最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

【事件の重要なネタバレ】メアリに贈る暗号

Save souls now
John or James Watson?
Saint or sinner?
James or John ?
The more is less?



メアリの携帯に届いたメール。
はじめはスパムかと思ったようですが(ロンドンでは、こういう聖書関係のスパムメールがよく届くのかな)、婚約者の名前があったら穏やかではありませんよね。
メアリはジョンに迫った危険を読み取って、シャーロックのもとへ。
シャーロックは"skip code"だと見抜きます。
【追記:2015.1.1】NHKの再放送を見てて気づいたのですが、メアリはスキップコードだとわかってそのまま報告してるので、シャーロックが見抜いたわけじゃないですね。後の伏線にもなることなので、お詫びして訂正します。

ここはかなり興奮します。
飛ばし読みの暗号といえば、ホームズ最初の事件「グロリア・スコット号」じゃないですか!!

「グロリア・スコット号」に出てくる暗号は以下の通り。

‘The supply of game for London is going steadily up, it ran.'
‘Head-keeper Hudson, we believe, has been now told to receive all orders for fly-paper and for preservation of your hen-pheasant’s life.'



若き(当時大学生!)ホームズによる解説も引用します。

最初からはじめて、三語目三語目と読んでいくと、トリヴァを落胆のあまり死にいたらしめるに十分の意味を持つ文句になった。


その通りに読んでいくと、こうなります。

`The game is up. Hudson has told all. Fly for your life.'
「万事休す。ハドスン凡て語れり。生命危険、直ちに脱出せよ。※」

※延原先生は暗号文を日本語でも同じ方法で解読できるように訳しているので、直訳とはちょっとニュアンスが違います。

同じ方法でメアリに届いた暗号を解読すると、
"Save John Watson St James The Less"
となるわけですが、ホームズはさらに「解読に必要のない、便宜上挿入された語句」にも注目し、そこに猟に関する語句が多いことから、送り主までも特定するのがすごいと思います。

では、現代版の「暗号」でも、原作のホームズに倣って「便宜上挿入された語句」に注目してみましょう。
解読に使われなかった語句は

souls now
or James
or sinner
or john
more is

となります。

"John or James"" James or John "というフレーズが出てくるのは、原作で一度メアリが夫のワトスンを「ジェームズ」と呼んだことがあるからだと思います。(関連記事:『ヘイミッシュ』)
しつこいようですが、漫画「シャーロッキアン!」のJames or John話はもう絶対読んでいただきたい!と
「むしろスパムはお前だ」と言われそうな勢いで3度目の布教をさせていただきます。(関連記事:『シャーロッキアン!』)

これは、犯人がメアリやシャーロックに向けたのではなく、製作者がファンに向けた「暗号」なのでしょうね。
いつもながら、"SHERLOCK"というドラマのこういう部分には、子どものようにワクワクさせられます。

ところで、「グロリア・スコット号」の事件は、特に前置きなくホームズが唐突に話し始め、「(前略)もしこの話が君の収集に役立つなら、どうぞ遠慮なく使ってくれたまえ」という台詞で締めくくられます。それまでにワトスンは何度となく「ホームズが犯罪捜査に興味を持ったきっかけ」を聞き出そうとしていたのですが、「いつでも憎めない冗談にまぎらされて、ついに成功したことがない」と同作中で述べています。
どうして、ホームズは自ら「最初の事件」について語り、記録を勧める気にまでなったのでしょうか。
ベアリング・グールドは「妻を亡くして落ち込んでいるワトスンを慰めるため」ではないか、と推測しています。(Wikipedia『グロリア・スコット号事件』)

"SHERLOCK"第3シリーズは、ジョンとメアリの関係を軸に、それに伴うシャーロックの変容を描いているといってもよいと思います。
もし、グールドの言う通り「グロリア・スコット号」が「ワトスンの、妻※との別れ」「それをそばで見ていて、ワトスンへの態度を和らげるホームズ」を描いたお話だとしたら。
第3シリーズの1話で、このお話をモチーフとした暗号を婚約したてのメアリにぶつけるのは、すごく悪意のあることに思えます。その悪意はメールの送り主ではなく、神(この場合マーク・ゲイティス)によるもの、ということになりますが。

※誤解を避けるために書き加えておきますと、グールドはワトスンの結婚3回説をとっていますので、この時亡くした「妻」はメアリ・モースタンではなく初婚の相手・コンスタンス・アダムズとしています。

(原作からの引用はすべて延原謙訳)
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

ご閲覧やRSS登録ありがとうございます!まだ廃墟じゃありませんよ~!亀の歩みですが、過去の振り返りも含めてのんびり元ネタ探し続けていきたいと思います。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura