最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

演奏の録音

ハドスンさんがお茶を持って行ったら、流れていたバイオリンの音楽は録音されたもので……というネタは「マザリンの宝石」からかもしれません。

王冠ダイヤ盗難事件のお話です。容疑者たちをおびき寄せたホームズは、バイオリンを弾いていると思わせておいて、彼らの話を立ち聞きしてダイヤを回収します。

「巡査だ!だがあのヴァイオリンのやつどうしたというのだ?まだ聞こえている!」
「いや、たしかに変ですな。だがまあやらせておくんですな。ちかごろ蓄音機というすばらしいものが発明されましたよ」(延原謙訳)



短編「マザリンの宝石」は、もともとは戯曲でした。(ちなみに、戯曲での『犯人』は"The Empty Hearse"にも名前が使われたセバスチャン・モランだそうです!)
それを手直しした作品なので、ワトスン視点でなく三人称で書かれ、舞台も221Bのホームズの居間から動きません。
"The Sign of Three"も、しばしば回想シーンは入るものの、基本的にはジョンの結婚式の一日を追っていくお話で、場所もほとんど披露宴会場のみですね。この「特別な感じ」が似ていると思います。

蓄音機の発明は1857年。「ちかごろ発明された」と、蓄音機が使われたことに気づかなかった犯人への皮肉っぽく訳されていますが、戯曲が上演された1921年には、だいぶ改良されていたことでしょう。
積極的に新しい機器を導入するホームズの姿勢は、スマホやスカイプを駆使して捜査にあたるシャーロックの原型ですね。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

常に最新を行く人達 - 神崎真 - 2014年06月06日 18:41:24

あの録音されたバイオリンのシーン、私も「マザリンの宝石」を思い出しました!
相変わらず小ネタを突っ込んでくるなあと、テレビの前でニヤニヤしっぱなしでしたよ。

> 新しい機器を導入するホームズの姿勢は、スマホやスカイプを駆使して捜査にあたるシャーロックの原型らしいですよね。

原作に出てくる新しい機器といえば、自動車とか電話を思い浮かべます。
「最後の挨拶」とか「三人ガリデブ」あたりのようですが、やはり書かれたのは後期のほうなのでしょうか?
それまで馬車や電報を使っていたホームズさん達が、いきなり(当時の)ハイテク機器を使い始めたので、最初に読んだ時には驚いたものでした。
しかしそういった時代の最新を行く姿勢が、彼の画期的な推理法の原点なのかもしれませんね。そしてその精神は現代版にもしっかりと受け継がれているのかと思うと、やっぱりSHERLOCKは素晴らしい! というところに落ち着きます(笑)

時代を超えた新しもの好き…… - ナツミ - 2014年06月06日 22:32:36

神崎真さま

> あの録音されたバイオリンのシーン、私も「マザリンの宝石」を思い出しました!

おおっ、まだ放映から一週間と経っていないのに、さすがです!
私はDVDを買っていたのに、気づいたのはつい最近です……マインドパレスがまったく整理されていないので、探し物が困難なんですよね……(昨日S1E3の元ネタでふと気づいたことがあったんですが、さすがにこのタイミングでS1の記事を書く勇気はないです……それ以前にもう私以外の全人類が気づいてるに違いありません)

> 原作に出てくる新しい機器といえば、自動車とか電話を思い浮かべます。
> 「最後の挨拶」とか「三人ガリデブ」あたりのようですが、やはり書かれたのは後期のほうなのでしょうか?
> それまで馬車や電報を使っていたホームズさん達が、いきなり(当時の)ハイテク機器を使い始めたので、最初に読んだ時には驚いたものでした。

「三人ガリデブ」では電話帳が出てきましたね。「最後の挨拶」ではワトスンが運転していたのもなんだか印象深いです。意外なような、納得いくような。

「最後の挨拶」は1917年、「三人ガリデブ」は1924年の発表。最後の作品「ショスコム荘」が1927年なので、二つとも後期の作品と言ってよいのではないでしょうか。
作中の、電報や電信などの連絡方法の変遷については以前書いたことがあるので、よかったらご覧になってください!
過去記事:「遠隔捜査」http://sherlock221b.blog.fc2.com/blog-entry-141.html

> しかしそういった時代の最新を行く姿勢が、彼の画期的な推理法の原点なのかもしれませんね。そしてその精神は現代版にもしっかりと受け継がれているのかと思うと、やっぱりSHERLOCKは素晴らしい! というところに落ち着きます(笑)

警察よりも早く科学捜査をしていたのもそうですが、目的を果たすために自らを進化させ続けることを怠らないのが、ホームズという人なんですよね。
そして、おっしゃる通りSHERLOCKは「新しもん好き」遺伝子を受け継いでますね。
たった数年前ですが、SHERLOCKが放映された2010年のスマホ普及率は、今と全然違いましたよ!あの夏、何人の友人がブラックベリー購入を検討したことか(ミーハー仲間か)!ジョンの携帯がi-phoneだとかi-phoneじゃないとか大騒ぎしたことか!私の周りが特に遅れていたわけじゃない(まあ特に進んでもいませんでしたが…)ということを証明するために、総務省のスマホ普及率推移グラフを貼っときます。
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h24/html/nc122110.html

今でこそシャーロックとスマホの取り合わせは見慣れましたが、やっぱり「推理×スマホ検索」というのは当初はかなり衝撃的だったと思います。

小ネタ小ネタ - midori - 2014年06月07日 17:26:16

こんにちわ。
最近どんどんネタUPされてますね。
どこにコメントするべきか迷いました^^;
こちらのブログもお祭り状態^ ^

犬ホームズが車乗り回してるのは別物として楽しく観てましたが、
ネットで読める和訳無料ホームズで受話器片手のホームズ先生の
イラスト見た時は知っててもギョッとしました。
現代に飛び出してきたシャーロックは大好きですし、ホームズ先生は
その時代の最先端手段で通信していただろうと理解するものの、
どこかで彼らには永遠に馬車と暖炉と電報のビクトリア期に居て欲しい
気持ちが、私にはあるようです。

毎度のことなのだけど、小ネタ楽しいですね。
S3E2で私のお気に入りはベロベロに酔っ払ったままの捜査中、
『ワトソン博士が虎と銃を取り違えた』ネタなのですが、
何やら重箱の隅すぎて…メアリーにドギマギしての発言でもないし…
私の妄想かも知れません。
(逆に今後ブログ記事にされる予定のネタでしたら先走ってしまってごめんなさい。
ところで先日は重箱のスミ愛好倶楽部のお仲間に数えていただき大変光栄でした!)

さてグラナダホームズは続くものの、シャーロック祭は今夜で終了、
今シーズンの内容と来シーズンの予想&妄想、
早く皆さんと語り合いたいです!

あと、ナツミさんのS1E3の新発見ネタ、気になります…。
いずれUPしてくださいませ。

では。

S3ネタ地獄 - ナツミ - 2014年06月07日 19:05:15

midori様

> 最近どんどんネタUPされてますね。
> どこにコメントするべきか迷いました^^;
> こちらのブログもお祭り状態^ ^

仕事が終わるとバタンキューのヘタレとしては、(最近は)精一杯頑張ってるつもりなのですが!
あまりにもネタが多すぎて、全然更新が追いつきません。なんか誤字や変な文章ばかりですみません……


> 現代に飛び出してきたシャーロックは大好きですし、ホームズ先生は
> その時代の最先端手段で通信していただろうと理解するものの、
> どこかで彼らには永遠に馬車と暖炉と電報のビクトリア期に居て欲しい
> 気持ちが、私にはあるようです。

私も、「冒険」あたりのイメージが強いです。
SHERLOCKも、もし長寿シリーズになったら、いつか若者に「あれはぶらっくべりーといってのう…キーがめちゃくちゃ小さかったんじゃ」とか「この頃のタクシーは、ガソリンで走ってたんじゃ」とか説明しなきゃならない日が来るんでしょうか。ていうかすでに、オープニングで出てくるSANYOの看板が撤去されてるとか聞いてるんですが……

> S3E2で私のお気に入りはベロベロに酔っ払ったままの捜査中、
> 『ワトソン博士が虎と銃を取り違えた』ネタなのですが、
> 何やら重箱の隅すぎて…メアリーにドギマギしての発言でもないし…
> 私の妄想かも知れません。

それは気づきませんでした!以前らいかみんぐさんが紹介してくださったあのコントが、逆輸入的な元ネタかと思ってました!

http://www.youtube.com/watch?v=24c5jeHGnsU

重箱の隅愛好会の正会員になって下さるとは、光栄です(←なるとは言ってない)!今シーズンも心ゆくまでつつきましょう!お楽しみはこれからです!

> あと、ナツミさんのS1E3の新発見ネタ、気になります…。
> いずれUPしてくださいませ。

このS3地獄が落ち着いたら、(あとディオゲネスクラブがどうにかなったら)いずれUPさせていただきます…ネタはたいしたことないですが、未だS1のネタを取りこぼしている自分のザルっぷりにむしろ戦慄してます。

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

ご閲覧やRSS登録ありがとうございます!まだ廃墟じゃありませんよ~!亀の歩みですが、過去の振り返りも含めてのんびり元ネタ探し続けていきたいと思います。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。