最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログをめぐる戦い

ジョンを拉致した犯人は結局わからず、あまりすっきりとはしない結末になってしまいました。

"Unlike the nicely embellished fictions on your blog, John, real life is rarely so neat."
「君のブログの面白おかしい物語とは違うな、ジョン。現実はそんなものだ」(拙訳)


こんな台詞、原作のどこかにあった気がするんですが……見付けられないままぐったりしてます。
実はそういう記事が結構あるんですが、ほっとくとそのまま埋もれることを(やっと)学習したので、とりあえずアップロードしちゃいます。
見つかり次第追記したいと思いますが、ご教示いただければ幸いです。

【追記:2014.5.31】「椈屋敷」に似た台詞があることをRMさんに教えていただきました。コメント欄をごらんください。
また、「ウィステリア荘」にこんな記述があるのも見つけました。

「混沌とした事件だったね」ホームズは、晩のパイプをやりながらいった。「君の好きなきちんとした簡潔な一編にまとめあげるのは、まずできない相談だろうよ。(It will not be possible for you to present it in that compact form which is dear to your heart.)」(後略)

現実の事件と比較して、シャーロックはジョンの書くものを" embellished”(飾り立てられた、尾ひれがつけられた)、ホームズはワトスンの書くものを "compact" (簡潔な、よくまとめられた) と表現してるので、ベクトルが逆になるのかしら。"nicely embellished" に「よくまとめられた」という意味合いもあるのかもしれませんね。 自分への英語の宿題にしておこうと思います。


緑のはしご事件」の記事でも触れましたが、現代版でも原作でも、ホームズはワトスンの書いたものが気に入らない様子。
ワトスンは(ジョンも)聞き流してみたり、むっとしてみたり。ほぼ全編、いや二人の生涯を通してこのバトルが繰り広げられていると言っても過言ではありません。

ホームズはかなしげに頭を振って、「僕もちょっと見たがね、正直なところ、あれはあんまり褒められた出来じゃない。探偵するということは、一つの厳正科学なんだ―― であるべきはずなんだ。したがって冷静に、無感情な態度でとり扱われなければならないところを、君はロマンチックな味つけをしているから、まるでユークリッド幾何学の第五定理に、恋愛物語か駆落ちの話を持ち込んだような結果になっている。(『四つの署名』)」



ホームズにとっては事実の観察と推理の連鎖である「事件」を、ワトスンは血の通った人間たちの「物語」として描く。その違いが、ホームズには不満なんですね。ワトスンが事件を脚色するのも嫌なようです。

「ホプキンズに応援を頼まれるのはこれで七回目だが、いつの場合でも僕に頼むのには頼むだけの理由があった。たしかこれらの事件はすべて君のコレクションに入れられていたと思う。いったい僕は君の物語の書きっぷりが気に入らないのだが、それをわずかに救っているのは君に一種の選択眼があるからだね。君のいちばん悪いくせは、物を見るのに科学的鍛錬と考えずに、物語的な立場からすることだが、おかげで有益な、古典的とさえいえる実地教示ともなるべきところを、すっかり駄目にしている。センセーショナルな枝葉の問題にばかり拘泥して、肝心の要点をぼかしてしまうが、それじゃ読者を興奮させるだけのことで到底教訓にはならないね」
「それじゃなぜ自分で書かないんだ?」私はむっとしていってやった。
「書くよ。必ず書く。いまはご承知の忙しさだが、晩年にでもなったら、探偵学全般を一巻にまとめることに生涯をささげるよ。」(後略・『アベ農園』)



褒めようとしてたのに途中で論点を見失ってるよ、ホームズ!
ワトスンも、この問題になるとまるで子どものよう。

もっとも、ホームズの気分にもムラがあって、ワトスンを「僕のボズウェル」と呼んでみたり(関連記事:『僕のブロガーがいないと…』)、この事件はすごく面白い話になるよ!と請け合ってみせたり( 『六つのナポレオン 』 )、自ら記録を勧めたりすることもあります。(『悪魔の足』、『這う男』、『グロリア・スコット号』)
なにか、ホームズなりの理由があるのかもしれません。(関連記事:『ワトスンの強さ』 『メアリに贈る暗号』)

二人がだいぶ年をとった後で、このバトルは一応の終結を見たようです(その後再燃したかどうかは知りません)。勝者がどちらだったか、まだご存知ない方は「白面の兵士」をご一読ください。
シャーロックとジョンの戦いも、今後何十年と続きそうです。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

ご機嫌ななめのホームズがかわいくて - RM - 2014年05月17日 21:40:11

ナツミさん、こんばんは。

子供の頃からホームズと共に育ち、「SHERLOCK」はもちろん全部みていて、英語も堪能、という方々をさしおいて、現在ホームズ読書中、「SHERLOCK」鑑賞は途中でとまっている(わーっ、石投げないで!)、英語は発展途上という私が、思いつきで書きます。

いえ、単に"embellish"という言葉に反応しただけなんです。グラナダ版「ぶなの木屋敷の怪」の最初、ワトスンは何かひらめいたふうで上機嫌、ノートにペンを走らせる、ホームズは自分の言葉にも上の空のワトスンにご機嫌ななめ、ここからのホームズの台詞の途中、”[...] and, I am bound to say, occasionally to embellish,"と言う、"embellish"の直後でワトスンがむっとするんです。それを思い出しました。

このホームズの台詞、ほぼ原作どおりなのです。でも延原訳の「椈(ぶな)屋敷」では(少なくとも私の持っているものには)この部分の訳に、"embellish"に相当する語がないみたいなんです。「細かなとるにたらぬもののなかにこそ、強い満足を汲みとる場合がしばしばあるものだ。うれしいことに君がこの真理をよく理解しているのは、書きとめてくれた記録をみればよくわかる。何といっても君は、僕の名をあげた煽情的な、世間の評判になった事件よりも、事件そのものは小さなものでも、僕の本領たる推理総合の才能を発揮する余地ある場合のほうを、上位に置いてくれているんだからね。(延原謙訳」

「猟犬シャーロック」の記事で、延原訳から抜けている部分があったために「探すのにずいぶん時間がかかっちゃったんですが」って書いていらしたでしょう。もしかして、これもそうかもと思ったのですがいかがでしょうか?それとも上の訳の中に、"embellish"に相当するところがあるのを、私が理解していないだけでしょうか?そしてそもそも、"embellish"という言葉だけじゃ、元ネタ失格でしょうか?

ここの原文をながめて、もう一つ面白かったこと。ホームズの上の発言の後でも、ワトスンは"smiling"なんですね。グラナダ版じゃ、ワトスンは(かわいらしく)むっとしていたのに。


それから、「僕のドクター」のところでこう書かれたのは、質問というより確認だと承知のうえでお答えすると、

>確か、エドワードは初期のワトスン役のデイビッド・バークの推薦だったのですよね?

はい!

ありがとうございます! - ナツミ - 2014年05月17日 22:42:30

RMさま

"embellish"の情報、ありがとうございます!そうなんです、原文よりも延原謙訳の方が深く頭に入っているので、「探す」時はいつも新潮文庫なんですよ!だから、延原訳にないとあっという間に迷子です。発展以前の問題ですね……

原文にも一応(しぶしぶ)あたったのですが、"embelish"よりも"fiction"という単語を探してました。
(wikipedia『ジョン・H・ワトスン』の項に、「この事件は君の物語には合わない」というホームズの台詞があったので、原作からの引用だとしたら上記のシャーロックの台詞に近いなあ、と思ったんです)

> ここの原文をながめて、もう一つ面白かったこと。ホームズの上の発言の後でも、ワトスンは"smiling"なんですね。グラナダ版じゃ、ワトスンは(かわいらしく)むっとしていたのに。

最初はほめられてると思ってたんでしょうか。だんだん、ホームズが言いたいのは「脚色もあるけど、適切に事件を選択してくれてるね」じゃなくて「脚色ダメ!絶対!」ということだとわかってきて、むっとしたんでしょうかねえ。グラナダ版ワトスンの方が鋭いですね。

時々ぐずるホームズ、可愛いですよね。原文の"Pshaw"というのもたいへん失礼可愛いと思ったのですが、ジェレミーホームズも言っていましたっけ?延原訳では「ふん、大衆に――歯を見て織工とわからず、左手のおや指を見て植字工とさとらないくらい不注意な大衆に…」となっていました。
よく"Ha!"と言ってたイメージがありますね。


> >確か、エドワードは初期のワトスン役のデイビッド・バークの推薦だったのですよね?
>
> はい!

わ~、よかった!時々、RMさんのブログで教えていただいて「いいなあ」と思ったことと、ただの自分の願望がごっちゃになっているので……

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

ご閲覧やRSS登録ありがとうございます!まだ廃墟じゃありませんよ~!亀の歩みですが、過去の振り返りも含めてのんびり元ネタ探し続けていきたいと思います。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。