最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

失礼な説明

"I won't insult your intelligence by explaining it to you."
"No, please, insult away."
「いちいち説明して、君たちの知性をバカにすることもないだろう」
「いやいや、 どうぞどうぞ」 (拙訳)



このやりとり、原作でもどこかでしてたなあ、と思ったのですが、とりあえず「赤髪組合」「三破風館」で見つけました。

「ふうむ!ではかぎタバコのことは?フリーメーソンのことは?」
「それを詳しく申しあげるのは、賢明なるあなたにたいして、かえって失礼にあたりますから、控えておきましょう。(I won’t insult your intelligence by telling you how I read that)ことにあなたが現に、弧とコンパスの元部長章を胸におびていらっしゃることなどは、厳格であるべきフリーメーソンの規則にちと違反していらっしゃるらしく思いますからね」(『赤髪組合』)



「説明の必要はないでしょう、マダム。明敏なあなたには説明などかえって失礼かと――。もっとも正直に申せば、その明敏も近ごろはすっかり怪しくなったと思いますけれどね」(『三破風館」)



いずれも、依頼人や関係者に対してのセリフです。ワトスンや刑事たち相手にもあったと思うのですが……見つかり次第、追記していこうと思います。
【追記:2014.5.31】「悪魔の足」にワトスンに対しての台詞がある由、RMさんに教えていただきました。コメント欄をご覧ください。

それにしても「(こんな簡単なこともわからないはずがないので)失礼にあたるから説明しない」という宣言自体が失礼なのに、さすがレストレード。シャーロックへの耐性が半端ない……
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

ダメかも。でも遊びに来ました。 - RM - 2014年05月30日 23:32:38

「悪魔の足」の、"Well, Watson, I will not offend your intelligence by explaining what is obvious." はどうでしょう?でも、そう言いながらその後説明を続けているし、延原訳でも「わかりすぎたことだから、説明なんかすると、君の才知を馬鹿にすることになるが、そんなつもりでいうのじゃない。」となっています。「馬鹿にするつもりはない」けど「説明はする」のであれば、元ネタ失格でしょうか?

わ~い、ありがとうございます! - ナツミ - 2014年05月31日 08:20:45

RMさま

いつもありがとうございます!やっぱりワトスンにも言ってましたか!すっきりしました。

読み返してみると、「悪魔の足」ではホームズがワトスンに話しかけつつ、考えをまとめていく様子が丁寧に描かれていますね。"The Empty Hearse"でも、シャーロックが(ジョンがそこにいないのに)頭の中のジョンにつっこまれながら捜査を勧める場面があります。

> 「馬鹿にするつもりはない」けど「説明はする」のであれば、元ネタ失格でしょうか?

とんでもない!そう言いつつ結局説明してしまうのが、ホームズという人だと思います。
シャーロックもジョンに"Mr.Punchline"と呼ばれてしまってました。

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

ご閲覧やRSS登録ありがとうございます!まだ廃墟じゃありませんよ~!亀の歩みですが、過去の振り返りも含めてのんびり元ネタ探し続けていきたいと思います。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura