最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

221Bの言い方は?

バーツでホームズとワトスンが出会う場面では、原作とも現代版ともちょっと違って、「死体をたたいてる」現場をワトスンが目撃してしまいます。(現代版では、見てるのはモリー。原作ではバーツに向かいながら、スタンフォードがワトスンにその様子を話します)

“Yes, but it may be pushed to excess. When it comes to beating the subjects in the dissecting-rooms with a stick, it is certainly taking rather a bizarre shape.”
“Beating the subjects!”
“Yes, to verify how far bruises may be produced after death. I saw him at it with my own eyes.”「(前略)たとえば解剖室の死体を棒でたたいてまわるといったようなことにでもなると、おだやかじゃありませんよ」
「死体をたたく?」
「たたくんです。死後どの程度に打撲傷がつくか、確かめるのだといってね。こいつは現に私がその現場を見ましたよ」



そう!今回は鞭じゃない!ちゃんとステッキ(stick)を使ってる!!
ここは興奮しましたね!まあ現代版だって「乗馬鞭から始める」って言ってたんで、比較検証用にそのうち杖も使ったんでしょうけど、原作通りに戻った!となるとアドレナリン半端ないです!

このとき私たちは、ほそい路地をとおって、小さな裏口をくぐったのだった。なかは大きな病院のとある一棟である。私にははじめての場所でないから、殺風景な階段をのぼって、白壁のところどころに焦げ茶色のドアの並んでいる廊下を奥へはいってゆくには、案内もいらなかった。廊下のつきあたり近くから、ひくいアーチ型の天井をもつ別の廊下がわかれて、化学研究室へ通じているのである。研究室はりっぱな部屋で 、 数しれぬ多くのガラス瓶が、あるものはきちんと並べて、またあるものはとり散らかされていた。脚のひくい大型のテーブルがあちこちに散在して、その上には、 レトルト、ピペット。青い炎のちろちろするブンゼン灯などが、ところ狭く並んでいた。



今回の行き先はモルグだったので「研究室」じゃないと思うんですけど、アーチ型の天井や瓶の並んだテーブルは同じで、ちょっと感激しちゃいます。私はバーツに行ったことがないんですが、一生に一度は行ってみたいものだ……

ホームズがペラペラ喋るのも原作通りなんですが、原作は実験の話に夢中になったり、ワトスンに気に入ってもらえるか急に不安げになったり、と無邪気な少年のようで、高圧的な感じはしないように思います。こっちバージョンのカンバーバッチホームズも見たかったなあ……今回はちょっと「巻きで行った」感じですね。

ホームズがステッキを投げて、とっさにワトスンが受け取る描写は、"The Blind Banker"でジョンが放ったペンを、シャーロックが一瞥もせずに受け取るところから、でしょうか。確か、一発で成功したんですよね。ベネディクトとマーティンの反射神経もすばらしい!

YOKOさんもブログに書かれているのですが、私もホームズの「住所の言い方」が気になりました!
このお話の冒頭にも出てくるのですが、現代版シャーロックの言い方は"Two-two-one B Baker street"。
でも、今回ホームズは"Two hundred and twenty-one B~”と発音したんです。(ちなみに、現代版マイクロフトもこう発音していました)。
これはどういうことなのかな?と、たまたま近くにいたネイティブの方に聞いてみたところ、う~んと頭をひねって、
「おそらく、昔は住所も少なかったし、普通に数字で言ってたんじゃないだろうか。でも、住所が増えてくるにつれて、言いにくくなってくる。特に電話が発明された後は、音声で説明しづらくなるので、一桁の数字を並べて言うようになった。ホームズは昔の言い方、シャーロックは今風の言い方をしているのでは?」と「推理」してくれました。
実際、彼のお祖母様の住所が、「4桁(1024)で、上2桁はOne thousand、下2桁はtwo-fourと発音する」そうなのです(数字は今私が適当に当て直したものですが)。この「謎」を、彼は「電話普及後に住所が急増した道で、言いやすくするためにそう呼ばれたんじゃないか」と考えていたそうです。ただ、彼はアメリカ人なので、自信はあまりないそうなのですが……

ホームズの時代には、221Bという住所は実在しなかったそうですね。

ベーカー街は、ロンドン中で最も有名な通りである。ウエスト・エンドの中心を南北に走る街路であり、ハイド・パークの東北隅から北に向かってリージェンツ・パークの西南端に至る。
ホームズが活躍していた時代にはベーカー街の東側が1から42まで、西側が44から85まで(43は欠番)となっていて、221Bは存在しない住所だった。後にベーカー街に含まれる北のヨークプレイスは1–40、さらに北のアッパー・ベーカー街も1–54であり、221Bはどこにもなかった。(Wikipedia『ベーカー街221B』より



リンク先のwikiによると、この後ある会社が221の住所を手にし、専門の「ホームズ秘書」を設けて世界中から寄せられるホームズ宛ての手紙に対応するようになるのですが、2000年代になって会社が立ち退き、建物も取り壊され、高級賃貸マンションが建っていたらしいです。
世知辛い話だ……「ホームズ秘書」って、いい時代だったんですね……(ちなみに私はギリギリその時代に訪問しました。バブリーな大人になれなかった今は、世知辛い時代をがんばって生きてます……)

(原作からの引用は『緋色の研究』延原謙訳から)
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- あなみ - 2016年02月29日 16:01:50

"221B"の言い方に限らず、他にも"Victorian"な言い方があることが方々で指摘されているみたいですね。(Game is on⇆Game is afootとか)
マークさんはS1のコメンタリーで、"レストレードの事今なら”Inspector”じゃなくて”DI”って呼ぶよね"って仰ってましたから、そういう所随分こだわっていらっしゃるような気がします。

たまたま画像比較していて気付いたのですが、221の1Fに入っている軽食屋さんの名前が、シーズンでは"Speedy"、SPでは"Speedwell"となっていました。Sherlockにわざと"John"って呼ばせるシーンもありますから、その分古い言い回しもてんこもりなはず!きっと探せばもっとあるんだろうなあと勘繰っています。

そうだ、タイムトラベルだ…… - ナツミ - 2016年02月29日 19:45:50

あなみ様

> "221B"の言い方に限らず、他にも"Victorian"な言い方があることが方々で指摘されているみたいですね。(Game is on⇆Game is afootとか)

たくさんありますよね!The Game is afootは「原点回帰」ですね。
気になったものはまた取り上げていきたいと思います。


> たまたま画像比較していて気付いたのですが、221の1Fに入っている軽食屋さんの名前が、シーズンでは"Speedy"、SPでは"Speedwell"となっていました。Sherlockにわざと"John"って呼ばせるシーンもありますから、その分古い言い回しもてんこもりなはず!きっと探せばもっとあるんだろうなあと勘繰っています。

"Speedwell's Restaurant and Tea Rooms"になってましたね~!ないとはわかっていつつ、一瞬、自動車関連の店かと思った……
現代版なら"God"とか言いそうなところで、”Good Lord"と言うのも何度か聞いた気がします。
ジョン呼びもそうですが、それ以前にも恣意的に現代の言葉遣いを入れたところがあって、オチで納得する、という感じなんでしょうね。19世紀にショットガン・ウェディングとか言わなそうだよな……言ったのかな?よくわかってなくてもどかしいです。

唐突に、「時代劇でたまに現代語が混ざったら、その人はタイムトラベルしてる説」っていうのを考えつきました。

ウィンクなしでしたね - れすとら - 2016年03月01日 23:41:30

ナツミ様

「221B」、ヴィクトリアンはやはりウィンクなしでしたね。
スタンフォードのネクタイにも「よし!」と思っていました。

記事の内容とすこしずれるのですが、
shotgun weddingについてなんですが、状況の暗喩かなと思いました。
私はアメリカ英語の歌で色々覚えたクチでshotgun marriageと覚えたのですが、エミリアの素性をよく覚えていないのですが、リコレッティおじさんがあまり身分の高くない若い娘さんをだまし気味に結婚したんじゃないかなと思いました。

そして原作でサー・ユースタスの出てくる話のタイトルも、もしかしてダブルミーニングだったのかと今日1人で納得していました。奥さんにとっては寒々しい結婚生活だったわけで。

そういえば! - ナツミ - 2016年03月04日 05:33:13

れすとら様

> スタンフォードのネクタイにも「よし!」と思っていました。

れすとらさん、衣装をよく観ていらっしゃいますね~!
私はご指摘をいただいて、DVDを見返してようやく気付きました。そ、そんな、こだわりの柄だったの!?
斜めストライプだとスクールタイ、という印象がありますが(ハリー・ポッターとか)、これもそう、ということはあるんでしょうか。だいぶカラフルですけど……

そういえばわたくし、古風な眼鏡に憧れているのですが(『あさが来た』の宣ちゃんみたいな……)、スタンフォード君の眼鏡もかわいかった!お似合いでした。

> 記事の内容とすこしずれるのですが、
> shotgun weddingについてなんですが、状況の暗喩かなと思いました。
> 私はアメリカ英語の歌で色々覚えたクチでshotgun marriageと覚えたのですが、エミリアの素性をよく覚えていないのですが、リコレッティおじさんがあまり身分の高くない若い娘さんをだまし気味に結婚したんじゃないかなと思いました。

shotgun weddingについて調べてみました。
いわゆる「できちゃった婚」と思ってたんですが、「娘を妊娠させた男に、父親が散弾銃を突き付けて強制的に結婚させる」という由来があったんですね。(そして結構、古い表現っぽい)
愛情を示さない夫に花嫁姿で銃をつきつけるのはまさに「強制婚」ですけれど、「状況の暗喩」というのは、「その前の本当の結婚式が、すでに強制婚だった」ということでしょうか?

想像なんですが、今回のお話はタイトルからの連想で作られたんじゃないか、と思ったんです。
当時「憎むべき妻」と呼ばれた女性は、現代の常識に照らしても、本当に「憎むべき女性」だったのか?という。
エミリアの演じた「花嫁」は、少なくとも結婚式の時点では、幸せいっぱいの花嫁さんだったのかもしれません。
でも、自分の境遇のおかしさに気づいて、そこから逃れるために行動を起こしたら、「忌まわしき花嫁」になってしまう。
境遇を押し付けられて、逃れることを許されない、という状況は、女性にとっては見えない銃をつきつけられているようなものだったのかもしれませんね。

> そして原作でサー・ユースタスの出てくる話のタイトルも、もしかしてダブルミーニングだったのかと今日1人で納得していました。奥さんにとっては寒々しい結婚生活だったわけで。

「アベ農園(修道院屋敷)」ですね。また、別項を立ててとりあげようと思います。
強制結婚式というと、「美しき自転車乗り(孤独な自転車乗り)」も思い出しちゃいます。どっちも、愛を捧げてくれる男性が助けに来るわけなんですが、『忌まわしき~』にはそれがなくて、女性だけで行動を起こすのが、21世紀だな~と思います。

銃か結婚か - れすとら - 2016年03月04日 23:51:21

ナツミ様

>愛情を示さない夫に花嫁姿で銃をつきつけるのはまさに「強制婚」ですけれど、「状況の暗喩」というのは、「その前の本当の結婚式が、すでに強制婚だった」ということでしょうか?
>エミリアの演じた「花嫁」は、少なくとも結婚式の時点では、幸せいっぱいの花嫁さんだったのかもしれません。

はい、私もエミリアは幸せいっぱいの花嫁さんだったと思います。本当の結婚式が強制婚というか結婚しなければ納まらない状況で、それをエミリアはむしろ喜んでいた、リコレッティはエミリアに夢を見させ結婚したが現実の結婚生活は全然違っていたのかなと。特に説明はなかったのであくまでも私見です。

原作には「美しい自転車乗り(孤独な自転車乗り)」の強制婚をテーマにしたものがありましたね。ナツミ様が書かれていること、今後掘り下げていただく時を楽しみにしております!

顔で納得(失礼) - ナツミ - 2016年03月06日 06:45:59

れすとら様

> はい、私もエミリアは幸せいっぱいの花嫁さんだったと思います。本当の結婚式が強制婚というか結婚しなければ納まらない状況で、それをエミリアはむしろ喜んでいた、リコレッティはエミリアに夢を見させ結婚したが現実の結婚生活は全然違っていたのかなと。特に説明はなかったのであくまでも私見です。

「今度こそ幸せになれると思った」ってお友達が言ってましたものね。
結婚しなければ納まらない状況、とはどういうのかな。経済的なことかもしれませんね。
できちゃった、にしては子どもへの言及が全くなかったですが、リコレッティおじさんは性欲強そうでした(←これこそ私見)。

> 原作には「美しい自転車乗り(孤独な自転車乗り)」の強制婚をテーマにしたものがありましたね。ナツミ様が書かれていること、今後掘り下げていただく時を楽しみにしております!

うー、思いつきで書いているのできちんと掘り下げられなかったら申し訳ありません!墓場のシャーロックのように、無駄に掘る気は満々なんですが!
「美しい~」は、女性を道具にしようとした男性が純粋に恋してしまう、という切ない話でもありました。『忌まわしき~』は19世紀当時の男性の、ナチュラルに女性を見下す態度をこてんぱんに批判しています(ジャニーンの件では私もすごくスッキリ……)が、「適切」かどうかは別にして、原作には女性側の気持ちに寄り添おうとしている話も結構あるような気がします。

- みっちょん - 2016年03月06日 10:52:34

映画では気がつきませんでしたが、ジェレミー・ブレット主演のグラナダホームズのホームズは「”青い紅玉」でTwo-two-one B Baker street”と言っています。そして、二代目ワトスンのエドワード・ハードウィックの朗読でも"Two-two-one B Baker street”だったので、ヴィクトリア時代から"Two-two-one B Baker street”と言うのだと思っていました。
DVDがでたらじっくり聞いてみます!

そ、そもそも…… - ナツミ - 2016年03月06日 11:30:21

みっちょん様

> ジェレミー・ブレット主演のグラナダホームズのホームズは「”青い紅玉」でTwo-two-one B Baker street”と言っています。そして、二代目ワトスンのエドワード・ハードウィックの朗読でも"Two-two-one B Baker street”だったので、ヴィクトリア時代から"Two-two-one B Baker street”と言うのだと思っていました。

わ、そうなんですね!
スタッフがわざわざ「変えてきた」からには意味があるかと思ったのですが、
考えてみれば今だって二通りの言い方をするのですから、当時もそうだったのかもしれませんね~。

はたと不安になったのですが、皆さん日本語ではなんて言ってるのでしょう。
私は「にーにーいちびーべーかーすとりーと」ですが、ネット上でのテキストを用いた交流では、わからないですね……!
皆さん「にひゃくにじゅういちびー」だったら、どうしましょう。

- みっちょん - 2016年03月06日 13:14:44

ナツミ様

そういえば、昔々私が読んでいた新潮文庫は「221B」ではなく「221乙」でした。
それで「221B」ってなんだろう、、、と思った記憶があります。

「221乙」になっているのは、昭和28年発行で私のは昭和58年49刷です。
平成7年改訂版だと「221B」になっていますね。

「221乙」のときは「にひゃくにじゅういち」の「おつ」って読んでいたのかなあ、、、
いまは「にーにーいちびーべーかーすとりーと」です。

にひゃくにじゅういちごうおつ! - ナツミ - 2016年03月06日 20:29:22

みっちょん様

昭和58年刷で、まだ「乙」だった!結構衝撃的な事実です。
手元にある中で唯一改定前のものが昭和60年発行の58刷『四つの署名』なのですが、ほ、本当だ!「二二一号乙」になってます。
昭和28年って、実際の住所もこんな感じだったのでしょうか?
58年には私も物心ついてましたが、そんなことなかったと思います。ただ、当時の住所1053を「せんごじゅうさん号」って言ってたかな。今は、号っていうのかしら……実家は「にーにーいち」方式で言ってます。

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

ご閲覧やRSS登録ありがとうございます!まだ廃墟じゃありませんよ~!亀の歩みですが、過去の振り返りも含めてのんびり元ネタ探し続けていきたいと思います。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura