最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

ジョンのブログより

劇中でも触れられているジョンのブログ
BBCでの放映前後、シャーロック、モリー、コニーのサイトと共に、ドラマの展開に合わせてリアルタイム更新されていました(日付は放映時よりもかなり前の設定ですが)。シャーロックとジョンの生活の様子を垣間見ることができます。ほかの登場人物のコメントもあり、結構くだらない話もしていて楽しいです。


原作のほとんどはワトスンの目を通して語られていますが、ドラマは作品世界の「事実」を映像で追っていきます。彼に起こった事実や、彼の見ていない事実を。
ホームズ物の映像化作品を観る愉しみは、「ワトスンが語ったこと」の再現だけでなく、「ワトスンが語らなかったこと」を覗き見るところにもあると思います。ワトスンの手記は、ホームズとワトスンに起こったことの全てを語っているわけではありません。あえて伏せていることや、ワトスン自身気付いていないこともあります。一方、ワトスンが感じたことや考えたことなど、手記でしかわからないこともあります。ドラマとブログの連動は、作品を深く知りたいファンの心理にうまく応えてくれているのに加え、原作にも語られざるエピソードがあるに違いない、という想像をかき立ててくれます。

さて、ジョンのブログにも原作に関する引用があります。

事件のあと、おいしい中華料理屋に行った。僕のフォーチュン・クッキーからはこんな言葉が出てきた。
「日の下に新しきものなし。全てかならず前にあったことの繰り返しに過ぎない。※」
この夜から僕は思うようになった。「そんなことはない」と。(拙訳・※は延原謙訳より)


ジョンのフォーチュン・クッキーから出てきたこの言葉は、旧約聖書の「伝道の書」から。「緋色の研究」でホームズに引用されています。

「ではむろんこの血は第二の人物のものだ。もし他殺だとすると、おそらく加害者のものだろう。これで思い出すのは一八三四年にユトレヒトで起ったファン・ヤンセン殺しの状況だが、君あの事件を覚えていますか、グレグスン君?」
「覚えてませんなあ」
「一度読んでみるんですな。日の下に新しきものなし、ですよ。すべてかならず前にあったことの繰り返しにすぎないんだからな」(延原謙訳)

ホームズが言いたかったのは、過去の事例に学べ、ということでしょう。そこから新しい観察や推理を展開していくのが彼のやり方。それはこのドラマと原作の関係にも通じる気がします。

ジョンは、直訳すると「失礼ですが私の考えは違います」(I beg to differ.)というようなコメントをしていますが、この日から新しい人生が始まったジョンの気持ちがよく表れています。「新しい」キャラクターではなく、それでいて「新しい」要素を持ったジョンにこう言わせるのが面白いな、と思います。


関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

わー、おもしろいですね - RM - 2011年06月13日 21:43:42

このブログのことは噂にきいていましたが、実際にみたのははじめてでした。私はまだ1話しかみていないので、1話関連のところだけ読みましたが、おもしろいですね!コメント欄でハリー・ワトスンが「何がおきたの?ちゃんと電話にでなさい!」というのも、シャーロックがジョンの書いたものに文句をつけるのも。(それであってますよね?)第二シリーズがはじまったら、また更新されるとよいですね!

そして、なるほど!原作ではホームズが引用した言葉が、現代版(のブログ)ではフォーチュン・クッキーから出てきたなんて、しゃれてますね。そしてジョンにとって、その言葉とは逆に、その日はまさに「新しい人生が始まった日」だったのですね!ますます、共に現代を生きている、という感じがしますね。

2話分以降もぜひ~ - ナツミ - 2011年06月14日 18:50:54

ジョンのブログからシャーロックのサイト"The Science of Deduction”にも行けるので、そちらもぜひどうぞ!シャーロックがジョンの携帯を借りて送ったメールの、ジョンも視聴者も忘れてるであろう「緑のはしご」の謎がひっそり解けます(笑)

登場人物たちのキャラクターも面白いですよね。ハリーには第二シリーズでもぜひジョンブログで暴れていただきたいです。個人的には「青い紅玉」のライダーの、鵞鳥を育ててる姉さんみたいな豪快な人を想像してます。
ワトスンの書いた文を批判するホームズにもニヤリとさせられますよね。ジェレミーのホームズも時々ワトスンにぐずって、こんな風に受け流されてたなぁ(特にハードウィック氏に)…と懐かしい気持ちにさせられたり。グラナダ版の「入院患者」のラストシーンみたいな洒落の効いた場面も出てこないかな~と期待してます!

RM様とお話させていただくようになって、現代版と過去のホームズものとの「つながり」を強く意識するようになりました。俯瞰すればジョンというキャラクターは、何代目のワトスンかわからないくらい「前にあったことのくりかえし」なのですが、彼は彼自身の、新しい今を生きようとしている。それを言わせることに、現代版制作スタッフの気概のようなものを感じます。

こんなふうに同じ作品を「今」に受け継いでいくことを、天国に行かれた方たちも喜んでいるような気がする・・・というのは感傷的過ぎますかねぇ。

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

『高名の依頼人』のこと書きましたが、6月24日までグラナダ版がGYAOで無料で観られるそうです。
こちら

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura