最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

モルグにて

現代版の青白い光(蛍光灯かな)を見慣れたせいか、「青い炎のちろちろするブンゼン灯(『緋色の研究』)」に「ホントだ!めっちゃチロチロしてる!」とやたら感激するモルグのシーン。 

モルグでのホームズの第一声は、”Please tell me which idiot did this(どこの馬鹿がこんなことをした)!"。
『緋色の研究』のホームズも、現場に到着するなり怒ってました。現場保全の重要性を理解せず、前の道についた足あとを踏み荒らした警官たちに怒っていたわけですが、こちらでは「死者による犯罪」を本気で信じているアンダースンたちに苛立っているようですね。
原作でも
この事務所は大地にしっかり足をおろしているのだ。今後もそうでなければならない。世の中は広いのだ。幽霊まで相手にしてはいられない。(サセックスの吸血鬼)

というスタンスです。

そして、まさかのモリー男装!「いや、見抜けない人のほうが珍しいだろ!」と思わざるを得ませんが、シャーロックの脳内では

ワトスン→気づいてる
アンダースン→気づいてない
自分→気づいてない

という設定なんでしょうか。あとでモリーが女性として登場した時に驚いてるので、気づいてたけど気づかないふりをしてる、というわけじゃなさそうですよね。
そうだとしても、「気づかない自分」という設定はシャーロック本人によって行われたわけで、よく考えるとたいへん複雑なことになってます。

原作では、アイリーン・アドラーの男装に、ホームズ・ワトスン共に気づけないんですよね。

ベーカー街に帰りつき、戸口でホームズがポケットの鍵をさぐっているとき、通りがかりに声をかけた者がある。
「シャーロック・ホームズさん、こんばんは」
通行人は幾人かあったが、言葉をかけたのは、急ぎ足に遠ざかっていったやせ形に長外套を着た青年だったらしい。
「聞きおぼえのある声だ」ホームズは街灯のほのぐらいなかにじっと瞳をこらした。「はて、どこのやつだろう?」(『ボヘミアの醜聞』)
これが、ホームズにとってながく忘れられない大失敗になってしまうわけですが、逆パターンもあって、男性の女装は見抜いてるんです。

「どうだい、うまくいったね」ホームズは逸りたつスパニェルの首輪に紐をつけながら、
「女主人だと思ったのが別人だったのだ。犬はけっして人違いはしないからね」
「あの声は男だったぜ!」
「そうさ。これでカードがまた一枚手に入ったわけだ。だがこのカードを使うには、やっぱり慎重でなければならないよ」(『ショスコム荘』)
だから単純に「異性装を見抜けない」わけではなくて、ホームズにはどこか、女性に対して腰のひけてるところがあるという解釈もできるかもしれない。
もちろん、上記のケースだけでは何とも言えません。その場面に至るまでの経緯も異なるし、それだけアイリーンの演技が見事だった、という見方もできるでしょう。
しかし『忌まわしき花嫁』という作品は「ホームズと女性」というテーマに深く切り込んでいますから、シャーロックによるモリー男装設定にも「19世紀に女性の検屍官はいないので、苦し紛れに」以上の意味があるのでしょうね。 【追記:2016.7.23】ミナミナさんに教えていただいたのですが(ありがとうございます!)、男装したモリーのモデルは、ジェイムズ・バリーという実在した男装のお医者さんだと、脚本のマーク・ゲイティス氏がおっしゃっていたそうです。全然知りませんでした!事実は小説より奇なり……! もっと言うと、シャーロックには「自分だってモリーやジャニーンにとっては、『女を弄んだ男』なんだ」という自覚があるんですよね。後に彼女たちが登場する場面にたどり着いたら、またゆっくり考えたいです。

”There are two features of interest,as you are always saying in Dr.Watson's stories.”
”I never say that.”
”You do, actually, quite a lot.”
「ワトスン先生の小説で君がよく言うように、『興味深い点が二つある』」
「そんなこと言った覚えはない」
「それが言ってるんだよ、しょっちゅう」(拙訳)
映像化ホームズの醍醐味のひとつに、「ワトスンが語った話」と「ホームズとワトスンに実際に起こったこと」のズレを楽しめる、ということがあります。ホームズの台詞をワトスンが脚色する、ということもありそうですよね。 そこから更に読者がホームズの台詞を作ってしまう、ということもあり、その代表格が「初歩だよ、ワトスン君(Elementary, My dear Watson)」。 
ElementaryもMy dear Watsonも作中には出てきますが、組み合わせて用いられたことはない、というのは、わりと有名な話だと思います。でも、誰かに「ホームズのものまねして」と言ったら、この台詞を言うんじゃないかな。それくらい有名な台詞ですよね。『忌まわしき花嫁』のラストシーンでも、印象的に用いられています。 

さて、こちらは他作品のネタバレになるので閲覧に注意していただきたいのですが、ワトスンが「双子説」に固執するのは 
 

 2004年のBBCドラマ"The Case Of The Silk Stocking"から、と教えていただきました(ありがとうございました!)。ルパート・エヴェレットがホームズ、イアン・ハートがワトスンのシリーズです。日本でも『淑女殺人事件』というタイトルでDVDになってますね。私は未見なのですが……
原作で双子がキーになる話ってありましたっけ。『四つの署名』のショルトー兄弟や『まだらの紐』のストーナー姉妹は双子だったけど、謎解きには特に関係無かったような。語られざる事件はどうだったかな?
それにしても、ジョンは絶対しなそうな、「どうですかこの推理!」と言わんばかりの無垢な瞳、byマーティン……うっかり、新たな性癖に目覚めそうになりましたよ。

血で描かれたyouの文字はもちろんジムの「IOU」に繋がっていますが、原作の元ネタを紐解くなら、『緋色の研究』の『RACHE』でしょう。
「RACHEというのはラッヘと読んで、ドイツ語で『復讐』という意味です。だからレーチェル嬢の捜査なんかに、大切な時間を空費しないようにしたまえ」(『緋色の研究』延原謙訳)
更にこれは現代版『ピンク色の研究』の元ネタでもあるわけで、つくづく、あちこち複雑な入れ子構造になってます。

ワトスンが「ある分野においてはホームズより鋭い」と言うのは、言わずと知れたこれですよね。
「ワトスン君、女性は君の受け持ちだ。あの夫人の目的はなんだと思う?何がほしくてやってきたのだろう?」(『第二の汚点』)
初見の際は「いや、アンダースン以外地球上の全員が気づいてるよ!」とツッコむので精一杯でしたが、このワトスン=シャーロックの頭の中にいるジョン、としてこの場面を見直すと、どうも、「普段は過剰なほど道化を演じているが、実は鋭い」というイメージを、シャーロックはジョンに対して抱いているのかもしれない。
ジョンが「賢さを隠している」という印象は、私にはなくて、「賢さの種類がシャーロックと違う」というように受け止めていたのですが、シャーロックはそういう風には考えないのかもしれないですね。
彼が「ジョンに自分にはない美点がある」と認めているのは、結婚式のスピーチで明らかになっていますが、シャーロックにとって「賢さのベクトル」というのはあくまで一方向しかなくて、自分とジョンの資質の違いを、まだ根本的には理解できていない。その辺に、ホームズ兄弟と「金魚たちの世界」との齟齬を見いだせるのかも、というのは考え過ぎかな。

(原作からの引用はすべて延原謙訳)
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

誰も食べたことがない伝説の魚 - midori - 2016年07月03日 16:26:39

こんにちは。お久しぶりです?

夜廻り猫、私も春先にtwitterで見つけて読み始め、でも始めの方のエピを追いきれないので紙媒体買いました。価格の割に豪華装丁ですよね。宙さんと作家先生絡みのエピが特に好きです。地上波ショートアニメにならないかな。2巻以降も楽しみです。twitterで読んでるけど。

男装モリー、時代的に本当に小柄な男性医師の役かと最初は思いました。ホームズが男装に気付かないのは、重要ではない事象に対して大事な脳細胞を使わないようにしてるからかな。んでも実はストーリーに関わる重要な事象なんだけどね。パターンですかね。

犯人双子説もミステリーではありがちパターン過ぎるからかホームズは全否定するのだけど、何度も言い過ぎ感あるのでS4以降のモリアーティ兄弟の展開への布石かなあとも。駅長してるモリアーティ弟は双子とか。ありえねーっと怒鳴るシャーロックとか。(妄想です)。

梅雨の合間の暑い日が続きますね。体調崩されませんよう、皆様お大事に。

梅雨いわしもおいしいです - ナツミ - 2016年07月04日 00:09:00

midori様

midoriさんも読んでいらっしゃいましたか!私はpixivとかNAVERにまとめがあるのを教えていただいたんです。
わたしもちゅうさんと先生好きです!パンを麺麭っていうのがいいですよね。私もあん麺麭にバター挟んで七輪で焼きたい。


> 男装モリー、時代的に本当に小柄な男性医師の役かと最初は思いました。ホームズが男装に気付かないのは、重要ではない事象に対して大事な脳細胞を使わないようにしてるからかな。んでも実はストーリーに関わる重要な事象なんだけどね。パターンですかね。

ホント重要ですよ……もっともショスコム荘はだいぶ後の話だから、アイリーンのおかげともいえる?フツーに男性の女装のほうが見抜きやすいですかね?……いや待て、長身のホームズがお婆さんに変装してもスルーされる世界だったか……


>何度も言い過ぎ感あるのでS4以降のモリアーティ兄弟の展開への布石かなあとも。駅長してるモリアーティ弟は双子とか。ありえねーっと怒鳴るシャーロックとか。(妄想です)。

ああ、それはあるかも!マイクロフトの「もう一人」発言もここで回収して、3兄弟対決とか!さすがにやり過ぎかな……

そちらも暑い一日だったようですね。midori様もお身体大事に!

「モルグ」とは全然関係ないのですが、、、 - みっちょん - 2016年07月05日 16:03:17

新刊本で検索するとヒットするのでお知らせします。

その本とは『ロボット探偵シャーロック』です。

題名にひかれて購入しましたが、原著は1981年に出ているので『SHERLOCK』とは
何も関係ありませんでした。

実は少し期待したのですが翻訳者の方がホームズファンで、原題を直訳すると『ロクヴォルトの洞窟にて』ですが、これを翻訳者さん好みの題にしたそうです。
確かにメインの話はこの洞窟での出来事でした。

それとこの本は何と宇宙英雄ローダン・シリーズの523冊目で、1045話目となります。先の1044話を読まないと理解できないかな、、、思いましたが、まあまあ大丈夫でした。

で、カバーのイラストを見ると若い女の子なので、ロボットが若い女性かと思いましたが、違いました。


ロボットの外観は普通の男性で正式名称は
「生体ポジトロン性観察・論理ユニットVAR=2B」
ですが、呼びにくいので「シャーロック」と命名されたそうです。

事件はある恒星をまわる惑星に作られた基地から膨大な資材が紛失する、です。

この謎を「観察によって得られた正しい推論で解明」できるようにプログラミングされているロボット探偵シャーロックが捜査をします。

SFは好きですが、SFのなかのホームズ風の謎解きって好みが別れると思いました。
結末を読んで私は「そんなのありかい!」です。

それと『コナン・ドイルは語る―リセットのシナリオ』という本が出ました。
かなりワクワクとして購入したのですが、、、

内容を題名にすると『霊界にいるコナン・ドイルから来たメッセージの紹介」です。



動画 "Holmes & Watson 1916~2016" - カミーノ - 2016年07月05日 19:11:38

いつも記事に関係ないことでごめんなさい。
"Holmes & Watson 1916~2016"という動画ご覧になりましたか。
100年間の映画やテレビなどに登場した54組のホームズとワトスン。
http://www.gizmodo.jp/2016/07/100-years-of-holmes-and-watson.html

ぐっと来ました - 篠田真由美 - 2016年07月06日 09:44:35

カミーノさんが紹介してくださった動画にグッと来ました。
ああ、ホームズとワトソンの走馬燈。
時代が変わり、人が変わりながら、なぜか我々を魅了し続ける「ホームズ&ワトソン」の不思議さよ・・・

ショルトーさん(グラナダ)の髪型 不思議… - billylab - 2016年07月08日 19:10:33

カミーノさん 感慨深い記事をありがとうございます〜。
篠田先生のおっしゃる通り、時代も役者も変わりながら いつの世も我々を魅了し続けますね〜。(*´∀`)

> ジョンは絶対しなそうな、「どうですかこの推理!」と言わんばかりの無垢な瞳、byマーティン
はい〜。(*'ー')
あらためて、ビリー・ワイルダー版を見直したのですが、ヴィクトリアン・ジョンは、かなり こちらのワトソン先生に
近いですよね。
ぷんすか(*'へ'*)している感じとか。
映画で同時上映されたインタビューで マーティンさんが言っていたように、
昔っぽい喋り方を意識すると ‘ぷんすか調’になるのかな?
(あれは、転じて 日本だと「○○でござるっ」とかいう喋り方って楽しいよね?という
感じかなぁと
 思って聞いていました〜。(。・m・)クス)
でも、双子云々…は、こんなに印象に残るくらい、しつこく繰り返されましたね。
ブリテン気質の 変な笑いへのこだわりか、いや しかし、midoriさんのおっしゃる通り、
S4モリアーティの立ち位置への布石かなー。(^^)
いずれにしても、アンスコさんは まだ このシリーズから足を洗えなそうですね。

Re: 「モルグ」とは全然関係ないのですが、、、 - ナツミ - 2016年07月23日 14:34:23

みっちょん様

楽しそうな本のご紹介ありがとうございます。
SFでも、「シャーロック」や「ホームズ」を前面に出すと、興味を持つ人が多いのかもしれませんね。

> 内容を題名にすると『霊界にいるコナン・ドイルから来たメッセージの紹介」です。

な、何やらヤバ気な感じがするのですが……こっちからも交信できるなら聞きたいこと山程あるんだけどな~!

Re: 動画 "Holmes & Watson 1916~2016" - ナツミ - 2016年07月23日 14:42:07

カミーノ様
篠田真由美様

素敵な動画のご紹介ありがとうございます~!ぐっと来ました!
ただ並べ立てるだけじゃなくて、編集にも愛を感じます。歌詞のかぶせ方とか…
徹底して「ホームズとワトスン」なのもいいですね!
S(her)lock観たいわ~!!

ふたごのショルトー - ナツミ - 2016年07月23日 15:06:26

billylab様

> あらためて、ビリー・ワイルダー版を見直したのですが、ヴィクトリアン・ジョンは、かなり こちらのワトソン先生に
> 近いですよね。
> ぷんすか(*'へ'*)している感じとか。

ほんとですね。「あえて愚かに振る舞ってる」感じもこのワトソンなんですよね。

> 映画で同時上映されたインタビューで マーティンさんが言っていたように、
> 昔っぽい喋り方を意識すると ‘ぷんすか調’になるのかな?
> (あれは、転じて 日本だと「○○でござるっ」とかいう喋り方って楽しいよね?という
> 感じかなぁと
>  思って聞いていました〜。(。・m・)クス)

強く言い切る感じですかね。舞台的というか、ドラマチックというか……

> でも、双子云々…は、こんなに印象に残るくらい、しつこく繰り返されましたね。
> ブリテン気質の 変な笑いへのこだわりか、いや しかし、midoriさんのおっしゃる通り、
> S4モリアーティの立ち位置への布石かなー。(^^)

私も「笑うとこ」なんだろうなあ、と思ってましたが、もしS4hへの布石だったら、その時はmidoriさんを讃えましょう!!

> いずれにしても、アンスコさんは まだ このシリーズから足を洗えなそうですね。

洗わないで~~!!とお願いしたいです!

ちなみにショルトーさん(グラナダ版)の髪型ですが、双子という情報と相まって、幼少時学習誌で慣れ親しんだ『ふたごのピンク』という漫画をどうしても思い出してしまいます。
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%81%B5%E3%81%9F%E3%81%94%E3%81%AE%E3%83%94%E3%83%B3%E3%82%AF&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ved=0ahUKEwjLkPGW84jOAhVLHZQKHf--BB4QsAQIHQ&biw=1304&bih=683

く、狂った果実 - れすとら - 2016年07月25日 10:50:04

記事とは全然関係なくて申し訳ないですが、プロフィール欄の夏限定カラ松に脱力してしまいます。これでいいのだろうか、ゴメンなさい…

サンシャインを浴びる……俺! - ナツミ - 2016年07月26日 04:47:44

れすとら様

れすとらさんより与えられし恵みで渇きを癒やしているぜぇ(訳:プロフィール画像ありがとうございます!)
こちらこそブログの本題と全然関係なくて申し訳ありません……
職場の課題で「夏は(プライベートで)何かに挑戦する」というのがありまして、私は「放置しっぱなしのブログをどうにかせねば→とりあえすプロフ欄だけでも毎日更新!」という目標を立てたので、モチベーションを上げるためにカラ松お借りしました!おかげさまでカラ松見たさに、自分のブログ開くようになりました!

ご相談です - ナツミ - 2016年07月26日 05:55:14

カミーノ様

コメントありがとうございます!
S4のトレイラー動画と、SHERLOCKファンの方のブログ記事のURLを貼っていただいていたのですが、実は個人ブログのURLを含むコメントをくださった方には、こちらからご連絡差し上げてリンクを削除させていただいております。カミーノ様のコメントにはご連絡先がなかったので、ここでのご相談になってしまって申し訳ございません。

そして、いつもなら承認前にコメント主様にご相談するのですが、昨夜寝ぼけていてうっかり承認してしまいました。
いままで同様のコメントを非承認にしてきた経緯もあって、一旦承認を取り下げさせていただきました。先方のブログの管理人様には失礼なことをしてしまいました……高名なブログさんなので、ここのような辺境ブログで取りざたされても気づかれないかとも思うのですが、もし、解析などを辿ってこのコメント欄を読んでくださっていたら、大変申し訳ありませんでした。

カミーノ様や先方の管理人様に問題があったわけでは決してなく、理由は私の管理能力にあります。
御存知の通り、私はブログ管理やファンとしての活動にあまり時間を取れず、かなりスローペースな更新になってしまっているのですが、一ファンブログの管理人として、同じSHERLOCKファンブログのブロガーさんには敬意を払いたく思っております。つながりを持ったからには先方の更新もしっかりチェックして、考察系の記事にいわゆる「パクリ」がないようにしたいのですが、何しろSHERLOCKには素敵なファンブログがたくさんあって、コメント欄で「こちらのブログがいいですよ!面白いですよ!」とリンクを貼っていただくことが増えていくと、私が先方の更新を追いきれなくなってしまいそうなのです。
「こちらからの」リンクで繋がっているのに、そちらの記事に既に書かれていることを、私がさも自分で考えたかのように書いたら、「えっ、この人、私の記事を見て書いたんだよね……」と不快な思いをさせてしまうことと思います。(当ブログに関してはリンクフリーを明記していますので、私の書いた記事に関して同じことが起こったとしても、私としては構いません。でも世の中には色々な考え方の人がいますし、私は更新が遅いので、嫌な思いを『させてしまう』確率が高いかと思います)

カミーノ様にはいつも素敵な情報をたくさん教えていただいて感謝しております!
繰り返しますが、問題はあくまでブログ管理の裏事情というか、私の管理力不足にあり、カミーノ様には落ち度はありません。巻き込んでしまって、むしろすみません。
たいへん申し訳ないのですが、お許しいただけたら、昨夜いただいたコメントは、他のブログさんへの直リンクをこちらで削除させていただいた形で掲載してもよろしいでしょうか。

ごめんなさい。お許しください。 - カミーノ - 2016年07月26日 18:34:31

ナツミ様

良く考えもせずリンクを貼ったコメントをしてしまい、申し訳ありませんでした。
以後気をつけます。
大したコメントではなかったですが、リンクを削除して掲載なさって結構です。

こちらこそです! - ナツミ - 2016年07月26日 21:00:39

カミーノ様

こちらこそ、申し訳ありませんでした!
「そんなお前ルールは知ったことじゃない!」とお怒りになっても当然なのに、寛大なお言葉ありがとうございます。
また、そういうふうに決めているならブログ上に明記しておいた方がいいとは思っているのですが、気軽にコミュニケートできるSNS全盛時代の今、個人ブログへのコメントってわりと面倒なことだと思いますし、あまりごちゃごちゃ注意書きをして敷居を高くしたくないなあ、という気持ちもありまして……(なので、コメントくださる方には本当に感謝しております)

そんな優柔不断でカミーノ様にご迷惑をかけてしまい、本当に申し訳ありません。
頂いたコメントは、リンクを削除して再掲載させていただきますね。
大変な失礼を致しましたが、これからもお付き合いいただけたら嬉しいです。

シーズン4予告 - カミーノ - 2016年07月26日 21:02:57

シーズン4の予告編ご覧になりましたか。
待ち遠しいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=qlcWFoNqZHc

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

『高名の依頼人』のこと書きましたが、6月24日までグラナダ版がGYAOで無料で観られるそうです。
こちら

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura