最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

打ち明ける?打ち明けない?

「じゃあ、お兄さんと、モリーと、あと100人くらいか」
「まさか!多くても25人だ」 (拙訳)


シャーロック……ジョンの神経を逆撫ですることにかけては、右に出るものはないですね。

原作で、ホームズが「実は生きている」ことを打ち明けたのは、兄のマイクロフトただ一人、ということになっています。

「僕はひとりだけに事情をうち明けた。兄のマイクロフトだ。君にはまったく相すまないけれど、僕は世間から死んだと思われることが、絶対に重要だった。それに君に知らせたら、僕の遭難談をあれまでまざまざと迫力をもっては書けないからね、君という人は。」
「マイクロフトのほうは、金の必要にせまられて、何とも止むを得ず打ちあけたのだよ。」(『空家の冒険』)



こちらもちょっと言い訳がましいのが、なんだか可愛いですね。

ジョン(ワトスン)に真実を打ち明けなかったのは、どちらも「バラされるのを恐れて」と言うのですが……

「何度も、もう少しで連絡をとりそうになった、でも心配だったんだ。わかるだろ?君が軽率なことを言うのが」(拙訳)


「あれから三年、僕は君に手紙を書こうと思って、何度ペンをとったかしれないが、そのつど思いとどまったのは、僕に対する親愛の情が、この秘密を暴露してしまうというような軽率なことを君にさせはしないかと、恐れたからだ。」(『空家の冒険』)



どうも「知らない振りをする」ということに関しては、ワトスンはまったく信用がないようで……

「(前略)君はいろいろ勝れた才能を持っているけど、そらとぼけてみせる芸だけは、決してできない男だからね。(後略・『瀕死の探偵』)



結果としてジョンのみ「僕のせいか!」とマジギレ。
同じことを言ってるのに、ホームズの方が「言い方を知ってる」という感じ。
どちらにも「ジョン(ワトスン)自身の安全を守る」という意図があったはずなんですが、それを持ち出さないところがシャーロック(ホームズ)らしいですね。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- トビィ - 2014年02月16日 21:01:09

ナツミさん、お久しぶりです。
みなさん、こんばんは。

S3が5月放送と知っていまからドキドキ♪です。

19世紀と21世紀のジョン・ワトスンは本当に人が良いですね。

「バスカヴィル家の犬」の時もホームズに散々騙されてましたけど、
それでもすぐに機嫌が直ってるし。
「空き家の冒険」に至ってはワトスンが心配することを軽率とか言われているのに、もうちょっと怒ればいいものを。本当にお人よしというか・・・。

ホームズは堂々とウソをつきますが、ワトスンは苦手ですよね。

>マイクロフトのほうは、金の必要にせまられて・・・
この文を読む度びに、「金」の必要がなければマイクロフトにも連絡しなかったのだろうなぁ。と兄弟仲が心配になります。

>どちらにも「ジョン(ワトスン)自身の安全を守る」という意図があったはずなんですが、それを持ち出さないところがシャーロック(ホームズ)らしいですね。
本当に!困った御人ですね

お人よしワトスン - ナツミ - 2014年02月17日 22:18:03

トビィさん、こんばんは

> 19世紀と21世紀のジョン・ワトスンは本当に人が良いですね。

21世紀のほうも、何だかんだ言ってもお人よしですからね……手ははやいけど。

> 「バスカヴィル家の犬」の時もホームズに散々騙されてましたけど、
> それでもすぐに機嫌が直ってるし。
> 「空き家の冒険」に至ってはワトスンが心配することを軽率とか言われているのに、もうちょっと怒ればいいものを。本当にお人よしというか・・・。

本当に……。でも、今回読み返したら、ホームズも思いのほか気を遣っているような気がしました。(あくまでシャーロックと比べてのことなので、かなり基準がおかしいわけですけど……

> ホームズは堂々とウソをつきますが、ワトスンは苦手ですよね。

かなり苦手らしいですね。でも、ワトスンの表情や動きだけで考えてることを見抜いちゃうホームズが言うことだから(『ボール箱』)、ちょっと差し引いて考えてあげたほうがいいんでしょうか。
あ、でも3人称の「マザリンの宝石」でも「正直な顔」とか書かれてたか……

> >マイクロフトのほうは、金の必要にせまられて・・・
> この文を読む度びに、「金」の必要がなければマイクロフトにも連絡しなかったのだろうなぁ。と兄弟仲が心配になります。

トビィさんもですか!SHERLOCKを観る前は仲の良い兄弟と思ってたのに、SHERLOCK視聴後は、弟の言うことの端々にトゲを感じちゃう私です。実際の兄弟仲はどうだったんでしょうね。

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

ご閲覧やRSS登録ありがとうございます!まだ廃墟じゃありませんよ~!亀の歩みですが、過去の振り返りも含めてのんびり元ネタ探し続けていきたいと思います。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura