最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

【事件の重要なネタバレ】The Great Gameの構造

とにかくたくさんの事件が起こる第3話ですが、

1.マイクロフトが持ち込んだ機密文書漏洩事件
2.モリアーティーがシャーロックのために用意した5つの事件

この二つが並行して解かれていき、最後に2は1からシャーロックの目を逸らすためだった(?)ということが
判明します。

さらに、1の元ネタは

「海軍条約文書事件」
「ブルース・パティントン設計書」
(延原謙訳)

という二つの短編の要素が組み合わされています。

この二つのお話、国家機密に関わる重要な書類が紛失する、という点が同じです。

第3話の流れに沿って見て行くと、

・ウェストの死体が線路で発見される
・マイクロフトが事件を持ち込む
・ウェストの恋人の嘆き
・線路の切り替えポイントを見て、死体の発見場所のトリックに気付く

という大体の流れは「ブルース・パティントン~」
(書類はUSBメモリスティックに、機密の内容は潜水艦からミサイルに変更されています)

被害者の恋人の兄が犯人、という真相のみ「海軍~」から。

おいしいとこ取り、と言った感じでしょうか。

依頼主がワトスンの子供時代の友人だったり、1話でのマイクロフトのシャーロック評「芝居がかりが好き」なホームズの1面が観られたりと、採用されなかった部分もいつかリサイクルしてほしいです!

「海軍~」からは、ひとつ印象的な場面が採用されています。

機密文書を見つけて欲しいと懇願する依頼人に、突然場違いともとれるような話を始めるホームズ。

「(前略)-バラの花ってきれいなものですね」
ホームズは寝椅子のそばを通り抜けて、開けはなたれたまどのところへゆき、緑と真紅の庭を見おろしながら、ニワイバラの垂れ下がった茎を手にとった。これはホームズの性質としてはまったく新局面の発見だった。彼が自然物にたいする興味などみせたのを、私は今までに一度も知らないのである。(延原謙訳)


この後ホームズの宗教に関する考察が語られますが、のちに事件の解決に関わってくるわけではありません。どうしてホームズが突然こんな話を始めたのかはっきりとはわかっていませんが、ホームズの性格の多面性を語る上では欠かせない場面です。

現代版では、シャーロックとジョンがゴーレムを捜しに向かう途中で、建物の隙間から見える満天の星空にシャーロックが「きれいだな」と呟きます。「君はそんなこと構わないと思ってた」と驚くジョン。(拙訳)

シャーロックが太陽系に関する「一般常識」を知っている、知らないのケンカから始まった第3話。
4つめの「ゲーム」では、星が解決の鍵になります。「興味がない」「無駄」と言っていたはずの天体の知識で、見事人質の子供の命を救ったシャーロックに、感動の表情を見せるジョン。同時にジョンは、「シャーロックにはまだまだ自分の知らない面がある」ということに気付きます。モリアーティーとの対決シーンの前の、221bで二人が静かに会話する場面では、以前よりも優しい目でお互いを見ている二人がいます。
「星」というキーワードでシャーロックの人間的な一面を掬い取り、シャーロックとジョンの友情が深まる過程を描いた脚本を、私も「美しい」と思うのです。


まあ、原作どおりにバラを使ったら現代版ではちょっと気障、というのもあったんでしょうね。
ちなみにグラナダ版のジェレミー・ブレットが演じたこの場面は、信じられないくらい美しいですよ!!
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

本当にしょうもないことです! - あなみ - 2016年02月28日 00:13:38

ナツミさんこんばんは。記事のためにS1E3見返してたら日付をまたいでました。くすん。

今気付いた"凄くどうでもいい"ネタなのですが、ウエスト殺人の犯人ジョーは、「ヤク(drug)の密売」をしていて、ものの弾みで殺してしまった遺体を「引き摺り込む(drag in)」んですね。さりげない言葉遊びになってます。マークさんほんと暇人。(気付いたあなたも十分暇人)

ちょっとシェアしたかったのでコメント残してみました。本当にそれだけです(笑)。

私もひとつ…… - ナツミ - 2016年02月28日 18:45:34

あなみ様

記事のためにドラマを見返してくださったんですね!光栄です。

> 今気付いた"凄くどうでもいい"ネタなのですが、ウエスト殺人の犯人ジョーは、「ヤク(drug)の密売」をしていて、ものの弾みで殺してしまった遺体を「引き摺り込む(drag in)」んですね。

面白いですね~!drugとdrag(過去分詞形はdrug)何か関係があるのかな?と思ったのですが、よくわかりませんでした……

関係ないんですが、drag queenとdrama queen(シャーロックとジョンの喧嘩ネタ)もちょっと似てる……
(思いついたら言わずにいられなくてすみません)

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura