最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デイビッド

メアリの元カレで、まだ彼女に未練があったばっかりにひどい目にあってしまうデイビッド。

ご存知のように、「デイビッド」は昔も今も非常に多い名前ですので、断定したら乱暴かもしれないのですが、ひょっとしたら元ネタは「背の曲がった男」かも。

かいつまんでご紹介すると(ネタバレです!)

「背の曲がった男」で死んだ男は元軍人で、部下の美しい恋人に横恋慕し、部下を敵に売り飛ばして死んだことにした上で、彼女を妻にしてしまうんですね。後年、その事実が発覚して妻に責められるのですが、その時「デイビッド」という名前を使うんです。

「一つだけわからないことがあるんだが」私は肩をならべて駅のほうへ歩きながら、ホームズに尋ねた。「大佐の名はジェームズでウッドのほうはヘンリーだのに、夫人がデヴィッドといったのはどうしたのだろう?」
「僕が君の好んで描くような理想的な推理家だったら、その一語ですべてを知っていなければならないはずなんだ。夫人は良人をデヴィッドにたとえて非難していたのだよ」
「デヴィッドにたとえてとは?」
「デヴィッドはときどき心得ちがいをした。そしてあるときはジェームズ・バークレイ軍曹とおなじ行ないをやっている。ウリヤとバテシバの話を知っているだろう?僕の聖書の知識はすこしかびがはえかけているが、それでもこの話がサミュエル全書だか後書だかに出ていることだけは覚えているよ」(延原謙訳)



この後「訳注」が続きます。

サミュエル後書第十一章、ダビデ(デヴィッド)」はウリヤの妻バテシバの美しさを見てこれを犯してはらませ、のち敵軍に通じてその夫ウリヤを故意に危地におもむかせて戦死させた。

つまり、原作において、「寝盗る男」の代名詞として"David"という名が使われたわけです。
シャーロックによるデイビッドの叩きのめし方は、どう見てもやり過ぎです。かわいそうなデイビッド君が、シャーロックのマインドパレス内で聖書のダビデと結びつけられたとは思いませんが、動物的な勘が働いて「ジョンの敵になりそうな男」を徹底的に排除したのかもしれません。
メアリに浮気されるくらいならともかく、ジョンが謀殺されてしまってはたまりませんものね。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- れすとら - 2014年07月01日 06:36:19

ナツミサマ

この記事、以前にも読ませていただき名前の意味もすごいとおもっていたのですが、今読むと別の事でちょっと気になりました。

シャーロックがメアリーをスキャンしたとき、一人娘か女の子が一人かの文字が出てきました。最初は子供がいると思っていたけど、途中からメアリー自身が一人娘と思い。。。いつものようにミスリードされているだけかもしれませんが。

デヴィッドを脅しているシーンのシャーロックの顔がすごくクセになります。

そして、デヴィッドもジョンに近い小柄でかわいい感じだから、メアリーさんの好みなのかと思いました。

- ソラマメ - 2014年07月01日 11:08:04

デイビッドの存在って妙に気になっていたんです。
「あの」メアリーが「泣いて」いた時に3回も肩を貸しているんですよね。
もしや、メアリーの子どもはデイビッドの子どもなんじゃあ…と妄想していた所に、この記事ですよ!!
いや、ただの当て馬でした〜っていう方が可能性高いんでしょうけど汗

ナツミさまの「ワトスンは女好き?」の記事も読みましたが、メアリーって謎ですね。
なんかもう調べれば調べる程、メアリー怪しいんですが、原作のワトスンの結婚遍歴の解釈をS4で見せてくれるのかな〜??と思っています。
もの凄いどんでん返しを期待しちゃっているんですけど…^^;
2年後かぁ〜(・_・;

メアリーの情報 - ナツミ - 2014年07月02日 18:33:22

れすとら様

> シャーロックがメアリーをスキャンしたとき、一人娘か女の子が一人かの文字が出てきました。最初は子供がいると思っていたけど、途中からメアリー自身が一人娘と思い。。。いつものようにミスリードされているだけかもしれませんが。

"Only Child"っていう文字が見えますね。
今考えてみると、初対面の時シャーロックがジョンとの再会に集中しすぎて、メアリの第一印象に集中できなかったのは伏線だったんだなあ……よくできてる。
全然関係ないんですが、ここで"Cat Lover"と出てきたのは動物の猫ではなくて彼女の愛用する●のことではないか、と友人が言ってました。
でもそこを読み取れてたならシャーロックも警戒するはずなので、物語上の伏線ではあってもシャーロックがスキャンしたのは「普通に猫好き」情報なんじゃないか、というのが私の主張です。(フリーマン家で実際飼ってるのは犬みたいですけどね…)

> そして、デヴィッドもジョンに近い小柄でかわいい感じだから、メアリーさんの好みなのかと思いました。

確かに!そしてデヴィッドも、ああ見えて冒険好きなんでしょうか。それとも、違うから別れちゃったのかなあ。

デイビッドの謎 - ナツミ - 2014年07月02日 18:58:10

ソラマメ様

> 「あの」メアリーが「泣いて」いた時に3回も肩を貸しているんですよね。

確かに!
メアリーはなぜ泣いたの!? そしてデイビッド、本当はめちゃくちゃ懐の深い男なんじゃないの!?
結婚してください!(どさくさ)

> もしや、メアリーの子どもはデイビッドの子どもなんじゃあ…と妄想していた所に、この記事ですよ!!
> いや、ただの当て馬でした〜っていう方が可能性高いんでしょうけど汗

おお、それは気づきませんでした!あり得なさそうではあっても、不可能ではない……!

> なんかもう調べれば調べる程、メアリー怪しいんですが、原作のワトスンの結婚遍歴の解釈をS4で見せてくれるのかな〜??と思っています。
> もの凄いどんでん返しを期待しちゃっているんですけど…^^;
> 2年後かぁ〜(・_・;

結婚遍歴の解釈、私も「やってくれないかなあ」と思ってました。
S3E3のクリスマスのシーンで、「そこは怒りにまかせて離婚→再プロポーズしてほしかった!」とワトスン夫妻の心情を一切無視して下劣な野次を飛ばしてました……ジョンはメアリと別れたくなかったんですよね。反省。
私の勝手な妄想を吹き飛ばすようなどんでん返し、待っております!

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

ご閲覧やRSS登録ありがとうございます!まだ廃墟じゃありませんよ~!亀の歩みですが、過去の振り返りも含めてのんびり元ネタ探し続けていきたいと思います。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。