最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

幸せ太りの内訳

"Time you got out of the house, John. You've put on 7lbs since you married and the cycling isn't doing it."
"It's actually 4lbs. "
"Mary and I think seven. "
「そろそろ家から出る頃合いだ、ジョン。結婚してから7ポンドも太ったぞ。自転車は効果ないようだな」
「4ポンドだよ」
「メアリーと僕は7ポンドだと思ってる」(拙訳)



もとは、「ボヘミアの醜聞」で、ワトスンの結婚以来顔を合わせていなかったホームズの台詞。

「君には結婚が合っているんだ、と見える。このまえから見ると、七ポンド半は肥ったぜ」
「七ポンドさ」
「フーン、もうすこしよく考えてからいうのだった。もうちっとだけね。」(延原謙訳)



シャーロック、第一シリーズでは同じ台詞をモリーにも言ってました。(関連記事:『太った?』)

" And domestic bliss must suit you, Molly. You’ve put on three pounds since I last saw you."
"Two and a half."
" Nuh, three."
「そして恋愛は君に合ってるようだね、モリー。前に会った時から3ポンドは太ったようだ」
「2.5よ」
「いや、3だ」(拙訳)



domestic blissは家庭のもたらすよろこび、というような意味。つまりは、幸せ太りってことですよね。
しかし私もここで指摘したい。空気読まずに指摘したい。
そう言うシャーロックも、ジョンと暮らしていた頃はちょっと太ってた と!(具体的には第二シーズンのあたり)

結婚したり恋が実った人が太ると、「幸せ太り」などと皆が冷やかしますが、その理由をホームズ流に散文的な事実のみを用いて推理するなら(『中の人の事情』はこの際おいといて)、

一人暮らし→自分が食べたい時、食べたい物のみ食べる
同居人がいる→同居人が食べるタイミングで食べることもある。食べる物の種類も増える


という感じで、食べる機会や量が増える、ということなんでしょうね。
もちろん、パートナーの愛情こもった料理という要因もあるでしょうけれど、シャーロックとジョンの場合は、ハドスンさんがあれこれおいしいものを出してくれていたんでしょう。

とはいえ、「幸せ太り」という現象を否定したいわけではありません。
恋愛ではないにせよ、シャーロックにも(原作のホームズにも)、ご飯を作ってくれる人がいて、一緒に食べてくれる人がいるという状況があったわけで、それもひとつのdomestic blissと呼んでいいのかもしれません。
ジョン(ワトスン)の結婚によってその疑似家庭は失われ、新たな家庭が生まれた。
「太った?」とストレートに聞くシャーロックは、ダイエッターの私としては小憎らしいですが(そういえばマイクロフトにも言ってたな)、今までそばにいてくれたジョンやモリーに「置き去りにされた(『白面の兵士』)」状況で出てきた言葉だと思うと、なんだか胸を突かれます。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

結婚後して痩せたら - billylab - 2014年12月04日 14:46:09

‘幸せ太り’、あるある〜、と、大きく 頷いてしまいました。

(中の人の出演作はおいておいて) ジョンも シャーロックも
S3では 激痩せしていましたから、この二人(と、ハドソンさん)の
家族のような結束 固し! と、強く感じます。
とくに S2/E1『ベルグレーヴィアの醜聞』で ハドソンさんが
襲われた後、1階(?)の キッチンで3人で会話するところ。
(ハドソンさん、意外にやるじゃーん のところ…これは
 元ネタ『空き家』での 彼女の 計画への加担から きている
 のかな)
なんか 小さなテーブル囲んでたり、シャーロックは冷蔵庫を漁るし、
…で、とても 家族っぽかったですね〜。
ハドソンさんの元々の知り合いであるシャーロックは 元より、
あそこで 種明かしを聞いたジョンが 少しずつ笑うところ、
彼にとっても、221Bが仮想家族になった瞬間のような
感じがします。
(今は、仲の悪い姉しか 身寄りがないのですよね)

しかし、シャーロックは、第一シリーズで 既に モリーに 太った?と
聞くとは…。
ナツミさんの 説明を読んでいるうちに、モリーに好かれるの、
まんざらでも なかったんだな〜 と、思ってしまいます。(^m^)
自分に向いていた好意は固い、と、思って いたのに、いざ、
離れられると 負け惜しみを言うとは。
S1の頃は モリーなんて歯牙にも掛けない という感じでしたのにね。
振り返ってみると、見方も変わってくるものです〜。

しかし まぁ、大抵、結婚したら みんな 太りますよね… (^^;)
あれは、安心するんでしょうねー。いろんな 意味で。

結婚と安心 - ナツミ - 2014年12月06日 16:58:26

Billylab様

> とくに S2/E1『ベルグレーヴィアの醜聞』で ハドソンさんが
> 襲われた後、1階(?)の キッチンで3人で会話するところ。
> (ハドソンさん、意外にやるじゃーん のところ…これは
>  元ネタ『空き家』での 彼女の 計画への加担から きている
>  のかな)

確かに!『空き家』は、原作を読んだ読者が「ハドソンさん、やるじゃーん!」と思うポイントですよね。
もうひとつハドソンさんが活躍する(?)というかたくさん出演してくれる、『瀕死の探偵』も現代版で観たいなあ。

> なんか 小さなテーブル囲んでたり、シャーロックは冷蔵庫を漁るし、
> …で、とても 家族っぽかったですね〜。
> ハドソンさんの元々の知り合いであるシャーロックは 元より、
> あそこで 種明かしを聞いたジョンが 少しずつ笑うところ、
> 彼にとっても、221Bが仮想家族になった瞬間のような
> 感じがします。
> (今は、仲の悪い姉しか 身寄りがないのですよね)

なるほど、あそこから、スリルジャンキー的な意味でも家族に…(←マフィアのファミリーか)
冗談はおいといて、シャーロックの世界においては「共犯者になる」というのが最大の絆みたいなとこがありますよね。

> 自分に向いていた好意は固い、と、思って いたのに、いざ、
> 離れられると 負け惜しみを言うとは。
> S1の頃は モリーなんて歯牙にも掛けない という感じでしたのにね。
> 振り返ってみると、見方も変わってくるものです〜。

視聴者もそうですが(いや、敏感に感じ取っていた人もいたのかな)、時間が経ってみて初めて、「あ、あの時の台詞は、気にかけていたということだったのかな」なんて気づいたりしますよね。
新しい展開を知ることだけでなく、過去回への解釈が変わることも、同じドラマを観続ける楽しみなのですね。

> しかし まぁ、大抵、結婚したら みんな 太りますよね… (^^;)
> あれは、安心するんでしょうねー。いろんな 意味で。

なるほど~、「安心」か!
独り身の私はまだすべての意味において実感を持てませんが、いくつかは想像できる気がします。
少なくとも、ひとつ宿題を終えたような清々しさはあるだろうなあ。未婚でいると、良くも悪くも、まだ宿題を終えていない子どものように扱われることが多い気がするので……
ほかにも、実際結婚してみないとわからない、深い安心感があるのでしょうね。
夫を絶えずトラブルに巻き込むことで幸福な家庭を築こうとしてる、ワトスンさんちの安心基準はよくわからないですが……

うちもしばらく森のクマさんでした - billylab - 2014年12月11日 19:03:32

帰る場所がある というのは、やはり大きな安心材料なんでしょうネ。
夫婦でなくても。
(たとえば、シャーロックとジョンにしてみれば)

> スリルジャンキー的な意味でも家族に…(←マフィアのファミリーか)
マフィア!
ジョンのスリル・ジャンキー設定、これが 現代版のカラーを決定してしまい
ましたね。(笑)
『瀕死の探偵』、シャーロックが 常にジョンをはめようと…、もとい、偽装
しようとする癖、というのは このエピソードが根幹にあるのかも、ですね〜。
自分が知っているのはグラナダ版をですが、この時のハドソンさんも かなりの
キー・パーソンでした〜。
しかも 自分にワトスン先生を近づかせない理由というのが、これまた良くて、
ワトスン先生ファンには、ぐっとくる種明かしでした。(^^)
しかし…、現代版のハドソンさんは 素性まで マフィアもどきというか、なんと
いうか…。あのドラマの主要人物には まともな人間はおらんのか? と、疑いたく
なります〜。(^^;)

> まだ宿題を終えていない子どものように扱われる
なるほど…、周りの人にいろいろ言われると、当事者は そんな風に感じるもの
なんですね〜。(゚-゚*)
今の時代、(自分の周りも含めて)シングルを謳歌している人が多いので、
昔とは違うんだろうな、とは、思いますが。

> 夫を絶えずトラブルに巻き込むことで幸福な家庭を築こうとしてる、
> ワトスンさんちの安心基準はよくわからないですが……
(* ̄m ̄)ノ彡_☆

もう そろそろおひらきに…と、思うのですが、いつも オチに引っ張られて
ついつい 続けてしまいました。
現代版のメアリは、割れ鍋にとじ蓋っすね…。( ̄。 ̄;)

くまさんに出会えるか? - ナツミ - 2014年12月11日 23:02:00

Billylab様

> 帰る場所がある というのは、やはり大きな安心材料なんでしょうネ。
> 夫婦でなくても。
> (たとえば、シャーロックとジョンにしてみれば)

本当ですね。シャーロックなんていかにも一人が向いてそうにみえますけど、帰ってきて再びジョンと暮らすことを信じて疑っていなかったし……
原作冒頭の、ワトスンが221Bに「帰る場所」を得る前と得た後を見比べても、別人のように思えます。居場所と役割を得て、明らかに気持ちが前向きになってますよね。

> ジョンのスリル・ジャンキー設定、これが 現代版のカラーを決定してしまい
> ましたね。(笑)

ほんとに!ここが原作との分かれ目だったのかも。
結婚に求めるものがまったく逆になってきますからねえ……
「スリルジャンキー」は、原作のワトスンが、自分の仕事と家庭を持ちながらもホームズとの冒険に出かけることへの説明にはなっているのですが、現代版は奥さんまで「こっち側の人」なので、もうホントにおっしゃる通り、イケイケな人たちの群像劇ですよね。
変人の中に素朴で常識的な人が紛れ込んでその良さを発揮する、という構図が好きなので、できればジョンには眉間の皺を保ち続けて欲しいです。

> 『瀕死の探偵』、シャーロックが 常にジョンをはめようと…、もとい、偽装
> しようとする癖、というのは このエピソードが根幹にあるのかも、ですね〜。

『瀕死の探偵』、原作では(時系列的に)『最後の事件』より前なんですよね。
ホームズは、自分が死にかけたらワトスンやハドスンさんがどんな状態になるかをここで把握してたんだな~、と思うと、『空家の冒険』がファンの要望に応えてしぶしぶ書かれた話だと思えなくなってきます。
それにしても、ホームズもシャーロックも、ホントに病気で死にかけた時に信じてもらえないんじゃ……


> なるほど…、周りの人にいろいろ言われると、当事者は そんな風に感じるもの
> なんですね〜。(゚-゚*)
> 今の時代、(自分の周りも含めて)シングルを謳歌している人が多いので、
> 昔とは違うんだろうな、とは、思いますが。

もちろん、シングルでもしっかりなさっている方はそんなに言われないと思うのですが、私としては、「結婚して初めて一人前」みたいな言い方をされることが多いです。確かに、結婚に限らず何かを「経験してない」からには「経験した」方よりもその点に関しては未熟なわけで、謹んでご意見賜っていますが……「二人」でしかわからない幸せがあるように、「一人」ならではの楽しさも、あるのかもしれませんね。どちらの立場にたっても、ちゃんと幸せを感じられるアンテナを持っていたいものです。


> 現代版のメアリは、割れ鍋にとじ蓋っすね…。( ̄。 ̄;)

お似合いですよね……二人がどうやって恋に落ちたのか、観られる日は来るのかな?

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

『高名の依頼人』のこと書きましたが、6月24日までグラナダ版がGYAOで無料で観られるそうです。
こちら

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura