最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

(事件の重要なネタバレ)フランクランドとロイロット

来月日本で公開される『コードネームU.N.C.L.E.』について、以前ちょこっと触れたことがあり、追記しておこうかと過去記事を漁っていたら、書き足したいことがちょこちょこ出てきました。
過去記事への追記ではうまく収まらない分は、新しくアップしていこうと思います。
第3シリーズの元ネタ探しがまだ「東の風」までたどり着いていないのですが、幸い(?)第4シリーズまではまだまだ時間がありそうなので、しばし昔話にお付き合いください。

まず、The Hounds of Baskervilleのフランクランドの死に様について。

「暴力をふるう者には必ず暴力がはねかえってくる。ひとのために穴を掘る者は、必ず自分がその穴に落ちるのだ。」(まだらの紐・延原謙訳)



これ、「バスカビル家の犬」のステイプルトンも同じなのですが、「穴を掘る」という表現が現代版フランクランドにぴったりだったので、一応書いておこうと思います。
原作では「まだらの紐」も「バスカヴィル家の犬」も遺産問題絡みなのですが、現代版では犯行動機がどちらも変更されてますね。
現代版「まだらのブロンド」に関する記事はこちら

犯行動機には時代を反映していても、ホームズの語る真理は変わらないのかもしれません。

また、現代版フランクランドに『まだらの紐』のロイロット博士が混ざっている、と考えると、バスカヴィルの研究室でたくさんの動物が飼われていたことも、ロイロット屋敷の描写とつながってきます。

「(前略)それからまた父はインドの動物をたいへんかわいがりまして、手紙をやってはるばる取りよせるのでございますが、ただいまもインドで鹿狩りに使います豹が一頭と狒々が一匹おります。(後略」)



私の大好きな「シャーロックとサル・ガン飛ばし勝負」の元ネタは、この狒々かもしれない……!

樹の間をくぐって芝生へたどりつき、それを横断して窓からはいりこもうとすると、こんもり茂った月桂樹のやぶのなかから、不具の子供のような不気味なものがとび出して、みずから草のうえに倒れて手足をもがいていたが、たちまち起きあがって闇のなかへ姿を隠してしまった。
「おやッ、見たかい?」私は息をころした。
ホームズもちょっと驚いたらしい。内心の動揺にぎゅっと強く私の手首を握りしめたが、すぐに低い声で笑いをもらし、私の耳に口をよせていった。
「あれはかわいい家族の一員、狒々なんだよ」



何だかんだ言ってホームズもびびってるのが可愛い……
The Hounds of Baskervilleでも、「シャーロックの恐怖」が描かれますよね。
この後の張り込みはワトスンにとって長く忘れられない「恐怖の一夜」になったようですが、それはジョンにとっても同じこと。
(とは言ってもホームズはワトスンと一緒にいたので、ジョンだけに怖い思いをさせたシャーロックひどい、ということになるんですが……原作は原作で何が現れるか、見立てをワトスンに話していなかったので、ワトスンは余計怖かったんじゃないでしょうか。やっぱりどっちもシャーロック・ホームズだな)

フランクランドが友人の息子であるヘンリーを陥れようとしたことと、ロイロットが義娘を殺そうとしたことも似ているんですよね。
『まだらの紐』のヘレンの姉と、現代版ヘンリーの父が呼応しているのかな。
また、ヘレンとジュリアの母親も、ヘンリーの父のように殺されたのかもしれないなあ、と思えてきました。
脚本を書いたマーク・ゲイティスさんはそのように解釈しているのかもしれませんね。(もうコメンタリーの内容とか忘れてるので、ご本人が自らそうおっしゃっていたらご指摘ください……)

親(大人)が、子どもを不幸にしようとする話がホームズシリーズには他にもいくつかあります。
疑われていた親が実は子どもを愛していた、とか、子どもが犯人だった、という話もある(これは、カール・パワーズ事件で現代版でも描かれましたね)のですが、やっぱり子ども時代の影、というものをシリーズを通して強く感じる。
それが現代版では「赤ひげ」のお話につながってくるのかもしれません。

(原作からの引用はすべて延原謙訳)
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

動物ネタと子供ネタ - ak - 2015年10月12日 21:18:22

ナツミ様

こんばんは。
2つも更新されていますね♪
それと、前回コメへのリプのタイトル、秀逸です。ありがとうございます。

尤もこの2つに指摘できるほど、私はディープウォチャーではないのですが、バスカヴィルといいまだらの紐といい、ホームズ物には動物ネタは結構あります。一つは、イギリスが熱帯地方などから動物を輸入していたこと、もう1つは名家の事件などで、犬絡みの事件が多く見られるという点でしょう。ブナ屋敷も犬が登場しますし。それが現代版でも活かされていると言えなくもありません。
実は今、ホームズ物の時代劇版を作ろうとしているのですが、どのようにアレンジするにしても、動物を軸に出来上がっている話を、動物でないものに置き換えようとするのは結構難しいものです。私がアマチュアだからなのかなと思っていたのですが、ゲイティス、モファット両氏も意外と同じ考えなのかも。
それと、ホームズは確かに説教くさいです。あれ、最初の頃ワトソンは「なんだこいつ、偉そうに」と思ったことも少なからずあったかと。現代版はそこまで説教くさいとは思いませんが、その代わりやはり不思議ちゃん的な感じではあるかと。

それとカール・パワーズ事件とはまた違いますが、一昨年の『シリアリスト 二流小説家』なる映画をDVDで観て、こういう親子関係もあるのだなと改めて考えています。近日中にブログにアップ予定です。
それからパペット版のこの2つの作品を思い出してみたのですが、バスカヴィルはある意味因果応報であるにせよ、ロイロット先生はまだらの紐=ヘビを利用したわけではないのが、原作と違う所ですね。むしろ、蛇に襲われたシャーマンを助けたりしていますが、ただ生徒を好きになったという、教師としてあるまじきことをしたから、その責任を取ることになるわけですが。

それからこの前の分ですが、

>表向きは養蜂かな……だとするとモファットさんの「ジャニーンと結婚するよ説」につながりますね。
いや、いちいち立証するほどの説でもないんでしょうが、どうせあれでしょ、ファンが踊らされてるとこ見たいんでしょ!
じゃあ踊ってやろうじゃないの!(モファットさんに半ギレ)

養蜂をしながら、お声がかかるとまた現場に駆けつけるようなノリだと面白いかも。かなり高齢ではありますが、『ミスター・ホームズ』がそういう展開になるのでしたっけ。

>未だに薫ちゃんが忘れられない派の私を、ak様の一言が癒した……!そうですよ!イタミンがいるじゃないですか!イタミンはいつでも右京さんをそっと見守ってくれてる!

薫ちゃん長かったからですね…でもイタミンも相当古株であると思います(角田課長も)。一度この2人でスピンオフ作ってほしいです。

>原作からきたのでシャーロックが探偵やめるとか女性に手を出すとかって、テディベアがしゃべりだすレベルの超展開に思えてたんですが、なんかもう孫を見守る祖母のような気持ちになってきました。元気でいるならそれでいい……

テディベアだって『テッド』でおっさん化したことを考えれば、何が起こっても不思議ではないかと。この場合女性に手を出すというよりは、騙されて詐欺に遭うといった方がそれらしい展開になるかもしれません。

暇か~?で二つ更新しちゃいました… - ナツミ - 2015年10月12日 22:16:29

ak様

三銃士のエンディングテーマ、大好きだったんです。
世代的には『アニメ三銃士』の方なんで、「心に冒険を~♪」にしようかと思ったんですが、誰も知らないと困るので止めておきました。


> 実は今、ホームズ物の時代劇版を作ろうとしているのですが、どのようにアレンジするにしても、動物を軸に出来上がっている話を、動物でないものに置き換えようとするのは結構難しいものです。私がアマチュアだからなのかなと思っていたのですが、ゲイティス、モファット両氏も意外と同じ考えなのかも。

日本の時代劇だとすると、確かに難しそうですね。

> それと、ホームズは確かに説教くさいです。あれ、最初の頃ワトソンは「なんだこいつ、偉そうに」と思ったことも少なからずあったかと。現代版はそこまで説教くさいとは思いませんが、その代わりやはり不思議ちゃん的な感じではあるかと。

不思議ちゃん!ぴったりですね。そう、シャーロックは言うことは同じでも、上の立場の人が説教しているというより子どもが強がっている感じがしますね。

> 養蜂をしながら、お声がかかるとまた現場に駆けつけるようなノリだと面白いかも。かなり高齢ではありますが、『ミスター・ホームズ』がそういう展開になるのでしたっけ。

原作を読んだ限りでは、兼業探偵という感じではないですね。
少なくとも原作は、事件が起きてホームズが呼ばれ駆けつける、というタイプのお話ではないです。内省的な話です。

> 薫ちゃん長かったからですね…でもイタミンも相当古株であると思います(角田課長も)。一度この2人でスピンオフ作ってほしいです。

長かったからいうより、薫ちゃんの時代はまだ相棒が交代制だって知らなかったものですから、未だに長~い右京さんスピンオフを観てる感があるんです……神戸くんもカイトくんも好きだったんですけどね。

> テディベアだって『テッド』でおっさん化したことを考えれば、何が起こっても不思議ではないかと。この場合女性に手を出すというよりは、騙されて詐欺に遭うといった方がそれらしい展開になるかもしれません。

女性に騙されて詐欺に遭うホームズ……ダメだもう泣きそうです。

大人になれない君が愛おしい - ak - 2015年10月16日 22:34:25

ナツミ様

こんばんは。

>三銃士のエンディングテーマ、大好きだったんです。
世代的には『アニメ三銃士』の方なんで、「心に冒険を~♪」にしようかと思ったんですが、誰も知らないと困るので止めておきました。

「そんな君のそば、見守っていたい~♪」だったでしょうか。あれ結構観てました。確かアラミスが女性で、はだしのジャンが出て来るのですね。

>日本の時代劇だとすると、確かに難しそうですね。

結構時代劇好きなのですが、名前をどうするかとかどのように設定するかなどなど、あれこれ考えています。バスカヴィルの犬は化け猫にする予定です。

>不思議ちゃん!ぴったりですね。そう、シャーロックは言うことは同じでも、上の立場の人が説教しているというより子どもが強がっている感じがしますね。

結構すねたりもしますよね、ジョンの方が大人だし。原作とかグラナダ版のホームズは、あくまでも大人で紳士で、でも時に奇妙な行為を見せるという設定になっていますが、こちらは観察眼はあるけど大人の社会に適合できない、ちょっとネバーランドの住人的なところがやはりあるかと。
そのへんがパペット版の永遠の少年とかぶる気もします。

>原作を読んだ限りでは、兼業探偵という感じではないですね。
少なくとも原作は、事件が起きてホームズが呼ばれ駆けつける、というタイプのお話ではないです。内省的な話です。

そうなのですね。私も原作読んでみようかな。

>長かったからいうより、薫ちゃんの時代はまだ相棒が交代制だって知らなかったものですから、未だに長~い右京さんスピンオフを観てる感があるんです……神戸くんもカイトくんも好きだったんですけどね。

杉下・亀山コンビで、プレシーズンも入れて6シーズン半ですから、今までのほぼ半分くらいですね。最初から観ている人は、やはりその印象が強いし、やはり相棒は彼でなければと思っている人も多いでしょうね。ところで冠城亘編も始まりましたね。しかし法務官僚ということもあるのか、やけにえらそうな印象があるのですが…。

>女性に騙されて詐欺に遭うホームズ……ダメだもう泣きそうです。

えー泣かないで…(+o+)
そこをジョンがフォローしてあげて、ますます2人の協力関係が深まるという設定ですから。

ところで平安京版ホームズ『応天の門』について、そろそろアップ予定です。
それではまた

ピーターパン! - ナツミ - 2015年10月18日 19:34:06

ak様

> 「そんな君のそば、見守っていたい~♪」だったでしょうか。あれ結構観てました。確かアラミスが女性で、はだしのジャンが出て来るのですね。

わ~い、通じた!アラミスが出てくるとどきどきしました……


> 結構時代劇好きなのですが、名前をどうするかとかどのように設定するかなどなど、あれこれ考えています。バスカヴィルの犬は化け猫にする予定です。

化け猫!猫にも独特の怖さがありますね。

> 結構すねたりもしますよね、ジョンの方が大人だし。原作とかグラナダ版のホームズは、あくまでも大人で紳士で、でも時に奇妙な行為を見せるという設定になっていますが、こちらは観察眼はあるけど大人の社会に適合できない、ちょっとネバーランドの住人的なところがやはりあるかと。

原作も、ベースは変人だと思うのですが、社会に適合できてますよね。

> そうなのですね。私も原作読んでみようかな。

暗~いですが、美しいお話ですよ!日本も出てくるのでぜひ!


> 杉下・亀山コンビで、プレシーズンも入れて6シーズン半ですから、今までのほぼ半分くらいですね。最初から観ている人は、やはりその印象が強いし、やはり相棒は彼でなければと思っている人も多いでしょうね。ところで冠城亘編も始まりましたね。しかし法務官僚ということもあるのか、やけにえらそうな印象があるのですが…。

何だか、初めから右京さんの扱いを知っている感じですよね。これはこれでいいな……(ちょろい私)

読書の秋ですね。平安ホームズにご興味のある皆さま、akさんのサイトはこちらです!

ベイカー寮221B http://bakerhouse221b.blog.jp/

フック船長はモリアーティ? - ak - 2015年10月22日 22:54:55

ナツミ様

こんばんは。
先日はリプにリンクを貼ってくださり、ありがとうございます。
今回から貼っておくことにします、お手数おかけしてすみません。

>わ~い、通じた!アラミスが出てくるとどきどきしました……

あれって結構『ベルサイユのばら』的な乗りですよね。
個人的にアトスが好きでした。『新・三銃士』のアトスも渋くていいです。

>原作も、ベースは変人だと思うのですが、社会に適合できてますよね。

年齢はともかく、原作に大人としてのえぐさが感じられるのに比べると、精神的に若い(子供っぽい?)設定ですよね。私見なのですが、内面的な弱さがあるのを、ちょっと強がりなポーズでカバーしている感じもします。パペットの少年特有の背伸びとワガママを、ピノキオになぞらえたことがありますが、このシャーロックの方はやはりピーター・パンの方かなと思います。ちょっとナルシストな印象もありますので。しかし、彼はいつ乳母車から落ちたのだろう…これも拭い去れない子供時代だったりして。

>暗~いですが、美しいお話ですよ!日本も出てくるのでぜひ!

そそられます(*^^*)

>何だか、初めから右京さんの扱いを知っている感じですよね。これはこれでいいな……(ちょろい私)

何か一番面倒くさい相手が来てしまったな、という感じですね。コーヒーにこだわりがあるようで、それも紅茶にこだわる杉下右京の姿勢と、対になっているかと。

それと記事本文のこちらですが
>とは言ってもホームズはワトスンと一緒にいたので、ジョンだけに怖い思いをさせたシャーロックひどい、ということになるんですが……原作は原作で何が現れるか、見立てをワトスンに話していなかったので、ワトスンは余計怖かったんじゃないでしょうか。やっぱりどっちもシャーロック・ホームズだな

またしてもパペットで恐縮ですが、「バスカーヴィル君と犬の冒険」で、ホームズが何が出て来るかうすうす感じていながら、ワトソンとメアリーを化石採掘現場に行かせて、ワトソンの苦手なモンスターバナナと遭遇させるというのもありましたね。あれもひどいといえばひどいような…。でもあれでワトソンは男を上げたのですが。

それから「塚口サンサン劇場」ですが、よくあることだと思いますよ。私の知人で、「力うどん」というべきところを「かうどん」と言ってしまった人がいますので。

片腕がフックのジム(ちょっと萌え) - ナツミ - 2015年10月24日 11:15:24

ak様
>
> こんばんは。
> 先日はリプにリンクを貼ってくださり、ありがとうございます。
> 今回から貼っておくことにします、お手数おかけしてすみません。

とんでもございません!
でも、ブログの内容をご紹介してくださった時、すぐに読みたくなった方にとってはリンクがあると便利だと思いますので、お心遣いありがたいです。


> あれって結構『ベルサイユのばら』的な乗りですよね。
> 個人的にアトスが好きでした。『新・三銃士』のアトスも渋くていいです。

BBCのThe Musketeersのアトスもかっこいいですね!てか三銃士全員ハンサムです!
アトスを演じているのは、グラナダ版ワトスンのデイビッド・バークの息子さん、と教えていただいたことがあります。
お話はまだ観ていないのですが、楽しみです。

> 年齢はともかく、原作に大人としてのえぐさが感じられるのに比べると、精神的に若い(子供っぽい?)設定ですよね。私見なのですが、内面的な弱さがあるのを、ちょっと強がりなポーズでカバーしている感じもします。パペットの少年特有の背伸びとワガママを、ピノキオになぞらえたことがありますが、このシャーロックの方はやはりピーター・パンの方かなと思います。ちょっとナルシストな印象もありますので。しかし、彼はいつ乳母車から落ちたのだろう…これも拭い去れない子供時代だったりして。

ホームズの少年時代を描いた作品って複数あるので、名探偵の育った背景にはみんな興味があるんでしょうね。

> 何か一番面倒くさい相手が来てしまったな、という感じですね。コーヒーにこだわりがあるようで、それも紅茶にこだわる杉下右京の姿勢と、対になっているかと。

鏑木さん、どんどんかっこよく見えてきました。こだわりで対等だった相棒っていままでなかったので、新鮮ですね。


> またしてもパペットで恐縮ですが、「バスカーヴィル君と犬の冒険」で、ホームズが何が出て来るかうすうす感じていながら、ワトソンとメアリーを化石採掘現場に行かせて、ワトソンの苦手なモンスターバナナと遭遇させるというのもありましたね。あれもひどいといえばひどいような…。でもあれでワトソンは男を上げたのですが。

バナナの回は忘れられない名作ですね……バナナが苦手だからって、でかいバナナが怖いか?って思うんですけど、そんな些細な疑問はどうでもよくなる力技ですね。

> それから「塚口サンサン劇場」ですが、よくあることだと思いますよ。私の知人で、「力うどん」というべきところを「かうどん」と言ってしまった人がいますので。

ありがとうございます。
「塚口サンサン劇場」(つかぐち・さんさんげきじょう)でgoogle検索してみたところ約86800件ヒットするんですが、「塚ロサンサン劇場」(つか・ろさんさんげきじょう)でも39,500 件のヒットがあるので、結構な割合で間違えられてる、ということにして自分を慰めております。
「かうどん」と間違えられた方は、ひょっとしてフォントの問題じゃないでしょうか。
「日本人だけが読めないフォント」というのが話題になってますが、あそこまでじゃなくても、紛らわしいフォントありますよね。

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

『高名の依頼人』のこと書きましたが、6月24日までグラナダ版がGYAOで無料で観られるそうです。
こちら

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura