最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

タバコとスリッパ

ゆいさんやソラマメさんにいただいたコメントから「時系列問題」を考えていますが、シャーロックの帰還やジョンの結婚式といった大きな節目はもちろんですが、小さなことで気になっている件があります。
それは、シャーロックの禁煙問題。

ジョンが221Bに越してくる前、シャーロックはニコチンパッチを使ってましたよね。(1)
その後、"The Great Game"で「禁煙は順調だ」と言っていました。(2)
第二シリーズ"A Scandal of Belgravia"では、マイクロフトにもらった低タールタバコを一本吸ってます。(3)
"The Hounds of Baskerville"冒頭では、コールドターキーに踏み切ってますが、第1シリーズに比べ、だいぶ余裕がない様子。(4)
そして第3シリーズの"The Sign of Three"で出てくるシャーロックの回想シーン。(★)
コンピュータに向かうジョンに「ジョン・H・ワトスン?」と聞くとき、シャーロックは大量のタバコを咥えていて、それをスリッパに入れようとしています。

シャーロックがジョンのミドルネームをまだ知らないことから、アイリーンが二度目に221Bにやってくる以前の出来事であるのは間違いないと思います。
(4)でこのスリッパは、もう一度出てきますね。

シャーロックがタバコをスリッパに入れるのは、原作と同じです。

けれども私のだらしなさには際限がある。葉巻を石炭いれのなかへしまっておいたり、きざみタバコをペルシャ製の室内くつのなかへ入れておいたり、返事を出すべき手紙を海軍ナイフでマントルピースの木わくのまん中へ突きさしておいたりする男を見ると、私だとてつい自分が謹直端正であるようなことをいってみたくもなるのだ。(『マスグレーヴ家の儀式』)


それはともかく、(★)の回想シーンで、シャーロックはスリッパにタバコを詰める作業を、ジョンに対して隠していません。
禁煙はジョンに出会う前からやっていたはずなのに、これはどのタイミングでの出来事なんでしょう。

シャーロックの喫煙は、薬物依存の問題と並行して描かれていると思うのですが、少なくとも禁煙に関する限り(1)から(3)に至るまでの流れは、ほぼ順調に見えます。
途中から、ジョンも協力していたようです。 (3)でマイクロフトがジョンに電話した時の反応でもわかりますし、"The Hounds of Baskerville"の冒頭で、ジョンはイライラしているシャーロックを慣れた様子でなだめています。ジョンの結婚後はタバコもドラッグも再開してしまったのが"His Last Vow"でわかります。これも原作由来かと思います。

その輝かしい経歴をいちどはおびやかしかけた麻薬嗜好の悪癖を、私は何年もかかって徐々に捨てさせた。いまでは普通の状態では、もはや彼もこの人為の刺激を求めようとはしなくなったが、それでも根治したわけではなく、邪念が休眠状態に入っているだけなのはよくわかっている。(『スリークォーターの失踪』)



ちなみに、"A Study in Pink"でシャーロックとニコチンパッチを披露しあっていたレストレードも、禁煙に失敗してしまったようですね。「帰還」後の再会で、タバコを吸っているレストレードにシャーロックは開口一番

"Those things will kill you."
「喫煙はあなたに死をもたらします」(拙訳)


と声をかけています。「禁煙」は、二人の共通の話題だったんでしょうね。いいコンビですよね。

ところで、シャーロックの台詞はたばこの箱に書いてある警告表示っぽい感じがしたので調べてみたら、各国の表示の違いが面白かったのでリンクを貼ってみます。喫煙なさる方はげっそりしてしまうかもしれません……

たばこ警告表示(Wikipedia)
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

『高名の依頼人』のこと書きましたが、6月24日までグラナダ版がGYAOで無料で観られるそうです。
こちら

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura