最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レストレードの推理

なぜか毎年、年末になると「書き忘れていたこと」に気づきます。
(『なぜか』と書きましたが、シャーロックに推理してもらわなくても原因はわかってます、年賀状制作からの逃避です……)

レストレードが、シャーロックも解けなかったベインブリッジ殺害未遂事件への推理を披露するさせられる場面。

"If the blade was propelled through the, erm......grating in the air vent, maybe a ballistaor a catapult, um...Somebody tiny could crawl in there. So, yeah, we're looking for a dwarf."
「もし凶器にプロペラがついていたら……え~、換気扇から入れるかな、投石器、かカタパルトかも……
小人なら這って入れるはずだ。だから、そう…ドワーフをあたればいい」(拙訳)



言ってるそばから「違う」と思ってそうな口調に、涙が出そうです。シャーロック、無茶振りはやめてあげて!

一見トンデモ説のようではありますが、カタパルト説はちょっと「ソア橋」のトリックを思わせるような……違うような……(←お前もか)。
ドワーフ説は「四つの署名」のトンガからですよね。(トンガのキャラクターは、『毒の巨人』という事件で現代版にも採用されているので、レストレードの推理もあながち突飛とは言えないかも)
"A Study in Pink"のRACHEのくだりなんかもそうですが、"SHERLOCK"は原作で麗々しく登場したものごとをしれっとひっくり返してみせるのが面白いです。

ホームズには、

"Once you've ruled out the impossible, whatever remains, however improbable, must be true."
「不可能なことを取り除いたら、どんなにありえなそうでも残ったものが真実だ」

という名言がありますし、実際、作中で起こる事件は、常識人として描かれるレストレードには思いもよらないような奇想天外なものばかり。現代版レストレードがとっさにひねり出した迷推理には、もちろん刑事としての経験も生かされているでしょうが、「ホームズ」が書かれてから21世紀の現代までに書かれた、幾多のミステリー小説や映画が影響しているような気がします。一世紀以上経過するうちに、「犯罪捜査にありがちな発想」がひっくり返っちゃった、という感じでしょうか。

現代版レストレードは、推理力よりも人柄の良さ、懐の深さが強調されています。捜査能力に関しては、登場時点ですでにシャーロックに兜を脱いでいました。
一方、原作のホームズとレストレードは、仕事で切磋琢磨する間柄(少なくとも、レストレード側はそのつもり)。ホームズがレストレードに負けそうになって弱音を吐いたことだってあるんですよ。

ホームズの帰りはだいぶおそかった。憔悴し、いらいらした顔をひと目みて、あれほど張りきって出かけた目的が、満たされなかったなと知った。帰ってくるなり物もいわずに、ヴァイオリンをとって一時間ばかり、いらだつ心を鎮めるらしかったが、やがてそれを投げだすと、とつぜん、きょうの失敗の説明をはじめた。
「駄目だ。なにもかも駄目だ。僕はきょうレストレードの前で、大きな見えをきったが、今度というこんどはあの男のほうが正しくて、僕の見こみが誤っているのかもしれないよ。僕の本能の指示するところ、ことごとに事実とくいちがっている。この国の陪審員たちは、僕の理論を、レストレードの事実の羅列以上に買うだけの叡智の高峰にはまだ達していないからね」(『ノーウッドの建築士』)



レストレードに負けることを本気で怖れているというよりは、捜査が思うように進まない苛立ちが大きいのでしょうが、この短編では「ホームズ対レストレード」の意見の対立を主軸に捜査展開が描かれており、少なくとも途中まではレストレードが優勢です。物証と経験を総合して、考え得る仮説を立ててからそれを立証しようとするホームズと、「事実」を探し出して、そこからわかることのみを淡々と積み重ねていくレストレード。二人のスタイルの違いが、よく表れています。
そもそも、レストレードはけして無能な刑事ではありません。観察力・推理力ではホームズにかなわないし、想像を働かせて捜査するのは苦手ですが、事実を冷静に分析する力はありますし、何より、捜査官としてとても大事な特性を備えています。

「あの男も推理のほうはからっきしだめだけど、逮捕するだけなら信頼してまかせておける。やるべきことさえのみこんだら、まるでブルドッグのように粘りづよいからね(『緋色の研究』)」


"The Sign of Three"冒頭のウォーターズ事件では、原作のレストレードのように「粘り強さ」で逮捕にこぎつけたのだろう、と思わせる描写がありますよね。
レストレードの性格については、過去にもまとめたことがあるのでご参照ください。

過去記事:「レストレードについて

「ノーウッドの建築士」では、捜査方針でホームズと対立するレストレード、自分が正しいという確信を得てホームズを挑発するレストレード、負けを認めてホームズを称賛するレストレードなど、彼のさまざまな表情が見られます。
現代版レストレードが活躍するお話も、見てみたいです。シャーロックとの出会いや、彼の探偵としての力を認めるまでのなりゆきも知りたいですよね。

(原作からの引用はすべて延原謙訳)
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

シャーロックとレストレード - 篠田真由美 - 2014年12月31日 08:17:02

「シャーロック・クロニクル」の翻訳が出まして、こんなに早く出るなら英語版を買うのではなかったよ、と泣き言をいっておりますが、この本の呼び物はシナリオの削除シーンの採録で、わりと説明的なシーンが削られている印象。その分隙間の補完として読めます。S1E1もスコットランド・ヤードの屋上でレストレードのところにシャーロックが現れるシーンが載っていて、話の流れから見て記者会見の後、バーツのモルグの前らしく読めます。購入予定がおありでないなら、コピーでもお送りいたしますが、如何?

こちらのブログに来られて、いろいろ情報をいただけたこと、いろんな方の意見が読めたこと、今年あった「いいこと」の大きなひとつです。また来年もよろしくお願いします。ナツミさん、そして他の皆様も、風邪に気をつけてどうぞ良いお年を!

あのシーンが! - ナツミ - 2014年12月31日 09:40:20

篠田真由美様

わわわ!ありがとうございます!
オリジナル版は買ったのですが、「……重いな(物理的に)」ということを確認した段階で、私事がパニック気味に忙しくなってしまい、絶賛積ん読中でございます!
日本語版も、出版してくださった方々に最敬礼しながら購入する予定です!実は、昨日も地元の書店に行ったのですが売り切れていて。今夜もアマゾン祭りです!

以前このブログのコメント欄でも話題になった、シャーロックとレストレードのシーンがあるのですね!
正月休み中に読んでみて、必要があれば記事にも補足を入れたいと思います。
「レストレードの抱擁」http://sherlock221b.blog.fc2.com/blog-entry-312.html
「レストレードは知っている?(S3編)」http://sherlock221b.blog.fc2.com/blog-entry-332.html

> こちらのブログに来られて、いろいろ情報をいただけたこと、いろんな方の意見が読めたこと、今年あった「いいこと」の大きなひとつです。また来年もよろしくお願いします。ナツミさん、そして他の皆様も、風邪に気をつけてどうぞ良いお年を!

ありがとうございます!
来年はロンドンに行かれるのですよね。道中のご無事と、取材の実り多きことをお祈りしております。(気が早いでしょうか……)そのためにも、どうぞご自愛ください。よいお年を!

ドワーフ違い - 神崎真 - 2014年12月31日 11:12:08

> そう…ドワーフをあたればいい
なるほど、トーリンとかバーリンにね、とか思った私は、先日ようやく「竜に奪われた王国」を見ることができました。
スマウグの動きに違和感がなさすぎるよ、ベネさん(笑)

レストレードについては、ぜひスピンオフが見てみたいですよね!
特にシャーロックとの出会いなんて、必見です。
例えばクリスマスパーティー中、221Bの暖炉の前で向かい合って座ったジョンに、「どうしてアイツを事件に関わらせるようになったんです?」とか聞かれ、シャンパンからウイスキーに移行して程よく酔ったレストレードが、「ああ、あれは俺の人生、最大の判断ミスだったよ。それというのもな……」とか話しだして回想シーンに転換、なぁんて思い浮かべてしまいます。
誰かそんな二次創作、書いてくれませんかねえ……

ともあれ。
今年はこちらでいろいろ話させていただけて、本当に楽しかったです。お世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
良いお年をお過ごしくださいませ。

私も捜査に加わりたい…(ホビット役でイケると思う) - ナツミ - 2014年12月31日 11:37:57

神崎真様

グレッグ、トーリンやバーリンに聞きに行くの?スマウグとビルボを連れて……?
えらいカオスですが、なんて豪華なメンバー!
LEGO SHERLOCK実現の暁には、おうちでそんな遊び方もできてしまいますね。

、とか思った私は、先日ようやく「竜に奪われた王国」を見ることができました。
> スマウグの動きに違和感がなさすぎるよ、ベネさん(笑)

動きと言い、話が長いところといい、違和感がなさ過ぎますよね!
動きといえば、Stephen Colbertのスマウグ様インタビューがあって(あくまでベネディクトじゃなくてスマウグ)、スマウグ様の語る撮影裏話が観られますね!ちょこっと3作目のネタバレもありましたが、2作目を観られたならぜひどうぞ!(公式があるのかわからなかったので直リンクは控えますが、YOUTUBEに動画がいっぱいあります)

> 例えばクリスマスパーティー中、221Bの暖炉の前で向かい合って座ったジョンに、「どうしてアイツを事件に関わらせるようになったんです?」とか聞かれ、シャンパンからウイスキーに移行して程よく酔ったレストレードが、「ああ、あれは俺の人生、最大の判断ミスだったよ。それというのもな……」とか話しだして回想シーンに転換、なぁんて思い浮かべてしまいます。
> 誰かそんな二次創作、書いてくれませんかねえ……

な、何そのイントロダクション、反則です!そんなの観たいに決まってるじゃないですか……!
責任とって神崎さんが書いてくださるよう、強く要求致します!

こちらこそ、大変お世話になりました。
今年は、神崎様のサイトでチャットさせていただいたのも楽しい思い出です!(私のとろさによるタイムラグは凄まじかったですが……その節はすみませんでした!)
来年の今頃はSHERLOCKの新作でご一緒に盛り上がっていられたらいいなあ、と楽しい想像に胸を躍らせてます。
まずは元気で新年を迎えたいですね。よいお年を!

今年もポカで締めることになろうとは…… - ナツミ - 2014年12月31日 12:51:55

篠田真由美様

す、すみません!先のコメントの訂正です。
S1E1をS3E1と読み違えておりました。シャーロックの本当に初めの「登場シーン」のお話ですね!

GGFふたたび? - れすとら - 2014年12月31日 15:16:17

ナツミ様
みなさま

すっかりご無沙汰しています。
大掃除をさぼってブログを見ていますが、やっとここに来られました。
この場でのナツミ様はじめみなさまとは今年最大の出会いでした。
レストレードの思い出話、見てみたいです、いや、読むのでもいいな。
冬休みはシャーロックとドワーフ祭りですね。
来年もみなさまの名推理を楽しみにしております。
みなさま、良いお年を。

GGF! GGF! - ナツミ - 2014年12月31日 17:41:45

れすとら様

こちらこそ、今年はたくさんの名推理をありがとうございました。
れすとらさんのブログは人形劇の謎解きで盛り上がっていますね!
(こちらに書くのも何なのですが、薬のやりとりは馬車の中でショルトーがワトスンに健康相談をしたところから、じゃないかしら。正体はタイガーバーム、というのは面白いですね!ワトスンが撃った虎の子の話からかな?両方、心ここにあらずのワトスンの鉄板エピソードですよね。)
人形劇、まだしっかり観られていないのですけれど、また遊びにいかせてくださいね!
(二重書き込み失礼しました……気を付けます!)

> レストレードの思い出話、見てみたいです、いや、読むのでもいいな。

ええ、読むのでもいいですよね……(神崎さんをちらちら見ながら)

> 冬休みはシャーロックとドワーフ祭りですね。

まさに、今「ロード・オブ・ザ・リング」一挙放映中です!
これで明日からはSHERLOCKってどういうこと……贅沢過ぎる!もう大好き!NHKはわたしの宝物!ラ~ブラ~ブNHK!♪♪
れすとらさんも、どうぞよいお年を。お忙しそうですが、少しでもゆっくりなさって、来年もまた素敵な記事をお願いします!

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

ご閲覧やRSS登録ありがとうございます!まだ廃墟じゃありませんよ~!亀の歩みですが、過去の振り返りも含めてのんびり元ネタ探し続けていきたいと思います。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。