最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

モリーの思い

友人と互いの仕事の愚痴をこぼし合っていて、「過剰に腰が低い人」の話になりました。

―とにかく、ちょっとしたことで大げさに恐縮されてしまう。あまりにも激しく反応されるとこちらも居たたまれなくなって、「こうしてほしい」という要求が通しにくく、助言にもつなげにくい。
まったく恐縮しない人よりも、腰が低い人の方がよしとされるが、度を過ぎると意思の疎通が難しいのはどちらも同じ―

私も「失敗した」と感じると、よく話を聞く前にとりあえず謝ってしまう」ことがあるので、友人の話にはドキッとしたのですが、「すぐ恐縮する人」「恐縮しない人」という対比に、"A Study in Pink"のモリーとシャーロックを思い出したんです。

ジョンが街角でばったりマイクと出会ってシャーロックを紹介されるのは、原作と同じ。その時シャーロックが一人で実験をしているのも、原作と同じです。
ただし、原作のホームズはシャーロックのようにおとなしく(?)していず、大騒ぎをしながら現れます。

「発見したよ!とうとう発見したよ!」彼は一本のピペットを手に走りでてきながら、スタンフォードにむかって叫んだ。「血色素にあえば沈殿するけれど、血色素以外のものでは絶対に沈殿しない試薬を発見したよ」たとえ金鉱を発見したって、これほどうれしそうな顔はできなかろう。



初登場の瞬間に、奇矯さを印象付けているんですね。
それは現代版シャーロックも同じなんですが、初登場場面はジョンと出会う数分前に遡ります。

関連記事:「死者に鞭打つ

SHERLOCKという作品の魅力は、主人公であるシャーロックとジョンの好対照にあるのは言うまでもありませんが、初登場場面でシャーロックの対極の位置を占めているのは、ジョンじゃなくてモリーなんですね。
恋する女の子と、無粋な男。健気に相手を見つめているモリーに、自分の興味に集中しているシャーロック。短い場面ですが、二人の対比を通してシャーロックの人物像が雄弁に語られます。

モリーはドラマのオリジナルキャラクターですが、単にシャーロックの「真逆」ではなく、ある意味では似ているキャラクターに設定されているのが面白いところです。

・優秀な科学者である
・人との関わりが、不得手である
・死体に対する感覚と生きている人間に対する感覚に、境がない

2番目と3番目は、こう書くと共通点ですが、少し掘り下げると対照的な面でもあります。
とにかく恋愛に不器用なモリーですが、シャーロックの方は「表面的になら」理想の彼氏を演じられる、ということが第3シリーズで判明。
モリーは死体を「いい人だった」と述懐したり、ハドスンさんと比べちゃったり、生命は失っているけれどあくまで「人間」として扱っています。一方、シャーロックは生きている人間を、科学者の目で分析しようとする。恋愛感情を脈拍と瞳孔の状態で量るなんて、蛇をミルクで調教するのと同じくらい噴飯物だよ……と思っていた頃が私にもありましたが、それが彼ならではのロジックなんだ、と今では納得しています。(ついでにいうとアレはシャーロックが『自分らしさ』を装った建前で、本当は決め手は別にあったんじゃないかという邪推もしてますが、話がそれるのでまたにします)

でも、シャーロックが徐々に変容しているように、モリーだって変容しているのです。
それが一番よくわかるのが、この場面だと思います。

"How dare you throw away the beautiful gifts you were born with!
「どうして、持って生まれた才能を無駄にしたりできるのよ(拙訳)」 



この強いセリフと共に、ばっちーん!
第1シリーズ1話で、おどおどしていた女の子とは思えない!
それもそのはず、このセリフは「四つの署名」冒頭のワトスンのもの。

"Why should you, for a mere passing pleasure, risk the loss of those great powers with which you have been endowed?"
「(前略)なんだって君は一時の気まぐれから、せっかく持って生れた大きな才能をすりへらすような事をするんだろう?」



ホームズにこんなこと言えるの、原作ではワトスンくらいだと思います……
モリーの叱責はまだ続きます。

"And how dare you betray the love of your friends!"
「それに友達の思いを裏切るなんて!」



ワトスンはこう。

"Remember that I speak not only as one comrade to another but as a medical man to one for whose constitution he is to some extent answerable."
「これはただ友人としてではなく、医者としての僕が多少の責任をもたなければならない君の健康を思っていうのだから、そのつもりでまじめに聞いてくれなければ困るよ」



ワトスンはちょっと違うアプローチをしてきましたね……
いずれにしても探偵は蛙の面に小便みたいな顔してるんですが、内心では嬉しいはず。(気にかけてもらうの大好きだから……)

SHERLOCKの登場人物には、原作の登場人物の役割がそのままあてはめられるのではなく、すこしずつ分配されている、というようなことを以前書きましたが、モリーはシャーロックと対極にいるようでありながら、合わせ鏡のような存在でもある。初めの頃こそシャーロックの引き立て役だったかもしれませんが、エピソードを重ねるごとに存在感を増し、ワトスンのようにシャーロックと「並び立つ」キャラクターに成長を遂げていた、と私は考えます。

以前RMさんとお話したことがあるのですが、「社会性を獲得すること=人の成長」とは、一概に言えないかもしれません。
でも、第三シリーズまで来た今振り返ると、このドラマでは「人との触れ合いを通して、変容していくこと」が肯定されているように思えます。まるでそのことを象徴するかのように、モリーとシャーロックの二人きりだった「最初の場面」とは対照的に、この場面には新旧さまざまな、たくさんの(生きてる)友人たちがいます。

(原作からの引用はすべて延原謙訳)
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

モルグの人から - れすとら - 2014年10月28日 00:57:22

ナツミ様
モリーのお話、「マイクロフトのメール」の記事に引き続いて共感しております。

>「社会性を獲得すること=人の成長」とは、一概に言えないかもしれません。
でも、第三シリーズまで来た今振り返ると、このドラマでは「人との触れ合いを通して、変容していくこと」が肯定されているように思えます。

彼女もシリーズが進むにつれ、人間らしくなっているような気がします。
シャーロックと同様に人との関わりが彼女にあたたかみを増していったように思います。ジョンが加わった化学変化の連鎖反応とジムとトムとの関係が変化をもたらしたように思います。クリスマスの頃はまだキョドっていましたから。
あと、強く主張したいのですが、モリアーティから「友達に数えられなかった」とみられていますが、モリーは一番初めに近づかれた人物です。シャーロックの「仲間」として平等に利用されていたと思います。

モリーの変化 - ナツミ - 2014年10月29日 07:17:01

れすとら様
共感していただけて嬉しいです。モリー、すこしずつ変化していますよね。パーティーでは挙動不審でしたが(笑)、あの後の告白が、勇気を奮い起こした大きな一歩だったんでしょうね。結果はともかく、気持ちがシャーロックに伝わったことで、彼女の内面は大きく変わったと思います。

初期の彼女と今の彼女、どちらが「人間らしい」のかは私にはまだよくわからないのですが、れすとらさんのおっしゃるようにあたたかく、そして強い人になっているような気がします。

彼女に影響を与えた人物として、れすとらさんはジョンの存在も「数に入れて」いらっしゃるのですね。だとしたら、ジョンの「人を導く」力ってすごい。本人が自覚しているかどうかはわからないですけれど・・・

原作でホームズがワトスンを指して「自ら輝かなくても、光を伝える能力のある人もいる」と「褒めた」時、私は褒め言葉だと受け取れなかったんです。人間を「輝いている人と、輝いていない人」の二つにしか分けていなかったから。
でも、S3E2でシャーロックがジョンに「僕を導いてくれるのは君だ、いつも君なんだ」と言ったとき、ホームズの言葉は切実なものだったのかもしれない、と思いました。
人は、自分を人の世につなぎ止める錨のような存在に出会うかどうかで、大きく人生が変わるのかもしれません。

> あと、強く主張したいのですが、モリアーティから「友達に数えられなかった」とみられていますが、モリーは一番初めに近づかれた人物です。シャーロックの「仲間」として平等に利用されていたと思います。

う~ん、これはどうだろう?
ジョン、レストレード、ハドスンさんの場合は、シャーロックが彼らを大切に思う感情を利用されたわけですよね。モリーは人質として扱われたわけじゃなく、単に、ジムがシャーロックに近づくために利用されたのだと私は思っていたので……そうだとしたらやっぱり、ジムの「格付け」では、シャーロックにとっての友人としては認められていなかったんじゃないでしょうか?
それだけに、シャーロック本人が「君は数に入ってる」と頼ってきたときは嬉しかったと思いますが。

- れすとら - 2014年11月04日 08:59:39

ナツミ様

少し間が開いてしまいました。

「人間らしい」はちょっと語弊がありました。あの頃は生身の人とよりもたくさん死体と会話していそうだったので。でも亡くなった人と知り合いだったら死後も会話する感覚は分かるが気がします。そういえば監察医の方の書かれた本で「死体は語る」という法医学のシリーズありました。
人質にされるのと利用されるのではだいぶ重さが違いますからね~、まあこの辺はモリーびいきということでお許しください。

>それだけに、シャーロック本人が「君は数に入ってる」と頼ってきたときは嬉しかったと思いますが。

これは絶対的にうれしいですよね。

ジョンの力はシャーロックを媒介にしてモリーに影響したのだと思います。直でジョンとモリーが会ってもあまり化学変化が起きないような気がします。
ジョンがいることでシャーロックの周りに「場」ができたのかもしれませんね。

>原作でホームズがワトスンを指して「自ら輝かなくても、光を伝える能力のある人もいる」と「褒めた」時、私は褒め言葉だと受け取れなかったんです。

確かに、これを聞いた時には「光ファイバーかい!」と突っ込みをいれつつ、原作ネタだなあと思っていました。自覚してないけど、そういう才能があると言うことでしょうか。

>人は、自分を人の世につなぎ止める錨のような存在に出会うかどうかで、大きく人生が変わるのかもしれません。

そうですね。きっとジョンは錨なんでしょうね。比較するにはモリアーティの人物造形は謎のままのですが、ジョンやマイクロフトみたいな存在が彼にはなかったのでしょうね。

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

『高名の依頼人』のこと書きましたが、6月24日までグラナダ版がGYAOで無料で観られるそうです。
こちら

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura