最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

【事件の重要なネタバレ】スマトラ通り

側線のある古い駅を特定しようとするシャーロック、ジョン、シリコット君。

"St Margaret Street, Bridge Street, Sumatra Road, Parliament Street..."
「セント・マーガレット・ストリート、ブリッジ・ストリート、スマトラ・ロード、パーラメント・ストリート…」



googleで地図検索すると(いい時代に生まれた!)、すべてロンドンに実在する通り。



でも、他の3本はちゃんとウェストミンスター宮殿周辺にあるにも関わらず、問題の「スマトラ通り」だけちょっと遠いですね。違ったらご指摘いただきたいのですが、おそらく、スマトラ通り下にある廃駅が実在しないので、この通りだけはフィクションなのではないかと思います。



ではなぜ「スマトラ通り」が問題の場所として選ばれたのか。
これは前々からアナウンスされていたこのお話のキーワード、"rat"に関わるのだと思います。

ドラマの中で、「ネズミ」という言葉はシャーロックが「指標」にしている人々を表します。
船が沈没する前にネズミが逃げ出すように、彼らのいずれかに動きがあると、何かが起こるはず。
その中でも、モラン卿は一番の「大ネズミ」です。

後ほど「キャラクター」カテゴリで詳しく書きたいと思いますが、原作ではモリアティの右腕で、退役した元英国軍大佐。
射撃の名手で、猛獣狩りの名人でもあります。特に虎射ちでは有名なようです。
ワトスンと同じくアフガニスタンにいたのですね。ワトスンも虎の子を撃ったことがありますが(『四つの署名』)、「スマトラ」と関連づけられたのは、インドネシアのスマトラにも虎がいることからの連想でしょうか。(Wikipedia:『スマトラトラ』)

原作で「スマトラの大鼠」といえば、「語られざる事件」。

「マティルダ・ブリッグスといったって若い女の名じゃないぜ、ワトスン君」ホームズは古いことを追想しながらいった。
「スマトラの大ねずみに関係のある船の名なんだ。この話はまだ世間に知れ渡っていないがね。(後略・『サセックスの吸血鬼』延原謙訳)」



原作での言及はたったこれだけなので、マティルダ・ブリッグズ号とスマトラの大ねずみについては想像するしかないのですが。
現代版では、実在する動物ではなく隠語として解釈したようです。「実在しない動物」が「実在しない通り」の下で蠢いていると考えると、なんとも不気味な感じですね。
マティルダ・ブリッグス号事件を元ネタにした事件を、シャーロックとジョンも経験しているようです。
(関連記事:『ティリー・ブリッグズ号の語られざる事件』)
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

ご閲覧やRSS登録ありがとうございます!まだ廃墟じゃありませんよ~!亀の歩みですが、過去の振り返りも含めてのんびり元ネタ探し続けていきたいと思います。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura