最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

Do your research !

"Oh, do your research. I'm not a hero, I'm a high-functioning sociopath."
「ああ、もっとよく調べろ。僕はヒーローじゃない。高機能型ソシオパスだ。」



A Study in Pinkではアンダースンに、このお話ではマグヌッセンに向けられたセリフ。
アンダースンが言われてた時から元ネタを探してたのですが、『恐怖の谷』でアレック・マクドナルド警部に向けられたセリフに似ているのかなあ、と思います。

“Mr. Mac, the most practical thing that you ever did in your life would be to shut yourself up for three months and read twelve hours a day at the annals of crime. Everything comes in circles – even Professor Moriarty. "
「マクドナルド君、君は三ヶ月間家にとじこもって、毎日十二時間ずつ犯罪記録を読破したまえ。おそらくこれほど実際的な行動はありません。そうすれば何でもわかる。むろんモリアティ教授のこともわかるようになります。(後略)」



ホームズは「温故知新」みたいなことをよく言う気がします。
ていうか結構説教くさいなこの人、ということに今更気が付いた……
シャーロックになるとあんまりそういう印象を受けなかったのですが、これは若さとベネディクト・カンバーバッチの人徳のおかげかも。
まだキャラが定まってなかった"The Blind Banker"では、若いディモック刑事に教師じみた態度もとってましたね。
するってえと、ディモックの元ネタはマック君かもしれないなあ。よく考えると名前が似てる。

「ではむろんこの血は第二の人物のものだ。もし他殺だとすると、おそらく加害者のものだろう。これで思い出すのは一八三四年にユトレヒトで起ったファン・ヤンセン殺しの状況だが、君あの事件を覚えていますか、グレグスン君?」
「覚えてませんなあ」
「一度読んでみるんですな。日の下に新しきものなし、ですよ。すべてかならず前にあったことの繰り返しにすぎないんだからな」



旧約聖書からの引用、「日の下に新しきものなし」は現代版ジョンのブログにも採用されてますね。
他にもホームズの「勉強しろ」セリフがあったら教えていただけたら嬉しいです。リストにして、怠けたくなったら眺めます……

(原作からの引用はすべて延原謙訳)
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- billylab - 2015年10月20日 14:39:22

ホームズの「君は ○○を読んでみると良いですよ」発言、グラナダ版で見ていた自分には、
ちょっと 相手を茶化している感じに見えていました。(´m`)
その後で「んーーー?」という表情がアップになったりするので、なんとなく 不思議ちゃんな
ムードに包まれるのですが…。(;・∀・)
カンバーバッチ氏も不思議ちゃんの部分を受け継いでいますね。
21世紀の今 見ると、それじゃ不思議ちゃんだろ! というモファティスのセルフ・ツッコミかも
しれないですけれど〜。(汗)
というか、新生ジョン・ワトソンと見せておきながら、「日の下に新しきものなし。(すべて元ネタあったでしょう?)」と、
モファティス自身のひとことコメントなのかな〜 とも受け取れますねー。

 しかし、ジョンのブログで 仲良く喧嘩しているふたりが、今となっては 切ないですね…。(;_;)
S1/E1で、「ぼくはもう以前のジョン・ワトソンじゃない」と言って 登場したワトソンですが、
新トレイラーの「結局のところ、19世紀なんだ」(…からは 逃れられないんだ(意訳))に詰まるまで、
‘シャーロックとジョン’の立ち位置が、巧い具合に表現されていますねー。
ヴィクトリアンSPは単体の別物だよ、と しておきながら、現代版の二人がコスプレしているようにも
見える、という不思議。(^^;)
(そして 指摘されるまで、レストレード警部に気づきませんでした! (@▽@))
ホームズものから一人歩きした感のあるのモファティスの‘シャーロックとジョン’ですが、されど ホームズもの
なんですねぇ。
個人的には、2次制作で描かれるくらいなら自分らでやってやる! という、制作陣の気概が感じられる
意欲作…と、受け止めてます〜。( ̄m ̄*)
そうそう、本編S3/E3のラスト、「冒険は終わらない。役者が変わるだけ」というシャーロックの
台詞も、ダブル・ミーニングでした。

 さて、ジョンのブログといえば…の、余談をひとつ。
(ホームズの「勉強しろ」セリフではなくて すみません(>_<) )
1つ前の記事にコメしようか、迷ったのですが、流れで…ここに。(汗)
まだらのブロンド事件で、バスエッセンスで毒殺…は、ちょっと無理があるなぁ と、思っていました。ヽ(´o`; 
実際、バスエッセンスのウェルカムな効果、有効成分の方でさえ、水に溶かすので何十分の1です。
(日本の法律では)「効果があります」とさえ言えないのです。
(医薬部外品の‘入浴剤’でしたら、多少は表記できる場合もあります)
それが、使用感や臭いでバレる可能性のある毒性成分を、微量とはいえ 死ぬまで入れ続けられるかしらん?(?▽?)
バ○のような発泡タイプでしたら、大量に入れて 酸欠で調子悪くなるくらいは可能なんですが〜。
身体に良いものと思い混んでいれば、怪しまないですし。
ブログの別事件、アロマキャンドル殺人事件も同様でありますー。
アロマキャンドルを二酸化炭素中毒になるほど 燃やせるかなぁ。(・Θ・;)~~ウーン…
なにか燃えやすいものに燃え移るようにするか(燃えて そっちの証拠は消える。よく仏壇の蝋燭が飛び火する
 というやつですね〜)、
バスタオルかローブに大量のオイルを含有させて、高温の場所での自然発火。
その方が確実に殺れるのにな と 思いました。
(わたしはやってませんョ〜(^^;))

まぁ、ブログの方は 半分お遊び的な要素もあったでしょうから、マジメに突っ込むのは、野暮というもの
なんでしょうけれどね〜。(^m^)

ダブルミーニング - ナツミ - 2015年10月24日 10:37:31

billylab様

> ホームズの「君は ○○を読んでみると良いですよ」発言、グラナダ版で見ていた自分には、
> ちょっと 相手を茶化している感じに見えていました。(´m`)

威圧的に言ったらただのイヤなおっさんになってしまうところを、ジェレミー・ホームズが言うと遊び心があってなんともチャーミングですよね!
カンバーバッチも、生粋のインテリ坊ちゃんなのにどこか可愛げがあるんですよね。その「不思議ちゃん感」に庶民の私も親近感を覚えてしまいます。「抜け」って大事なんだなあ……

> 21世紀の今 見ると、それじゃ不思議ちゃんだろ! というモファティスのセルフ・ツッコミかも
> しれないですけれど〜。(汗)

> というか、新生ジョン・ワトソンと見せておきながら、「日の下に新しきものなし。(すべて元ネタあったでしょう?)」と、
> モファティス自身のひとことコメントなのかな〜 とも受け取れますねー。

> 新トレイラーの「結局のところ、19世紀なんだ」(…からは 逃れられないんだ(意訳))に詰まるまで、
> ‘シャーロックとジョン’の立ち位置が、巧い具合に表現されていますねー。

> そうそう、本編S3/E3のラスト、「冒険は終わらない。役者が変わるだけ」というシャーロックの
> 台詞も、ダブル・ミーニングでした。

そうやって作り手の「読み手目線」を追っていくのは面白いですね~!

> まだらのブロンド事件で、バスエッセンスで毒殺…は、ちょっと無理があるなぁ と、思っていました。ヽ(´o`; 

> ブログの別事件、アロマキャンドル殺人事件も同様でありますー。

わ、そうなんですね!知りませんでした。貴重なご教示ありがとうございます!
billylab様流に、「作り手の読み手目線を読み取るとすれば、原作「まだらの紐」も無理ムリなトリックで有名でしたよね!
聴覚のないヘビを口笛で呼び戻したり、爬虫類なのにミルクで餌付けしたり。
そういうことも考えてわざと無理のあるトリックにしたのだったら、そこまで読めてなかったなあ……

> アロマキャンドルを二酸化炭素中毒になるほど 燃やせるかなぁ。(・Θ・;)~~ウーン…
> なにか燃えやすいものに燃え移るようにするか(燃えて そっちの証拠は消える。よく仏壇の蝋燭が飛び火する
>  というやつですね〜)、
> バスタオルかローブに大量のオイルを含有させて、高温の場所での自然発火。
> その方が確実に殺れるのにな と 思いました。

派手な事件になりそうですね!
でも、大量のオイルに浸されていたタオルやローブは証拠になりそう。
集合住宅だろうし、燃えきるまで通報→消火されずにいられるかなあ……
あ、証拠の始末、という点では、36秒で見抜かれたベヴァンはもともと無頓着かな。

エレメンタリー、マイ・デア・ワトソン - billylab - 2015年10月24日 14:13:59

証拠は残らないのだよ。( ̄ー☆フッ
(なぜ、突然のジレット版…(^^;))
なぜならアロマで使うオイルはオイルにしてオイルにあらず。
揮発性なのです。
ベタベタもしないので タオルにオイルらしい痕跡は残らないです。
もちろん 香りはありますが、アロマキャンドルの匂いだと自然に
判断されてしまう可能性が大きい。
けれども オイルではあるので、温度の異常に高い場所では 発火します。
(だから 車の臭い消しのために、自然な香りがいいからといって
 精油を置き放しにするのは危険です、ハイ。('o')/)
石油をかけたように轟轟と燃えることはないですし…。
ただ、ホームズのように どこかしことクンクンしていれば、ばれてしまう
でしょうけれど。(^^;)

 ホームズを始めとした推理ものは、かように「そんなはずがあるわけない」
という 読み手の隙をついてきますよね。
ホームズの時代に 一見してバシバシ素性を見抜かれたのも、相手に隠す気が
ないから、というのもあったからかな〜 などと 思います。
ワトスン先生は 知識のある人だったから、より一層 それ以外の見方をするのが
難しかったのかもしれないです。
それで 「ホームズ、すごいな」と。
そう思うと、BBCでジムに 知性が邪魔をして見えなかっただろうと指摘されるのは、
本来はシャーロックに向けられるものではなかったはず…と、思ったりもします。

ただ、このブログではやけに ジョンがアロマに詳しかったですが。(-_-;)
(お医者さんは 医学の知識が高いから、むしろ アロマは 亜流くらいに思って
 相手にしていない人が多いンですよネ〜。イギリスは違うかな)

ブラボー、ホームズ! - ナツミ - 2015年10月24日 14:44:02

billylab様

おおお、すごい!!アロマトリック!
すると、被害者を気絶させておいて、アロマタオルを置いて、浴室の温度を上げることができればいいんですね!

>  ホームズを始めとした推理ものは、かように「そんなはずがあるわけない」
> という 読み手の隙をついてきますよね。
> ホームズの時代に 一見してバシバシ素性を見抜かれたのも、相手に隠す気が
> ないから、というのもあったからかな〜 などと 思います。

この階級でこの職業ならこの服装、とか、今よりわかりやすいですね。
それと同時に足跡や指紋など細かい場所、新しい手法にも注目してたのがすごいところなのかも。
まさに「温故知新」の人なんだなあ。

> そう思うと、BBCでジムに 知性が邪魔をして見えなかっただろうと指摘されるのは、
> 本来はシャーロックに向けられるものではなかったはず…と、思ったりもします。

シャーロックも「温故知新」の人ですよね。でも、まだ発展途上だということなのかもしれませんね。
>
> ただ、このブログではやけに ジョンがアロマに詳しかったですが。(-_-;)
> (お医者さんは 医学の知識が高いから、むしろ アロマは 亜流くらいに思って
>  相手にしていない人が多いンですよネ〜。イギリスは違うかな)

ジョンは……調べたのかなあ。
素人なりに、アロマの認知度は高そうだと思いますが、ジョン一人に限って言うと、そういう世界にめちゃめちゃ疎い印象が……完全に言いがかりですが、アロマテラピーどころか、妻の香水すら知らないんじゃないか、という気がします。

それでもぼくはやってない - billylab - 2015年10月27日 00:39:21

そうなんです〜。
ジョン・ブログにあった通り、キャンドル焚いたら死なないまでも寝ちゃうくらいはなるかも。
(風呂で寝るのは、実際は気絶状態だそうなので〜)
実際、あのタイプのキャンドルを50〜60個くらい いっぺんに焚いたことがあるのですが、
そのときは さすがにちょっと空気薄…(×。×)と、なりました。
(イベント用に プチ・アロマキャンドルを大量に作ったことがあるンです)
あとは、ボヤでなんとか。
犯人が濡れたタオルを 貼ったりはがしたりするのは…たいへんそうだな、と、なんか、
彼がせっせと やっている所を想像するだけで、可笑しかったので、いろいろ
考えちゃいました。(^m^)

> ジョン一人に限って言うと、そういう世界にめちゃめちゃ疎い印象が
はい〜。
この日のブログは、むしろ、ジョンがアロマを焚きながら風呂?! (;゚ロ゚)!という所が、
事件より何よりの ビックリ・ポイントでしたね〜。A^^;)
ジョンは いわゆる男脳タイプで、そういう細かいことは気づかなそう…と、自分も思ってました〜。
結婚式の準備にうんざりしているのも、詭弁ではなく半分は本音まじりか と。
(;・∀・)
S3でマグヌッセンのオフィスに潜入した時、「あの香水ならメアリもつけてる」と言うジョンも、もちろん ビックリ・ポイントでした。( ̄▽ ̄ i)

愛だろ、愛! - ナツミ - 2015年10月27日 05:34:27

billylab様

す、すみません、タイトルが素晴らしすぎて、通知メール開いたのと同時に文字通り吹きました!
billylab様の知識が豊富過ぎて、ミス・マープルシリーズとかだったらとりあえず疑われてる流れ……!

> ジョン・ブログにあった通り、キャンドル焚いたら死なないまでも寝ちゃうくらいはなるかも。
> (風呂で寝るのは、実際は気絶状態だそうなので〜)
> 実際、あのタイプのキャンドルを50〜60個くらい いっぺんに焚いたことがあるのですが、
> そのときは さすがにちょっと空気薄…(×。×)と、なりました。
> (イベント用に プチ・アロマキャンドルを大量に作ったことがあるンです)

こ、怖い!さすがに50個キャンドルを焚くことはないですが、風呂で寝るのはわりとあるので……


> 犯人が濡れたタオルを 貼ったりはがしたりするのは…たいへんそうだな、と、なんか、
> 彼がせっせと やっている所を想像するだけで、可笑しかったので、いろいろ
> 考えちゃいました。(^m^)

そう、色々大変そうですよね。細かい手間が……
愛の反対が無関心だとすれば、完全犯罪で人を殺すって、なんかもう、すご~く愛だな~って思います。


> ジョンは いわゆる男脳タイプで、そういう細かいことは気づかなそう…と、自分も思ってました〜。
> 結婚式の準備にうんざりしているのも、詭弁ではなく半分は本音まじりか と。
> (;・∀・)

あの3人の中で一番式に興味ないのはジョンだと、私は踏んでます……
(シャーロックは一周回って本当に楽しくなってると見た)

> S3でマグヌッセンのオフィスに潜入した時、「あの香水ならメアリもつけてる」と言うジョンも、もちろん ビックリ・ポイントでした。( ̄▽ ̄ i)

あ、そうか、ちゃんと識別できてたんですね。伊達に三大陸の婦人を知ってるわけじゃないな!ごめんジョン……

『応天の門』の反魂香 - ak - 2015年10月27日 23:34:25

ナツミ様
billylab様

こんばんは。
アロマで盛り上がっていますね!
『羊たちの沈黙』だったでしょうか、自分の香水を嗅ぎ当てられるという映画のワンシーンがありましたが、夫でも恋人でもない男性に、あなたの香水は○○ですねと言われるのは、ちょっと怖いものがあります。無論自分の奥さんとか彼女もつけてるから、多分あれだなと言うのはありですが。
ところで、『シャーロック』から外れて申し訳ないのですが、平安版ホムワトの『応天の門』に、アロマ絡みの話が出て来ますので、少々ネタバレになりますが、ここでご紹介しておきます。第二巻に、反魂香というのが出て来ます。遣唐使が持ち帰った本(巻物)に物の怪がついているということで、道真が調査に乗り出すわけですが、実はこの本には反魂香と呼ばれる香が焚きしめてありました。この香は、自分の心に浮かんでいるものの幻想を見ることができるため、夜間、燈明の火の熱で香が流れ出し、その本が呪われていると思っていれば、妖怪や魔物の幻想を見ることになるわけです。平安時代は、今のように頻繁に入浴や洗髪をしなかったため、香の需要が高まり、一大アロマブームとなっていたため、このように香を利用したミステリーもまた成り立つわけですね。


『応天の門』の反魂香その2 - ak - 2015年11月02日 22:39:21

こんばんは。

前回のコメの分、投稿しましたのでリンク貼っておきます。
http://bakerhouse221b.blog.jp/archives/1067365.html

もののけを呼ぶ香りですかー - billylab - 2015年11月06日 18:48:19

akさん
こんばんは
楽屋落ちになりそうなところに ご一緒頂けて、嬉しいです〜。(^^)
ありがとうございます−。
(コメント欄で暴走しないように、気をつけているのですが、つい。(^■^;)ゞ)

> 夫でも恋人でもない男性に、あなたの香水は○○ですねと言われるのは、
> ちょっと怖いものがあります。
ですねー。
香りのものは、ともすると、フェチっぽい 方向に転んでしまいそうな怖さがあります。
なんかの探偵ものかドラマで、相手の髪の匂いを執拗に嗅ぐ、という不気味・キャラの
人がいたように記憶しているのですが、ああいうのも ナンですねー。(汗)

> 夜間、燈明の火の熱で香が流れ出し、その本が呪われていると思っていれば、
> 妖怪や魔物の幻想を見ることになる
興味深いですねー。
“反魂香”ですかー。
欧米の香りの需要も似たようなところから、です〜。(臭い消し(爆))
そして 洋を問わずですが、昔、香‘水’になる前は、樹脂をそのまま や、油脂に香りを
移して 使っていたので、体温で溶けて 薫る…という趣向もありました。
植物の成分そのまま…という意味では、麻薬的な効果のものも多かったので、
物の怪が見えることも あったでしょうー。
今より 暗かったですし。(^^)
(陰陽師にも そんな展開のストーリーがあった気もします〜)

香りと秘密 - ナツミ - 2015年11月07日 16:44:22

ak様
billylab様

香りで幻覚を見る……
「悪魔の足」や現代版の「バスカーヴィル」にも通じるお話で、面白いですね!
ak様がご指摘なさっているように、その人の香りを知っている、というのは、その人のとてもプライベートな部分、もっと言っちゃえば寝室、にまで立ち入ってる感じがするんですね。だからこそスモールウッド夫人の香水にいきなり言及するマグヌッセンは気持ち悪いんですよね。(顔舐めたり、221Bで極端にプライベートなものを出してくるインパクトが強すぎて霞んでますけど……)

性的なことと香りには親和性があるから、そして、多くの人にとって性的なことは隠しておきたいことでありながら惹かれずにはいられないことだから、心に隠された秘密とか、気になっていることをを呼び起こすのにも香りが用いられるのでしょうか。
秘密を暴く、ということにも「嗅ぎ出す」とか「嗅覚が鋭い」いう表現がつかわれるし、ホームズも嗅覚をすごく大事にしてます
よね。

日頃「香り」に無頓着な人でも、イヤな匂いにはものすごく敏感になりますよね。すぐに、徹底的に、自分の周りから排除しようとする。それは、気分が悪くなってしまったりと、身体に、大げさに言えば生死に直結してるからなんでしょうね。

お返事が遅くなってしまったので、その間に考えていたことを書いたら何だかとりとめのないコメントになってしまってしまいましたが、「香り」と人間の関係って面白いなあ、と思いました。精神に結びついているような、身体に結びついているような……


嗅ぐということは何を意味するのか - ak - 2015年11月08日 18:20:32

ナツミ様
billylab様

こんばんは。
何やらアロマ関係で、平安版ホムワトを強引に結びつけてしまったようなものですが、リプをいただいて感謝です。
billylabさんのいわれる、相手の髪を執拗に嗅ぐというのは色々類型があるように思います。私も何かのドラマで観た記憶があるのですが、犯罪が行われたと思しき場所の空気を、その場にいた刑事が嗅ぎまわるというのもありましたね。まして陰陽師の時代なら、この『応天の門』とあまり変わりませんから、香木をはじめ、数多ある香りが日常の様々な事件に絡んでいて、それが人々を惑わせたとしても無理からぬことであると思います。実際麻薬に近い物、あるいは麻薬そのものといっていい香りも多く存在したことでしょう。また平安時代には、男女の睦事の際に蹴飛ばしても大丈夫なように、寝所で使うための球形の香炉も存在したそうです。

それからナツミさんのコメについて。人間は視覚の動物ですから、目に見えることはうまくカムフラージュできても、嗅覚に関することはなかなか隠しおおせないということもあるでしょうね。しかし、マグヌッセンから香りを指摘されるのも気持ち悪いですが、もしマイクロフトから指摘されることがあれば、それも違った意味で不気味かと思います…ジョンだとそう気になりませんが。

ドイルの原作『スリー・コータの失踪』には、ドラッグハウンドのポンピーが登場します。このポンピーは嗅覚に非常に優れていて、ここでは馬車の後輪にふりかけたアニスの香りを追って行くわけですが、人間が犬を飼うようになったのは、あるいは、視覚を発達させた代償として失った嗅覚を、取り戻すためかとも思います。(もちろん人間でも調香師とかソムリエといった職業の人は、人並み以上の嗅覚が必要とされるでしょうが)

孫引きになりますが、『リア王』の道化のセリフに「鼻の向いた方向に進む者は、盲目でない限り、目にみちびかれて行くんだ。それに、悪臭を発する奴をかぎわけられない鼻なんて、二十に一つもないんだよ」というのがあります。視覚は重要であるが、しかし嗅覚の持つ直観的な判断力も馬鹿に出来ないということですが、これを考えると、ホームズがなぜ嗅覚をも重要視するかが見えて来るようです。

嗅覚が鋭過ぎるのも考えものかも - れすとら - 2015年11月10日 00:21:38

ナツミ様、みなさま

匂いで気持ち悪い小説といえばこれです。
『香水―ある人殺しの物語』パトリック・ジュースキント

細かいところは忘れましたが、主人公は嗅覚が並外れて鋭くて、女の子が香水の材料に見えちゃうんです。
未視聴ですが、映画化もされていています。
『パフューム ある人殺しの物語』(ベン・ウィショー)

遅くなりました! - ナツミ - 2015年11月17日 21:02:34

ak様
れすとら様

だいぶ遅くなってしまってすみません!!

ak様、嗅ぐというのは原始的な感覚なんですね~。それを補うために人は犬を飼う、というのはなるほど!と思いました。
愛玩動物として飼っている人も、無自覚にそういう感覚を持っているとしたら面白いですね。
猫とかハムスターとか、ペットの好みはさまざまですけれど、どこかに自分の足りない部分を埋めてほしいという願望があるのかもしれないです。

れすとら様

このタイミングでウィショー君を出してくるとは、さすがれすとら様……
「パフューム」遠い昔に見て怖かった記憶があるんですが、今「ロンドン・スパイ」と「スペクター」効果で絶対にレンタルできない自信がある!!

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

『高名の依頼人』のこと書きましたが、6月24日までグラナダ版がGYAOで無料で観られるそうです。
こちら

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura