最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

救うということ

"But a word to the wise, should any of you require the services of either of us, I will solve your murder, but it takes John Watson to save your life.
Trust me on that, I should know, he's saved mine so many times and in so many ways."

「言うまでもありませんが、もし、あなた方の誰かが我々どちらかのサービスを受けるとしたら、事件の解決なら僕ですが、あなたを救うのはジョン・ワトスンです。
その点は僕が保障します。だって、彼は僕にそうしてくれましたから。何度も、さまざまなかたちで。」(拙訳)



とっても泣ける、シャーロックのスピーチ。彼のジョンへの友情も、感謝も、信頼も知っていたつもりでしたが、こんな風に言葉にされると、ああ、シャーロックはこんなにも愛情深い人だったんだ、私たちが想像するよりずっと深く、ジョンをわかっていたのだなあ、と改めて感じ入ります。

でも思えば、シャーロックの視点からこんなに長くジョンについて語られたのはこれが初めてで、視聴者が「シャーロックには人の心がわからない」と思いがちなのは、これまでは主にジョンの眼を通してシャーロックを見ていたからかもしれません。
原作でも、語り手がホームズに交替して初めてわかるワトスンへの思いがあります。

ワトスンの話が出たから、この機会に述べておくが、私が今日まで多くのつまらない事件にこの古い友人であり伝記作者でもある男と行動をともにしてきたのは、感傷や気まぐれからではない。ワトスンにはワトスンなりに著しい美点があるからであって、彼は謙譲な性格から、私の実績を誇張して評価するのあまり、自分のことにはあまり思い至らないのである。
自分で結論を出したり、これからの行動を予見したりするような男と行動をともにするのは、つねに危険であるが、事件の展開するごとに眼をみはるような男、さきのことは何一つわからないような男こそは、じつに理想的な協力者というべきである。(『白面の兵士』)


シャーロックのスピーチに比べると「ビミョー」かもしれませんが……(特に後半)

日頃から、ホームズはホームズなりに、彼独特のやり方で「心」を表現していたのかもしれません。

「これは失礼しました。じつはあの絵に見とれていたのです」と彼は向こう側の壁にずらりとならぶ肖像画をさしていった。「ワトスン君は私のことを、絵が全然わからない人間だといって笑いますが、それは偏見です。私たちはめいめい見地を異にしているだけのことで、私だって絵はわかるのです。(後略・『バスカヴィル家の犬』)」



物語の前半で、ワトスンとホームズが「ボンド街あたりの画廊」で近代ベルギー画家の絵を見ながら時間をつぶすくだりがあるのですが、そこではホームズの美術眼が「きわめてお粗末」で閉口させられた、とワトスンが語っています。
ホームズの美術論が具体的にどのようなものだったかは触れられていないのですが、バスカヴィル家に飾られた肖像画から、ホームズは犯人を導き出します。
ホームズとワトスン、言いたいことには多少のズレがあると思います。まさに「見地を異にしている」んですね。
ホームズは時に「自動人間」「計算機」とワトスンに呼ばれてしまうような言動をしてしまいますが、まさにこのズレが彼をそう見せているだけで、本当はホームズも、シャーロックが言葉にしてみせたような愛情を持っていたのかもしれません。

ホームズの真心は、むしろ言葉よりも態度にあらわれる、とワトスンも言っています。

私の孤独の悲哀については、いくぶんきき知っていたらしい。彼の同情は言葉よりもむしろ態度のほうにそれが現れていた。
「悲しみには仕事が最良の解毒剤だ。今晩これから二人でやれる小さな仕事がある、これが成功すれば、一人の男がこの世に生き永らえていた意義が見出せるというものだ」(『空き家の冒険』)



ここでのワトスンの「孤独の悲哀」とは、メアリとの死別を意味すると言われています。
ホームズは直接そのことには触れず、言葉による慰めではない形でワトスンを救おうとしています。
そして、ホームズがそうしようとしていることを、ワトスンはしっかりと受け止めています。

「三人ガリデブ」でワトスンが撃たれる場面、「悪魔の足」で命を助けてくれたワトスンに礼を言う場面でも、ふと覗かせたホームズの人間らしい感情にワトスンは感激しています。
シャーロックほど滔々と語る機会は「正典」中ではなかったですけれど、ワトスンもホームズの真心をよくわかっていたのでしょうね。原作にもこのように言葉にならない心の触れ合いがあったからこそ、冒頭で引用したシャーロックの言葉が生まれてきたのかもしれません。

さて、シャーロックが紹介した「血まみれの衛兵事件」で、ジョンは被害者ステッペン・ベインブリッジの命を救っています。
原作でも、事件中にワトスンに命を救われた人はたくさんいます。「フランシス・カーファックス姫の失踪」では仮死状態にさせられたフランシス姫を蘇生させていますし、「ぶな屋敷」では犯人まで救っています。
ステッペンのケースでは、そのトリックや「傷口を圧迫しろ」という台詞から、被害者がワトスンの医院に担ぎ込まれてきた「技師の親指」を思い出します。

「ほう、これはひどい!」と私は叫んだ。「ずいぶん出血したでしょう」
「ええ、かなり出ました。やられたときは気が遠くなりました。そしてだいぶながく失神していたようですが、気が付いてみるとまだ出血していましたから、ハンカチの端で手首をしばって、小枝で締めつけました」
「それはよろしかった。あなたは外科医になれますよ」
「なアに水力学の問題ですよ。私の専門ですからね」



この事件は、被害者はまずワトスンの治療を受け、それからホームズが謎を解く、という流れです。
医療行為によって救われる命もあれば、真実を解き明かすことによって救われる命もある。
二人とも、根本的には同じ行動をしているのだなあ、と再確認できます。
もちろん、戦闘や知略やおいしいごはんで人を救うこともできるわけで、シャーロックの協力者たちは、みんな似た立場にあるのですね。

(原作からの引用はすべて延原謙訳)
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスンがより好きです。

2017年エイプリル・フールお片付けしました。お付き合いありがとうございました!片付けきれてないところがあったらお知らせいただければありがたいです。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura