最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

両極端は惹かれあう?

レストレードとシャーロックが現場検証をしている間に、サリーに絡まれるジョン。

サリー「まだ彼とつきあってるのね」
ジョン「ええ、まあ…」
サリー「正反対のものは惹かれ合うのかしら」
ジョン「僕らはそういうんじゃ…」
サリー「あなた、何か趣味を持つべきよ。切手集めとか、電車の模型作りとか。その方が安全だわ」(拙訳)


勘違いはあるにせよ、サリーがやけにジョンとシャーロックを「別れさせよう」とするのはなぜなんだろう。
純粋にジョンへの親切心なのか、シャーロックになにか特別な思いがあるのか(シャーロックに「古い友人」として紹介されていたし)。忘れてなければ解消して欲しい伏線です。

勘ぐりはこの辺にして、元ネタ検索。

「神聖なものと畜類と、 野人と天使という具合に、両極端は求めあうものなんだねえ。」(高名の依頼人・延原謙訳)

悪い男に騙されそうになっている令嬢を説得しようとしたものの、恋は盲目ってやつであっさり追い返されたホームズの感想。

…たまたま見かけると「元ネタか!?」と飛びつく癖がついてしまってますが、ただの一般論という気もします。

いずれにしろ、当人達にとっては大きなお世話以外の何ものでもないんですね。
ホームズは襲われて寝込んでもワトスンを送り込みますし、サリーも別れ際まで「釣りよ、釣りにしなさいっ」って食い下がりますけど。





関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

私も思いました〜 - 凛 - 2011年06月02日 12:59:24

サリーがジョンに絡む件。私も何故あんなにむきになるの?と思っていて、
今そのネタで一本書いています。女性から客観的にシャーロックを見るとどうよ?と
考えると楽しいです。中々進まず、どんどん長くなってしまっていますが、私なりの答えを
ジョンに語らせています。出来た送りますね。

Re: 女性とシャーロック - ナツミ - 2011年06月18日 03:25:15

女性から客観的にみたシャーロック、面白そう!
凛さんの作品、楽しみにお待ちしております。

ハドスン夫人、モリー、サリーだけでも反応は三者三様ですが、一般的には女性にとってのシャーロックってどうなんでしょうね。ルックスがいいのでモテるのか、それを隠してあまりある変人オーラで女性がひいてしまうのか。

逆に、シャーロックから見た女性というのもどうなんでしょう。とても個人的な意見なのですが、シャーロックってとてもアンバランスな人で、こと対人関係に関しては、同性同年輩の友達と行動を共にすることで自分を客観視し、他者への共感ができ始める段階に(ジョンとの出会いがきっかけで)入ったくらいなのかな~って思うんです。
・・・つまりは小学校中学年の男の子くらいの感覚なのかな~と(ごめんなさいっ)
もしそうなら、まだまだお友達や興味のあることが一番で、女嫌いというより純粋に異性に興味がないかもしれないなぁ。

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

ご閲覧やRSS登録ありがとうございます!まだ廃墟じゃありませんよ~!亀の歩みですが、過去の振り返りも含めてのんびり元ネタ探し続けていきたいと思います。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。