最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョンとスタンフォードの再会

原作ではワトスンの助手だったスタンフォード君、現代版では同期という印象ですね。
二人が再会するのは、原作では「クライテリオン酒場」。
現代版では公園の一角ですが、ジョンの持つ紙コップにCriterionの文字が見えます。

原作ではワトスンは知人との再会に大喜びしたと書いていますが、
ジョンは終始むっつりしていて、人の良さそうなスタンフォードは
「僕の知ってるジョン・ワトスンじゃないみたいだ」と言います。
後に、ジョンのブログを見て『ブラボー、ジョン!ようやく君らしくなってきたな!』とコメントしています。
(共に拙訳)

本来明るい性格のジョンが1話の初めでは虚無的な性格に設定されているのは、原作の「私はブルドッグの仔犬を一匹飼っています」というワトスンのセリフからではないかな、と思います。
これは「短気である」という意味で、実際「緋色の研究」のワトスンは朝食ができていないことにイライラしたりしていますが、シリーズ全体を通して読むとワトスンが短気と言う印象はなく、むしろその逆で非常に我慢強く大らかな人柄です。この矛盾に対しては「『緋色の研究』のワトスンはPTSDを抱えていた」という解釈があり、このドラマもその説をとっているようです。

余談ですが、「実際ブルドッグを飼っていて短気」というガイ・リッチー版の非常にさっぱりした解釈も個人的に大好きです

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

今さらですが、、、 - ぐうたらぅ - 2012年09月23日 04:27:47

皆様から出遅れてピンク色の研究の記事を拝見しています(汗)。
スタンフォードの丸顔が印象に残っています。原作で静かな環境を望むワトソンは戦争でちょっとPTSD気味なのかなと私も感じていたので、殺人事件捜査に付き合わされて気の毒に思っていましたが、現代版マイクロフトのように原作のホームズも見抜いていたんでしょうね。
ワトソンは、変人ホームズと同居しているから(?)我慢強いイメージですよね。と思いつつ、拙ブログではまたワトソニアンさん達が怒りそうなこと書いてしまいました…。

Re: 今さらですが、、、 - ナツミ - 2012年09月24日 07:04:54

ぐうたらぅ様

読んでいただけて嬉しいです!

>原作で静かな環境を望むワトソンは戦争でちょっとPTSD気味なのかなと私も感じていたので、殺人事件捜査に付き合わされて気の毒に思っていましたが、現代版マイクロフトのように原作のホームズも見抜いていたんでしょうね。

ぐうたらぅさんはPTSDを察して気の毒に思われていたんですね!私は、読んだ時そこまでは思い到りませんでした。確かに、原作では捜査の途中で反動がきてぐったりしたりしてますよね(それも妙にリアル……)。
でも新しい冒険のおかげで本来の自分を取り戻したことも確かで、「緋色の研究」はワトソン再生の物語でもあるんですね。そこを分かりやすくすくい上げた現代版は巧いな~と思います。
ホームズの2面性(人心の機微に通じているところと、それを封じちゃうところ)を兄弟それぞれに少しずつ振り分けたのも、面白い!

> ワトソンは、変人ホームズと同居しているから(?)我慢強いイメージですよね。と思いつつ、拙ブログではまたワトソニアンさん達が怒りそうなこと書いてしまいました…。

「ホームズのワトスンコントロール」もそうなんですが、ぐうたらぅさんのブログは「ワトスンのファッションチェック」(←これ、やってるやってる!笑)など名言満載で、自称ワトソニアンの私も楽しませていただいてます~!

スタンフォード君といえば、私はネクタイもかなり印象に残っています。
あれ、派手じゃないですか…?都会では普通なんでしょうか。

退役? 現役? - 神崎真 - 2013年11月10日 10:09:11

古い記事にコメントを失礼します。
最近、古い訳で「緋色の研究」を読み返していて気になったので……
緋色~でのこの再会シーンでワトソンさんについて、「九個月間の休暇が出たので、保養かたがた倫敦に流れ込んだ」とあったのです。
さらに原作英文を確認してみると、「but with permission from a paternal government to spend the next nine months in attempting to improve it.」とあるので、やはりあくまで九ヶ月間のお休みということなのかと(すみません、英語よく判ってません/汗)
さらにシーズン2のバスカヴィルで、ジョンは軍事施設に何やら身分証のようなものを見せて入ったり、ベルグレービアで「I am a soldier!」って叫んでるシーンがありましたよね?
つまりドラマSHERLOCKや、原作の少なくとも初期では、ジョンは「退役軍医」ではなく休暇中、あるいは予備役か何かと言うことなのでしょうか。

ネットで調べてみたのですが、あいにく該当するような記事を見付けられず、ディスカッションできるような知人もいないので、失礼してこちらに書き込ませていただきました。

はたしてジョン・ワトソンは、現役軍人なのか否か?
……ファンとして今さらな疑問だったらすみません(^ー^;;)ゞ

結局わからなかったのですが… - ナツミ - 2013年11月12日 00:13:26

神崎真様

> 古い記事にコメントを失礼します。

古い記事へのコメント、大歓迎です!まだまだ解決していないこともたくさんありますし、こちらからお願いしたいくらいです。

現役か、退役か。
原作では、軍に戻ったという描写はないですし、医院の開業もしているので、結果的には「退役」となったのでしょうが、では「緋色の研究」でのホームズの出会いの時点ではどうだったか、ということですね。

> 緋色~でのこの再会シーンでワトソンさんについて、「九個月間の休暇が出たので、保養かたがた倫敦に流れ込んだ」とあったのです。
> さらに原作英文を確認してみると、「but with permission from a paternal government to spend the next nine months in attempting to improve it.」とあるので、やはりあくまで九ヶ月間のお休みということなのかと(すみません、英語よく判ってません/汗)

延原謙訳でも、「静養のためにはむこう九ヵ月の休暇を、祖国政府から与えられていた」とあります。
手元にあるジューン・トムスンの研究書「ホームズとワトスン」(押田由起訳)では「傷病兵として陸軍を免役」となったとあり、例の「十一シリング六ペンス」は「恩給」と表現されています。原文を読んだわけではないのではっきりしたことはいえないのですが、「恩給」という言葉からは退職金のような印象を受けますね。
そして「ショスコム荘」では「戦傷者年金」を受け取っていることも明らかになっています。
でも、あくまで原作の文章だけから読み取るなら、「緋色の研究」の時点で「完全な退役」を断定できる根拠はないように思います。
(ちなみに、先述のトムスンの本では、第一次大戦時ワトスンは軍隊に戻った、ということがわりと断定的に書かれています。その根拠は私には読み取れなかったのですが…もしそうだとしたら、ずっと籍があったのかもしれないし、退役した後で復帰、という例もあったのかもしれません。当時の英国軍のシステムを勉強しないと、なんともいえないですね)

> さらにシーズン2のバスカヴィルで、ジョンは軍事施設に何やら身分証のようなものを見せて入ったり、ベルグレービアで「I am a soldier!」って叫んでるシーンがありましたよね?

これは、シャーロックに負けないくらいの「はったり」かと思ってました。身分証(らしきもの)は一瞬しか見せてませんでしたし、軍の銃を持っているくらいだから、身分証を持っていても(不法所持していても)おかしくはないかなあ、と…でも、まだ現役(病休中?)だとしたら、普通に身分証を使ったということになりますね。(あとで面倒なことになりそうですけど…)
soldierという言葉に関しては、過去形で言っていなかったかしら?"I was a soldier, I killed people."と言っていたように思います。

> はたしてジョン・ワトソンは、現役軍人なのか否か?

結局結論はでなくて、すみません…
私も、今後原作を読むとき、軍に関する言及に気をつけてみたいと思います。
現代版ジョンに関しては、現代の英国軍の法規に詳しい方のお話も聞いてみたいですね。

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

ご閲覧やRSS登録ありがとうございます!まだ廃墟じゃありませんよ~!亀の歩みですが、過去の振り返りも含めてのんびり元ネタ探し続けていきたいと思います。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。