最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

僕のブロガーがいないと・・・

なんとなく仲直りするシャーロックとジョン。

「レストレードの呼び出しだ、来るか?」

「君が来て欲しいのなら」

「もちろん。僕のブロガーがいなくては途方に暮れてしまうよ」(拙訳)

これはあまりにも有名な、「ボヘミアの醜聞」の
「僕のボズウェルがいなくては途方に暮れてしまうよ」(I am lost without my Boswell.)からですね!
流れとしては「僕のブロガー」「途方に暮れる」という表現は唐突な印象なんですが、原作リスペクトを発揮する意味であえてこのままにしておきたい!

ホームズに祝福されないままワトスンがメアリと結婚し、しばらく疎遠になっていた親友二人が久しぶりに再会。
独身時代のように一緒に冒険に乗り出す…という流れがあるからこそ、意味深いセリフですよね。
(まあ、ジョンはソファに一泊しただけですけど…)

ところで、色んなところで見慣れたこの訳は、手元の延原謙訳ではありませんでした。
(延原氏のは『伝記作者がそばにいてくれないと張り合いがないからね』…あれ、結構あっさりした印象…)
どなたの訳かご存知の方がいらっしゃったら、教えていただけたら嬉しいです。

ちなみに「ボズウェル」本人のことはよく知らなかったので調べてみたところ、
かなり面白い人だったらしいのでwikiのリンク貼っておきます。

ホームズとワトスンのコンビが好きな人はサミュエル・ジョンソンとジェイムズ・ボズウェルのコンビも好きかも。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

- 2011年05月29日 07:11

- 2011年05月29日 07:25

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

ご閲覧やRSS登録ありがとうございます!まだ廃墟じゃありませんよ~!亀の歩みですが、過去の振り返りも含めてのんびり元ネタ探し続けていきたいと思います。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura