・チェックが細かいことに定評があるワトスンですが、「同じガウンを青って言ったり紫って言ったりしてる疑惑」が湧いてきたぞ!

レストレードに「無能なスコットランド・ヤードを代表して言わせてもらえばその椅子はからっぽ」と言われて、「ワトスンが進歩したと思った」と返すのも『唇の捩れた男』からですね。

「君はすばらしい天禀をもっているよ、寡黙というね。これがあるから君は相棒としてもってこいなんだ。(後略)」



次の場面の「メアリがいない椅子」に繋がる「ワトスンがいない椅子」は、『SHERLOCK』本編でも描写されてきましたが、原作でも何度か言及がありました。

「(前略)ロンドンに着くと、まずベーカー街の旧居に自身乗りこんで、おかみさんのハドスン夫人を気絶せんばかりに驚かしてしまった。旧居は兄のマイクロフトの骨折りで、書類などもそっくりそのまま、以前の通りに保存されていた。というわけで、きょうの午後二時には、昔なつかしいあの部屋の坐りなれた肘掛いすに僕は納まったわけだが、親友ワトスン君が昔どおり、おなじみのいすに掛けていないのだけが物足りなかった」(『空家の冒険』)



過去記事『ジョンの肘掛け椅子』

黄道傾斜角の話については、また別記事にまとめようと思います。

(原作からの引用はすべて延原謙訳)
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

Lestrade baffled. はいつものこと? - れすとら - 2016年08月12日 23:31:16

Twitter中継楽しませていただいています。

新聞記事の訳ありがとうございます!

Sherlock Holmes baffled. 
という記事がジョン・ブログ(8月1日の記事)にあったなあと思っていたのですが、元ネタは世界初のホームズ映画だったのですね。ジョンの記事はドラマに出てきた飛行機に乗っているはずの男が車の中で遺体で発見という事件、かな?サイレント映画ですね、このホームズの細さと頬骨がヴィクトリアン・シャーロックに似ている気がします。逆にこの人を見てもホームズとわからないっていうか。

>「米を撒く」ってオリジナルではやってないのに、しっかり受け継がれてるのがちょっと可笑しいですね。結婚式っぽい演出なのね。

た、確かに!目撃者がいないと悪名高き花嫁の連続殺人鬼の仕業とはわからないですものね。『YOU』だけでは弱い気がします。

>「ワトスンがいない椅子」
ジョンがいないのに気がつかずに、2時間前にペンをとってくれって言った、とかいっていたころが懐かしいです。

それでは、よい旅を!

それでも素敵なレストレード! - ナツミ - 2016年08月13日 09:53:28

れすとら様

レストレードの当惑ぶりとホームズとのやりとり、安定の可愛らしさですね……
SHERLOCKのレストレードは、威張らず卑屈にならず、的確なツッコミをしてくるのがいい!
シャーロックが懐くのもわかります。人間として、負けてないんですよね。

> Twitter中継楽しませていただいています。

「英国旅行つぶやき中」と言いつつ、九割方ゴジラの話をしていてすみません……!

> Sherlock Holmes baffled. 
> という記事がジョン・ブログ(8月1日の記事)にあったなあと思っていたのですが、元ネタは世界初のホームズ映画だったのですね。

私も、(元の映画を知らなかったので)ジョンの記事を先に思い出しました!人が消えてしまう、という内容もこの映画に絡んでたのですね。
ホームズと同時代にハリー・フーディーニがいて、パスティーシュなんかでよくホームズやドイルと共演させられてるんですけど、探偵と手品師って、宿命の対決という感じがあって面白いです。

>このホームズの細さと頬骨がヴィクトリアン・シャーロックに似ている気がします。逆にこの人を見てもホームズとわからないっていうか。

うん、確かに……タイトルがないとわからなかったかも。
人が消えてもやれやれって感じなのは面白いですね。現代版シャーロックなら興奮してジョン!ジョン!と騒ぎそうな気がします。

> ジョンがいないのに気がつかずに、2時間前にペンをとってくれって言った、とかいっていたころが懐かしいです。

S3あたりから気になっていたのですが、『忌まわしき~』を観て更に、シャーロックにとっての周りの人の実在と不在、みたいなことが気になっています。
シャーロックって、本物のジョンやマイクロフトが目の前にいるかどうかは、あんまり気にしてないような気がするんですよね。頭の中の住人と実物の区別がついてないわけじゃないんですけど、マイパレにいることが多い分、そっちの住人のウェイトが大きい。
だからといって妄想の世界だけに住んでいるわけではなく、実際のジョンと会えなければ寂しがるし、生お兄ちゃんにも常に新鮮なムカつきを覚えてる。マイパレ住人像が実物のリアクションによって、ちゃんとアップデートされてる、というか。

思いっきり私事ですが、私は久しぶりに会う人にしょっちゅう「痩せた?」って聞かれるんです。
私自身は、あまり体重の増減はありません。みんなのマイパレ内の私が、常に実物以上に太ってるんだと思うんですよ。
観念的な話になってしまいますが、「私」って何かな、と思っちゃいます。
ダイエットして1~2キロ痩せたとしても、周りの人のイメージする「私」は、そう簡単に変わらない。だとしたら、私自身よりもそっちの「私」が、私という存在の本質に近いのかもしれない。
私の体重の話はもういいとして、『忌まわしき花嫁』ではシャーロックの頭の中をほんの少し覗くことができましたが、あれはそう突飛な話ではなく、皆の頭のなかで起こっていることなのかもなあ、と思いました。シャーロックのそれがものすごく速くて精緻だというだけで、同じようなシミュレーションをみんなやってて、私たちはそこから外を覗くようにしてしか生きられないのかも。

今日から夏休みで、久しぶりにゆっくりSHERLOCKに戻ってきたせいか、余計なことをたくさん書いてしまって申し訳ありません。
れすとらさんも、お忙しいとは思いますが、素敵な夏をお過ごしください!

みんなのマイパレ - 篠田真由美 - 2016年08月13日 14:52:00

 自分が信じる、あるいは感じている「自分」と、他人の目に映る「自分」は、どっちがより本質? というのは古くて新しいテーマのひとつですよね。しかし、他人の目に映る「自分」というものを、自分が知るのも自分の主観を通してだけなので、それはすでに他人の主観像そのものではあり得ない。
 マイパレの小さな窓から、それも鏡に映した外界を辛うじて眺めているような、思えば頼りないことです。でも人間の知覚って、つまるところそれ以外ではない。主観抜きには存在し得ない。科学の世界は客観だろうと思っても、それさえ主観でゆがむというのが、あのスタップ細胞事件の結論だと感じました。
 私なんて昔から、他人様がどう思おうとオレはオレ的な、内心超ゴーマン人間なので、自己像に関してはその種の迷いは感じたことはないです。私の作品の読者さんは、実物の作者に会うと皆様非常に驚かれますし、その辺は逆に面白がるばかりです。そしてどうせ伝わらない、わかり合えないという絶望の上にしか、人間関係は作り出せないと思っています。
 だからこそ、ほんのささやかな思いが通じたり、共通の趣味で盛り上がったり出来ることの、奇跡のような貴重さが身にしみるのですね。私は私、あなたはあなた、孤独なマイパレの囚人。でも、窓から声を掛け合うことはできるのです。同じ花を見て笑うことは出来るのです。

 脱線した書き込みを長々とすみません。
 どうぞよい旅を。一路平安!

それぞれのマイパレ - ナツミ - 2016年08月14日 09:53:43

篠田真由美様

私はもういい大人ですが、たまにこういう思春期中の子どものような疑問に捕まってしまいます……(正確には、本などで読み知った人様の疑問に、やっと実感が追いつくという感じです。精神的な成長が遅いのでしょうか)。
周りの人に言いづらいようなことに真摯に向き合ってくださること、温かいお言葉をいただけることを有り難く思います。

> 他人の目に映る「自分」というものを、自分が知るのも自分の主観を通してだけなので、それはすでに他人の主観像そのものではあり得ない。

SHERLOCKがこれだけ色々な人の心を捉えるのは、名作を巧みにリブートしたからだけじゃなくて、ホームズとワトスンの再解釈を通してこの「古くて新しい問題」にさらさらと触れ続けているからではないかな、と思います。
私はずっと「SHERLOCKにはさびしい感じがする」と思っていたのですが、
http://sherlock221b.blog.fc2.com/blog-entry-66.html
シリーズを3つと特別編ひとつ観て、その傍らでコメントをくださる方々とたくさんお話させていただいて、「さびしい感じ」は篠田先生のおっしゃるように「マイパレの小さな窓から、それも鏡に映した外界を辛うじて眺めている」シャーロックの絶望と希望がいつも根底に流れていたからではないか、とどうやら結論づけられそうな気がしてきました。
(第1,第2シリーズは主にジョン視点で描かれるので、はっきりわからなかったのですが、第3シリーズと『忌まわしき~』でだいぶシャーロックの内面が描かれましたよね)

ちなみに篠田先生の『建築探偵シリーズ』の登場人物にも同じような「さびしい感じ」があると思うのですが、『建築探偵』には救済というか、一人でしか生きられないことを認めた上で、どう生きるべきかというある程度の(押し付けにならない)指針が描かれている(と私は思います、どの人物に対しても)のに対して、『SHERLOCK』には常に「希望と絶望の終わらない繰り返し」に登場人物を放り出すような非情さがある。

篠田先生が「ゴーマン」だとは、私はもちろん先生のコメントを読んだ方も決して思わないはずですが、マイクロフトはある意味そのような人ではないでしょうか。賢さ故に、窓の内側に分厚いカーテンをつけることを、自ら選択した人。(でもカーテン、なんですよね、鎧戸ではなくて)
ジョンの場合は、マイパレの中に沈みこんでいきそうなところに、シャーロックが壁を蹴って穴をぶちあけてくれたのでしょう。大迷惑だけど、そのおかげで生きていられる。
シャーロックは頭の良さゆえにものすごい城を建てちゃって、でも外への興味も捨てられない。

> だからこそ、ほんのささやかな思いが通じたり、共通の趣味で盛り上がったり出来ることの、奇跡のような貴重さが身にしみるのですね。私は私、あなたはあなた、孤独なマイパレの囚人。でも、窓から声を掛け合うことはできるのです。同じ花を見て笑うことは出来るのです。

シャーロックとジョンの心の交流を丁寧に描くことによって、「同じものを見て笑う」ことの美しさ、貴重さ、捨てがたさをこのドラマは捉えていますよね。
これって、我々オタク(み、皆さん「我々」とか言って巻き込んですみません!私は違うわ!という方はそれで!)の交流そのものじゃないですか……普段は譲れない自分の考え(萌え、と言い換えてもいい)に浸かっていて、たまに潜望鏡を繰り出して「同志」を見出してはありがたく思う。そのことによって時々は、自分と世界との境界線が変わるような衝撃的な思いもするけど、決して同調ありきの付き合いではない。

多分SHERLOCK、作った人がオタクなんですよね……そういう意味でも。

脱線などとんでもない、私にとっては直球ど真ん中のお言葉をありがとうございました。
レディ・ヴィクトリア新刊の発売日が出発翌日なのが、未だに震えるほど悔しいのですが!
バス移動中心の旅なので、既刊を読み返しながら旅してきます!ネットでネタバレを見ないように気をつけよう!

いってらっしゃいませ、ハドスンさん - RM - 2016年08月14日 15:48:48

ナツミさんがイギリスを旅行なさることを知ってから、ナツミさんのことを思うたびに、窓の外から見えないように身をかがめながらホームズの人形を15分に一回まわす、いたずらっぽい笑顔のグラナダのハドスン夫人しか思い浮かばないという、困った状態です。ハドスンさんはそりゃ魅力的ですけど、お会いしたことはないとはいえナツミさんはきっと、もっとずっとお若いでしょうし。

はい、ナツミさんがブログの予約投稿機能を使って、二日おきだったでしょうか、記事を更新なさっていて、本当は日本ではなく遠いヨーロッパにいらっしゃると途中で種明かしをなさって、私たちがびっくりして楽しんだ、あの夏を思い出すんです。

よいご旅行になりますように!

(私は第一シーズン以降遅れをとって、ナツミさんの記事や、印象に残るコメントの数々に、自分なりの言葉を付け加えることがもうできなくて少しさびしいですが、こちらでのみなさまのお話を一緒にうかがって、一緒の空気を吸っています。)

いってきます。向こうからもお話させていただきますね! - ナツミ - 2016年08月14日 21:48:26

RM様

よく覚えております!あの時は何も言わずに出かけましたが、RMさんが「更新が規則的過ぎる」と疑惑?を抱いておられたのですよね!
コメント欄を遡ってみたら、2012年のことでした。
http://sherlock221b.blog.fc2.com/blog-entry-151.html#comment325

細々と続けてきた(特にここ数ヶ月は風前の灯火って感じでした)このブログにも、それなりに歴史らしきものがあるのですね。いつもRMさんが優しく見守ってくださっていることが、このブログの一番の誇りです!

休暇獲得のために走りまわっていて失礼してしまいましたが、RMさんのブログのお誕生日も今月でした。おめでとうございます!
これからもお付き合いいただけたら嬉しいです。
NHKの『マスケティアーズ』でトム・バークを見るたびに、RMさんにお話したくなってしまいます。タイプの違う俳優さんに見えますが、やっぱりどこか似てますよって。大好きなドラマの俳優さんの、息子さんの活躍を見られるなんて、すごくすごく幸せなことですよね。ホームズやワトスンを見ているハドスン夫人の気持ちがちょっとわかるような気がしてしまいます!

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

ご閲覧やRSS登録ありがとうございます!まだ廃墟じゃありませんよ~!亀の歩みですが、過去の振り返りも含めてのんびり元ネタ探し続けていきたいと思います。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura