最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホームレスのネットワーク

シャーロックはロンドンのホームレスの人々と何らかの取り引きがあり、報酬と引き換えに情報を得ている模様。
原作の「ベーカーストリート・イレギュラーズ」にあたると思われます。
ホームズはロンドンの浮浪児たちに報酬を与え、調査を手伝わせていました。

「気をつけ!」ホームズが命令すると、六人の小さな無頼漢どもはきたない小像でも並べたように、一列につっ立ったものである。
(中略)
「あの浮浪児の少年ひとりのほうが、一ダースの警官よりも役に立つんだ。その筋のものだと思えば、姿を見ただけでたいていの者は口をつぐんでしまうからね。そこへゆくとあの連中は、どこへでもはいってゆけるし、なんでも聞き出してこられる。そうして鋭いことといったら、針みたいなんだからね。ただ欠けているのは組織の問題だけだ」(緋色の研究・延原謙訳)

現代のロンドンに浮浪児の集団はいないでしょうが、「組織」の指導力という意味でも、シャーロックが幼い子供たちをシャキシャキまとめてるところが想像つかない…
シャーロックが報酬を与えていたお姉さんが、ホームレスのネットワークを把握している感じですね。

ホームレスと言えば、BBCのサイトから第二話の脚本がダウンロードできるのですが、カットされてしまったらしい
「ジョンVS.ホームレスの男」の場面があります。

線路沿いの壁の落書きから、手分けして暗号を探す場面。
暗号を見つけたジョンが、シャーロックのところに駆けてくる場面の直前です。


ジョンは北に向かって線路沿いを調べている。
何人かのホームレスが段ボールのベッドの上にいる。
ジョンはじっと見ないようにしながら
暗がりの中、彼らの間を通り抜けようとする

ジョン:ええと…すみません、間を通っても?

一人の男が呻き、脅すようにジョンを見る

男:ここは俺の場所だ
ジョン:あの壁を見たいだけなんです…すこし移動してくれませんか?
男:5ポンドだ
ジョン:え?
男:どいて欲しいんだろ、なら5ポンドだ
ジョン:わかった
男:10だ
ジョン:5はどうなったんだ
男:イエスというのが速すぎた(拙訳)

ジョンの発見、結構高くついてたんですね…

【追記】(2013.1.18)現在ではダウンロードできなくなっているようです。
【追記2】(2014.10.31)私がぼんやりしている間に、またアップロードされていたようです。コメント欄でmmm様に教えていただき、リンクを貼りなおしました。mmm様、ありがとうございました!
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- mmm - 2014年10月30日 13:05:56

ナツミさまこんにちは! いつも楽しく拝見させていただいております。

シャーロックのスクリプトがダウンロードできたという件、私は初耳で、とてもビックリしました! カットされた部分のとても素敵で、、、 これが知れただけでも嬉しかったです。ありがとうございます。
ちなみにこの記事をツイートさせていただくことは可能でしょうか?
ツイートが無理でしたらカットされた部分だけでも紹介させていただくことができますでしょうか、、
お願いばかりで本当に申し訳ございませんが、どうぞ宜しくお願いいたします。

- mmm - 2014年10月30日 13:14:13

すみません、先ほどコメントさせていただいたものです。
こちらのwebでシャーロックS1E2の脚本がダウンロード可能なようです。
添付させていただきますね。

http://www.bbc.co.uk/writersroom/scripts/sherlock-the-blind-banker

ありがとうございます! - ナツミ - 2014年10月31日 06:43:41

mmmさま

こんにちは!コメントありがとうございます。
そして、またこのスクリプトが再アップロードされていることを教えていただき、感謝しております!
記事の内容も訂正させていただきました。(お名前を出してしまったこと、お許しください。)

> シャーロックのスクリプトがダウンロードできたという件、私は初耳で、とてもビックリしました! カットされた部分のとても素敵で、、、 これが知れただけでも嬉しかったです。ありがとうございます。

ジョンのいわゆる「ワトスンっぽい」ユーモラスな場面ですね。お知らせする役をさせていただけたなら、本当に光栄です!ほかにもいくつかこのスクリプトに関する記事を書いたと思いますので、蛇足ではありますが、思い出せるものはリンクを貼っておきますね。

アンディとジョンの後日談 http://sherlock221b.blog.fc2.com/blog-entry-192.html

かんざしの正体について http://sherlock221b.blog.fc2.com/blog-entry-94.html


特にラストシーンの方は、この部分があるのとないのとでは、事件そのものに対する印象がだいぶ変わりますよね。
第3シリーズまで観た今振り返ると、こういう「綺麗にまとめる」エピソードをカットして、語り過ぎずにどんどん進んでいく、という決断が後の「SHERLOCK」らしいカラーを決定づけたのかもしれない、と感じます。


> ちなみにこの記事をツイートさせていただくことは可能でしょうか?

もちろんです!SNSボタンが錆びついていなければ、使ってやってください。
と言っても、既にダウンロード先を見つけられているので、そちらについてツイートなさっているかもしれないので、すでにこのブログの出る幕はないかもしれませんが……もし今後ツイートしていただける機会がありましたら、ご報告はなくても大丈夫ですよ!でも、お話できて嬉しかったです。ありがとうございました。

- mmm - 2014年11月04日 20:09:20

ナツミさま

お返事ありがとうございました!早速 tマークからツイートさせていただきました。

これからもブログの更新を楽しみにしております!!

ご丁寧に、ありがとうございます! - ナツミ - 2014年11月06日 06:21:32

mmmさま

こちらこそ、ありがとうございました。
よくよく考えてみれば、元記事へのリンクを貼るならtマークのボタンが便利なんですけれど、「リンクを貼りたい」とはおっしゃっていなかったので、なんだか拡散を強要するような形になってしまい、反省しております。
私自身がツイッターアカウントを持っていないため(以前すこしトライしたのですが、仕様が変わったと聞いております)、よくわかっていなくてとんちんかんなことを言っていたら申し訳ありません。
また遊びにきていただけたらうれしいです。

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

ご閲覧やRSS登録ありがとうございます!まだ廃墟じゃありませんよ~!亀の歩みですが、過去の振り返りも含めてのんびり元ネタ探し続けていきたいと思います。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。