最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不可解なマッチ箱

ジョンの記事へのリンクはこちら

アイザック・ペルサーノがブライトンの「ロイヤルホテル」の一室で、口も聞けない、いわゆる「発狂した」状態で発見されました。
記事中にペルサーノの職業は明記されていませんが、たぶん書かなくてもわかるくらいの有名人と言う設定なのだと思います。(追記:2014.1.28"The sign of three"で『フランスの10種競技の選手』と言われていました。また、マッチ箱の正しい数も述べられていたので、その部分を訂正しました。)彼のトレーナーのガブリエル・アラードは(おそらくフランスの)ホテルの一室で撲殺されています。その後ペルサーノは失踪していました。
発見された当時、彼は1812個のマッチ箱に取り囲まれていました。そのうち1811個は空でしたが、残り一つの箱の中には…

ジョンの記事には、これ以上のことは書かれていません。例によって政府の誰かさんのストップがかかったようですね。
ただ、事件は動機、方法なども含め、完全に解決されたそうです。シャーロックがピエロの格好をする羽目になったり、ハドスンさんがヘリコプターから押し出されたり(ロンドンオリンピック開会式の女王様だ!)ジョンも何やら思いも寄らない役目を果たすことになったらしいです。相当面白い事件だったようですね。これは、全体が公表されないのにはストレスが溜まりますね!
アンチシャーロック派の「また嘘かよ」という煽りコメントにも、ちょっと共感してしまいます……もしこの世界の住人だったら、私も「話を作ってるんじゃないか?」と疑ったかも。

この事件の元ネタは「ソア橋」冒頭の「語られざる事件」。ホームズが「失敗した」、つまり事件の全容が最後までわからなかった事件の一つです。

A third case worthy of note is that of Isadora Persano, the well-known journalist and duellist, who was found stark staring mad with a match box in front of him which contained a remarkable worm said to be unknown to science.

また第三の注目すべきものとしては、有名なジャーナリストであり、決闘者だったイザドラ・ペルサーノの事件がある。この人は科学界にもまだ知られていない珍しい虫の入ったマッチ箱を前において、じっとそれを凝視したまま発狂しているのを発見されたのである。(延原謙訳)



ジャーナリストはともかく「決闘者(duellist)」というのが具体的に何をしていたのかよくわからないんですが、ジューン・トムスンのパスティーシュ「奇妙な毛虫」(『シャーロック・ホームズの秘密ファイル』収録)を読むと、反権力的な記事も書くため命を狙われることが多いけれど、自分で身を守れる人、という印象です。

不可解なのは、シャーロックがジョンに出会う前に関わった事件にも、同じ事件を元ネタにしたと思われるものがあること。リンク先はシャーロックのサイトですが、過去記事で和訳を試みたものを一覧にしたので、そちらにもリンクを貼っておきます。→過去記事「推理の化学~シャーロックのサイトから」
事件名しかわかっていないので、内容は全く関係ないかもしれないのですが、それにしても被害者の名前がかぶりすぎですよね。二つの事件には深い関わりがあるのか、単に製作スタッフが、一度使ったことを忘れてもう一度ネタにしてしまったのか……

というわけで、

1、マッチ箱の中身
2、過去の似た事件との関連
3、結局ジョンは何をさせられたのか


事件そのものの顛末を置いといても少なくとも3つの疑問が残るという、なかなかストレスフルな記事なのですが、シャーロックがジョンに中身を見せる場面は第3シリーズ"The Sign of Three"の回想シーンに出てきました。結局、視聴者には見せてくれなかったのですが……気になりますよね!
ちなみに、個人的には3もかなり気になります。シャーロックがピエロなら、ジョンも何かに変装したのかな?まさか、芸を披露したとか!?サーカスが出てくる原作といえば「覆面の下宿人」ですが、道化のほかに猛獣つかいの美女や力持ちの大男も出てきましたね。【追記:2014.2.8】「語られざる事件」ですが「サーカス美人のヴィットリア」の事件もありました!「サセックスの吸血鬼」に出ています。

ちなみに「ブライトンにあるロイヤルホテル」を検索してみたところ、似た名前のものは出てきたのでリンクを貼ってみました。
ロイヤル・アルビオン・ホテル(ブライトン)
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

ついにご覧になりましたか! - midori - 2014年01月28日 14:06:59

おぉ、ナツミさんもご覧になったのですね。大小の元ネタ、早くお話したいです!


だけどS3に関する公開コメントは、日本のAmazonでのUK版発売または国内吹替放送のどちらか早い方が来るまで待つべきでしょうか?その方が語れるメンバーが増えて楽しいし。


でも国内吹替版放送はいつのことやら。

悲しい現実を言えば、BSでポワロの再放送してるとこを見ると『カーテン』が先に放送されるのではと思うんです。

とりあえず、S3ネタバレ解禁時期はブログ主のナツミさんの判断をお待ちします。


さて、1812個のマッチ箱…
近藤麻理恵『人生がときめく片付けの魔法』で片付けた家から綿棒2万本が出てきた依頼人の話を思い出しました。200本入りが100個…『無いと思うと不安になるので買っちゃう』と依頼人は語ったと記憶。


さて、マッチ箱は?
うーん、年号なら、1812年はナポレオン戦争の頃かしら?ワーテルローの戦いの3年前。関係ないかな。
あの中身は何なんだったのか。やはり珍しい虫かな?


シャーロックのブログは一部ジョンのと内容被ってるし、事件発生直後に出会って随分後に解決をみた、とかかな、などと辻褄合わせてみてます。


そしてアンチ書き込みのハンドルネーム…1976はカンバーバッチ氏の生年なので、シャーロックの書き込みかと思ったけど、アンチですもんね、ひねくれ過ぎ。さて他の1976年生まれは??

追伸。
以前YOKOさんちのブログで221Bのお風呂ネタに食いついて下さった『221Bお風呂スキー』メンバーのナツミさんへ。(女性は『お風呂スカヤ』か『お風呂スカ』が正しいのでわ、と我がマインドパレスの隅のムダ知識が言ってるのですが…意味不明になるし語呂も悪い~_~;
ナツミさん、ロシア語に詳しい同僚の方が居たら確認してみて←他力本願)

ビリー・ワイルダー監督版ホームズのミステリーチャンネルの予告編↓頭にhいれてね。

ttp://mystery.co.jp/program/sherlock_privatelife/stream/if_video_01.html

17秒辺り、可愛いお風呂が映ります。私が最初イメージした221bの風呂はこのタイプのもっと大きくて可愛くない物です。

本編は、荒唐無稽ながらオリジナル脚本はしっかりしてて意外に良かったですよ。さすが巨匠。

今月はラズボーン版だの旧ソ連版だの、随分楽しませてもらいました。特に旧ソ連版良かったです。
(私はミステリーチャンネルの中の人ではありません。念のため)

綿棒2万本!? - ナツミ - 2014年01月29日 07:24:14

midoriさま

> おぉ、ナツミさんもご覧になったのですね。大小の元ネタ、早くお話したいです!

はい!コメンタリーとかはまだですし、ざっと流し見しただけなんですが……
(おまけにPCがもう古いので、しょっちゅう止まってえらいストレスです。買い換えないとなあ……)

> だけどS3に関する公開コメントは、日本のAmazonでのUK版発売または国内吹替放送のどちらか早い方が来るまで待つべきでしょうか?その方が語れるメンバーが増えて楽しいし。

記事に関しては、(特にミステリとしての)お話の核心に触れない部分から少しずつ、と思っているのですが、大きな流れには触れないわけにいかないので、結局は私の主観での判断になってしまうと思います。
なので特に制限は設けず、コメントの内容に関しては、書きこんでくださる方にお任せしたいと思います。

> さて、1812個のマッチ箱…
> 近藤麻理恵『人生がときめく片付けの魔法』で片付けた家から綿棒2万本が出てきた依頼人の話を思い出しました。200本入りが100個…『無いと思うと不安になるので買っちゃう』と依頼人は語ったと記憶。

に、にまんぼん!すごいですね!1812個マッチ箱を並べるのも並大抵の執念ではできないと思いますが…

> うーん、年号なら、1812年はナポレオン戦争の頃かしら?ワーテルローの戦いの3年前。関係ないかな。

いまいち確信が持てなかったので記事中には書かなかったのですが、私も気になりました、この半端な数字!
年号だとしたらドイルやホームズが生まれるよりだいぶ前ですし、フランスが出て来ることから、やはりmidoriさんのおっしゃるようにナポレオン関連ではないかと思います。(全く別の事件ですが、S3E3の悪役もナポレオンと呼ばれてましたね)
ナポレオンのロシア遠征をテーマにした、チャイコフスキーの楽曲「1812年」も関連しているのではないかしら。
http://ja.wikipedia.org/wiki/1812%E5%B9%B4_(%E5%BA%8F%E6%9B%B2)

推理と言うより妄想なんですが、

★ぺルサーノをわざわざ「フランスの陸上選手」に設定してる(原作では特に国籍の説明なし。トムスン版では スペイン系でした)
★ジョンが政府の介入に言及している

この二つから、国際的な事件なのではないかと想像しています。
ペルサーノとトレーナーは、ロシアの選手または関係者に脅されていた、と考えることはできないでしょうか。ロシア人がフランスの強者を打ち負かす、という結末になぞらえてマッチ箱を並べたんじゃないかなあ。歴史にまるっきり疎い私がwikipediaだけを根拠に言うことなので、間違いがあったら指摘していただきたいのですが……

> あの中身は何なんだったのか。やはり珍しい虫かな?

もし、私の妄想があたっているとしたらですが、陸上選手への脅迫として考えられるのは、ドーピングの証拠を突きつける、というのもあるかもしれませんね。わざわざ犯人の国籍を仄めかすような仕掛けをするのも、ある種の正義感の伴う犯罪、という感じがします。
逃げ続けて精神的に弱っているところに、はっきりとした形で選手生命の終わりを突きつけられれば、かなりショックは大きいのではないでしょうか。


> シャーロックのブログは一部ジョンのと内容被ってるし、事件発生直後に出会って随分後に解決をみた、とかかな、などと辻褄合わせてみてます。

それがですね、せっかく辻褄合わせていただいたのですが、被害者の名前が微妙に違うんですよ!
なので別件かと思います。まあ、シャーロックのほうはタイトルだけなので、どうとでも言い訳できそうですが……

> そしてアンチ書き込みのハンドルネーム…1976はカンバーバッチ氏の生年なので、シャーロックの書き込みかと思ったけど、アンチですもんね、ひねくれ過ぎ。さて他の1976年生まれは??

ハンドルネームの前半から言っても、やっぱりカンバーバッチ氏関連なんでしょうねえ。アンチ=悪役ということでしょうか。

> 以前YOKOさんちのブログで221Bのお風呂ネタに食いついて下さった『221Bお風呂スキー』メンバーのナツミさんへ。(女性は『お風呂スカヤ』か『お風呂スカ』が正しいのでわ、と我がマインドパレスの隅のムダ知識が言ってるのですが…意味不明になるし語呂も悪い~_~;
> ナツミさん、ロシア語に詳しい同僚の方が居たら確認してみて←他力本願)

職場にはいないのですがロシア好きの友人がいるので、今度聞いてみます!
そういえば昔、屋内スキー場のCMで「テブラデスキー」さんという金髪美女が出てきたと思うんですが、あれも本当は成立しないのか?

ワイルダーの映画、高校生くらいの時に深夜テレビで観ましたよ!お風呂シーンよく覚えてます!
S1E1でジョンがしつこくシャーロックの恋人扱いされた時、この映画を思い出しました。

> 今月はラズボーン版だの旧ソ連版だの、随分楽しませてもらいました。特に旧ソ連版良かったです。
> (私はミステリーチャンネルの中の人ではありません。念のため)

旧ソ連版のホームズとワトスン、私もDVDを貸していただいて観ました。
仲よしで可愛いですよね!それにしても、二人が話す時の距離の近さに観るたびに驚きます……ええ文化の違いなんですよねわかってるんですけど!英国版が頭にあるため、気がつくと「近い…」と呟いてる自分がいます。

ミステリーチャンネル、今月はホームズ特集だったんですよね!いいなあ!

もう1年経ったとは! - midori - 2015年01月03日 17:35:01

こんな愚問をご記憶いただいていたとは…ありがとうございます!実はあの後自信ないままミドリ・オフロスカヤでツイッターアカウント取りました。正解で良かった^^;
今だ綴りもよく分からないので時々こっそり書き換えしたり。アイコンはビリー・ワイルダー的ヒップバスから最近はグラナダ的バスセットにしています。どちらもドールハウス用が実売されてるらしいです。物によってはそんなに高価ではないけどコレクションするとそれなりに高額に……あぁお風呂の呼ぶ声が…………ええぃ、わしを誘惑するな(杖からビーム)!

さてこの年末年始は各いとしいしとオンパレードでしたね!大晦日LOTR一挙放送、年越しと共にセオデン王の号令で馬の国の皆さんが駆け出して午年サヨウナラという計ったようなBSPの演出。シャーロック3再放送までサービスしてくれて……当方も生涯最良の時期と言っても大袈裟ではないかもしれないです。

あと、さらなる誘惑をひとつ。ミステリーチャンネル、今年もホームズ誕生月特集です。ロシアの最新リメイク版を放送するとか!

1年経っちゃいました - ナツミ - 2015年01月03日 22:33:38

灰色のmidori様(←いったい何色なのか)

一年も経ってしまい、申し訳ないです!
ドールサイズのホームズのお風呂が売られてるとは!大人買いの始まりですね……
この動画のラストでビルボが入ってるやつなら安くあがるかな……
http://thehobbit.lego.com/ja-jp/videos/the-lonely-mountain


> さてこの年末年始は各いとしいしとオンパレードでしたね!大晦日LOTR一挙放送、年越しと共にセオデン王の号令で馬の国の皆さんが駆け出して午年サヨウナラという計ったようなBSPの演出。

そ、そんなシャレオツな演出があったんですか!
LOTRは録画してるからって、安心しきって紅白を観てる場合じゃなかった!家族にようかい体操第一伝授してる場合じゃなかった!
今日は逆に録画したLOTR観ようと思ってたんですけど、SHERLOCKでも何かあったらどうしよう。マッサン新年のご挨拶みたいなのがあったりして……(←ちょっと前までBSにも加入してなかったくせに、すっかりNHKっ子です)

> あと、さらなる誘惑をひとつ。ミステリーチャンネル、今年もホームズ誕生月特集です。ロシアの最新リメイク版を放送するとか!

わ~、二年連続で1月がホームズ特集なんですね!ロシアンホームズ観たいなあ……!

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

ご閲覧やRSS登録ありがとうございます!まだ廃墟じゃありませんよ~!亀の歩みですが、過去の振り返りも含めてのんびり元ネタ探し続けていきたいと思います。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。