最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョンの発見

ものすごく久しぶりに第1シーズンの記事を書くので、以前書いたことをすっかり忘れて同じネタを書いてないか、若干心配ですが……

先日、別記事を書くために、これまた久しぶりに「白銀号事件」を読み返しました。
私だけかもしれませんが、「名作はかえってあまり読み返さない法則」があるのです。もう展開が頭に入っている、と思い込んでいるせいかもしれませんが、私の頭でそんなにしっかり覚えているはずもなく、「これ、ひょっとして元ネタかも……」と思える場面がぽろぽろと出てきたので、書き留めておこうと思います。

シャーロックよりも早く、ジョンが壁に書かれた暗号を発見する場面。
ワトスンは観察力不足をホームズに責められている場面が多いので、「ぼんやりした人」という印象を持たれがちですが、意外と目ざとい一面もあり、ホームズより早く真実に到達することもあります。「恐怖の谷」冒頭で、暗号に使われた本を特定するのも速かったですね。「隠居絵具師」では、自分の学生時代の番号と同じだったという理由で、大事な情報を逃さず覚えていたこともありました。
「白銀号事件」では、「足跡」を見つけます。

そして彼はじっと足跡ばかり見て歩いていたが、私はふと横のほうへ目をやってみると、驚いたことには、少しはなれたところに同じ足跡が、再びケープルトンのほうへ向かっているのを発見した。ホームズにそのことを注意してやると、
「ワトスン君、お手柄だ!おかげでうんとむだ足をふまされるのが助かった。さ、その足跡について進もう」



現代版シャーロックも原作のホームズも観察力に溢れていますが、前に進もうとするあまり、ちょっとしたことを見落とすこともあります。それを相棒のジョンやワトスンがしっかりフォローしているわけですが、原作はワトスン自身の手で書かれているので、自分の「手柄」をあまり書きとめていないのではないかと思います。そういえばジョンも、自分が暗号を見つけたことをブログに書いていませんでしたね。(彼の場合は、暗闇でシャーロックに肩を掴まれたことに触れて、誤解を招きたくなかっただけかもしれませんが……)

ワトスンの話が出たから、この機会に述べておくが、私が今日まで多くのつまらない事件にこの古い友人であり伝記作者でもある男と行動をともにしてきたのは、感傷や気まぐれからではない。ワトスンにはワトスンなりに著しい美点があるからであって、彼は謙譲な性格から、私の実績を誇張して評価するのあまり、自分のことにはあまり思い至らないのである。(『白面の兵士』)



この後ホームズが挙げる「美点」はちょっと変な方向に流れていきますが、「謙譲な性格から、私の実績を誇張して評価するのあまり、自分のことにはあまり思い至らない」という評価は本気なのではないかと思います。ご存知のように、ジョンは何度もシャーロックを助け、シャーロックはそのことについての感謝をジョンの結婚式のスピーチで述べます。(関連記事::『救うということ』)
同じようにワトスンも、彼自身の記録に書かれていないところで今回取り上げたような「お手柄」を立てていることが、十分考えられます。

(原作からの引用はすべて延原謙訳)
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

ご閲覧やRSS登録ありがとうございます!まだ廃墟じゃありませんよ~!亀の歩みですが、過去の振り返りも含めてのんびり元ネタ探し続けていきたいと思います。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。