最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

レストレードの抱擁

シャーロック生存説を唱えるアンダースンに「それはお前に罪悪感があるからだ」と厳しく指摘しながらも、延々2年も相手していたレストレード。もう部下じゃないはずなのに、つくづく面倒見のいい人ですよね。

突然姿を現したシャーロックにもレストレードは包容力を発揮し、温かく抱きしめます。シャーロックも嬉しそう。

原作ではこんな感じ。

「レストレード君ですね?」
「ホームズさんでしょう?自分で出かけてきましたよ。よくロンドンに帰ってきましたねえ、ホームズさん」
「非公式な助力も少しは必要かと思ってね。迷宮入りの殺人事件が一年に三つでは、困りますよね。しかしあのモールセイ事件だけは日ごろの君にも……いや実にお手際でしたよ」



皮肉もまじっていますが、こちらも温かい再会シーンです。

ところで、生存を知らせなかったことに怒りもせず、ただ抱きしめてくれたレストレードですが、シャーロックはジョンにもこういう反応を期待していたのではないでしょうか。ジョンに会いに行く前にも「驚かせてやろう。喜ぶだろうな」とマイクロフトに漏らしていましたし。

原作の「帰還」の場面は、ワトスンが現代版のレストレードのような迎え方をしています。
抱擁こそありませんでしたが、怒ったり責めたりする描写もありません。
ジョンは「知りたいのは、どうやって生き返ったかじゃなくて、どうしてそんなことをしたかだ」と言ってましたが、ワトスンは「どうやって生き返ったか」だけを聞きたがり、ホームズはそれに応じる形で「自分の賢さを披露する」という居心地のいい役にすんなりと返ります。

「ホームズ君! ほんとにホームズ君かい?まさか、君が生きていようとは!いったいどうしたら、あの怖ろしい深淵からはいあがれたんだい?」

「やっぱり幽霊じゃないんだね。君が帰ってきたなんて、僕は狂喜するばかりうれしいよ。まア掛けないか。そしてあんな怖ろしい断崖から落ちて、どうやって生き返れたのか、そいつを聞かせてくれたまえ」

「僕は好奇心でいっぱいだよ。説明はいまのほうがいいねえ」



先ほど「抱擁はなかった」と書きましたが、「空家の冒険」はホームズとワトスンの肉体的な接触の描写が多い気もします。

私は思わず彼の腕をしっかりつかんだ。

私はもう一度彼の腕にさわってみた。細いが筋ばった彼の腕が服の下に感じられた。

ホームズの痩せた冷たい手が私の手首を握って、ながい廊下をぐんぐん奥に引張っていった。

ホームズは私の肩に手をおいて、耳へ口をよせてささやいた。

あまりの驚きに私は思わず手をのべて、そこにほんもののホームズのいるのを確かめてみたほどだった。

とつぜん、彼は部屋の隅の暗いところへ、私を引きずりこんで、声を出すなとその手を私の唇におしあてた。



描写はありませんが、気絶してしまったワトスンを介抱したのも無論ホームズでしょうね。

挙げたうち、あとのほうのものは「張り込み」という仕事中ゆえ発生したのでしょうが、たとえば二人のどちらかがヤードの刑事と一緒に張り込んでいて、同じように触れ合ったかといえばそうでもないでしょうし、ホームズとワトスンが普段からこんなにお互いに触っていたような印象はありません。やっぱり、久しぶりに親友に会えて(しかもワトスンの場合は、相手はすでに肉体を失ってしまったと思い込んでいて)、お互いの存在が実際にそこにある、というのが嬉しかったんじゃないかなあ、と思います。
そうすると、ローラばりに夢見がちな女子としては、抱擁くらいしててもいいんじゃないかとまで思っちゃうわけですよ。時代的な背景に詳しくないので当時の男性の意識とかはわからないんですが、少なくともグラナダ版のホームズは抱擁しようとしてましたし。
ホームズが帰ってきたのが1894年、オスカー・ワイルドが投獄されたのが1895年、「空家の冒険」の発表が1903年ですよね。もしホームズとワトスンの間に、現代版シャーロックとレストレードのような「再会の抱擁」があったとしても、読者の無用な誤解を避けるためにワトスンが描写を控えた、という考え方もできますかねえ。どっかのジョンじゃないですけど……
(あー、アンダースンに"Are you out of your mind?!" とか言われそう)
同じように、ワトスンがホームズに怒りや憤りを感じていたとしても、その描写をしなかったのかもしれませんね。殴ってたりして……
「抱きしめる」と「殴る」、どちらかの反応がより愛情が深いということではなく、あり様が違うだけで、どちらも思いのこもった反応だと思います。

以前、ジョンとマイクロフトについて書いた記事で、「原作のシャーロック・ホームズ」の役割が、現代版のホームズ兄弟に少しずつ振り分けられている」というようなことを書きました。第3シリーズを観て確信を深めたのですが、さらにワトスンの役割も、少しずつレストレードやその他の人々に振り分けられていると感じています。今回とりあげたレストレードの反応は、その好例ではないでしょうか。
原作の「最後の事件」にはレストレードやハドスンさんは登場しませんが、現代版のジムはジョンだけでなく、ハドスンさん、レストレードもシャーロックの親しい友人として同等に扱っています。原作と現代版、それぞれの登場人物たちの、役割の違いを追っていくのも面白いと思います。

(※原作からの引用はすべて延原謙訳 『空家の冒険』より)
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

腐った女子でーす(挙手) - 神崎真 - 2014年05月31日 14:37:43

レストレードとの再会シーン、本当にまさにあれこそ、シャーロックが求めていた反応だったんでしょうね。
驚き、変わらぬ軽口を飛ばし合い、そして万感の抱擁。
思わず三回ほど巻き戻してしまった私は、脳みそローラばりに腐ってます(笑)
抱きしめられたシャーロックが、珍しく嬉しそうに微笑んでるんですよねえ。

> 延々2年も相手していた
そういえばそうですね。
アンダーソンがどの時点で警察をやめたのかは判りませんが、仕事の縁が切れてからもちゃんと相手していたあたり、つくづくレストレードは面倒見のいい保護者体質なんだと思います。デスクからシャーロックの私物が出てきたからって、わざわざジョンの元に届けているし。そもそもジョンの誕生会にシャーロックが出ないからって、221Bまでおもむいてビデオレターの録画&編集をしてやってるし(笑)
ほんとに、こんないい男なのに、どうして奥さんは(以下略)

グレッグが最初からシャーロックに対してそれなりに協力的だった分、シャーロックに対して反発を覚え、後に受け入れる役割をアンダーソンが担っていたのかなあと、ナツミさんの記事を読んで思いました。つまりグレッグとアンダーソンの二人を合せて原作のレストレードになる。なあんて。
ところでサリーは今頃どうしてるんでしょうねえ?

レストレードのイガグリ頭はこのシーンのために - midori - 2014年05月31日 20:29:21

レストレードの抱擁、男性らしいリアクションの基本でしたよね。
(あージョンにこんな風にして欲しかったなぁー)と内心思ってるに違いないシャーロックも、イガグリ頭ゴシゴシを満更でもない表情で受けてるように見えました。

原典のキャラが現代版のキャラに少しずつ振り分けられてる…確かにそうですね!
その辺の描き方が上手いというか原典の精神を引き継いでるというか…
上っ面をなぞっただけと感じてしまう一部の他作品との違いなのかなぁと思います。

ところで、ドノバン役の女優さん、ミステリーチャンネルの『ミステリーinパラダイス3』第3話の予告でチラリと見かけました。
…ひょっとしてカリブ海の小島の署に左遷されたの(笑)と思っちゃったけど、どんな役でしょうね?
レストレードやスーリンも出演したドラマで、本放送は夏です。
(私はまわし者ではありません^^;)

グレッグがいないと! - ナツミ - 2014年06月01日 07:41:11

神崎 真様

> 思わず三回ほど巻き戻してしまった私は、脳みそローラばりに腐ってます(笑)
> 抱きしめられたシャーロックが、珍しく嬉しそうに微笑んでるんですよねえ。

ストレートに「いい再会シーン」なのが、現代版グレッグの人柄を表していますよね。
間違いなく、ジョンと同じく彼もシャーロックにとって必要な人なんですよね。

> アンダーソンがどの時点で警察をやめたのかは判りませんが、仕事の縁が切れてからもちゃんと相手していたあたり、つくづくレストレードは面倒見のいい保護者体質なんだと思います。デスクからシャーロックの私物が出てきたからって、わざわざジョンの元に届けているし。そもそもジョンの誕生会にシャーロックが出ないからって、221Bまでおもむいてビデオレターの録画&編集をしてやってるし(笑)
> ほんとに、こんないい男なのに、どうして奥さんは(以下略)

毎回この話題になりますが、まったくですよ……!
レストレードがいなかったら、あのドラマの人間関係全部破綻してるかもしれないですよ!本当、縁の下の力持ち。
>
> グレッグが最初からシャーロックに対してそれなりに協力的だった分、シャーロックに対して反発を覚え、後に受け入れる役割をアンダーソンが担っていたのかなあと、ナツミさんの記事を読んで思いました。つまりグレッグとアンダーソンの二人を合せて原作のレストレードになる。なあんて。

なるほど!原作のレストレードにも、出演作品によって性格にムラがあって「二人説」まであるそうですが(途中から息子だとか)、「ブルドッグ」がグレッグ、「ネズミ」「イタチ」がアンダースンなのかな。
自分の記事で恐縮ですが、以前にまとめたものにリンクしておきますね。
http://sherlock221b.blog.fc2.com/blog-entry-91.html

> ところでサリーは今頃どうしてるんでしょうねえ?

サリー、元気そうでしたね!シャーロックとの和解が描かれることはあるのかなあ。
一生ケンカしててもらっても、それはそれで楽しそうなんですが。

野球少年のようです - ナツミ - 2014年06月01日 08:03:34

midori様

確かに、すごく髪の毛短いですね。ほかの役の都合でもあったのかしら。

> (あージョンにこんな風にして欲しかったなぁー)と内心思ってるに違いないシャーロックも、イガグリ頭ゴシゴシを満更でもない表情で受けてるように見えました。

レストレードの反応、絶対嬉しいですよね!もうあれは、「頼れるお兄さん」飛び越して「理想のお父さん」だ!しかも皆の!
ジョンの反応は、あれはあれで原作へのフラストレーションを解消してくれたんですが、命がけで守った3人が全員あのリアクションでは、シャーロックが気の毒過ぎますもんね……

> 原典のキャラが現代版のキャラに少しずつ振り分けられてる…確かにそうですね!
> その辺の描き方が上手いというか原典の精神を引き継いでるというか…
> 上っ面をなぞっただけと感じてしまう一部の他作品との違いなのかなぁと思います。

原作は、確かに矛盾も多いんですけど、完全じゃないゆえのリアリティもあるかもしれませんね。
記録の時系列に矛盾があったり、ちゃんと書かれてない記録のほうが多かったり、登場人物の性格が出てくる度に違ったりするのが、よく計算された物語よりもむしろ現実っぽくて、想像を掻き立てるのがいいんじゃないでしょうか。
そういう「説明し過ぎない」「キャラを作り過ぎない」ところは現代版も巧いですよね。謎のままになっている事柄もあるし、ジョンもグレッグも優しいだけじゃないし、アンダースンやジムにも愛すべき部分がある。


> ところで、ドノバン役の女優さん、ミステリーチャンネルの『ミステリーinパラダイス3』第3話の予告でチラリと見かけました。
> …ひょっとしてカリブ海の小島の署に左遷されたの(笑)と思っちゃったけど、どんな役でしょうね?
> レストレードやスーリンも出演したドラマで、本放送は夏です。
> (私はまわし者ではありません^^;)

midoriさんを一度NHKの人と疑ってしまったせいで、中の人疑惑を常に払拭しなきゃならない感じになっちゃって何かすみません……(ゆいさんもよくおっしゃってますが、この台詞流行ってるんでしょうか)
ミステリーチャンネルの視聴環境がないのですが、魅力的な女優さんなので観てみたいなあ。スーリンも可愛かったですよね。

- myumyu - 2014年10月13日 14:29:33

大変久しぶりにコメントさせていただきます。
遡って拝見させていただいておりますが、全てにおいて興味深いです。考察もBrilliantと叫びたい位に納得しております。素晴らしいです!!

その中で、S3のレストレードとシャーロックの抱擁についての考察は私をほっとさせました。シャーロックのジョンのリアクションに対する読みと期待は裏切られましたから、、すべての人がジョンのようなリアクションでは辛すぎますものね、、ジョンの気持ちは痛いほどわかりましたけれど。
脚本のモファットさんとゲイティスさんは、ホームズ帰還時の聖典のワトスンのリアクションに違和感を感じていらしたと言っていましたから、どうなってしまうのかハラハラしていました、、案の定シャーロックは高い鼻を折られる結果に、、折られてははいませんが(笑)
脚本家のお二人は、マーティンのテイストをジョンに反映した、とおっしゃっておりました。マーティンがジョンの服を選んで着用したり、靴が自前だったりすることがあるようですので、現代版のジョンはマーティンよりになっているのかもしれませんね。

おかえりなさいませ! - ナツミ - 2014年10月13日 16:43:01

myumyu様

コメントありがとうございます。
以前来ていただいた頃にもまして、のろまな更新になってしまっておりますが……またお話できてうれしいです。

> その中で、S3のレストレードとシャーロックの抱擁についての考察は私をほっとさせました。シャーロックのジョンのリアクションに対する読みと期待は裏切られましたから、、すべての人がジョンのようなリアクションでは辛すぎますものね、、ジョンの気持ちは痛いほどわかりましたけれど。

ありがとうございます。レストレードはすでにシャーロックの計画を知っていて、それで落ち着いていたのでは?という考察も後にいただいたのですが、「知っていた」派の方にとっても、「知らなかった」派の方にも、あの抱擁の温かさは変らないと思います。

> 案の定シャーロックは高い鼻を折られる結果に、、折られてははいませんが(笑)

S2でアイリーンが「シャーロックを愛してるなら頬骨と鼻は避けて殴る」とか、「2度慈悲を乞わせたい」と言っていたのが後になって効いてくるこの演出、いいですよね(笑)彼女が知ったら笑いこけてると思います。

> 脚本家のお二人は、マーティンのテイストをジョンに反映した、とおっしゃっておりました。マーティンがジョンの服を選んで着用したり、靴が自前だったりすることがあるようですので、現代版のジョンはマーティンよりになっているのかもしれませんね。

これ、本当に感じますよね。インタビューなどで俳優さんの人となりを知れば知るほど、主人公二人の性格や関係性が、中の人のそれに寄っているような気がします。ご家族が出演したりするのも、そう感じる一因かもしれませんね。
このブログではドラマと原作の関係を考察(っぽいことを)していますが、シーズンを重なると、そうではない因子もどんどん入ってきて、"SHERLOCK"という作品にしかない世界が作られていく。とても面白いと思います。

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

ご閲覧やRSS登録ありがとうございます!まだ廃墟じゃありませんよ~!亀の歩みですが、過去の振り返りも含めてのんびり元ネタ探し続けていきたいと思います。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura