最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

ベーカー街へ

"We're going back into town. Turn around."
"Where are we going, ma'am?"
"Baker Street."
「市街地に戻ります。Uターンして]
「どちらに向かいますか?」
「ベーカー街よ」 (拙訳)



マグヌッセンの脅迫を受けたスモールウッド夫人。
彼女のモデルは「犯人は二人」で、恐喝者ミルヴァートンを殺害した「由緒ある貴族であり、大政治家でもある人の夫人」だと思います。
そうだとすると、脅迫のネタは「(おそらく)自らの過去の恋愛に関する手紙」から、「夫の、未成年者への手紙」に変更されています。時代によって、何が醜聞のネタになるかは違いますが、脅迫された妻が交渉に訪れているところと、夫が自ら命を絶つ結末が同じですね。

「(前略)それで良人は―たぐいなく気高い、私などはそのくつのひもをむすぶ資格もないほどの良人は、失望のあまりこの世を去りました。あの最後の晩に私があの戸口からはいってきて、あなたに嘆願し、お慈悲をとねがったのを、よもやお忘れではありますまい。あのときあなたは笑いとばしておしまいでした。(後略・延原謙訳)」



原作では、夫人は自らミルヴァートンに手を下すことを選びますが、現代版の彼女はヒーローの存在を思い出し、221Bに向かいます。
この「危機的な状況でホームズの名がひらめき、その足ですぐベーカー街へ」というパターン、原作にもあったような気がします。
「まだらの紐」では、寝室で口笛を聞いたヘレン・ストーナーが、そのまま一睡もせずに夜明けとともに屋敷を抜け出し、ホームズを頼ってロンドンに駆け込みます。
また、「ノーウッドの建築士」では、汽車の上で新聞を読んでいたマクファーレン青年が、自らに逮捕令状が出たことを知り、警察に尾行されながらもなんとかホームズのもとに駆け付けます。
ほかにもあるかもしれません。思い出したら追記したいと思いますが、ご教示いただければ幸いです。

しかしまあ、わくわくさせられるオープニングですよね。
オールドファンはもちろんのこと、『SHERLOCK』からのファンも既に「ベーカー街」やら「221B」やらのキーワードが「効く」カラダにされてしまっていることを、そうさせた犯人たちはよ~~く心得ている……それで、テーマ曲が明けたらドラッグ・デンの話ですもんねえ。悪い奴らだぜ。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスンがより好きです。

2017年エイプリル・フールお片付けしました。お付き合いありがとうございました!片付けきれてないところがあったらお知らせいただければありがたいです。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura