最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

ホームズ流お片付け

すごく息が合っている現代版の二人。相手が放ったものを見もせずに取ったり(しかも一発で決まったそう!カメラがまわっていなくてやり直しになったそうですが)同時に話しだしたり。
ジョンがフラットを下見に来た日も

ジョン「いいね、すごくいい」
(同時に)

シャーロック「うん、だから僕はもう引っ越してきたんだ」
ジョン 「あとは、このへんのがらくたを少し片付ければ…」

ジョン「…じゃ、これは君の…」
シャーロック「…ええと、そうだな、少し片付けるよ」(拙訳)


その辺にある紙類をまとめて、ナイフで壁に突き刺すシャーロック。

ホームズが片付けられないタイプというのは、「マスグレーヴ家の儀式書」の冒頭に詳しい描写があります。
部屋が汚いなりに独自の片付け方があるようで、ナイフで手紙を壁に刺すほかにも
・葉巻を石炭入れにしまう
・きざみタバコをペルシャ製の室内くつのなかに入れる
そして書類はたまりにたまり、ホームズ以外の者が手をつけるわけにもいかないまま部屋の隅に積まれていく…という妙に生々しい「片付けられない人」ぶりが語られます…

余談ですが、現代版のシャーロックとジョンが、事件のたびに資料を壁一面に貼ってそれを見ながら考えるのが、ちょっといいなあと思って職場でまねしてます。みんなで同じものを眺めたり動かしたりしているうちに、いいアイデアが浮かぶことってありますよね。
グラナダ版の221Bにはちいさな黒板がありました。




関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスンがより好きです。

2017年エイプリル・フールお片付けしました。お付き合いありがとうございました!片付けきれてないところがあったらお知らせいただければありがたいです。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura