最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(事件の重要なネタバレ)殺人リハーサル

ジョンのブログでは"The Bloody Guardsman "というタイトルだった、衛兵さんが襲われた事件。これは、「白面の兵士("The Adventure of the Blanched Soldier")」から発想されたのかもしれません。
字面も似ていますが、それだけではなく、この事件はワトスンに代わってホームズが書いた設定になっています。ドラマの中でも、ジョンではなくシャーロックによって語られました。
若い兵士絡みの事件というところも同じですね。原作は友人の行方を案じて、現代版は自身のストーカー被害を訴えて、と依頼の内容は異なっているものの、「窓から覗かれる」依頼人、という原作の印象深い場面が再現されています。
また、「白面の兵士」で田舎に引っ込んだきり連絡がとれなくなったエムズオースと、ひたむきに戦友を救おうとするドッドは、どこかショルトーとジョンの関係を思わせます。

ジョンとメアリの結婚式というシチュエーションや、ショルトー、スモールなどのゲストキャラクターの命名、何よりタイトルからして、第3シリーズ2話のメインになる元ネタは「四つの署名」に間違いないはずです。
でも、「白面の兵士」が元ネタの一つに採用されているとすると、シャーロックが一人で会場を去るシーンにじわじわ効いてくるんです、このくだりが……

当時、ワトスンは私を置きざりに結婚していたが、知りあってから後にもさきにも、これがただ一度の自分本位な行動であった。私は一人ぼっちだったのである。



シャーロック!!(号泣)

この事件は、ジョンの結婚式で未遂に終わったショルトー少佐殺害の「リハーサル」となっています。原作でリハーサルが行われた事件といえば「白銀号事件」。
調教師のストレーカーが競走馬の足を傷つけようとしますが、その前に羊を使って「練習」を行います。凶器に使われたのが「非常に細くて鋭い、それでいて曲りにくい刃をもつ」ナイフである点も、現代版スモールの犯行に似ています。
また、シャーロックはスモールを評して"Brilliant, ruthless ,and almost certainly a monomaniac.(明晰で、冷酷で、ほとんど間違いなく偏執狂)"と形容を3つ並べますが、白銀号を拾ったブラウンを"A more perfect compound of the bully, coward, and sneak(あんな高慢で臆病でずるくて、三拍子そろった男 )とホームズが表現するのに、ちょっと似てます。
スモールは「もっと早く殺しておけばよかった」と悔やみますが、車で立ち去りかけていた彼にシャーロックは"You should have driven faster(もっと速く走っておくべきだった)"と繰り返します。この台詞からも、名馬・白銀号を連想しました。

ホームズやワトスンの活躍で、白銀号は無事にレースに出場できましたが、スモールも結局一人も殺さなかったことになりますね。シャーロックをあれだけ手こずらせた賢く周到な犯人ですから、再登場して欲しいなあ、なんて思います。写真も上手だし……

(原作からの引用はすべて延原謙訳)
【追記:2014.12.20】読み返していたら、鑑賞メモからの書き移し漏れがあったので追記致します!

シャーロックが「写真に写っていない人」に目をつけたのも、やはり「白銀号事件」でのこの会話を思わせます。

「あの晩の、犬の不思議な行動に、ご注意なさるといいでしょう」
「犬は全然なにもしなかったはずですよ」
「そこが不思議な行動だと申すのです」(延原謙訳)

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

ご閲覧やRSS登録ありがとうございます!まだ廃墟じゃありませんよ~!亀の歩みですが、過去の振り返りも含めてのんびり元ネタ探し続けていきたいと思います。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。