最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(番外企画)元ネタになった映画リストを作りたい

本日3本目の記事です。スローペースの私にとっては、ブログ立ち上げた時以来の新記録かも。
粗製濫造で申し訳ない……3月は仕事がものすごく詰まっていて、毎年ほとんどブログを書かないのですが、今年は休みの日に無理してでもやらんと、映画の公開が終わってしまうんだ!
現在このブログ、瞬間風速的にアクセス数が伸びてるのですが、映画館での公開が終わったらまた減るはずなので、今のうちにわからないことは皆さんに聞いておけ、という乞食根性が発動しております。
いつも通りの原作元ネタ探しはのんびりやりますけど、『忌まわしき花嫁』はちょっと違うじゃないですか!
過去の映像化作品へのオマージュ、てんこ盛りじゃないですか!いや、あんまり映画観ないんで実はよくわかってないんですけど、多分てんこ盛りじゃないですか!
できればそれも知りたいよ!でも、検索すると多分原作元ネタもヒットしちゃって、そしたらこのブログのネタなくなっちゃうよ!しかしコツコツ観てたら私のペースだと一生かかるんで、多少なりとも人がいる今のうちに踊っておきたいよ!というクソ他力本願企画でございます。もっと、蔑んでもいいですよ……

とりあえず、自力で気づいた分だけリスト、どん!(※『どん』って擬音が使えるほど数はない)

・ベーカー街の住所表示→通りの様子とカメラが舐めていくとこは、グラナダ版のオープニング。
・ホームズとワトスンが馬車から降りるとこは、ビリー・ワイルダーの映画"The Private Life of Sherlock Holmes(シャーロック・ホームズの冒険)"から。(『パブ・シャーロック・ホームズの帰還』で日暮雅通先生がおっしゃっていました。二つ目にして既に自力じゃない)
・既に自力じゃないので、れすとらさんに教えていただいたことも書いちゃえ。ホームズの服もワイルダー版から。
・ディオゲネスクラブで、ワトスンの手話が通じないのって、何かデジャヴがあります。ワイルダー版に元ネタがなかったっけか。ロシア人に誤解されるとこ?
・ワトスンが「モルグにツイードの服で行っていいのかな」「隠された双子」「スコットランド人」とかいちいちホームズを呆れさせるのは、多分ナイジェル・ブルース(多分って…)パロ。劇場で観た時、オマケのインタビュー映像でマーティンが言ってたので、セリフ回しが時々大げさなのもそうなのですね。「!」がたくさん入る感じ。
・汽車の中での、
"Perhaps since I convinced the reading public that an unprincipled drug addict was some kind of gentleman hero."
「多分、読者に無節操な麻薬中毒者を紳士のヒーローだと思い込ませてから(拙訳)」という台詞は、"Without a Clue(迷探偵シャーロック・ホームズ/最後の冒険)"じゃないかしら。
・張り込み中、ホームズが逃げられないのをいいことに、恋バナを振ってくるワトスン。

"Is it such a curious question?"
" From a Viennese alienist, no .From a retired Armysurgeon, most certainly."
「そんなに、変な質問かな?」
「ウィーンの精神科医からなら、そうでもない。退役軍医からなら、そう言わざるを得ないね」(拙訳)


ウィーンの精神科医といえばフロイトなので、『The Seven-Per-Cent Solution(シャーロック・ホームズの素敵な挑戦)』だ!
・ホームズ、ワトスン、メアリの3人で、怪しい儀式を見下ろすところは、『Young Sherlock Holmes(ヤング・シャーロック/ピラミッドの謎』でラメテブ教の儀式を覗くところですよね。ラメテブ教のせいで、『ヤング・シャーロック~』は私にとって、忘れたくても忘れられない幼少期のトラウマ映画です。

もうね、ホームズ映画って、原題と、邦題と、パスティーシュの日本語題が頭のなかでごちゃごちゃになってて、早くも挫けそうですよ……
それにしても、我ながらこんだけかよって思いますが、これから20年以上ぶり(!)にワイルダー版を観て追加していこうと思います!

ほんっと、映画に疎い上に、ワトスン贔屓ゆえ、グラナダより前のホームズものは地雷だらけだったんだな~。
己の趣味の偏りぶりに、呆れるのを通り越して感慨深いくらいです。
近年の作品群のおかげで、「ワトスンくんは馬鹿じゃないもん!」と叫ぶ脳内駄々っ子は十分すぎるくらい満たされてるので、これを機に、シャーロッキアン見習いとして一皮剥けたいと思います。皆様に色々と教えていただければ幸いです(ぶん投げた)!
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

ワイルダー版 16日にBSプレミアムで放映予定 - カミーノ - 2016年03月09日 21:11:24

ごめんなさい。元ネタわかってないコメントです。
16日(水)13:00~BSプレミアムでワイルダー版の「シャーロック・ホームズの冒険」が放映されますので、録画して再見しようと思っています。
http://www.nhk.or.jp/bs/t_cinema/

きた~~!! - ナツミ - 2016年03月09日 21:17:13

カミーノ様

お久しぶりです!(以前コメントくださったカミーノ様と違う方だったら申し訳ありません)

お知らせありがとうございます。
なんと、このタイミングでワイルダー版放映!さっすがNHK様!こそっと寄せてきましたね!
私も便乗してしっかり観ます~!!

やったー!見られますね! - YOKO - 2016年03月12日 07:26:35

私もワイルダー版見たことないので、元ネタ全然わかりませんが、NHKでやると聞いてやったー!と思いました。狙ってるんでしょうね。きっと(^.^)

ムック「映画秘宝EX ドラマ秘宝vol.2 」 - カミーノ - 2016年03月13日 11:03:48

ナツミ様
私の事を覚えて下さってて嬉しいです。
ドラマも聖典も好きなんですが、ナツミさんほど熱烈ではないし、あまり詳しくないのでコメントなかなかできません。
昨日書店で「ドラマ秘宝vol.2~マニアのための特濃ドラマガイド」を見かけました。疲れていたので良くは見てないのですが、グラナダ版のところ等立ち読みしました。
http://www.yosensha.co.jp/book/b217666.html
シャーロックとは関係ないですが、マーティン・フリーマン出演映画「アイヒマン・ショー」が18日(金)NHK「あさイチ」で紹介されるそうです。
https://www.nhk.or.jp/asaichi/2016/03/18/02.html

音楽 - Tomo - 2016年03月13日 11:25:26

こんにちは!

遅ればせながらやっと映画館で見てきました。ネタ満載で楽しいですね。
オープニングのちょいネタ見せ、とか最後のメイキングなども含め楽しめました。

>・ベーカー街の住所表示→通りの様子とカメラが舐めていくとこは、グラナダ版のオープニング。

ここ、音楽もグラナダっぽくなってたように思います。いきなりニヤリとしてしまいました。

楽しみが増えました! - ナツミ - 2016年03月14日 02:23:51

カミーノ様

私もそれほど詳しくはない……というより見方が非常に偏っているのですが、さまざまな立場から、色々な見方ができるのがホームズ及びSHERLOCKの懐深いところだと思います。またお言葉をいただけたらうれしいです♪

> 昨日書店で「ドラマ秘宝vol.2~マニアのための特濃ドラマガイド」を見かけました。疲れていたので良くは見てないのですが、グラナダ版のところ等立ち読みしました。

おお、この本知りませんでした!もうすぐサー・イアンのホームズ映画も日本で公開されるし、ホームズブームがきてるのかな……
> http://www.yosensha.co.jp/book/b217666.html

> シャーロックとは関係ないですが、マーティン・フリーマン出演映画「アイヒマン・ショー」が18日(金)NHK「あさイチ」で紹介されるそうです。
> https://www.nhk.or.jp/asaichi/2016/03/18/02.html

わあ、ありがとうございます!アイヒマン・ショーすごく楽しみなんです。録画します!

音楽まで! - ナツミ - 2016年03月14日 02:46:24

TOMO様

わあ、コメントありがとうございます!
みっちょん様のサイトでもまとめられている、TOMO様の「ホームズゆかりの地案内」、SHERLOCKが始まる前から愛読しておりましたが、『忌まわしき~』公開後にまたじっくり復習させていただいております。
ワンズワースに絞首刑を見に行くのは間に合ったのかな、どういうルートだったのかな?などと想像しながら拝見するのが楽しいです。

> 遅ればせながらやっと映画館で見てきました。ネタ満載で楽しいですね。
> オープニングのちょいネタ見せ、とか最後のメイキングなども含め楽しめました。

本当に凝っていますよね。
私は人間ばかり注視して背景に目を配らないので、ステンドグラスや補聴器は、あのオープニングがなかったら気づかなかったと思います。特にステンドグラスのオレンジの種は、言われなければ絶対にわからない……!
DVDの特典映像には、小道具や役者さんだけでなくさまざまなスタッフさんにスポットを当てたメイキングが収録されていましたよ。

> >・ベーカー街の住所表示→通りの様子とカメラが舐めていくとこは、グラナダ版のオープニング。
> ここ、音楽もグラナダっぽくなってたように思います。いきなりニヤリとしてしまいました。

グラナダっぽかったですよね!
他の場面も、音楽までパロディになっているところがあるのかしら。まだまだ小ネタが隠されていそうで、楽しみです。

「あさイチ」の「アイヒマン・ショー」の紹介が休止 - カミーノ - 2016年03月18日 05:11:45

本日(18日)予定されていた「あさイチ」での「アイヒマン・ショー」の紹介が、残念ながら特別編成のため放送されないことになったようです。来週放送されると良いですね。
http://www1.nhk.or.jp/asaichi/weekly/index.html

残念! - ナツミ - 2016年03月18日 06:24:14

カミーノ様

お知らせありがとうございます!
残念ですが、公開まではまだ間がありますよね。あさイチマーティンが拝めますように!

失礼しました!! - ナツミ - 2016年03月18日 07:11:28

YOKO様

あれ!?書き込まれてない!!
お返事を飛ばしてしまったことに今更気付きました……!申し訳ありません!
そう、狙ってやってくれましたよね。
狙ったとしても「わかってる」狙い方にNHKの中の人の愛を感じますね!

ところで今日公開の『Mr.ホームズ』、YOKOさんはもうご覧になっているのですよね。
こんなところでお願いするのもなんですが、YOKOさんのご紹介記事に貼られている真田広之さんのインタビューが、多分友人たちの……いや、日本人全員の精神衛生に必要になってくるはずなので、今度リンクさせてください!

『忌まわしき花嫁』放送予定 BSプレミアム 5月9日(月) - カミーノ - 2016年03月27日 17:24:46

今度こそ、あさイチでの『アイヒマン・ショー』の紹介予定 4月1日(金)
http://www1.nhk.or.jp/asaichi/weekly/index.html
『SHERLOCK/シャーロック3』再放送予定 4月16日(土)14:30~
『SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁』放送予定
BSプレミアム 2016年5月9日(月)よる9:00~
http://www9.nhk.or.jp/kaigai/sherlock3/

「シャーロック・ホームズ完全解析読本」(「別冊宝島1965」の増補訂版)を図書館に買ってもらって借りて読んでいます。また聖典を読み返したくなりました。

なんと!! - ナツミ - 2016年03月28日 09:05:08

カミーノ様

ありがとうございます!ブログ主がぼーっとしている間に、重要な報道をしていただいて頭が上がりません!
「アイヒマン・ショー」だけでなく「スポットライト」も紹介されるんですね。楽しみです~!

S3再放映、まさかの真っ昼間だ!!
さらに!『忌まわしき花嫁』早々に放映ですね!SHERLOCK、映画館でしか観られなくなったんじゃなくて、映画館で早めに観られるようになった、ってことだったんですね!信じてなくてごめんNHK!そしてありがとうNHK!持ってけ受信料~!!

> 「シャーロック・ホームズ完全解析読本」(「別冊宝島1965」の増補訂版)を図書館に買ってもらって借りて読んでいます。また聖典を読み返したくなりました。

私も先日本屋さんで見かけて立ち読みしました。この手の本は何度も出るので、網羅するのはちょっとお財布がツライ。図書館にリクエストっていいアイデアですね。

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

ご閲覧やRSS登録ありがとうございます!まだ廃墟じゃありませんよ~!亀の歩みですが、過去の振り返りも含めてのんびり元ネタ探し続けていきたいと思います。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。