最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【事件の重要なネタバレ】消えた車両

事件の真相にたどりついたシャーロック。

I've been an idiot, a blind idiot!
「僕は大バカだった! 何も見えていなかった!」



時代のモラルが許せば、後半も延原先生風に訳してリズムを整えたいところですが……
まあそれは置いといて、(本人としては)時間をかけて真相にたどり着いたホームズが、こんなふうに自嘲する場面はいくつかありますね。

ホームズは驚いてヒュッと口笛を鳴らした。「こんどはワトスン君、僕のことを馬鹿と書いてもいいよ。こんな獲物が網にかかろうとは思いもしなかった」(『ブルース・パティントン設計書』)



「(前略)ワトスン君、いま君の鼻先にいるのは、ヨーロッパ一のとびきりの大馬鹿者だという気がするよ、僕は。ここからロンドンのチャーリング・クロスまでひと思いにけとばされたって、文句のいえないような大馬鹿だったんだ。しかしこんどこそは、どうやら解決の鍵を握ったつもりだよ」(『唇の捩れた男』)



「ねえワトスン君、きみは気ちがいか馬鹿か、正気を失った男と一つの部屋に眠るのはいやかい?」(『恐怖の谷』)


(引用はセーフかな……)
思いつくままに挙げてみましたが、結構ありますね。「そのものズバリ(目●●の大馬鹿)」もどこかにあったかしら。
一見自虐的ですが、ホームズがこう言う時は推理に確信を持ってるので、「一旦落としてアゲる」というテクニックを伴った自分褒めバリエーションの一つと考えてよいと思います。(最後のなんか、高度すぎてワトスンに通じてないですけど……)

ここからネタバレです。
シャーロックのたどり着いた真相とは、消えた地下鉄車両に爆破物が仕掛けられているということ。
使われていない引き込み線を利用したトリックは「消えた臨急」ですね!

長編4編、短編56編からなる「シャーロック・ホームズ」シリーズ。
熱心なファン(シャーロッキアン/ホームジアン)たちは、これを聖書 になぞらえてcanon(正典/聖典)と呼びますが、「正典」に対する「外典」も存在します。
詳しくはリンク先をごらんください。
コナン・ドイルの小説として発表されていて、ホームズらしき人物が登場するにも関わらず、はっきりホームズの名が出てこない「消えた臨急」「時計だらけの男」もそれにあたります。


ドイル傑作集 1 ミステリー編 (新潮文庫 (ト-3-11))ドイル傑作集 1 ミステリー編 (新潮文庫 (ト-3-11))
(1957/08/30)
コナン・ドイル

商品詳細を見る

どちらも「ドイル傑作集」 に収録されていますが、「正典」に比べると本屋さんで見かけづらいかもしれません。「青空文庫」にもありますので、リンクを貼らせていただきます。

「臨時急行列車の紛失」 新青年編輯局訳

お金を出せば臨時特急を出してもらえる、というのは過密ダイヤの現代日本ではちょっと想像しにくいですが、その料金もわかって興味深いです。
「ホームズらしき人物」と「モリアーティらしき人物」の存在に気付かれたでしょうか。
この二人がホームズとモリアーティだというはっきりした証拠はないのですが、「最後の事件」でモリアーティは「特別列車」を仕立てていますよね。

「ほら、もう来たぜ」
はるかの森かげに一団の黒煙が現われたと思うと、みるみるそれは近く大きくなり、一分後には一輛の客車をひいた機関車が、カーヴにのって突進してくるのだった。いそいで荷物の山へ身をかくすのとほとんど同時に、特別列車はすさまじい轟音をたてて、熱気を吹きつけながら通過していった。
「乗っているぜ」列車がポイントでひどく動揺するのを見おくりながらホームズがいった。



この2編は1898年に「ストランド・マガジン」に発表されています。「最後の事件」の発表年は1893年。
長編「バスカヴィル家の犬」の連載は1901年8月号から1902年4月号にかけてでした。
ホームズが帰ってくる「空家の冒険」の発表は1903年。(Wikipedia:『シャーロック・ホームズの帰還』より)

物語の中での年表上は「最後の事件」より前に発生した事件ですが、当時の(現実の)読者の気持ちになってみれば、この事件もある意味『#SHERLOCKLIVES』≒『空っぽの霊柩車』の一環だったわけですね。現代版ドラマのスタッフが、このタイミングで事件の大きな「元ネタ」にこの短編を持ってきたのには大きくうなずけます。

(※原作からの引用はすべて延原謙訳)
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- らいかみんぐ - 2014年05月25日 10:43:11

ナツミさん、お久しぶりでございます(こそこそ)。
長らく長らく長ら~く、断シャーロック状態でしたが、とうとうS3-1を見ました!いろいろと、おしゃべりしたいことは山ほど。

しかしこちらにお邪魔してみると(予想はしていたものの)ステキ記事が山のように! 拝読してからコメントするつもりでしたが、それじゃいつになるやら見当もつかないと思い直し、とりあえず、見ました宣言をしに参りました。コメントの体をなしていないコメントで申し訳ないです。

しかし最大のショックは、2か国語録画に失敗し、日本語オンリーになってしまったこと。あああ、自分のバカたれ!

平たい顔族の特権 - midori - 2014年05月25日 14:58:08

こちらも無事観れました〜。吹替で2度萌えできる平たい顔族の特権を楽しみましたよ〜。

ところで"I really missed this !"とシャーロックを指差すジョンのセリフ、
ヒゲと何の関連が?と思ってたら吹替では『久しぶりに聞いたよ!こいつの推理!!』となってました。
成る程thisはそれかぁ。
『こいつがいなくて寂しかったからヒゲはやした』じゃないのね。
thisはあくまで人をささないのねー。
ははは、周りの反応からそんなセリフではないことは明らかですよねー。

失礼、脳が腐りかけてます。私もまだまだ多方面に精進が足りません〜。
あと2話あります。力一杯楽しみましょうねえ!

昨夜は楽しかった!(色んな意味で) - 神崎真 - 2014年05月25日 18:20:15

こんばんは~、ちょっと前に「ジョンのひげ」にもコメントさせていただきましたが、こちらのコメント欄も楽しそうなのでvv
私も昨夜ようやくS3E1を見れた派なので、仲間に入れていただけますでしょうか。
……しかし残念ながらアナログ画質の吹き替えオンリー。吹替で2度萌えしてらっしゃる midori さんが羨ましいです《o(><)o》
今はこちらやその他のサイトさんのネタバレ記事を読みながら、二回目の視聴をしています。
ガイ・フォークスナイトのこととか全く知らなかったので、ようやくいろいろなことが腑に落ちました。
後の二話も楽しみですvv ほんとに、力いっぱい楽しみましょう!

おかえりなさいませ! - ナツミ - 2014年05月25日 19:29:23

らいかみんぐ様

お久しぶりです!ご帰還お待ちしておりました。わ~私今、ワトスンの気持ちです!
(しかし色々借りパクしかかっているものがありますので、3回殴られるのは私のほうです……!)

断シャーロックなさっていたのですね。S2が終わった時、らいかみんぐさんの「ライヘンバッハ・トリック」への推理を聞かせていただきましたが、ほぼ正解でしたね!さすがです!

S3のお話も楽しみにしております。
英語音声が入らなかったのは残念でしたね。シャーロックのフランス人演技がうまいんだか下手なんだかモンティ・パイソン的なアレなんだk、ぜひ語り合いたいです。(吹替えの『~で~す』みたいな喋り方でなんとなくわかった気もするんですが)

平たい顔族に生まれてよかった! - ナツミ - 2014年05月25日 20:32:49

midori様

> こちらも無事観れました〜。吹替で2度萌えできる平たい顔族の特権を楽しみましたよ〜。

吹替2度萌え、楽しいですよね。私、日本語版アンダースンが好きです。話し方にどことなくひたむきな少年ぽさがあるというか……
「ぜっこう」のくだりでは「おお~!」と拍手してしまいました。

> 『こいつがいなくて寂しかったからヒゲはやした』じゃないのね。
> thisはあくまで人をささないのねー。

missも反対の意味で使われてますよね。日本語だってそうですが、言葉って場面によって意味が変わるのが面白いですね。

> あと2話あります。力一杯楽しみましょうねえ!

英語版視聴→日本語版放送までの期間が短くなってるので、ネタのストックはあれど投稿が間に合わない~というどっかのワトスンみたいなこと言いつつ、私も必死についていきます!

私も楽しかったです! - ナツミ - 2014年05月25日 20:43:22

神崎 真さま

どうぞどうぞ!いろいろな記事にコメントいただけたらうれしいです。

> ……しかし残念ながらアナログ画質の吹き替えオンリー。吹替で2度萌えしてらっしゃる midori さんが羨ましいです《o(><)o》

まったくそちらの方面に疎くて申し訳ないのですが、二か国語で録画するのって難しいんですね~。
midoriさんのように英語、日本語で「見比べ」をしたら楽しそうです。

> ガイ・フォークスナイトのこととか全く知らなかったので、ようやくいろいろなことが腑に落ちました。

そうか、私もあまり知識がないもので、うちのブログではまったく説明がなくてすみません……
先日テレビで人形を火にくべることの由来を見て、「犯人」との関連が興味深かったので、そのうち取り上げたいと思います。

> 後の二話も楽しみですvv ほんとに、力いっぱい楽しみましょう!

そうですね!毎週シャーロックとジョンに会える幸せを味わいたいと思います!

「空の霊柩車」メンバーのお姉さん - へしこ - 2014年05月25日 21:50:18

…の吹替の声が以外に可愛くてびっくり(笑)。
どうも、ご無沙汰しております。日本でもやっと!S3放送が始まってワクワクしております。
一応米版DVDも持っているのですが、吹替で見るとまたいろいろと違った感想が出てきますね~。
ジョンが病院勤務中、シャーロックが221Bでハドソンさんや依頼人等と会話してる場面で、2人の会話が(何故か)繋がってしまう辺り、「ここは日本語だとどうなるんだろうなあ…」と思っていたら見事に繋がっていたので「おおおおお~っ」とTV前で拍手してしまいました。本日、ラーメンズ繋がりの友人に「あの場面『TEXT』の「同音異義の交錯」みたいだった」と言われて思わず膝を打った私でした(笑)。

そういえば私のレコーダー、購入して以来特に何の変更もしていないんですが、海外ドラマ等を録画すると普通に字幕まで取り込んでくれている…ようです。機械オンチのため、逆に何も触っていないのが功を奏しているのでしょうか。怖いのでこの先も設定等は弄らないようにしようと思います。
来週の放送も楽しみですね。表情が可愛くてお気に入りだった「そうかな~?」「そうだよ!」のシーンが予告で使われててテンションが上がりました。

ところで「消えた臨急」のご紹介ありがとうございました。この作品、リンク先で初めて読みました。
一言だけ引用させていただくと「こは事実らしからぬことに見えて、実は決して事実らしからぬことにあらず」…というのは、原文が分からないのでアレですが、いつもの例の台詞ですよね?いやー、面白いです!

やはりあの人? - ナツミ - 2014年05月25日 23:35:00

へしこ様

お久しぶりです!

ローラさんですね……自分と同じような「いい年こいてイタイ女」と>思ってたんですが、NHK吹替えでは今どきの腐女子というか、だいぶ若くて可愛らしい感じで、なんとなく落ち込んでます。

> ジョンが病院勤務中、シャーロックが221Bでハドソンさんや依頼人等と会話してる場面で、2人の会話が(何故か)繋がってしまう辺り、「ここは日本語だとどうなるんだろうなあ…」と思っていたら見事に繋がっていたので「おおおおお~っ」とTV前で拍手してしまいました。

わあ、私もです!

>本日、ラーメンズ繋がりの友人に「あの場面『TEXT』の「同音異義の交錯」みたいだった」と言われて思わず膝を打った私でした(笑)。

↑これは気づかなかった!なんとなくアンジャッシュのコントっぽいなあ、とは思ってたんですが。


> 来週の放送も楽しみですね。表情が可愛くてお気に入りだった「そうかな~?」「そうだよ!」のシーンが予告で使われててテンションが上がりました。

これ、どこでしたっけ?あ、ここで教えていただいちゃうとネタバレになるか!がんばって自分で探します!
"The Sign of Three"は可愛らしい場面が多いですよね。楽しみです。

> 一言だけ引用させていただくと「こは事実らしからぬことに見えて、実は決して事実らしからぬことにあらず」…というのは、原文が分からないのでアレですが、いつもの例の台詞ですよね?

おお~、へしこさんさすがです!私も原文は持っていないのですが、検索して探したら
"It is improbable, but it is not impossible."でした。
「四つの署名」でもホームズが"How often have I said to you that when you have eliminated the impossible, whatever remains, however improbable, must be the truth?"「すべての条件のうちから、不可能なものだけ切りすててゆけば、あとに残ったものが、たとえどんなに信じがたくても、事実でなくちゃならないと、あれほどたびたびいってあるじゃないか。(延原謙訳)」と言ってますが、しょっちゅう出てくるセリフですよね。この人ホームズだ!と思われても無理はないですよね。

- 星宿 - 2014年05月26日 10:41:32

ご無沙汰しています。
やっと・・・・やっと放映。長かったです。
でも待つのって楽しいです。
うちのブルーレイ、吹き替えしか録画出来ていないみたいですが
他の方のコメント拝読してみて今一度取説をひっくり返してみる気になりました(笑)

ネタ関係の話題にはナツミさんはじめ皆さんの博識ぶりに崇拝の念すら覚えつつ
毎日訪問させていただいています。
原作はほぼ毎日、あれやこれや読み散らしていまして
いろんな事件が頭の中でごっちゃになっている有様。
ドラマの中で原作のセリフがちらっと出てくると
頭の中がキラッ!とします(妙にうれしいですよね)
あと、両手の指先を合わせて口の前で組むあのポーズ。
「ああ、お帰り~~★」
今週末が待ち遠しくて、もう2度録画をみてしまいました。

演じているキャラが同じだから当然かもしれないけど
時々ジェレミーのホームズと表情が重なって見える時もありました。
(特に上に書いたしぐさの時)

アマンダのメアリも見るまでは実のところ抵抗が有ったのですが
実際に見ると役柄ぴったりで全く違和感がなかった。
このシリーズでは結構キーパーソンらしいので次回も楽しみです。

余談ですが
・・・・アンダーソンって割といいやつだったんですね・・・

英語音声 録画の件ドラマ無関係でごめんなさい) - らいかみんぐ - 2014年05月26日 23:54:27

星宿さん、確かに取説ひっくりかえす価値はあると思います。
ブルーレイなら英語音声入っているかもしれませんよ!

当方、ナツミさんの記事、そしてみなさまのコメントを読みはじめまして
どうしても英語版が欲しくなりまして、どうにも我慢できませんで、
ついついamazon uk にてDVDを購入してしまいました。

そしてポチった直後、
次回は録画失敗するまいと、取説をめくっておりましたら
英語音声を発見しちゃいました~~~~(うちのHDD内から)

NHK BS海外ドラマは、二重音声ではなくマルチ音声だったんですね。
うちのキカイはちょっとばかし気が利かないので
通常の音声切替ボタンは、マルチ音声に対応しておりませんで
メニューボタン→信号切替→音声と選んでみたら
あらびっくり、カンバーバッチさんのナマ声が!

あらあらうれしや!ありがたや!
先に取説を読んでいれば......なんてことは言いっこなしで
英語字幕もほしかったから、DVD購入も勇み足なんかじゃないぞ

ナツミさん、
これからモンティ・パイソン風味(た~しかに!)の
なんちゃってギャルソンのナマセリフを
鑑賞することにいたします。

春とシャーロックが来た! - ナツミ - 2014年05月27日 20:18:06

星宿様、

お久しぶりです!以前は大雪のお話をしましたが、すっかりあったかくなりましたね。

> ドラマの中で原作のセリフがちらっと出てくると
> 頭の中がキラッ!とします(妙にうれしいですよね)

原作の台詞に反応してしまうお気持ち、わかります!「ありえないことを除いていけば…」なんて、原作でも現代版でも何度聞いたかわかんないですけど、毎回嬉しいです。

> あと、両手の指先を合わせて口の前で組むあのポーズ。
> 「ああ、お帰り~~★」
> 今週末が待ち遠しくて、もう2度録画をみてしまいました。
>
> 演じているキャラが同じだから当然かもしれないけど
> 時々ジェレミーのホームズと表情が重なって見える時もありました。
> (特に上に書いたしぐさの時)

多分、ジェレミーを意識しているのでしょうね。RMさんのブログでも、何度かカンバーバッチ君とジェレミーの関係を書いてくださったことがあります。
http://upwardjb.blog112.fc2.com/blog-entry-385.html
年齢的にもジェレミーのホームズを観て育った世代ですよね。

> アマンダのメアリも見るまでは実のところ抵抗が有ったのですが
> 実際に見ると役柄ぴったりで全く違和感がなかった。
> このシリーズでは結構キーパーソンらしいので次回も楽しみです。

私もメアリすごく好きです。
話題作りよりも作品作りに力を割いて欲しいという意味で、あんまりキャストに俳優さんの身内を盛り込み過ぎるのってどうなのかなあ、と批判的な気持ちはあったんですが、あれだけ素敵だと「参りました」って気持ちになります。
ドラマはキャスティングを重視してもストーリーを重視してもかまわない物だとは理解していても、原作びいきの私としてはキャスティングにストーリーが振り回されると嫌だなあ、という危惧はあるのですが。

> 余談ですが
> ・・・・アンダーソンって割といいやつだったんですね・・・

いいやつだったんでしょうか……思った以上に面倒くさいやつだった、という考え方もありますが……
でもアンダースンのこと好きになりました。今後も活躍してほしいですね。

情報ありがとうございます! - ナツミ - 2014年05月27日 20:26:28

らいかみんぐ様

なんと、録画機器ではなくて放送の方式(?)の問題だったのですね!
らいかみんぐさんありがとうございます!
星宿さん、神崎さん、英語音声発見されたでしょうか。
でもらいかみんぐさんのおっしゃる通り、英語の綴りを確認し放題のDVDもお勧めですよ!(←頭悪そうな勧め方になってしまってすみません、らいかみんぐさん……)"Many Happy Returns"が収録されてたらもっとお勧めなんですけどね……!

> これからモンティ・パイソン風味(た~しかに!)の
> なんちゃってギャルソンのナマセリフを
> 鑑賞することにいたします。

なんか今、ベレー帽にボーダーシャツでフランスパンを抱えてにこやかに手を振るベネディクトが頭に浮かんで、違和感のなさというより既視感に襲われたんですが、たぶん正体は楳図かずお先生だと思います。

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

ご閲覧やRSS登録ありがとうございます!まだ廃墟じゃありませんよ~!亀の歩みですが、過去の振り返りも含めてのんびり元ネタ探し続けていきたいと思います。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。