最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

結婚と友情

「シャーロックのために」結婚式準備から捜査に連れ出さなきゃ、と考えるジョンと、「ジョンのために」同じことを考えるシャーロック。すべてお見通しのメアリ。
原作でも、ワトスンが仕事を投げ出してホームズとの冒険に出かけるのに、メアリは決して反対しません。

「あら、患者ならアンストルザーさんに代っていただけばいいわ。近ごろお顔の色がすこしよくないようよ。気分が変れば、きっとよくなりますわ。それにあなたは、シャーロック・ホームズさんのお仕事といえば、あんなに興味を持っていらっしゃるじゃありませんか」(『ボスコム谷の惨劇』)



世間では、夫が仕事や家庭を置いて「道楽」に出かけるのに妻はいい顔をしない、というのが定説のようで、原作でこんなに寛容なのにも関わらず、パロディなどにおいてメアリはしばしば「ホームズの敵」扱いされている気がします。
(いしいひさいち先生のメアリが強烈過ぎてそう感じるのかもしれませんが……)

コミカル・ミステリー・ツアー  赤禿連盟  創元推理文庫コミカル・ミステリー・ツアー 赤禿連盟  創元推理文庫
(1992/11)
いしい ひさいち

商品詳細を見る


「夫を連れ出すホームズを嫌うワトスン夫人像」は、読者が「原作に書かれていないこと」を読みとった結果ですが、"SHERLOCK"ではまったく別の読みとり方をしたわけですね。
自分が女性だからかもしれませんが、私は"SHERLOCK"の解釈、すごく好きです。
原作にはたくさんの女性が登場しますが、主人公のホームズが「女は信用できない(『四つの署名』)
」と言っているにも関わらず、短所だけではなく、賢さや思い切りの良さ、信念の厚さもしっかり描かれていると思います。
メアリは、「まったくよい直覚力」「僕らの仕事を手伝ってもらってもずいぶん役に立つと思う」とホームズに評価されるほどの能力を持ちながらも、それをひけらかすことはありません。
聡明で行動力のあるヴァイオレット・ハンターや、大胆でいたずらっ気を持ったアイリーン・アドラーとはまた違うタイプで、穏やかで控えめながら、事件の展開における自分の役割を自覚し、押さえるべきところはきちんと押さえている。まぶしい太陽やきらめく星々ではなく、優しい月光のような輝きです。(そういえば現代版メアリの香水はClaire de la Lune でしたね。これ、実在の香水なのかな?と調べてみたら、似た名前の物はありました。瓶が可愛いのでClaire de la Luneも商品化してほしい!)原作のメアリも、案外ホームズやワトスンを掌で遊ばせていたのかもしれません。

結婚式準備を抜け出して(実は当事者のジョンのほうが飽き飽きしてそうなのも、なんだか面白いですね。『専門外』と言いつつ始めてしまえば徹底的に凝るシャーロックと違って、ホントに興味ないんだろうな、ジョン……)
依頼人のもとに駆けつけたものの、待機時間ができてしまうジョンとシャーロック。

ショルトー少佐がジョンの「(シャーロックの)前の上官( Previous commander)」か「元上官(ex-commander )」かで軽く揉めますが、ホームズが自分をワトスンの上官になぞらえるのは、「バスカヴィル家の犬」にもありました。ワトスンとホームズが話しているところに、ヘンリー卿が入ってくる場面です。

「ホームズさんおはよう。そうしていると幕僚をしたがえて戦略の研究をしている大将軍のおもむきがありますよ」
「その通りなんです。いまワトスン君が僕の命令を受けていたところですよ」



よく、ワトスンはホームズの「助手」と言われるんですが、全体的に見て私はこの二人に上下関係を感じません。きちんと数えたわけではないのですが、「友人」「同僚」という表現を使っていることが多いんじゃないかと思います。
上記の場面では、実際はワトスンが寝ているうちに色々報告や連絡を済ませてきたホームズがそのことをワトスンに伝えていただけで、ちょっとずれたところのあるヘンリー卿をからかった発言のようにも受け取れます。
このほかにも「突然の裁判官と陪審員ごっこ」(『アベ農園』)とかもありますけれど、まあ深い意味はないんじゃないかしら。もっとも、深層心理のレベルでは、話は別かもしれません。

近ごろ私は、ホームズにはさっぱり会わなかった。私の結婚が二人のあいだを遠ざけたのだ。私としてこのうえない幸福、はじめて一家の主人となった者が、身辺に発見する家庭中心の団欒気分は、私の心を奪いさるに十分であった。(『ボヘミアの醜聞』)

などというワトスンの述懐や、"The Hounds of Baskerville"で若い兵士に命令をして「久しぶりに上官風を吹かせた(拙訳)」と呟くジョンの表情を見ていると、やっぱりホームズ(シャーロック)といる時、ワトスン(ジョン)は自分を抑制してるんだろうな、と思えたりもします。メアリといる時は、それをしなくても良いのでしょう。

マイクロフトやハドスンさんが「結婚したら全てが変わる」と言うのに対し、ジョンとメアリは「結婚しても、自分たちとシャーロックの関係は何も変わらない」とシャーロックに訴えようとします。
シャーロックの出した結論はラストシーンで痛いほどわかるのですが、原作でのワトスンも同じように考えていたようです。

「君のお手並を拝見するのもこれが最後だと思う。モースタン嬢は僕の妻になる承諾をあたえてくれたからね」


この寿引退発言、女性ですら「結婚=仕事の引退」とはならない時代に生まれた私は、子どものころはよく意味がわからなかったのですが、よく考えてみると、この時すでにワトスンは医院開業の意志を固めていたんだろうなあ。事件の捜査をしながらも、女性を養えるような立場ではない自分を顧みては、ホームズのもとを離れて自分の力だけで生きていくことを検討してたんでしょうね。

これを聞いたホームズの方では「あの人なら、僕らの仕事を手つだってもらってもずいぶん役に立つと思う」などと若干抵抗を見せるのですが、

「それはいささか不公平のようだな。この事件はみんな君がやりあげたんだ。僕はおかげで妻まで得るし、ジョーンズは名声を博する。それで君自身はいったい何を得るんだい?」
「僕か、僕にはコカインがあるさ」



というラストシーンから見ると、最終的にはワトスンの冒険引退発言を受け容れた様子。

でも、結局「ボヘミアの醜聞」でワトスンのほうからホームズを訪れて、一緒に犯罪捜査するようになるんですよね。もちろん、今までとまったく同じというわけにはいかず、冒頭でかならずホームズが医院やメアリを気遣う様子が描かれるのですが。

結婚すると何が変わるのか、または変わらないのか。
人によっても異なることかもしれませんが、ホームズとワトスンの友情は多少形を変えつつも、根本的なところは変わらなかったようです。
シャーロックとジョンは、どうなっていくのでしょう。

(原作からの引用はすべて延原謙訳)
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

『高名の依頼人』のこと書きましたが、6月24日までグラナダ版がGYAOで無料で観られるそうです。
こちら

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura