最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

見るべきところ

NHKの人形劇「シャーロック・ホームズ」、春の放送で見そびれてしまった数話と、新作が放映されました。
録画して何度も楽しんでいます。"SHERLOCK"と同様に、ベースとなっている作品以外にも、原作ネタがたっぷりとちりばめられていて、ニヤニヤさせられます。原作のキャラクターが、三谷幸喜作品ならではの、とぼけた魅力たっぷりにアレンジされてるのも楽しい!
それにしても、人形の表情の豊かさにはっとさせられます。ワトスンの眼の優しいこと!硬い質感にも関わらず、あの髪の毛を両手でわしゃわしゃしたくなります!あああ、可愛い。(それにしても、"SHERLOCK"で初めて同世代のホームズが現れた時も感慨深かったですが、これでついに年上になりました……)

春の放映でもあったかどうかわかりませんが、夏の放映では本編終了後に「シャーロッQ」というミニコーナーがあって、元ネタやそこから見える19世紀イギリスの世相を紹介してくれるという、教育テレビらしい配慮が!
メインはクイズなんですが、時間に制約があるせいか、

Q:メアリー・サザーランドの職業は?1、ピアニスト 2、タイピスト 3、服の仕立て屋


みたいな、、原作知らなかったら勘で当てるしかねえじゃん!と私がお子様だったらキレまくるような、考えさせる気ゼロの3択問題です。せめて先に袖口みせてあげようよ!でも赤毛クラブの電話帳事情は勉強になりました。

さらに、このコーナーのラストでは、元ネタになった原作から、ホームズの名言を一つ紹介してくれます。
おかげで私、全く気付いていなかった"A Scandal of Belgravia"の元ネタに今更気づくことができました。
Eテレさんありがとう!子どもの頃からお世話になっていたのに、アホな大人に育ってしまってすみません……

3●歳児の私がEテレで教わったホームズの名言は、「花婿失踪事件」から。

"You did not know where to look, and so you missed all that was important."
「見るべき場所を見ないから、それで大切なものをすべて見落とすのさ 」(延原謙訳)



この台詞が、アイリーンの裸から目をそらすジョンについての、シャーロックの台詞にアレンジされているのですね。

"I don't think John knows where to look."
"No. I think he knows exactly where. Not sure about you."
「ジョンは、どこを見たらいいかわからないんだ」
「いいえ、彼はよくわかってるわ。あなたはともかく」(拙訳)



ほとんど変わっていないセリフですね。気づかれた方も多かったのではないでしょうか。
「君は見るだけで、観察しない」という台詞がこの直前にあったのですが(関連記事:『灰皿と階段』)、この場面への伏線だったのですね。見るべきところを見ていないのは私でした……

人形劇「シャーロック・ホームズ」でこのクイズが出てくるのは、「消えたボーイフレンドの冒険」。
ワトスンが読んでいた小説が「二都物語」なのにも唸らされました……
この本から学んで、級友3人に的確なアドバイスができる15歳って!現代版boysよりよっぽど大人なんじゃ……恐ろしい子!
私が15歳時の読書から学んだ言葉で彼に対する気持ちを表現するなら、「生まれてすみません」です。

【追記:2014.8.29】人形劇「シャーロック・ホームズ」が放映されたのは、EテレではなくNHK総合でした。
ほんと、生まれてすみません。


関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- みっちょん - 2014年08月29日 11:57:44

「シャーロッQ」ご覧頂き嬉しいです。

こっそりと書きますが、このコーナーの時代考証めいたことでお手伝いをしているので、放映前はドキドキでした。
大人には使えるトリビアも子供むけには無理ですし、大元のネタバレはできない、、ものすごい短いコーナーですが、担当者さんは出来上がるまで大変だったようです!!

私にとっても勉強になったコーナーです。

そうでしたか! - ナツミ - 2014年08月30日 00:39:21

みっちょん様


> こっそりと書きますが、このコーナーの時代考証めいたことでお手伝いをしているので、放映前はドキドキでした。
> 大人には使えるトリビアも子供むけには無理ですし、大元のネタバレはできない、、ものすごい短いコーナーですが、担当者さんは出来上がるまで大変だったようです!!

そうだったんですね!問題作成なさった方はみっちょん様ではないと思いますが、チンピラめいたクレームを書いて申し訳ありませんでした!

大人に向けて書かれた小説を、子どもが興味を持てるように解説するのは、大変なことですよね。
「タイピスト」だって、現代の子どもたちは知らない職業ですから、短い時間の中でもきめこまかく解説を入れていらっしゃいましたものね。

ただ、そんなにも馴染みのない選択肢である上に、発問の5秒後に正解が出てしまうというパターンが続いてしまうと、子どもたちはクイズに挑戦しようという気持ちを失ってしまうのではないかなあ、と思ったんです。
子どもは自分が主体的に関われば関わるほど、その対象に興味を抱くものですから、解説の後に「~というわけで、正解は●●でした!」という流れの方が、わくわくした気持ちを保って知識を得られるのではないでしょうか。飽きられる前にテンポよく情報を提供するのが昨今の番組制作のセオリー、と聞いたことがありますが、だからこそ、国営放送には思考力を育てるコンテンツを期待しています。

って、こんなとこに書かないで新聞のTV欄に投書しとけって話題ですね……すみませんでした!
でも5秒カウントがなくなってしまうと、あのホームズとワトスンの倒れるほど可愛いアニメも少なくなってしまうので、3●歳児は黙っておこうと思います!
(あと、今気づいたんですが、NHK教育じゃなくてNHK総合での放送でした……重ね重ね、NHKの方には失礼しました……)

チンピラかモンスターペアレンツのように絡んでおいて何ですが、シャーロッQ、大人が見ても楽しいので、これからも続いて欲しいです!秋の本放送を、楽しみに待っております。

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

ご閲覧やRSS登録ありがとうございます!まだ廃墟じゃありませんよ~!亀の歩みですが、過去の振り返りも含めてのんびり元ネタ探し続けていきたいと思います。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura