最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

最高の男とは

ジョンに「ベストマン」と切り出され(関係ないけど、こんな全体的にピンク色のサイトにリンク貼ったの初めてだよ!ありがとうジョン!)、「ビリー・キンケイド」の名を即答するシャーロック。

Billy Kincaid, the Camden garrotter, best man I ever knew.Vast contributions to charity, never disclosed.
Personally managed to save three hospitals from closure and ran the best and safest children's homes in north England. Yes, every now and again there'd be some garrotings, but stacking up the lives saved against the garrotings, on balance I'd say he...

「ビリー・キンケイド、カムデンの絞殺魔だ。僕が知る中では一番の善人だ。非公開で巨額の寄付をしてるんだ。
3つの病院を閉鎖から救った。ノース・イングランドで一番良質で、安全な児童養護施設を経営した。
時折殺人もするけど、いくつもの命を救ってるんだ。このバランスから言って、彼こそが……」(拙訳)



まあどうでもいい話なんですけど、元ネタは気になります。

残念ながら「ビリー・キンケイド」の名には覚えがないのですが、「四つの署名」で出てきた台詞とちょっと似ています。
メアリに初めて会った後、「何という魅力のあるご婦人だろう!」とテンションの上がるワトスンに、ホームズは「僕は気がつかなかった」と返します(この会話、グラナダ版のラストシーンに使われていますね)。

「ほんとに君は自動人間――計算機だな。どうかすると君は、まるで人間ばなれのしたところがあるよ」
ホームズはおだやかな微笑をうかべて、「最も重要なことは個人の特質によって、事件の正しい判断をあやまらないようにすることだね。僕なんか、依頼者もまた単に、問題にたいする材料の一つであるにすぎぬと思っている。感情のうえの好悪というものは、明快なる推理とは相容れない。僕の見たうちで最も心をひかれた美人というのは、保険金ほしさに三人の子どもを毒殺して、死刑になった女だった。それから男でいちばんいやななつだと思ったのは、ロンドンの貧民のため二十五万ポンドちかくも使った慈善家だった」



シャーロックが、"The Empty Hearse"でマイクロフトが口にしていた"balance"に重きを置いているのは面白い。
誰も傷つけないし誰も救わない人よりも、犠牲を出しても結果的により多くの人間を救っている人のほうが善良だ、という「数」を重視した理屈は"A Scandal of Belgravia"でのマイクロフトの行動にもつながるんですよね。

いずれにしても、ホームズには極端なまでの二面性がありますから、惹かれる人もそういう人なのかもしれないですね。
シャーロックもそうかもしれません。「殺人はしてるけど一方で命を救ってる」ってまるで……

(原作からの引用はすべて延原謙訳)
【追記:2014.6.19】黄梅さまから、「アメコミに出てくる悪役の名前」とご教示いただきました。コメント欄をご覧ください。
"Spawn"Billy Kincaid (リンク先はwikipediaです)


関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- れすとら - 2014年06月07日 00:46:41

ナツミサマ
はじめまして。ブログ楽しく読ませていただいております。
「白面の兵士」のホームズの寂しさと、3の徴候の最後にぐっときました。

正典のエピソードで気になる事があるので書き込ませていただきます。

マインド・パレスに近い言葉が「アベ農園」にありました。延原さんの新潮文庫で、ホームズとワトソンがロンドンに帰るのをやめて引き返した後ですが、P383に「輝かしき推理の殿堂」とでてきます。原文では、edifices(建築物、思想体系) of deductionとなっていますので近いようなそうでもないような… 書物が貴重だった時代からマインドパレス記憶法というのがあるみたいですね。


ジョンのブログで10月5日にMany Happy Returnsの記事があります。
10月5日はジェームズ・ボンドの日で、しかも2012年10月5日は50周年だそうです。007あまり詳しくないんですけど、二人の冒険再びの予感の日にぴったりと思いました。


遅ればせながら、今回のBSの一挙放送でやっと全部見る事ができ、既に指摘されていたらすみません。

推理の殿堂! - ナツミ - 2014年06月07日 09:17:55

れすとら様

はじめまして。コメントありがとうございます!

> 「白面の兵士」のホームズの寂しさと、3の徴候の最後にぐっときました。

同一人物ではないとしても、「3の徴候」のシャーロックの心情が、原作に吐露されている…と考えると感慨深いものがありますよね。
> 正典のエピソードで気になる事があるので書き込ませていただきます。
>
> マインド・パレスに近い言葉が「アベ農園」にありました。延原さんの新潮文庫で、ホームズとワトソンがロンドンに帰るのをやめて引き返した後ですが、P383に「輝かしき推理の殿堂」とでてきます。原文では、edifices(建築物、思想体系) of deductionとなっていますので近いようなそうでもないような… 書物が貴重だった時代からマインドパレス記憶法というのがあるみたいですね。

「マインドパレス」の元ネタありがとうございました!ホームズは自分の脳を「屋根裏部屋」(緋色の研究)「物置」(ライオンのたてがみ)に例えてもいましたが、「殿堂」が一番宮殿に近い感じがしますね。
脳を建物、記憶を部屋などその中にあるものに例えるのは、古くからあることなのですね。勉強になります!

このブログにもどこかにマインドパレスのことを書いたと思うので、教えていただいたことを追記させていただこうと思ったんですが、それこそ整理できてなくて見つからないんです……
ショルトーさんの部屋番号のようにうっかり消去はしてないと思うので、探してみます。

> ジョンのブログで10月5日にMany Happy Returnsの記事があります。
> 10月5日はジェームズ・ボンドの日で、しかも2012年10月5日は50周年だそうです。007あまり詳しくないんですけど、二人の冒険再びの予感の日にぴったりと思いました。

ジェームズ・ボンドの日ですか!初上映された日なんですね。
このブログのコメント欄でも、ジョンのひげの有無の関係でMany Happy Returns周りの時系列が話題になったことがあります。(『ジョンのひげ』http://sherlock221b.blog.fc2.com/blog-entry-278.html)
10月なのは、ガイ・フォークスデーの絡みだろうと思っていたのですが、日付までもこだわりがあったとは知りませんでした。
白状すると、レストレードがわざわざジョンのところに来たということは、ひょっとしたらこの日がジョンの誕生日なんじゃないかなあ、なんてかなり明後日の方向に妄想してたんです。でも、そういう感傷とは縁がなさそうな組み合わせですよね、グレッグとジョンって……

例の「ボンド・ナイト」をこの日もシャーロックとやってたんじゃないか、と妄想するとますます泣けます……(そして、もう一発殴ってもいいよジョン!という気持ちに)

いろいろとご教示いただき、ありがとうございました。また遊びに来ていただけるのをお待ちしております!

ビリーキンケイド - 黄梅 - 2014年06月18日 14:01:43

初めてお邪魔します。楽しく記事を拝見いたしました。私もシャーロックが好きでよく見ます。ビリーキンケイドは、アメコミに出てくる慈善事業家を装った連続殺人犯と聞きました(典拠があいまいで申し訳ありません)。脚本はよく練りこまれていて、原作をとてもよくいかしていますね。ヘイミッシュの記事も興味深く読ませていただきました。

わあ、ありがとうございます! - ナツミ - 2014年06月19日 02:30:26

黄梅さま

コメントありがとうございます。

> ビリーキンケイドは、アメコミに出てくる慈善事業家を装った連続殺人犯と聞きました(典拠があいまいで申し訳ありません)。

おお、そうだったんですか!原作由来ではなかったんですね~。
さっそくアメコミ好きの友人に聞いてみたところ、"SPAWN"という作品に出てくるそうです。

http://en.wikipedia.org/wiki/Billy_Kincaid

記事中にも追記させていただきますね。
それにしても、シャーロックの「いい人」基準がますますわからなくなりました……まあwikiではいろいろ省略されてるんでしょうけど、そんなシャーロックに親友認定されるジョンって……

>脚本はよく練りこまれていて、原作をとてもよくいかしていますね。ヘイミッシュの記事も興味深く読ませていただきました。

本当ですね。特にこの"The Sign of Three"はさまざまな脚本家さんが関わっているそうで、隅々までシャーロッキアン的なこだわりを感じますね。
クリエイターとして素晴らしい方々なのはもちろんですが、それに加えて原作へのリスペクトというか、オタク魂で結びついてるのが、シリーズを重ねてもテンションが下がらない秘訣なのかもしれないなあ、と感じています。作り手であると同時に、ファンでもあるのでしょうね。

ヘイミッシュの記事も読んでいただいてありがとうございます。S3のほうでしょうか。
でも、日本でも「キラキラネーム」などと言うように、名前に対する感覚ってその国の文化を知らないとわからないところがありますよね。
あれだけ滔々と語っておいて、ジョンが「ヘイミッシュ」を嫌う理由が「古くさい」とか「響きが可笑しい」とかだったら恥ずかしいな(私が)!と今さらちょっと後悔しております。

- れすとら - 2014年07月01日 06:34:07

ナツミサマ

しばらく時間が経ってしまいました。
その間思った事を書かせていただきます。

>白状すると、レストレードがわざわざジョンのところに来たということは、ひょっとしたらこの日がジョンの誕生日なんじゃないかなあ、なんてかなり明後日の方向に妄想してたんです。でも、そういう感傷とは縁がなさそうな組み合わせですよね、グレッグとジョンって……

なんとなく、あの2年間グレッグはジョンとアンダーソンを見張っていたというか見守っていたんじゃないかと思っていました。「偽装」を知らなくてボロボロな2人の事を。たぶんマイクロフト兄ちゃんの要請で。His Last Vowでマイクロフトとグレッグはつながっていたっぽいところがあったように思います。警視庁の警部さんもいると色々工作がやりやすそうだなと。グレッグは役目以上に情で2人の近くにいたんじゃないかと思います。勝手な妄想ですが。

>例の「ボンド・ナイト」をこの日もシャーロックとやってたんじゃないか、と妄想するとますます泣けます……(そして、もう一発殴ってもいいよジョン!という気持ちに)

こういう深い感じに自分では行き着かないのでほんとにすごいなって思います(他の記事にも感じます)。それぞれが一人でボンド・ナイトしていたのでしょうか。妄想するとシャーロックがもっとかわいくなりました。
あの明かりの下にジョンが待っている、と思って約2年間がんばっていたんだろうなと。そしたら、いなくなっていた。

>それにしても、シャーロックの「いい人」基準がますますわからなくなりました……

BSでグラナダ版も一緒に見ています。
「悪魔の足」もやっていました。復讐の話でしたが犯人の心情をおもんぱかって、ホームズは警察には言わずに犯人は外国へ行って終わりました。
そういところがあったなあと子供のころに思っていたホームズを思い出しました。
そこは「ピンク色の研究」の時のジョンみたいですね。

レストレードとマイクロフト - ナツミ - 2014年07月02日 07:07:31

れすとら様

> なんとなく、あの2年間グレッグはジョンとアンダーソンを見張っていたというか見守っていたんじゃないかと思っていました。「偽装」を知らなくてボロボロな2人の事を。たぶんマイクロフト兄ちゃんの要請で。His Last Vowでマイクロフトとグレッグはつながっていたっぽいところがあったように思います。警視庁の警部さんもいると色々工作がやりやすそうだなと。グレッグは役目以上に情で2人の近くにいたんじゃないかと思います。勝手な妄想ですが。

おお!すると、レストレードは事の真相をマイクロフトから聞かされていた、とれすとらさんはお考えなのでしょうか? それとも、シャーロックが生きていることは伏せて、二人のお目付け役をするように言われていたのかな。
バスカヴィルの時もレストレードはマイクロフトの要請で動いていたようですし、説得力のある説かも……
任務とは別に、レストレードがシャーロック、アンダースン、ジョンの三人に「情」を持っているのは画面から感じられますよね。

「ボンド・ナイト」については、まだシャーロックとジョンが同居してた頃、「今日はボンドの日だから」とDVDを観だすジョンと、「興味ない」と言いながらも結局周りをうろついてはちょっかいを出してるシャーロックを妄想しておりました。そしてシャーロックがいなくなった後の「ボンドの日」、ジョンはその夜を思い出しながらブログを更新したんじゃないかなあ、と。

ホームズやシャーロックの言葉を借りれば、こういう妄想と「事実」は厳密に区別しなくてはいけないのでしょうが、「情」が人間の行動を生み出す、ということもまた「事実」なんですよね。
かといって「空の霊柩車」のローラちゃんほどの想像力がない私は研究も想像も中途半端なのですが、どちらも「ごっこ」を楽しめればいいや、と開き直っております。

> あの明かりの下にジョンが待っている、と思って約2年間がんばっていたんだろうなと。そしたら、いなくなっていた。

うわ~~、泣きそうです!そこは推理が働かないんだ!情が判断を狂わせる、というのを身をもって経験しちゃったんですね、シャーロック……
>

> BSでグラナダ版も一緒に見ています。
> 「悪魔の足」もやっていました。復讐の話でしたが犯人の心情をおもんぱかって、ホームズは警察には言わずに犯人は外国へ行って終わりました。
> そういところがあったなあと子供のころに思っていたホームズを思い出しました。
> そこは「ピンク色の研究」の時のジョンみたいですね。

そう、ホームズの行動は、あくまで自分の正義が基準なんですよね。
子供のころはそれを「かっこいい」と思ってたんですが、年をとるにつれて、それって気ままなようでいて、すごい重責だと感じるようになりました。
「相棒」の杉下右京さんは「法」を基準にしていて一見対照的なのですが、ストイックさと判断に伴う苦痛は変わらないなあ、と……

Re:マイクロフトとレストレード - れすとら - 2014年07月03日 02:09:11

ナツミ様

>おお!すると、レストレードは事の真相をマイクロフトから聞かされていた、とれすとらさんはお考えなのでしょうか? それとも、シャーロックが生きていることは伏せて、二人のお目付け役をするように言われていたのかな。

ナツミ様にきかれるまで、「レストレードは知っていただろう」までで止まっていたのですが、改めてもう少し詳しく考えてみました。

以下、妄想仮説です。

(1)マイクロフトが偽装工作にレストレードの協力が必要なため真相を話したので、知っていた。レストレードはチーム・ラザロのメンバーだった。

(2)マイクロフトはジョンとアンダーソンを監視・保護するため必要なことしか言わないが、レストレードは刑事の勘(が確かかはあやしいけど、A study in pinkではジョンが撃ったことには気がついていたと思います。)でだいたいの真相に気がついていた。マイクロフトはレストレードも暗殺されそうになった1人だから危険があるかもしれないと教えていた。

ジョンは、シャーロックにとっての重要人物なので、敵の一味に誘拐され取引の材料にされたら困るので監視・保護していた。(この辺はカンバーバッチさん出演の英国諜報部のお話『裏切りのサーカス』で勉強しました。^^;)

では、なぜアンダーソンを監視しなくちゃいけないか?
可能性だけですが、「ほんとはシャーロックは生きているかも」説が世の中に流れないないように、刑事が否定する必要があったのではないでしょうか。この辺はこじつけです。アンダーソンの方は、純粋にグレッグの友情かもしれませんね。

あの兄ちゃんは全てを言わなくてもいいわけで、必要なことしか言わなさそうです。

いずれにしてもレストレードはだいたいわかっていたように思います。駐車場に現れたシャーロックに「死んでなかった!!!!」という驚き方はしないで「やっと帰ってきたな」という感じでハグしていたように思うのですが、また見直して確認して見たいと思います。

> そう、ホームズの行動は、あくまで自分の正義が基準なんですよね。
子供のころはそれを「かっこいい」と思ってたんですが、年をとるにつれて、それって気ままなようでいて、すごい重責だと感じるようになりました。 「相棒」の杉下右京さんは「法」を基準にしていて一見対照的なのですが、ストイックさと判断に伴う苦痛は変わらないなあ、と……

同感です!
子供のころはそれを「かっこいい」と思ってたんですが、年をとるにつれて、それって気ままなようでいて、すごい重責だと感じるようになりました。
ここは本当にそう思います。

大人になるといろいろ守らなければいけないことや苦痛や苦悩にシンパシイを感じますね。

そういえば! - ナツミ - 2014年07月05日 10:16:57

れすとら様

仮説をありがとうございます!

> いずれにしてもレストレードはだいたいわかっていたように思います。駐車場に現れたシャーロックに「死んでなかった!!!!」という驚き方はしないで「やっと帰ってきたな」という感じでハグしていたように思うのですが、また見直して確認して見たいと思います。

ここ!言われてみれば確かにそうなんですよね。
「死んでなかったのか」という驚きよりも「よく帰ってきたな」という受容が先にくるのは、彼の懐の深さゆえと思っていましたが、すべて知ってたと思えば納得できます。すると、"Many Happy Returns"でジョンにシャーロックの遺品を持ってきたのも、単に親切心じゃなくて
「マイクロフトがジョンを監視→何らかの理由でレストレードを差し向けた」という流れの可能性も?
うわ~、妄想があふれそうです。

> 大人になるといろいろ守らなければいけないことや苦痛や苦悩にシンパシイを感じますね。

子どものころは、単に痛快な冒険活劇だと思っていたお話にも、陰に登場人物の苦痛や苦悩があることがわかるようになりますよね。それが、大人になるということなのですね。

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

ご閲覧やRSS登録ありがとうございます!まだ廃墟じゃありませんよ~!亀の歩みですが、過去の振り返りも含めてのんびり元ネタ探し続けていきたいと思います。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura