最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

引き立て役の真実

れすとら様とコメント欄でお話させていただいて、ひさしぶりに「競技場バザー」を読み返しました。(その時ご紹介した、望 岳人様のブログ「日々雑録 または 魔法の竪琴」へのリンクも再び貼らせていただきます。「競技場バザー」の原文と全訳を載せてくださっています→こちら)、
"The Sign of Three"にここからの引用と思われる場面がありましたので、忘れないうちに記録しておこうと思います。「消えた臨急」といい、第3シリーズは「外典」からの引用が続きますね。「シャーロックのスピーチ」という記事に追記しようと思ったのですが、スピーチ前半への言及があまりなかったので、新たに記事を立てることにしました。見落としがあれば、また付け足していきたいと思います。

"If I burden myself with a little helpmate during my adventures ,this is not out of sentiment or caprice, it is that he has many fine qualities of his own that he has overlooked in his obsession with me. Indeed, any reputation I have for mental acuity and sharpness comes, in truth, from the extraordinary contrast John so selflessly provides. "
「僕の冒険にちょっとした助手を頼むのは、感傷や気まぐれからではありません。僕のことを過大評価するあまり 彼自身見落としているものの、ジョンにはジョンの美点がたくさんある。
実のところ、僕に鋭敏、有能と言われるなら、それはジョンが引き立て役を買ってでてくれるおかげだ(拙訳)」


この辺は「白面の兵士」からだと思います。

Speaking of my old friend and biographer, I would take this opportunity to remark that if I burden myself with a companion in my various little inquiries it is not done out of sentiment or caprice, but it is that Watson has some remarkable characteristics of his own to which in his modesty he has given small attention amid his exaggerated estimates of my own performances.
ワトスンの話が出たから、この機会に述べておくが、私が今日まで多くのつまらない事件にこの古い友人であり伝記作者でもある男と行動をともにしてきたのは、感傷や気まぐれからではない。ワトスンにはワトスンなりに著しい美点があるからであって、彼は謙譲な性格から、私の実績を誇張して評価するのあまり、自分のことにはあまり思い至らないのである。(延原謙訳)



続いて、「競技場バザー」が混ざってきますね。

"It is a fact, I believe, that brides tend to favour exceptionally plain bridesmaids for their big day. There is a certain analogy there, I feel. And contrast is, after all, God's own plan to enhance the beauty of his creation."
「自説ではありますが、結婚式で花嫁は、ことのほか地味なブライズメイドを選びたがる。
それと同じだと思います。つまるところ対比とは、創造物の美を引き立てるための、神の摂理なんです(拙訳)」



"You will not, I am sure, be offended if I say that any reputation for sharpness which I may possess has been entirely gained by the admirable foil which you have made for me. Have I not heard of debutantes who have insisted upon plainness in their chaperones? There is a certain analogy."
「こう言っても君は気を悪くはしないと思うんだが、僕が鋭敏だと言われているとすれば、それは君が素晴らしい引き立て役を演じてくれるおかげだね。社交界にデビューする淑女が介添えの女性に望むのは、目立たなさだと言うじゃないか?それと同じだよ。(拙訳)」



「白面の兵士」のほうは引き立て役がどうこう、という話にはならず、ワトスンが先のこと全然見えてないからやりやす~い(大意)みたいな続きがあります。どっちにしても失礼ですが、ひょっとしたら皮肉ではなく、純粋にワトスンがもたらす利益に感謝し、文字通り褒めてたのかもしれない、と、シャーロックを見てると思えてきます。
以下は「シャーロックのスピーチ」に書いたことと重なってしまいますが……

この後、シャーロックのスピーチは感動的な「どんでん返し」を見せます。イヤ、たぶんシャーロック自身は一貫して事実を言ってるだけで盛り上げてる意図ははないんでしょうけど、聞いてるほうは泣きそうです。シャーロックがどんなにジョンを大事に思っているか、「第三者にわかりやすく」伝わってくるんですね。

原作のホームズも、ワトスンにずけずけものを言います(ホームズ自身が書いた『白面の兵士』を読むと、作中に描写がないだけでワトスンも負けてはいなかったんだろうなあ、と察することはできますが)。
まあいいんですよ、当人同士がよければ。それこそがホームズの個性だ、とワトスンが一番よくわかっていたろうし、友情のあり方に他人が口出しするのは野暮かもしれません。でもやはり読者には、もやっとくるものがあったんじゃないでしょうか。
二人が考えていてもお互いに言葉にしなかったこと、あるいはわざわざ他人に見せなかったこと。このスピーチには、そんな「語られなかった友情」に対する読者の想像が、詰め込まれています。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

母校への寄付 - れすとら - 2015年07月17日 01:54:52

ご紹介頂いてかなり時間が経ってしまいましたが、
「競技場バザー」を読ませていただきました。

北原尚彦氏『ジョン、全裸連盟へ行く』を読み返した後だったので、
なんかデジャヴュでした。
ジョンがシャーロックに母校に寄付するお金を借りようとするところの
元ネタだったのですね!

ジョンと北原先生 - ナツミ - 2015年07月19日 16:42:30

れすとら様

> 北原尚彦氏『ジョン、全裸連盟へ行く』を読み返した後だったので、
> なんかデジャヴュでした。
> ジョンがシャーロックに母校に寄付するお金を借りようとするところの
> 元ネタだったのですね!

そうだと思います!そこから「ワトスンの推理法修行」に移行していく、外典二連発コンボでしたよね。北原先生の作品だけあって、原作へのオマージュがぎっしり満載ですね。

ぜんぜん関係ないんですけど、私、この本の「ジョン、○○する」「ジョンと○○」っていう章タイトルが可愛いくて大好きです。世の中の大抵の事象は、この二つのどちらかに変換すれば萌え対象になる気がします。

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

『高名の依頼人』のこと書きましたが、6月24日までグラナダ版がGYAOで無料で観られるそうです。
こちら

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura